前へ

次へ

Salyu、全国ツアーの最終日。4月29日の国際フォーラムをレポート

Salyu | 2012.05.15

 Salyu、そしてsalyu×salyuと、ふたつの名義で音楽活動を並行して展開している彼女。
本年、2月15日に、久々に小林武史氏プロデュースの下、Salyu名義でリリースされたアルバム『photogenic』はポジティビティが、自然に、そして眩しくきらめく、生命力溢れるポップ・アルバムであった。
この作品を携え、全国ツアー『photogenic』を展開したSalyu。そのファイナル公演が、4月29日、国際フォーラム ホールAで行われた。
満員の会場に、アルバム『photogenic』収録曲&最新シングル「Lighthouse」のトラックがアレンジされたインストが流れる。ステージ上のスクリーンには、そのMV映像が。予感をはらんだ空気が、客席に満ちていく。その刹那、彼女の声が、響いた。
♪今日から新しく生まれて 今日から新しく生きていこうよ ……♪
薄い紗幕のようなスクリーンが落ち、ライヴの幕開けを告げる。1曲目は、トライバルなパーカッションが走り抜けていくアップチューンの「camera」。黄色のドレスに、赤い羽根のようなモチーフをつけた衣装。さらに金髪のふわカールのウィッグをつけて登場したSalyuに導かれたように、オープニングの行く末を見守っていた観客が、一斉に立ち上がった。「LIFE(ライフ)」「Tower」と続けた後は「悲しみを越えていく色」へ。Salyuのファルセットぎりぎりの歌声が、軽やかに、跳ねるように会場に木霊していく。1人で歌っているのに、コーラスの音まで聴こえてくるかのようだ。音程だけでなく、声の出し方で声色やリズムを操る……彼女の持って生まれた“歌声”と言う名の才能が、満員の観客に、光のように、キラキラと降り注いだ。
「みなさん、こんばんは。Salyuです。今日は、私のライヴに来ていただいて本当にありがとうございます」と挨拶。全国ツアーを振り返り、最後はこう締めくくった。
「音楽が大好きなみんなと、音楽が大好きな私達と、一緒に、この空間を共有できるのが、すごく嬉しい」

 中盤。「ここからは座ってお楽しみください」。そして一旦ステージを後にしたSalyu。アシンメトリーでシックなワンピースに着替えて再び姿を表し「月の裏側」。さらに「体温」。前半とは明らかに違うボーカルアプローチに、会場が静寂に包まれる。Salyuの歌声が、ふくよかに、そしてたおやかに会場を満たしていく。降り注ぐ歌声という名のエネルギーが、皮膚からゆっくり浸透していく。アコギと鍵盤、ボーカルという編成で披露された「青空」は、作品に収録されている時よりもとても生々しい。作品で聴いた時の「青空」が、そのタイトルどおり、青空を見上げているようなリアリティーと広がりを感じたのに対し、ライヴでの「青空」は、すぐ目の前にいて、そして最後には、聴く者にソッと寄りそった。

 ライヴは後半へ向かう。「旅人」の後、「時間はとても不思議な存在です」というひとことから、この日、いちばん長いMC。その内容は、まとめるとこんな内容だったーー自分にとっては永遠と思えるような感情があるけど、そことは関係なく、時間は過ぎていく。だから私たちは、いつも進化する、変化のとまらない世界に生きていて、良くも悪くもなる可能性をいつも抱いている。だったら、良い方に変わりづつけたい、そんな気持ちを抱いていたいーー。そして最後をこう紡いだ。
「みなさんの今日より明日が、明日より明後日が、より幸せでありますように。そんな気持ちを込めて“VALON-1”という曲を歌います」

 2004年、リップスライムのILMARIとのコラボレーション曲としてリリースされた「VALON」。その2ヶ月後にSalyuのソロ曲としてリリースされたのが「VALON-1」である。実質的には、彼女のソロのデビュー作品といってもいいだろう。リリース当時、小林武史氏が紡いだメロディに、しなやかな強さという、新たな表情を加えた彼女のボーカル力に、心の底から驚いた事を思い出す。

 あの時の驚きが、この日も、私の心の中で渦巻いた。しかも、当時の鮮やかさを失うことなく。否、あの日以上に感じられた。なぜなら、彼女のボーカルは、私の体の中にある“何か”と、この日、何度も共鳴した、そう感じる瞬間が何度もあったのである。

 この“何か”の正体は、人間が元々持っているエネルギーだったのではなないかと思う。

 聴く者の中にあるエネルギーに歌いかけ、最後はそのエネルギーと、楽しそうにハーモニー(共鳴)する。共鳴したエネルギーが、Salyuの歌声で立ちあがった自分の中のエネルギーが、明日に向かおうとする……そんな感覚が、この日のライヴにはあった。

 人間の潜在意識に響く歌声――Salyuは、私たちの想像しないエリアに足を踏み入れているのかもしれない。

 Salyuとしてシンフォニーと共演、salyu×salyuとしてのスペイン公演(Sonar 2012に出演)、ロンドン公演(場所はJAZZ CAFE LONDON!)と、広がり続けている彼女のミュージック・ワールド。彼女のこの日のボーカルは、この充実した音楽生活がもたらした奇跡の破片と言えるだろう。
この破片の輝きが、これからますます、私達を楽しませてくれるだろう。

 エンディングでの彼女の満面の笑顔を観て、そう思わずにはいられない……Salyuの明日に期待せずにはいられない、ライヴだった。

【取材・文:伊藤亜希】
【撮影 藤井 拓】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル Salyu

関連記事

リリース情報

photogenic(初回限定盤)

photogenic(初回限定盤)

2012年02月15日

トイズファクトリー

ディスク:1
1. camera
2. LIFE(ライフ)
3. magic
4. 青空
5. Lighthouse
6. 悲しみを越えていく色
7. パラレルナイト
8. 月の裏側
9. ブレイクスルー
10. 旅人
ディスク:2
(a brand new concert issue “minima”-ミニマ-Salyu × 小林武史@東京国際ホールC (2011.11.30))
1. VALON-1
2. 彗星
3. Tower
4. name
5. HALFWAY
6. イナヅマ
7. 飽和
8. 飛べない翼
9. I BELIEVE
10. 夜の海 遠い出会いに
11. コルテオ ~行列~
12. to U
13. 悲しみを越えていく色
14. 旅人
15. プラットホーム
16. Pop
17. 新しいYES
18. 青空
19. Lighthouse

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. camera
  2. LIFE(ライフ)
  3. Tower
  4. 悲しみを越えていく色
  5. magic
  6. ブレイクスルー
  7. パラレルナイト
  8. My Memory
  9. 月の裏側
  10. 体温
  11. 青空
  12. 新しいYES
  13. 夜の海 遠い出会いに
  14. コルテオ ~行列~
  15. 旅人
  16. VALON-1
  17. Lighthouse
    1. ENCORE
    2. HALFWAY
    3. to U

トップに戻る