【連載2回目】FLiPのキーワード連載。「FLiP」で真面目「残念」で爆笑トーク、炸裂。

FLiP | 2012.09.07

FLiPのMOVIE+テキスト連載「メストーク」とは?

【出演者】
サチコ=FLiPのVo&G 1988年5月24日生。
ユウコ=FLiPのG&Cho. 1989年3月11日生。
サヤカ=FLiPのB&Cho. 1988年4月14日生。
ユウミ=FLiPのDr&Cho.1989年3月31日生。

【番組内容】
 FLiPのFLiPによる、FLiPについてのリアル・トーク!! 
 メンバーが、FLiPを形成しているキーワードが書かれたカードを引き、そのキーワードについて語ります。
 音楽やバンドにまつわる言葉はもちろん、メンバーのキャラクターを掘り下げる、様々なキーワードを用意。カードの裏にどんな言葉が書かれているか、誰がどのキーワードを引き当てるかは、取材当日、メンバーがカードをひくまでまでわかりません!
 この瞬発力勝負の、ミステリアス&スリリングな、パンク企画に、FLiPのメンバーが喜怒哀ROCK全開でチャレンジします。

 カードを引く瞬間の表情はMOVIEで、その後、キーワードについてのトークは、じっくりと彼女達の言葉をひも解いていけるよう、TEXTにて掲載!
 また、右上の「動画コメント」では、「FLiPの近況トーク」と題して、彼女達の活動を追った、リアルなコメントを配信していきます。

■キーワード・3『FLiP』(ユウミ)


―前々から、伺いたかった質問がひとつあるんですが……。

ユウミ:
お!
サチコ:
ぜひ、聞いてください(笑)。

―FLiPって、どうして「i」だけが小文字なんですか?

4人 :
あははははは(笑)。
サチコ:
見た時のバランス(笑)。全部、英語の大文字だと、なんか、ごつくて。「i」を小文字にすると、可愛らしさも出てきたんで、みんなで“こっちのがいいね”って話して決めました。
ユウコ:
なんか……(「i」が小文字だと)女子バンドっぽくもあるのかなって……そう思ってます(一同爆笑)。

―セカンドアルバム『XX emotion』をリリースして、その後対バンがメインのツアー、夏フェスにも出演して、これまで以上に、自分達と他のバンドを比べる環境も増えてきたんじゃないかと思うんですね。その中で、改めて「FLiP」っぽさをどう感じました?

サチコ:
ツアー「喜怒愛ROCK」の前半戦は、一緒にライヴやりたいと思う先輩バンドに声をかけさせていただいて、一緒にやったんですよ。そういう中で、FLiPって、どういうジャンルのステージにでも、立てることができるんだなと思ったんですね。対バンする方々と、ちょっとジャンルが違っていても、同じステージに立てるって思ったし、実際に対バンした方々からも「場所を選ばないよね」って言われたんですよね。そういう言葉の中で印象的だったのが「女だから出せるエレガントさがある。ステージに立った時、そういう独特の雰囲気がある」って言われた事だったんですね。自分達が、今回の『XX emotion』を作った時のインタビューでも言ってきたように“女であるって事をバンドで全面に出して行きたい”って気持ちが、自然に滲みでてきたんだろうなって。それは、私達自身が、女性で在るって事を自覚したからこそ、今、魅力になって出て来てるのかなって思ったんですよね。相変わらず“ステージに立ったら、男も女も無い”って気持ちもあるけど、でも、そことはまた別に、もっとありのままを出していきたいって強く思った時に出てきたのが、今言ったような……女性であるって事だった。だからこそ、今、よりエネルギッシュにライヴが出来ているのかなとも思うし、そこはやっぱり、FLiPらしさだと思いましたね。

―なるほど。じゃあ、逆に、バンドとして絶対にやりたくない事はどんな事?

サチコ:
ガチガチに決めて行く事は、やりたくない。
ユウコ:
曲ひとつのフォーメーションとかもね。
サチコ:
そう。MCも“ここで何を言って……”とか、シナリオがあるものはやりたくないですね。
ユウミ:
曲作りしてても、そういうの、あるねー。
サチコ:
あるある。自分達がやってて、すごく気持ちいいものをやりたいから、直観的なものをすごく大切にやってるから。例えば、曲作りのセオリーみたいなのも、強く意識した事が無いんですね。
ユウミ:
「喜怒愛ROCK」は、自分達のツアーだったから、対バンがいるとしても、最後にライヴをやるのは自分達なわけじゃないですか。少し前までは、前のバンドのライヴがすごくいいと“カッコイイなぁ……ううう、負けんぞ!”みたいなのがあったんです。でも、さっきサチコも言ったけど、FLiPらしさを出すのが、一番だと思うようになって。そうすると、お客さんとFLiPが過ごすその時間が、すごくいい空間になるんですよね。そう思うようになってから、こう……負けんぞ! みたいな気持ちはあまり無くなりましたね。自分自身がそこに気がつけた事が、自信にもつながったんですね。だから「喜怒愛ROCK」ツアーは、自分を認めて、成長できたツアーだと思うんです。

―その変化は、すごくライヴの音に出てたと思います。ソリッドだし、とてもダイナミックだった。

4人 :
ありがとうございます!

―ちなみに…。ツアーに向けて『XX emotion』の曲を練習したりしたの?

4人 :
しました。
サチコ:
ツアー出る前に。

―自宅でやったりも?

