前へ

次へ

新作『experience』を掲げ、flumpoolがスペシャルライブを敢行!

flumpool | 2013.01.25

 昨年12月12日にリリースした3rdアルバム『experience』をひっさげ、横浜アリーナと大阪城ホールでスペシャル4DAYS ライブflumpool Special Live 2013“experience”を行ったflumpool。この公演は横浜と大阪で各2日間、合計4日間で『experience』を表現し切るという密度の濃い内容となった。ここでは横浜アリーナ公演の2日目、1月12日のレポートをお届けしよう。

 まず、開演を待つ満杯の観客の耳に飛び込んできた場内アナウンスからして、いつもと雰囲気が違っていた。開演中の注意事項のみならず、「最高に盛り上がってください!」とテンションの上がる呼びかけで場内をざわつかせる。ゆるやかに照明が暗くなると、壮大なSEと共にステージ上のビジョンには様々な映像が映し出される。新聞の見出しであったり、アルバムのアートワークにもフィーチャーされていたヘッドフォンだったり……。そんな中、SEに合わせて手拍子が起こり、メンバーが登場。そして、高まった歓声が一瞬おさまったタイミングで、山村隆太が「どんな未来にも愛はある」を歌い始めた。難しいオープニングだったが、この歌声一発で『experience』の世界に引き込まれてしまった。この出だしから山村も感情を爆発させているようで、「Touch」や「君に届け」といったflumpoolらしいポップチューンでも、勢いは止まらない。彼は上手や下手に伸びた花道を走り、声援を受け止める。前半からこんなに熱くなっていいのか……というくらい熱いパフォーマンスだ。「横浜ーっ! 会いたかったよ! 来てくれてメッチャ嬉しいです!」

 最初のMCで山村は、ライブが楽しくてたまらないといった雰囲気で声をはずませる。そして「2013年というと、僕達flumpoolにとって 重大な年であります。10月1日でデビュー5周年! みんなのおかげ! ありがとう!」と、今年がメモリアルな年であることを報告。その後、ギターの阪井一生がMCを引き継ぎ、「今日、実は収録入ってまして、皆さん、化粧とか大丈夫ですか!」と観客に問いかけるも、「笑顔が一番の化粧ですからね」と山村が返すと、場内からは大拍手が。空気もほぐれて、ライブはシブめのギターリフで始まる「Natural Venus」へ。そして、フラッと旅に行きたくなるような明るいムードの「The great escape」や、染みるような名曲「証」など、ニューアルバムからの楽曲を中心に進んでいく。中盤には力強いサウンドで聴く人の背中を押す「Sprechchor」や「覚醒アイデンティティ」で、どんどんアグレッシヴな展開に。その後、昨年のツアーを通して成長を遂げた「Because... I am」が披露されると、観客がより熱い反応で曲を迎えた。“個”であること、自由に感情を解放することの大切さに気づかせてくれる曲に、会場の一体感は最高潮に。さらにメンバー紹介ではそれぞれがソロプレイで個性をアピール。クールなベースを聴かせた尼川元気、「愛と笑顔の伝道師」と紹介されたギターの阪井一生、銀髪にイメチェンし、精悍さが増したドラムの小倉誠司――それぞれのプレイ自体にもパワフルさが増した印象だ。盛り上がり必至のアッパーチューン「イイじゃない?」では、観客が手にするタオルがグルグルとまわり、“イイじゃない?”の合唱も完璧にキマる。このコール&レスポンスのまとまりも見事だ。まるで、何度もライブで再現されてきたかのようなノリが楽しい。本編ラストは「Answer」。バンドのグルーヴに煽られ、そこには、これまでになく自由に感じられるライブ空間が広がっていた。これこそ、flumpoolが確実に次のステップに踏み出したことを証明していたと思う。アンコールでは彼らのデビュー曲でもある「花になれ」がプレイされ、flumpoolらしい美しいメロディーを響かせてくれた。

「これまでで一番の経験をさせてもらいました! どうもありがとう」と山村。充実感に満ちたライブだったことは言うまでもない。こうしてライブは最後の曲に辿りついた。アルバム『experience』でも最後に収録されている「36℃」がクロージングナンバー。人の体温を感じさせてくれる温かい曲で、ライブは幕を閉じた。

 最後の挨拶で山村は「ホントに楽しかったです。今年は5周年ということもあっていろいろ考えてます。だから、楽しい思い出をいっぱい作ろう、今年は!」と、楽しみな発言でシメてくれた。それでも、メンバー全員、名残惜しそうにステージを歩き回り、アリーナ、スタンドの観客に挨拶。BGMには「イイじゃない?」が流れ、エンディングまで楽しい空気を演出。最後に残った小倉はこぶしをつきあげ、余韻をかみしめているようだった。今年のflumpoolはひと味もふた味も違う。間違いなくメモリアルなアニバーサリーイヤーを予感させてくれる頼もしいライブだった。

【取材・文:海江敦士】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル flumpool

リリース情報

experience (初回盤)

experience (初回盤)

2012年12月12日

A-Sketch

1. どんな未来にも愛はある (「Song with Mobage」TV CM曲)
2. Answer (TBS系 木曜ドラマ9「レジデント~5人の研修医」主題歌)
3. イイじゃない?
4. Across the Times
5. プレミアム・ガール
6. Sprechchor
7. Because... I am (シャープ「au AQUOSPHONE CL IS17SH」TVCMソング/日本TV系「スッキリ!!」7月テーマソング)
8. 証 (第78回NHK全国学校音楽コンクール・中学の部課題曲/NHK「みんなのうた」2011年8月~9月)
9. Natural Venus
10. 傘の下で君は…
11. 覚醒アイデンティティ (日テレ系&J SPORTSラグビーワールドカップ番組イメージソング)
12. The great escape
13. Touch (シャープ『au AQUOS PHONE IS 11SH』TV CMソング
14. 36℃

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

flumpool Special Live 2013“experience”
2013.1.12@横浜アリーナ

  1. どんな未来にも愛はある
  2. Touch
  3. 君に届け
  4. Natural Venus
  5. The great escape
  6. 今年の桜
  7. 僕はここにいる
  8. Sprechchor
  9. 傘の下で君は…
  10. two of us
  11. 覚醒アイデンティティ
  12. Because… I am
  13. reboot〜あきらめない詩〜
  14. プレミアム・ガール
  15. イイじゃない?
  16. 星に願いを
  17. Answer
ENCORE
  1. 花になれ
  2. 36℃

お知らせ

■ライブ情報

TOYOTA BIG AIR 2013 in 札幌
2013/02/24(日)札幌ドーム

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る