前へ

次へ

氣志團、“ありえない”ロックンロール・フェスティバル「氣志團万博2012」開催!

氣志團万博 | 2012.10.11

 “氣志團万博2012”は、オールジャンル、なんでもありの出演者が揃っていて、万博の名にふさわしい。会場の袖ケ浦海浜公園は、東京湾に面した潮風の気持ちいい場所で、遠くには東京湾横断道路のアクアラインやスカイツリーが見え、さらに遠くには富士山が見える絶好のロケーションだ。夏の終わりとはいえ、絶好調にカンカン照らす太陽の下、DJ OZMAからイベントはスタートした。

 ゴールデンボンバーのダンサブルなロックで盛り上がる中、海っぺりの楽屋に行くと、早くもユニコーンがスタンバイしているので、ちょっと阿部義晴に話を訊いてみると、「人前に出てないから、どうやって出ていいかわかんないよ。ビール飲んじゃおうかな(笑)」。そう、奥田民生はソロで、川西幸一(dr)、手島いさむ(g)、EBI(b)は“電大”でライブをしているが、阿部は今年はほとんど人前に出ていない。どうなるのだろうと興味シンシンで待っていると、ステージの大モニターに氣志團による紹介ビデオが流れる。

「今年はユニコーンは活動しないと聞いてたけど、木更津の仲間にどうしても見せたくて、阿部さんの自宅に6人で行って頼んで引き受けてもらいました。なのに、この後、他のイベントに出るじゃないですか」と綾小路 翔が突っ込む中、ユニコーンが登場。今年のユニフォームは、紅白のツナギだ。

 オープニングは「レディオ体操」で、メンバー5人のパペット人形がユーモラスに踊るPVが流れ、オーディエンスはいきなり“脱力モード”になる。が、脱力とはいえ川西とEBIのリズムは骨太で、存在感を見せつけるあたり、さすがだ。続く「HELLO」では阿部のピアノとハーモニー・ボーカルが冴える。楽屋での心配は無用だったと思った。

 しかし油断は大敵だった。阿部の見せ場であるヒット曲「WAO!」で、歌詞がトンでしまったのだ。♪ラララ♪で誤魔化した阿部は、MCで「ラララじゃねーよ!」と自ら失策に突っ込んで笑いを取る。さすがだ!(笑)。

「さっきのVTRにありましたけど、今年、ユニコーンは活動なしだったんですけど、氣志團の皆さんが阿部のところにお願いに来たので「じゃ、出るよ」となりまして、「だったら他のイベントにも出るかって感じです」と奥田が言い訳すると、会場からまたまた笑いが起こった。「今年ユニコーンは結成25年で、氣志團より長くやってると思いきや、途中、16年間やってないんで(笑)。オレ、昨日のKYON2、見たかったな」と奥田がボヤく。

 どっちかというと“引き技”が目立ったこの日のユニコーンだったが、「オレンジジュース」の“押し技”が凄かった。阿部の手になるUKロック・テイストのエッジーなサウンドが、明るい海辺の日差しをダークな世界に染め上げる。手島いさむのギターが冴える「SAMURAI 5」のサビで5人がフラッグを振ったり、ラストを最新シングル「Feel So Moon」で締めるセットリストで、多少凸凹はあったものの、“力技”でねじ伏せたライブだった。さすが、だ!

 the GazettEをはさんで、いよいよ氣志團の出番だ。SEの「BE MY BABY」が流れる中、氣志團のメンバーがステージに入ってくる。アクシデントに見舞われたドラムの白鳥雪之丞に代わって、サポートが入っている。特攻服のメンバーが円陣を組んで気合いを入れてから、まずは早乙女 光がトランペットで「夜明け」を吹く。そして「One Night Carnival」のギターのイントロが始まると、待ちかねたファンから歓声が上がった。そして、歌い始めた綾小路 翔が、驚いたことにグングン上昇しているではないか。まとった学ランも翔やんの上昇に合わせて、グングン伸びる。結局、8メートルの身長を持つ翔やんの出現に、会場は爆笑と歓声の渦に包まれたのだった。

「オレたち、ビッグになって帰ってきたぜ?! これ(自分の学ランを指して)、ギネス申請中」と綾小路。めちゃめちゃ強力なツカミのオープニングとなった。それにしても、最初からバンド最大のキラーチューンを歌ってしまって、後は大丈夫なのか?

