前へ

次へ

星野源ワールドの真骨頂。中野サンプラザでのライヴをレポ!

星野 源 | 2012.03.07

 ステージに並んでいる、数本のスタンドライト。ちょっと古めかしく、どこか懐かしいアイテムだ。アンティークというよりは、昭和ティストを彷彿させるそのライトに、ぼんやりとした薄明かりが灯っている。
 椿鬼奴のスクリーン映像。星野源の印象を「こんな人も多いんじゃないでしょうか、私も“11人もいる”を観てファンになりました」と語る様は、この日迎えた“星野源の晴れの舞台”を応援するビデオレターのようだ。「それでは、ライヴ、スタートです!」という、鬼奴inスクリーンのしゃがれ声コ―ルに、満員の会場から、笑いと拍手が起こった。
 この拍手の中、星野源が、1人、ステージに姿を現わした。星野源の全国ツアー「エピソード2以降」。そのファイナル公演となった中野サンプラザでのライヴは、アコースティック・ギターの弾き語り「歌をうたうときは」でスタートした。曲が終わると、満員の客席を見渡し「すげーな、すげーな、人が!」とひとこと。星野に促され、客席が明るくなる。目の前に広がった光景に、若干、動揺が混じったような笑顔を見せた星野。一呼吸おいて、改めてマイクをとった。

「皆さん、ご来場、本当にありがとうございます。ツアー最終日と言う事で、今日はのんびりやりたいと思っております。よろしくお願いします」ベースとドラムを呼び込み、3人編成のステージへ。カントリー調の軽快な「グー」では、ほんの束の間ではあったが、ギターソロも見せた。
 メンバーを紹介した後、ツアー中のエピソードや、当日、なんと楽器を忘れたメンバーがいた(!)という話を紹介。楽器を忘れたという話以外は、基本、どうでもいい話ばかりで、ずーっとぐだぐだなのだが、それを“くだらないエピソード”として、観客に伝える話術とムードを持っている。その心地よさは、春の海の如し。このトークを含む己のライヴについて、星野源は、自らの言葉でこう表現した。
「暗い曲と、くだらないトーク(笑)。これが2時間、続きますんで(笑)」
 新たにキーボードを加え、ジャジーな表情のチラリズムが面白い「ばらばら」へ。そして「布団」「ストーヴ」と、ミディアムで個性的な楽曲が続いた。
 中盤。自身が出演していた連ドラ「11人もいる!」の主題歌「家族なんです」から、何パターンか聴かせる。バンドは、前述したメンバーに、ペダルスチールを加え、5人編成に。ブライトなメロディーが特徴の「変わらないまま」を、しっかりと伸びていく歌声で響かせた。
 ライヴは後半へ……と思ったら、アップチューン「兄妹」では、歌詞を間違え、やりなおし。このアクシデントも含み、客席を盛り上げた後、次曲をこう紹介した。
「お墓参りの曲をやります。そのお墓参りまでの道のりが、すごく楽しかったんです」と「ステップ」へ。
この星野の発言を聞いて思ったのは、彼の中では、言葉に対する先入観が無いのでは……という事だ。例えば、前出した“お墓参り”という言葉。その意味がわかるような年齢に達した人間が、ポジティヴかネガティヴかと尋ねられた場合、多くの人が、ネガティヴ・ワードだと答えるのではなかろうか。しかし星野源にとっては、違うようだ。自分の日常の中に、ふと、登場した言葉を、自分を取り巻く風景や、その時の心情を構成するひとつの要素として、フラットに捉える事ができる。言葉の持つ意味との距離&関係性が独特。そんな印象だ。ネガティヴな言葉でも、シリアスな言葉でも、頭のどこかでいつも、面白くなるように……と考えているような趣きが感じられるのも、見逃せないポイントか。

 終盤「エピソード」では、クラリネット、トロンボーン、ホルン、トランペットから鳴るホーン隊も登場。本編最後の「フィルム」では、客席から手拍子が起こる。その音をしっかり噛みしめるような表情で真っすぐ客席を見詰め、サビを繰り返す星野源。そこには、しっかりと自分の音楽を届けようという、彼の強い意志があったように思う。アンコール。椿鬼奴inスクリーン・アゲイン。途中から桃井かおりの真似をするというネタも挟みながら、星野源を再びステージに呼び込んだ。鬼奴の映像に“撮影場所に行きたかったなぁ”と、笑顔を見せた星野。ライヴの最後を飾ったのは、この曲だった。
「くだらないの中に」歌詞のワンフレーズが、私の上に降り注いでくる。
“人は笑うように生きる”残響のように、自分の中でリフレインされるこのフレーズに、私はふと、こんな事を思った。
あぁ、明日もきっと、まんざらでも、ないかも。

最後、星野源は、満員の客席に向け、何度もお辞儀をしながらこう言った。
「気をつけて帰ってね。また逢いましょう」
5月には、東阪でのワンマンライヴが決定している。

【取材・文:伊藤亜希】
【撮影:TEPPEI】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 星野源

関連記事

リリース情報

フィルム(初回限定盤)

フィルム(初回限定盤)

2012年02月08日

ビクターエンタテインメント

1. フィルム
2. もしも
3. 乱視
4. 次は何に産まれましょうか (House ver.)
5. 落下 (House ver.)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. 歌を歌うときは
  2. グー
  3. 茶碗
  4. ばらばら
  5. 布団
  6. ストーブ
  7. 営業
  8. 湯気
  9. くせのうた
  10. 子供
  11. 家族なんです
  12. バイト
  13. 老夫婦
  14. 変わらないまま
  15. 兄妹
  16. ステップ
  17. エピソード
  18. 予想
  19. 日常
  20. フィルム
ENCORE
  1. くだらないの中に

トップに戻る