前へ

次へ

逗子音霊にて行われたmiwa&スキマスイッチの熱いジョイントライブをレポート!

音霊 OTODAMA SEA STUDIO | 2012.09.06

 残暑に差し掛かったとは言え、今だ涼しさに向かう気配のない8月22日。"まだまだ夏を謳歌したい!"そんなたくさんの人たちで、この日も神奈川にある逗子海岸は賑わっていた。そして、その中でもこの日、一際人口密度が高かったのが、この音霊 OTODAMA SEA STUDIOだったのではないだろうか。それもそのはず、この日の共演は、スキマスイッチとmiwa。この強力な組み合わせは、ドアを開けると人が溢れてきそうな密度と動員を記録し、立っているだけで汗がポタポタとしたたり落ちるほどの熱気と熱狂を終始、この音霊の中で生み出していた。

 この日はまず、オープニングアクトとして吉田山田がステージに登場した。コミュニケーション性の高い、手拍子と揃いのアクションも一体感を誘った「夏のペダル」、いつまでも忘れられないその言葉と笑顔が、自分たちを前へと進ませる原動力になっていることを、しっとりと歌に乗せて伝えた「約束のマーチ」の2曲を、惹き込むようなMCを交え披露。15分という短い時間ながら、多くの人に楽しさと、時にほろっとさせる彼らならではのメッセージを届けてくれた。

 続いて、「今日は盛り上がって行きましょうね?!!」の元気いっぱいの第一声と共にライブをスタートさせたmiwaがステージに現れると、さらに会場が明るさでパーッと華やいでいく。夏のこの時期にぴったり。アコギをクリスピーに掻き鳴らしながら歌い、グイグイと会場を引っぱった「Chasing hearts」を皮切りに、そこに更なる疾走感を呼び込んだ「441」と、頭の2曲で、だだでさえ暑い会場の温度をさらにグッと引き上げていく。
「今年で3年連続の出演だけど、この日がこれまでで最もお客さんが入ってるんじゃないかな」とMC。続いて、この日、彼女の使っていたギターが、実はキマグレンのISEKIが縁となり、手に入れることができたエピソード等が語られる。
中盤では、ドラマの主題歌でもあった、発売されたばかりのニューシングル「ヒカリへ」で、伸びやかなハイトーンボーカルを会場いっぱいに響き渡らせると、続けて歌った、同ドラマの挿入歌でもあった、ミディアムナンバー「Napa」では、会場の手拍子が一緒に歌を完成させていく。 間には、「酸欠になりそうだから、ちょっと酸素を吸わせて」とボンベを吸引。実はそれはヘリウムガスで、それによる変声が、会場に爆笑と和みを誘い、その茶目っ気が会場に涼風のような微笑ましさをいざなう。
後半に入るとラストスパートのごとき、これまで持って歌っていたギターを置き、ハンドマイクスタイルにて歌い始める。大呼応&サビの部分では、会場中のタオルも大旋回。"いつか変わりたい!""いや、変わってやる!!"の強いメッセージと思いが会場を奮い立たせた「chAngE」、赤いタンバリンをリズミカルに鳴らしながら、ステージを右に左に移りながら、一体感と一緒感を会場一面に広げた「リトルガール」と、勢いのある曲の連発に、会場も更にヒートアップしていく。そしてラストは、「波の音をバックに歌いたくて、この日のためにアコースティックアレンジに仕上げてみました」と語り、歌い始めた「片想い」を、潮騒をバックミュージックに、しっとりと披露。みんなが同曲に切なく胸をキュンとさせ、多くの人が気持ちを同化させていった。

