前へ

次へ

ビッグイヤーの開始を告げた布袋寅泰の日本武道館ライブ

布袋寅泰 | 2011.02.17

 誰も予想のつかないオープニングだった。セカンド・アルバム『インスタント・ラヴ』からの「TEENAGE EMOTION」に、武道館はいきなり興奮のルツボと化す。

 今日は布袋寅泰の30thアニバーサリー・イヤーの幕開けを告げる超プレミアム・ライブ〔HOTEI THE ANTHOLOGY “創世記”BEGINNING FROM ENDLESS〕。テーマに掲げられてい るのは“BOφWY COMPLEX GUITARHYTHM” で、布袋のキャリアの初期の10年間に発表された曲の中からセットリストが組まれている。オーディエンスはそれぞれに記念すべき1曲 目を思い描いてここに来たのだろうが、まさか「TEENAGE EMOTION」とは。しかも、2曲目は「LONDON GAME」で、25年くらい前までこの2曲はよくセットで演奏されていたから、満員の観客の上がりっぷりが物凄い。同時に、このライブに賭ける布袋の思い入れを感じて、僕の頭は真っ白になったのだった。

 セットリストは実にすっきり整理されていて、序盤はBOφWY、中盤はCOMPLEX、終盤はGUITARHYTHMとなっている。 このライブの直前 にインタビューしたとき、布袋は「今度のライブでは、これまでやってこなかったBOφWYの曲もやる。だけど、僕が歌ってはいけない曲があることは知っている」と語っていた。だから、氷室京介・作詞作曲のナンバーはやらないのだろうと思っていた。布袋は「次の曲は、僕は歌わないよ。君がボーカリストになってください。僕はギタリストでいましょう」と言って、 「CLOUDY HEART」のイントロを弾きが始めた。「えっ?」と驚いている僕を尻目に、布袋はマイクから離れてそのまま会場中が歌うのに任せて、ギターを弾きながらステージ両端の花道に歩いていく。そのギターの響きは、うっとりするほど美しかった。この「CLOUDY HEART」で、BOφWYパートは締めくくられたのだった。

 続くCOMPLEXコーナーで布袋は、彼のシンボルであるGUITARHYTHM模様の黒のテレキャスター・モデルから、真っ赤なCOMPLEX仕様のギターに持ち替える。このモデルは非常に高額で、当時、布袋に憧れるギターキッズたちの垂涎の的だった。 「BOφWYもCOMPLEXも、超個性的なボーカリストが横に いて、彼らにヤンチャに挑んでた。嫌なギタリストだっただろうな(笑)。自分で歌いながら弾くと、難しいのを作っちゃったなと思う。でも、指先が覚えてるんだね。もうちょっと楽しみましょう」。インストの「HALF MOON」のクリアなギター・サウンドが強く印象に残るシークエンスだった。

 ラストのGUITARHYTHMコーナーで、布袋は再びテレキャスターに持ち替える。ようやく落ち着いてきてステージ上のミュージシャンを観ると、そうそうたるメンバーが揃っていることに気がついた。ベースはルースターズの井上富雄、キーボードは関西ソウルの名手・小島良喜、バック・コーラスはパーソンズのJILLと元・ KATZEの中村敦、そしてドラムは中村達也という布陣。カミソリのように正確な布袋のギターに対して、エモーショナルなバックのリ ズムが豊かな膨らみを与える。というより、この30年のキャリアを通じてずっと布袋が追い求めてきた“布袋のロックの真髄”を見る思いがして、終盤は新たな感動があった。また、レーザービームを効果的に使ったカラフルな演出は、当時のGUITARHYTHMライブを彷彿とさせるもので、このあたりにも布袋のこだわりと愛情を強く感じて嬉しかった。

 アンコールでは、次のHOTEI THE ANTHOLOGYライブが国立代々木競技場で行なわれることを発表。余韻どころか、熱気がさらに増す。歴史的な、そ して斬新なライブが続く今年は、日本のロックシーンにとって間違いなくビッグイヤーになる。

【 取材・文:平山雄一 】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 布袋寅泰

関連記事

リリース情報

STILL ALIVE

STILL ALIVE

2010年08月04日

EMIミュージックジャパン

1. STILL ALIVE
2. 愛をとりもどせ!! (201X Guitar ver.)
3. STILL ALIVE (Instrumental)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. TEENAGE EMOTION
  2. LONDON GAME
  3. BAD FEELING
  4. DANCE CRAZE
  5. INSTANT LOVE
  6. BABY ACTION
  7. RUNAWAY TRAIN
  8. SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
  9. CLOUDY HEART
  10. PROPAGANDA
  11. CRASH COMPLEXION
  12. NO MORE LIES
  13. RAMBLING MAN
  14. GOOD SAVAGE
  15. DRAGON CRIME
  16. HALF MOON(inst)
  17. deja-vu
  18. C'MON EVERYBODY
  19. WAITING FOR YOU
  20. MATERIALS
  21. DANCING WITH THE MOONLIGHT
  22. GLORIOUS DAYS
  23. Encore1
  24. BE MY BABY
  25. DREAMIN'
  26. Encore2
  27. GUITARHYTHM

トップに戻る