前へ

次へ

UVERworld、熱狂の横浜アリーナ2DAYSライヴ・最終日をレポート!

UVERworld | 2012.07.20

 5月からスタートしたUVERworldの全国ツアー。約2ヶ月間に渡って全国23カ所で開催され、そのツアーファイナルとなったのは7月7、8日横浜アリーナ2DAYSライヴ。ちなみに、7月6日でめでたくメジャーデビュー8年目を迎えた彼ら。会場の天井に吊るされた巨大なミラーボールが、それを祝福しているかのように見えた。

 開演時刻を少し過ぎた頃、客席の電気がゆっくりと落ち、ライヴがスタート。オープニング映像が流れた後、紗幕がステージの上に猛スピードで吸い込まれて行き、1曲目の「KINJITO」へ。そして次の「GOLD」では2曲目にして早くも銀テープを発射! メンバー全員、初っ端からものすごいテンションでステージを縦横無尽に駆け回っている。

 恒例の真太郎(Dr.)のMCタイムでは、“今回のツアーで男の子が増えた”と発言すると、横浜アリーナに響き渡る野太い声。元々かなり硬派なスタイルのバンドであり、今まで男性ファンが少なかったことの方が意外なのだが、デビューして8年経った今尚、その支持層を拡大させていることは、バンドの好況を物語るひとつのエピソードだろう。その後は、彼のMCの醍醐味(?)である、恒例の下ネタを快調に飛ばしていたのだが、TAKUYA∞(Vo.)に“今日カメラ入ってるから、(DVDになったときに)ちゃんと使えるやつを”と一旦ストップされるものの、気にせずガンガン下ネタを放り込み続け(笑)、会場を盛り上げた。

 この日のセットリストは新旧織り交ぜた曲達が並んでいた。3月にリリースされたヘヴィロックにトランスのテイストをブレンドした最新シングル「7th Trigger」はもちろん、同盤に収録されているハードナンバー「バーベル」では、圧巻のパフォーマンスを燃えさかる炎が盛り上げ、「AWAYOKUBA -斬る-」ではレーザーが飛び交う中、バイオリンやチェロが楽曲に彩りを添えるハイブリットな世界観を展開。また、10年以上前にUVERworldが初めて作ったバラード「優しさの雫」も披露し、オーディエンスを喜ばせた。本来このツアーはアルバムをリリースしてから廻る予定だったそうなのだが、制作が間に合わなかったそうだ。しかし、MCで“過去の曲をもうやらなくてもいいと思うぐらいとんでもない作品になっている”という発言があった通り、前アルバム『LIFE 6 SENSE』以降にリリースされたシングル2作はかなりの充実ぶり。かなり期待して待ってもよさそうだ。

 中盤では、TAKUYA∞がインストナンバー「Massive」でドラムを、「一石投じるTokyo midnight sun」ではピアノを演奏する場面も。MCで“何を始めるにも遅いことはないことを証明してみせる”と話していたのだが、実際、彼は20歳から歌を歌い始め、ピアノを始めたのは24歳のとき。そして、UVERworldの楽曲は、ほとんどピアノで作っているという。その“まず自分が行動して示す”というアティテュードが、多くの人の胸を撃つ、魂のこもった音楽を生み出すのだろう。

 終盤戦の途中、「NO.1」で感激のあまりに歌が詰まってしまう場面があったのだが、ここぞとばかりにオーディエンスの大合唱が会場中に響き渡る。この日はアリーナ席でレポートをさせてもらっていたのだが、とにかくオーディエンスの歓声が大きい。彼らのファンは「CREW=仲間」と呼ばれていて、彼/彼女達もUVERworldの一部。“ここまで来れたのは本当にみんなのおかげなんだよ”と、ファンに何度も感謝の想いを告げていた5人が印象的だった。凄まじい一体感と熱狂に包まれたまま、この日のライヴは終了。その数日後からスタートするライヴハウスツアーへ、その熱を引き連れていくのであった。

 UVERworldは、8月29日に22枚目のシングル「THE OVER」をリリースし、11月10日の国立代々木競技場第一体育館公演を皮切りに、バンド過去最大キャパシティのアリーナツアーをスタートさせる。また、8月22日からはUVERworld初のドキュメンタリー映画「THE SONG」の全国ロードショーが決定。とにかく話題にことかかない2012年後半戦になりそうだ。

【取材・文:山口哲生】
【撮影:鳥居洋介】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル UVERworld

リリース情報

7th Trigger(初回盤)

7th Trigger(初回盤)

2012年03月28日

SMR

1. 7th Trigger
2. バーベル ~皇帝の新しい服ver.~
3. AWAYOKUBA-斬る

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. KINJITO
  2. GOLD
  3. パニックワールド
  4. 皐月プロローグ
  5. BABY BORN & GO
  6. 勝者臆病者
  7. ace of ace
  8. バーベル〜皇帝の新しい服ver.〜
  9. AWAYOKUBA -斬る-
  10. いつか必ず死ぬ事を忘れるな
  11. 優しさの雫
  12. Massive
  13. 一石投じるTokyo midnight sun
  14. 魑魅魍魎マーチ
  15. 7th Trigger
  16. No.1
  17. スパルタ
  18. CORE PRIDE
  19. MONDO PIECE

お知らせ

■ライブ情報

ライブハウスツアー
2012/07/11(水)Zepp Namba
2012/07/12(木)Zepp Namba
2012/07/14(土)Zepp Fukuoka
2012/07/16(月)新潟LOTS
2012/07/18(水)Zepp Nagoya
2012/07/20(金)仙台Rensa
2012/07/22(日)Zepp Sapporo
2012/07/25(水)Zepp DiverCity
2012/07/26(木)Zepp DiverCity

※その他ライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る