続いて「日本人」、「スタンディング・ニッポン」の“愛国歌”を歌う。特に震災チャリティソングとして配信された「スタンディング・ニッポン」が、心にぐっとくる。すべてに全力でぶち当たるバンド氣志團の被災地への気持ちと、万博に賭ける情熱が重なって、この日のベストチューンとなった。

「キラ キラ!」でさんざんオーディエンスとのコール&レスポンスを楽しんだ後、再び綾小路 翔が語り出す。

「よく来たな。オレたちがこの町で生まれた氣志團です。全力でやるから、しがみついとけよ!」。

 ミディアム・テンポのシャッフル・ナンバー、結婚闘魂行進曲「マブダチ」から「Baby Baby Baby」へ。友達や音楽に対する愛をストレートに歌う“氣志團精神”を、シンボリックに表わす2曲だ。このイベントを仲間にプレゼントしたい一心で企画した彼らの姿とも重なって聴こえてくる。

 そういえば先ほど氣志團が全員で、万博に参加してくれている全バンドの楽屋を訪ねて丁寧にお礼を言って回っていた光景を、ライブを聴きながら思い出していた。地元と音楽に注ぐ彼らの愛情は、一層すがすがしい。

「オーラーイ、こんなすごいイベントが叶うなんて、みんなのお陰です。この町で育って、当時は『オレはここでいつまでくすぶってるのかな』と思ってました。『音楽だけがオレをどっかにつれてってくれんのかな』とも思ってました。そうしてここを離れて、一年もしないうちに、自分の勘違いに気がついた。今はみんなにいろんな音楽、知らなかった音楽を楽しんでもらいたいと思ってます」。

 そんな翔やんの言葉は、ユニコーン、ももいろクローバーZ、湘南乃風、VAMPSなど“あり得ないキャスティング”に至った気持ちから出たものだった。同時にそれは、氣志團のピュアな音楽愛が可能にしたイベントを裏付けていた。だから「愛 羅 武 勇」、「俺達には土曜日しかない」、「MY WAY」のラスト3曲でライブは一気に盛り上がったのだった。

 そんな氣志團らしいミュージシャンシップに応えて、この後、T.M.Revolution、VAMPS、浜崎あゆみは最高のパフォーマンスをし、オーディエンスたちはそれを堪能したのだった。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 フェス 氣志團 UNICORN T.M.Revolution ゴールデンボンバー 浜崎あゆみ DJ OZMA VAMPS

リリース情報

SUPER BOYFRIEND (SINGLE+DVD)

SUPER BOYFRIEND (SINGLE+DVD)

2012年09月05日

avex trax

ディスク:1
1. SUPER BOY FRIEND
2. SUPER BOY FRIEND (KARAOKE)
ディスク:2
1. SUPER BOY FRIEND (MUSIC VIDEO)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