 そして、こちらも一昨年、去年、そして今年と、音霊3年連続の出場となったスキマスイッチが登場する。入場時から嬉しそうな表情を浮かべ、用意されていた椅子に座り、ベース、ギター、パーカッションと共に、デモンストレーションを始める2人。アコギを持ったボーカル&ギターの大橋が、ソウルフルに、ブルージーに、フェイクたっぷりに「ガラナ」の冒頭をアカペラにて歌い始めるも、そこから一変。バックのサウンドが加わると楽曲が嬉々と走り出す。続いて、会場のひとりひとりにそれぞれの青い空を思い浮かばせ、そこへと想いを馳せさせた「アイスクリーム シンドローム」では、鍵盤の常田のコーラスやハーモニーが大橋の歌声にふくよかに絡んでいく。
中盤では、大橋による「せっかくなので他の方の歌でも歌うか。ここの場所に合う歌です」と、タイトルも告げずにイントロを奏で出す。その耳馴染みのあるイントロに会場全体から嬌声があがる。サザンオールスターズの「真夏の果実」が飛び出してきたからだ。スキマバージョンで、しかもアコースティックスタイルというそのスペシャリティに驚喜する場内。会場全体から、歌に合わせての大合唱が生まれ、この地の近くにある、同曲の舞台となった鎌倉の稲村ケ崎へとみんなが想いを馳せていく。
ここからはラストスパート。勢いのある曲たちが会場を引っ張り、高揚感を引き上げていく。リリースされたばかりの新曲「ユリーカ」では、作品同様、中間部の早口パートもばっちり再現。ストレートなサビでは、気持ち良さを育んでいき、続く、曲に入る前の会場とのコール&レスポンスのウォーミングアップ経て、大橋もハンドマイクスタイルで歌い、サビでの全員の大合唱も印象的だった「全力少年」が、会場を更に盛り立てる。ラストは大橋、常田の2人だけで、この日発売となったセルフカバーベストアルバム『DOUBLES BEST』内のアレンジ同様、 「 奏(かなで)」が歌われ、会場がそれにしっとりと聴き入る。

 アンコールでは、もう一つのサプライズが用意されていた。スキマスイッチが「ボクノート」を始める際に、miwa、そしてキマグレンのISEKIがステージに呼び込まれ、一緒に同曲が歌われる。まるでバトンを渡し合うように、リレーション形式で、思い入れが込められた歌が、丁寧に、ゆっくりとつながれていく。この日ならではの共演に会場も大満足。本編を終えた際の無数の笑顔がそれをしっかりと伝えていた。

「この暑さがクセになるんだよね、音霊は」と、ライブ中のMCにて、スキマスイッチの常田が汗まみれで語っていたように、この音霊に同様の感想を待つアーティストたちは多い。
3年連続の出演となったこの日のスキマスイッチ、miwaの両者だが、今年のこのステージを経て、ますます二者共この音霊が好きになったに違いない。アンコールを終え、ステージを降りる両者のやり遂げた感や達成感、あふれる満足そうな表情が、それを物語っていた。

【取材・文:池田スカオ和宏】

tag一覧 ライブ スキマスイッチ miwa

関連記事

リリース情報

DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)

DOUBLES BEST(初回生産限定盤A)

2012年08月22日

アリオラジャパン

1. 全力少年
2. アイスクリーム シンドローム
3. ふれて未来を
4. 藍
5. 螺旋(らせん)
6. ボクノート
7. 雫
8. 晴ときどき曇
9. view
10. ガラナ
11. 奏(かなで)
12. ただそれだけの風景

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

リリース情報

ヒカリへ(初回生産限定盤)

ヒカリへ(初回生産限定盤)

2012年08月15日

ソニー・ミュージックレコーズ

1. ヒカリヘ
2. Napa
3. HiKARiE Remix ~English version~
4. ヒカリヘ ~instrumental~
5. 僕が僕であるために

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

スキマスイッチ×miwa
2012.8.22@OTODAMA SEA STUDIO

    吉田山田
  1. 夏のペダル
  2. 約束のマーチ
    miwa
  1. Chasing hearts
  2. 441
  3. ふたりのサタディ
  4. ヒカリへ
  5. Napa
  6. chAngE
  7. リトルガール
  8. 片想い
    スキマスイッチ
  1. ガラナ
  2. アイスクリーム シンドローム
  3. view
  4. 真夏の果実
  5. ユリーカ
  6. 全力少年
  7. 奏(かなで)
Encore
    スキマスイッチ×miwa セッション
  1. ボクノート

