前へ

次へ

UVERworld、初のアリーナツアーがスタート!

UVERworld | 2012.11.28

 UVERworldが初めてのアリーナ・ツアー「UVERworld 2012 アリーナツアー」をスタートさせた。11月28日にリリースされる7枚目のオリジナルアルバム「THE ONE」に収録される新曲4曲を含むセットリスト、エンターテインメント性をたっぷりと感じさせてくれるステージセット、強度とダイナミズムを増幅させたバンド・サウンド。ツアー2日目となる国立代々木競技場第一体育館のステージで彼らは、“最新型のUVERworld”を凄まじい熱量と研ぎ澄まされた集中力によってストレートに体現してみせた。

 会場の照明が落とされ、爆発的な歓声とともにライブがスタート。まず驚かされたのは、これまででもっとも大きなスケール感を備えたステージセット。これからツアーに参加する人のために詳しい説明は避けておくが、とにかくライティングのクオリティが素晴らしく、楽曲の世界観、メンバーの動きと正確にリンクしながら、刺激的でパワフルな“非現実空間”を作り上げていたのだ。さらにオープニングでは、観客を驚かせる演出も。そこには“会場に足を運んでくれた人をとことん楽しませたい、興奮させたい”というメンバーの意思がはっきりと感じられた。

 ライブは新曲「REVERSI」から始まった。ヘビィロックとメロコアのエッセンス(本質)を凝縮させたアンサンブルを軸にしつつ、間奏でジャズ/ブルースのテイストを加えたこの曲は(信人は演奏の途中でアップライト・ベースに持ち変えていた)からは、このバンドの新たな進化をダイレクトに示していた。

「昨日以上、いいや、いままでいちばんテンション高いアリーナにしようと思ってる。しっかりついてこいよ!」というTAKUYA∞のシャウトによって、ステージと客席が一瞬にして近づいていく。シリアスかつ真摯なメッセージ性がまっすぐに突き刺さってくる「いつか必ず死ぬことを忘れるな」、“Shakin’ Dancin’ UVERworld”というコールがアリーナ全体に響き渡った「CHANCE!」。音楽というアートフォームを通して、濃密で直接的なコミュニケーションが生まれ、ポジティブなパワーが漲る。この感覚こそが、彼らのライブの醍醐味だろう。

 真太郎のリラックスしたMCによって張りつめたテンションが一瞬ゆるんだ後、さらに強靭なパフォーマンスが繰り広げられる。ライブ中盤で個人的にもっとも印象に残ったのは、やはり新曲の「LIMITLESS」だった。「必要なのは長い時間じゃない。その瞬間を生き続ける、その生き様だ」(TAKUYA∞)の言葉に導かれたこの曲は、“生身のエレクトロ”と言うべき強烈なダンス・ビートのなかで、タイトル通り“限界はない”というメッセージが広がっていくナンバー。思い切り体を揺らしながら、頭のなかでは前向きなバイブレーションが駆け巡る。それは言うまでもなく、音楽だけが与えてくれる快楽だ。

「いままでにない、最高の夜が始まる!」というTAKUYA∞のシャウトから始まった後半では、UVERworldのキャリアを象徴する楽曲が次々と放たれ、オーディエンスの興奮もガッツリと上がっていく。タオルで涙を拭きながら拳を上げ続ける女の子、ガッチリ肩を組み、大声で歌い続ける2人組の男、好き勝手に飛び跳ね、踊りまくるグループ…。「生まれた場所も考え方も違う、これだけたくさんの人たちがひとつの音楽で盛り上がってる。どれだけ最高なんだよ!」というTAKUYA∞の言葉も強く心に残った。こんなにも強い一体感を味わえるライブ空間は、本当に稀だと思う。

 音楽に対するストイックな姿勢、卓越したテクニックと強靭なヘビィネスに支えられたサウンド、そして、“与えられた命を全うする”という根源的なモチベーションに貫かれたステージング。ニューアルバム「THE ONE」のリリースを挟んで行われるこのツアーによってUVERworldは、その唯一無二の存在感をさらに向上させることになるだろう。

【取材・文:森 朋之】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル UVERworld

リリース情報

THE ONE(初回盤)

THE ONE(初回盤)

2012年11月28日

SMR

ディスク:1
1. THE ONE (SE)
2. 7th Trigger
3. Don’t Think. Feel
4. LIMITLESS
5. 23ワード
6. KINJITO (LIVE intro ver.)
7. THE OVER
8. 此処から
9. REVERSI
10. バーベル ~皇帝の新しい服 album ver.~
11. BABY BORN & GO
12. AWAYOKUBA-斬る (LIVE intro ver.)
13. NOWHERE boy
ディスク:2
1. CORE PRIDE (LIVE at Avaco Studio) (ミュージックビデオ)
2. いつか必ず死ぬことを忘れるな (LIVE at Avaco Studio) (ミュージックビデオ)
3. NO.1~ace of ace (LIVE at Avaco Studio) (ミュージックビデオ)
4. 一石を投じる Tokyo midnight sun (LIVE at Avaco Studio) (ミュージックビデオ)
5. KINJITO (ミュージックビデオ)
6. BABY BORN & GO (ミュージックビデオ)
7. 7th Trigger (ミュージックビデオ)
8. AWAYOKUBA-斬る (ミュージックビデオ)
9. THE OVER (ミュージックビデオ)
10. THE SONG (ミュージックビデオ)
11. UVERworld×digital hollywood (ミュージックビデオ)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

UVERworld 2012 アリーナツアー
2012/12/01(土)さいたまスーパーアリーナ
2012/12/08(土)名古屋日本ガイシホール
2012/12/09(日)名古屋日本ガイシホール
2012/12/15(土)神戸ワールド記念ホール
2012/12/16(日)神戸ワールド記念ホール
2012/12/22(土)福岡国際センター

UVERworld LIVE TOUR 2012~13 秋冬
2012/12/25(火)日本武道館
2013/01/24(木)ZEPP SAPPORO
2013/01/25(金)ZEPP SAPPORO
2013/01/30(水)ZEPP DiverCity
2013/01/31(木)ZEPP DiverCity
2013/02/06(水)ZEPP FUKUOKA
2013/02/07(木)ZEPP FUKUOKA
2013/02/12(火)ZEPP NAGOYA
2013/02/13(水)ZEPP NAGOYA
2013/02/17(日)新潟LOTS
2013/02/21(木)仙台RENSA
2013/02/25(月)ZEPP NAMBA
2013/02/26(火)ZEPP NAMBA
2013/02/28(木)ZEPP DiverCity

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る