前へ

次へ

3000人の気持ちを繋いだ、Hilcrhymeツアーファイナルをレポート

Hilcrhyme | 2011.06.30

 ドラマ主題歌にもなった「ルーズリーフ」のヒットなどで知られるラップ・ユニット=Hilcrhymeが、6月13日に東京ドームシティ・ホールでツアー「MESSAGE TOUR 2011」のファイナルを行なった。もともと3月に予定していたものだが、地震の影響で延期、2カ月半遅れで迎えたツアー・ファイナルでもある。

 本当に待ちに待ったライブ、会場には熱気ばかりが充満していた。オープニングSEが響くと同時に、ファンの興奮は歓声になって会場中を飛び交い、ファンの振るペンライトの光が色とりどりに輪を描く。そんな熱い気持ちに答えて、TOCはステージ・セット上段の中からジャンプして突如、登場。同時にオープニング・ナンバー「ルーズリーフ」へ突入し、テンションはいきなり最高潮まで駆け上がった。

 黒い衣裳を着た合計6人のダンサー(Hilcrhymeの地元、新潟でダンスを教えている先生たち)を従え、白い衣裳で決めたTOCはリズミカルに身体を動かし、よく通る魅力的な歌声を会場全体に響かせていく。同じように白い衣裳のDJ KATSUは、サンプラーやミキサーなど様々な機材を操りながら、こだわりのトラックをステージでも再現。その歌とサウンドに包まれたファンは、たちまち輝くような笑顔に。どんなに刺激的な音やライムであっても、常に温かさも同居しているのがHilcrhymeのライブでもある。「My Place」ではごく自然に会場から“おかえり!”と声も上がり、TOCも“東京、ただいま”とアドリブのリリックを入れて歌い上げた。

 また、この日は大きな会場ということもあって様々な演出も。例えば「Shampoo」ではシャボン玉が吹き上がったり、他の曲ではステージのあちこちに仕掛けられていたLEDスクリーンに映像を映したりと、リリックの世界を彩る。そんな中でも圧巻だったのは、ライブ中盤だった。ダンサー6人が忍者をモチーフにしたパフォーマンス・タイムに続いて、「押韻見聞録」へ。ここで登場したTOCとDJ KATSUは、目にも鮮やかな着物姿。曲調や歌いっぷりはもちろん、ダンスも勇壮で力強い。生身のライブ・パフォームで作り出す演出は、とてつもなくエネルギッシュだ。

 このツアーでは、各地でファンとの会話コーナーも作っていたが、この日もそれはハズせない。横浜から来たというカップルには、デビュー曲「純也と真菜実」をそのカップルの名前に変えて歌うというスペシャル・プレゼントも。そんな二人をうらやましいというよりは祝福するような拍手が、会場から自然と起こった。ここにいる誰もが、気持ちが通い合っているのだ。

 そんな愛すべきファンに向けてHilcrhymeはさらにプレゼント。「ライブに来てくれてありがとう。この日を迎えられてうれしい。ライブでしか見れないもの、ライブでしか聴けない音があります」
 そう言って始まったのは「春夏秋冬」のアフター・ストーリーだった。今回のツアー中に書き上げたというそれは、二人からの感謝の気持ちに溢れた歌で、ファンはその言葉ひとつひとつを噛み締めるように味わう。互いの思いはさらに強く結びつき合っていった。

 こうして温かさに包まれたライブ。エンディングはもちろん「MESSAGE BOX」。このツアーでは会場に何でもメッセージを入れられる、その名も“MESSAGE BOX”を用意していたが、曲の後半ではそこに入れられたメッセージを読み上げるTOC。そしてメッセージをくれた彼女や彼に対して、TOCは思いやアドバイスで答えていく。さらにツアー・ファイナルということで、関わったスタッフの名前も挙げながら感謝の言葉を贈る。最後は今日来てくれた3000人を超えるファンに「本当にありがとう」と素直な気持ちを言葉にした。ちょっと涙ぐんでいるTOCでもあった。

 誰もいなくなったステージ。その後方にあるスクリーンには、映画のエンドロールのように、今回のツアー日程と二人からのメッセージが映されていく。ところが最後に出たのは「じゃあ、またな。の前に」という一文。みんなにいち早く届けたいと完成したばかりの新曲「no one」のミュージック・ビデオが流れ始めた。壮大なバラードとも呼べるこのナンバーに合った、スケール感ある映像が目の前に広がっていく。そんな中、メンバー二人がステージに再登場し、この曲を生で聴かせるという感動的な演出。どこまで喜ばせるんだ、この二人は。そして本当のラストはアッパーチューン「臆病な狼」でド派手に決めた。

 曲ごとの多種多様な聴かせ方や見せ方、届く言葉とメッセージ、クールなようでいてフレンドリーな佇まい、いろいろな魅力を持つHilcrhyme。しかしライブでは二人の人間性も伝わり、ファンは幸せな時間を過ごしたはずだ。

【文:長谷川幸信】

tag一覧 Hilcrhyme

リリース情報

no one【初回限定盤】

no one【初回限定盤】

2011年06月29日

ユニバーサルJ

[DISC1:CD]
1. no one
2. 友よ

[DISC2:DVD]
Documentary of "Hilcrhyme" MESSAGE TOUR 2011" Phase 1

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. ルーズリーフ
  2. BOYHOOD
  3. チャイルドプレイ
  4. LAMP LIGHT
  5. SH704i
  6. Shampoo
  7. Please Cry
  8. My Place
  9. DANCER PERFOMANCE TIME
  10. 押韻見聞録
  11. No.109
  12. デタミネーション
  13. SKYDRIVE(DJ KATU)
  14. トラヴェルマシン
  15. RIDERS HIGH
  16. Moon Rise
  17. Little Samba ~情熱の金曜日~
  18. X Y Z
  19. 春夏秋冬
  20. 大丈夫
  21. MESSAGE BOX
  22. Endroll
  23. no one
  24. 臆病な狼

INFORMATION

Hilcrhymeオフィシャルモバイル!!

ニューシングル「no one」特設ページを展開中!人気の歌詞FLASH・待受画像・PV撮影の裏側に迫ったスペシャルレポートなどモバイルサイト限定のコンテンツが盛りだくさんですので、お見逃しなく!!

▼Hilcrhymeオフィシャルモバイルサイト


■ライブ情報

♪SUMMER IMPACT 2011
◆2011年7月18日(月・祝)
御立岬海水浴場(御立岬公園内)
[問]株式会社ライブリッジ
096-273-3919(10:00~17:30)

♪音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2011
◆2011年7月30日(土)
神奈川県逗子市新宿 海岸 カンティーナ
[問]OTODAMA 運営事務局
046-870-6040(11:00~20:00)

♪SUMMER SOUND CARNIVAL 2011
◆2011年8月6日(土)
万博記念公園もみじ川芝生広場
[問]キョードーインフォメーション
06-7732-8888(10:00~19:00)

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください

トップに戻る