お知らせ

■ライブ情報

[スキマスイッチ]
Augusta Camp 2012
2012/09/17(月・祝)高知県民文化ホール・オレンジホール
2012/10/21(日奄美市・大浜海浜公園野外ステージ

大橋卓弥 with Drunk Monkyes "Reprise ?"
2012/09/20(木)Shibuya O-East
2012/09/27(木)BIGCAT

Sukimaswitch 10th Anniversary 2003-2013
スキマスイッチ TOUR2012-2013 "DOUBLES ALL JAPAN"

2012/10/26(金)市原市市民会館
2012/11/01(木)東京エレクトロン韮崎文化ホール
2012/11/07(水)よこすか芸術劇場
2012/11/10(土)鹿沼市民文化センター
2012/11/15(木)郡山市民文化センター 中ホール
2012/11/16(金)山形市民会館 大ホール
2012/11/18(日)岩手県盛岡市民文化ホール 大ホール
2012/11/20(火)青森県青森市民ホール
2012/11/23(金)仙台サンプラザホール
2012/11/25(日)秋田市文化会館 大ホール
2012/11/30(金)中野サンプラザホール
2012/12/07(金)滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
2012/12/09(日)舞鶴市総合文化会館
2012/12/11(火)神戸国際会館 こくさいホール
2012/12/13(木)グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
2012/12/14(金)和歌山市民会館 大ホール
2012/12/16(日)なら100年会館 大ホール
2012/12/19(水)四日市市文化会館 第1ホール
2012/12/20(木)土岐市文化プラザ サンホール
2012/12/22(土)愛知県東海市立文化センター
2013/01/11(金)長崎市民会館文化ホール
2013/01/12(土)佐賀市民会館
2013/01/14(月)宇佐文化会館
2013/01/17(木)日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧 名古屋市民会館)
2013/01/18(金)清水文化会館マリナート
2013/01/24(木)高知市文化プラザかるぽーと
2013/01/25(金)松山市総合コミュニティーセンター
2013/01/27(日)サンポートホール高松
2013/01/28(月)徳島市立文化センター
2013/02/02(土)小美玉市小川文化センター(アピオス)
2013/02/03(日)藤岡市みかぼみらい館
2013/02/08(金)山口防府市公会堂
2013/02/10(日)広島尾道市公会堂
2013/02/11(月)島根県民会館
2013/02/13(水)鳥取市民会館
2013/02/14(木)岡山市民会館
2013/02/19(火)富山県民会館
2013/02/21(木)金沢市文化ホール
2013/02/22(金)福井市文化会館
2013/02/26(火)新潟テルサ
2013/02/27(水)ホクト文化ホール 中ホール
2013/03/01(金)川口総合文化センターリリアメインホール
2013/03/08(金)稚内総合文化センター 大ホール
2013/03/10(日)札幌市民ホール
2013/03/11(月)函館市芸術ホール
2013/03/16(土)福岡サンパレス
2013/03/17(日)崇城大学市民ホール(熊本市民会館)
2013/03/19(火)都城市総合文化ホール 大ホール
2013/03/20(水)宝山ホール(鹿児島県文化センター)
2013/03/27(水)渋谷公会堂
2013/03/31(日)沖縄市民会館 大ホール

[miwa]
miwa acoustic live tour 2012
“acoguissimo 2”

2012/09/08(土)神戸VARIT
2012/09/09(日)京都MOJO
2012/09/16(日)富山MAIRO
2012/09/17(月)松本Sound Hall aC
2012/09/22(土)岡山オルガホール
2012/09/23(日)米子laughs
2012/09/29(土)徳島シビックセンター
2012/09/30(日)高地BAY5 SQUARE
2012/10/06(土)岐阜Club-G
2012/10/07(日)静岡SOUND SHOWER ark
2012/10/13(土)山形ミュージック昭和SESSION
2012/10/14(日)秋田クラブスウィンドル
2012/10/20(土)大分DRUM Be-0
2012/10/21(日)宮崎SR

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る