氣志團万博2012
2012.9.16@千葉県・袖ケ浦海浜公園


DJ OZMA
  1. HAPPY SONG
  2. 超!!
  3. MATSURI
  4. 男子十二学帽
  5. SPIDERMAN
  6. 純情[スンジョン]
  7. 珍魂歌
  8. アゲ♂アゲ♂EVREY☆騎士
グループ魂
  1. 君にジュース買ってあげる
  2. アイサツはハイセツよりタイセツ〜男、腐りかけ1
  3. くるま売りたいな〜男、腐りかけ2〜木更津キャッツアイのテーマ
  4. くん兄さん&アン姉さん
  5. Over 30 do The 魂
  6. ペニスJAPAN
  7. アイラブユー
  8. チャーのフェンダー
仙台貨物
  1. サタデーナイトゲイバー
  2. 絶交門
  3. 腐況の風
  4. 珍々的愛情故事
  5. 珍龍〜change long〜
  6. 神様もう少しだけ
  7. チバイズム〜手ぬぐいを脱がさないで〜
小泉今日子
  1. 夜明けのMEW
  2. 木枯らしに抱かれて
  3. あなたに会えてよかった
  4. 100%
  5. The Stardust Memory
  6. KOIZU
湘南乃風
  1. REAL RIDERS
  2. 睡蓮歌
  3. JUMP AROUND
  4. OH YEAH
  5. JOKER
  6. BORN TO THE WILD
  7. BREAK DOWN
  8. 黄金魂
  9. 純恋歌〜曖歌
  10. 炎天夏
ももいろクローバーZ
  1. 労働讃歌
  2. CONTRADICTION
  3. ピンキージョーンズ
  4. words of the mind
  5. Believe
  6. ONE NIGHT CARNIVAL
  7. Chai Maxx
  8. 行くぜっ!怪盗少女
  9. 走れ!
  10. がまん坂
岡村靖幸
  1. どぉなっちゃってんだよ
  2. カルアミルク
  3. ア・チ・チ・チ
  4. Vegetable
  5. 聖書(バイブル)
  6. PUNCH
  7. いじわる
  8. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
  9. だいすき
氣志團
  1. 夜明け
  2. One Night Carnival
  3. 日本人
  4. スタンディング・ニッポン
  5. キラ キラ!
  6. 結婚闘魂行進曲「マブダチ」
  7. 鉄のハート
  8. 愛 羅 武 勇
  9. 俺達には土曜日しかない
  10. 落陽
  11. MY WAY
ENCORE
  1. ハイティーン・ブギ
  2. SUPER BOY FRIEND


氣志團万博2012
2012.9.17@千葉県・袖ケ浦海浜公園


DJ OZMA
  1. HAPPY SONG
  2. 超!!
  3. MATSURI
  4. 男子十二学帽
  5. SPIDERMAN
  6. 純情[スンジョン]
  7. 珍魂歌
  8. アゲ♂アゲ♂EVREY☆騎士
ゴールデンボンバー
  1. 僕クエスト
  2. 綺麗になりたくて
  3. 抱きしめてシュヴァルツ
  4. ICE BOX
  5. 酔わせてモヒート
  6. チェンロンヘンクー
  7. ザ・V系っぽい曲
  8. 女々しくて
UNICORN
  1. レディオ体操
  2. HELLO
  3. WAO!
  4. デーゲーム
  5. オレンジジュース
  6. SAMURAI 5
  7. Feel So Moon
the GazettE
  1. Hyena
  2. VORTEX
  3. TOMMOROW NEVER DIES
  4. SLUDGY CULT
  5. Filth in the beauty
  6. HEADACHMAN
  7. COCKROACH
  8. LINDA 〜candydive pinky heaven〜
氣志團
  1. 夜明け
  2. One Night Carnival
  3. 日本人
  4. スタンディング・ニッポン
  5. キラ キラ!
  6. 結婚闘魂行進曲「マブダチ」
    〜Baby Baby Baby
  7. 鉄のハート
  8. 愛 羅 武 勇
  9. 俺達には土曜日しかない
  10. 落陽
  11. MY WAY
ENCORE
  1. RISING SUN
  2. SUPER BOY FRIEND
T.M.Revolution
  1. HIGH PRESSURE
  2. HOT LIMIT
  3. LEVEL 4
  4. 蒼い霹靂
  5. WHITE BREATH
  6. HEART OF SWORD〜夜明け前〜(代々木ver)
  7. The party must go on
VAMPS
  1. LOVE ADDICT
  2. REDRUM
  3. HUNTING
  4. ANGEK TRIP
  5. GLAMOROUS SKY
  6. DEVIL SIDE
  7. SEX BLOOD R N’R
浜崎あゆみ
  1. evolution 〜SURREAL
  2. HANABI
  3. HANABI〜episode II〜
  4. Sunrise〜
    〜BLUEBIRD
  5. You & Me
  6. July 1st

トップに戻る