サチコ:
しました、しました。細かいところ……ニュアンス的なものも思い出しながら。作っている時、レコーディングしている時、こういう感じで弾いてたなって、思い出しつつ、繰り返し音源を聴きながら、ひたすら弾いてましたね。

■キーワード・4『残念』(サヤカ)


ユウミ:
もう、このカードを引くべき人が引いた!
サヤカ:
え………。
一同 :
あはははははは(爆笑)
ユウミ:
もうね……“自分、不器用ですから”みたいな感じだよね。
サチコ:
ほんっとに(笑)。サーヤは、可愛らしい不器用で、ついつい“いいよ、こっちがやるよ”とか言いたくなる、そんな不器用なんですよね。
ユウコ:
折り紙をね、綺麗に半分に三角に折れないんです。端っこと端っこ、合わせられないんですよね。合わせたつもりで、ピッてやると、ずれてるんですよ(笑)。
サヤカ:
あはははは(笑)。
ユウコ:
残念です。

―できるならば、ピシっと折りたい?

サヤカ:
それは、もう。
サチコ:
あはははははは(笑)。気持ちはね。
サヤカ:
そうなんです。“ちゃんとA型を発揮するぞ!”って思ってやっても、若干、ずれてるんです。
ユウミ:
若干じゃないじゃん!(笑)
ユウコ:
昔、皆でフライヤー切る作業してた時、途中から、みんな“あぁ、サーヤはもういいよ”みたいな。“こういうの苦手だもんね、別の事、やって”とか(一同爆笑)。
ユウミ:
切るのもダメ、折るのもダメ、テープ貼るのもダメ……みたいな。
サチコ:
がんばれー、みたいな(笑)。あったね、いろいろね。
ユウミ:
引っ越すと、家具をいろいろ揃えていくじゃないですか。サーヤ、台所の棚、ひとつ買ってたんですよ。3段くらいの棚だったのかな。その棚の幅より、電子レンジの幅が大きかった(笑)。
サチコ:
あれは、サイズの計算、間違ったの?
サヤカ:
……っていうか、元々、その棚の上には、電子レンジを置くつもりじゃなかったの。
サチコ
ユウコ
ユウミ:
ほぉ?。
サヤカ:
本当は、別の場所に置くつもりだったんだぁ。でも、頭の中にあった設計と、実際の場所の幅が違ってて……。
ユウミ:
あははははは(笑)。ざーんねん!
サヤカ:
……それで“あ、これじゃあ、ここに何も置けないじゃん”ってなって。
サチコ
ユウコ
ユウミ:
あーはははははは(大爆笑)。
サヤカ:
……ちょうど棚の上が余ってたから“あ、ここに置こう”って置いたの。
ユウミ:
しかも、その棚って、板が全部バラバラで、自分で組み立てなくちゃいけないヤツだったんですよね。で、ネジを入れるところに穴が開いてるんだけど、それは内側にだけ開いてる。板の外側……表の見えるところは、開いてないんですよ。その裏と表を逆にしちゃって、開いてないところに、自分で無理やりドライヤーで穴を開けてて!(一同大爆笑)
サヤカ:
全然、はまんないから、おかしいなぁ、みたいな。
サチコ:
それを、ユウコと私が直したんです。
サヤカ:
なんか……どうりで……メキメキいってるなぁ……って思いながら、作ってたんですよ?。2人が部屋に来た時“ちょっと1人じゃできないから、手伝って”って言ったら“この板、表と裏、逆だよ!”ってなって、作り直してくれて。もう“やったぁ、ありがとう?!(拍手)”みたいな(笑)。
サチコ:
そういう事をサーヤは普通にやるんで、可愛いなぁって。

―でも引越しの家具は失敗して失敗して、それが経験になり、次には……。

サヤカ:
そうですよね。そうやって誰もが成長していくんですよね。
サチコ:
そうだね。じゃあ、次、家具を買う時は、ばっちりだ!(一同爆笑)

tag一覧 動画インタビュー 女性ボーカル FLiP

関連記事

ビデオコメント

リリース情報

XX emotion(初回盤)

XX emotion(初回盤)

2012年05月16日

DefSTAR RECORDS

ディスク:1
1.CHERRY BOMB
2.ワルサー
3.エミモア
4.ワンダーランド
5.Everything is alright
6.YUKEMURI DJ
7.最後の晩餐
8.Shut Up, Men!
9.ホシイモノハ
10.でも maybe
11.今夜月で会いましょう
12.ふつつか少女
13.GHOST BUSTER

ディスク:2
ライラ MV
カザーナ MV
カートニアゴ MV
ナガイキス MV
ホシイモノハ MV
ワンダーランド MV
CHERRY BOMB MV

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

オリオンビアフェスト
2012/09/08(土)沖縄市コザ運動公園

The ROOTLESS presents
「GUITANITY DANCE TOUR」

2012/09/14(金)高崎CLUB FLEEZ

FLOW THE PARTY 2012
「対バン THE MAX!!!」

2012/09/16(日)名古屋E.L.L

UNLIMITS NeON TOUR 2012
-秋の夜長にNeONを灯す-

2012/09/25(火)松山SALON KITTY
2012/09/26(水)高知X-pt.

ROACH Presents 098-TOUR
「098-2012-TOKYO」

2012/09/28(金)恵比寿LIQUID ROOM

800だョ全員集合!!
2012/09/29(土)宜野湾海浜公園屋外劇場

FLiP 2nd Album「XX emotion」リリースツアー
~喜怒愛ROCK ワンマンVer.~(後半)

2012/10/06(土)名古屋CLUB QUATTRO
2012/10/14(日)札幌DUCE
2012/10/21(日)仙台PARK SQUARE
2012/10/26(金)大阪CLUB QUATTRO
2012/10/28(日)福岡DRUM SON
2012/11/02(金)渋谷CLUB QUATTRO
2012/11/17(土)沖縄桜坂セントラル

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る