前へ

次へ

FLiPの 自主企画イベント「RESPECT」。東京公演のゲストはTRICERATOPS。

FLiP | 2013.04.18

「今日、さっきFLiPのサウンドチェック見てたんだけど、ほんと、すごいね、びっくりした!」
 この日、ゲストとして出演していたTRICERATOPS。そのライヴ中のMCで、彼らが、FLiPとの出会いなども含め彼女たちとのエピソードを紹介していた際のひとことである。

 FLiP。ライヴをその活動の肝のひとつに据え、着実にライヴバンドとして成長している4人組だ。ここ数年で、フェスやイベントへの出演も増え、その実力は口コミでも広がっている。その彼女たちが、デビュー以降、定期的に行ってきたイベントが「FLiP presents“RESPECT”」シリーズだ。今回で5回目を迎えたこのイベントは、回を重ねていく中で、全国ツアー展開ができるまでに発展。彼女たちが、大切に育てた、FLiPの名物シリーズにまでなった。
 4月4日。「FLiP presents“RESPECTS vol.5 TOUR”」の東京公演が、Shibuya WWWで行われた。

 トップバッターを飾ったのはBARBARS。ギター(田中未希)とベース(湊 梨央子)が女性。ドラムが男性(影山広輔)。そして、ギター&ベースがツインボーカルをとるというスリーピースだ。フロントの田中と湊が、そのファッションも含め、ロックアイコンとして機能している。ファーストインパクトも十分、華やかでキャッチーな印象である。パワフル&パンキッシュ、そしてポップなステージングで観客を盛り上げ、最後には会場から全体から大きな拍手が起こった。

 続いてステージに登場したのがTRICERATOPS。それぞれスタンバイする3人。ボーカル&ギターの和田が、ゆっくり後ろを向き、ドラムの吉田に合図する。ステージバックから白光のバックライト。眩い光の中、ブルージーなギターフレーズをポイントに、ベースの林を加え、迫力のアンサンブルを披露。一瞬で会場を自分たちのペースに持ち込んだあと、吉田のカウントが響いた。
 ディープなムードから一転、うねるベースがグルーヴを刻む。「あのね Baby」へ。観客が一斉に飛び乗る。和田が「楽しんでるかー!」と叫び、アップチューン「Two Chairs」へ。終わるとMC。和田がマイクをとった。
「やばいね! こんばんは! TRICERATOPSというバンドです」と挨拶。初めて自分たちのバンドを見る人は? と、会場に投げかけ、挙手された手の数を見て「おお、結構いるね!」と心底嬉しそうな表情に。そしてこう言葉をつなげた。
「この初めての人たちに出会わせてくれた、FLiPちゃんに感謝します」
 さらに、今日の対バンは、両方共若いから、ちょっと複雑……と観客を笑わせた後、最後はこんな言葉で締めくくった。
「でもロックンロールに年は関係ないという事で、多めに見てくれたら! 精一杯やるので楽しんでって!」
 彼らは、約50分というライヴの中で、アップでキャッチーな曲から、ダイナミックなスピードチューン、さらにはサザンロックのど真ん中&ソウルフルなシャウトで勝負するディープなミディアム・ナンバーなど、様々な曲調の楽曲を披露。3人のルーツとバンド実績が、次々に花開くその様は、とても鮮やかで、素直に心が躍ったし、彼らのロックンロールを楽しめる内容だった。
 デビュー15周年という活動実績、コーラスのパターンも含んだ3人の演奏&アレンジのスキルは、ベテランと言っても差し支えないほどの実力だと思う。ロックのダイナミズムと普遍性というポップス・センスが共存している楽曲のクオリティーも非常に高いし、ステージのパフォーマンスも安定感がある。しかしながら、じつにフレッシュでピュアなのが、このバンドの個性であり、真骨頂なのではと、この日、改めて思った。
 それは彼ら3人が、音楽に、バンドに、ライヴに、そしてお互いに、変わらぬ“愛”を持っているからだと思う。じつに堂々としているのにフレッシュ。そういう意味では、彼らは稀有な存在のバンドだと思った。
 最後、アップチューンの「Jewel」「Rock Music」を畳み掛けた時の会場全体を巻き込んだ、小屋の規模に左右されないライヴのスケール感にも脱帽。これが歴史を味方につけたバンドのエネルギーなのか。驚いた。
「俺たちのこと、見てくれて、踊ってくれて、ありがとう。近々、ここの全員と会えることを楽しみにしています」と和田が叫び、彼らはステージを後にした。

 時計は21時を回っていた。転換が終わり会場が暗くなる。薄闇に沈むステージ。その向かって左側のステージ袖から、大きな声が聴こえてきた。
「オォ!」
 4人が同時に叫んだ声。FLiPのステージ前の気合が、会場にこぼれだしてきた。この声に「おぉおおおお!」と、期待のレスポンスをする観客。
 ダンサブルなSEの中、4人が登場。サチコの「しーぶーやー! かかってこーい!」というシャウトから、ライヴはスタートした。最初を飾ったのは「ワンダーランド」。爽快なアップチューンに、観客が雄叫びをあげる。イントロから、サチコ、ユウコ、サヤカの3人が、激しくヘッドバンキングする。ユウミは、力強くリズムをキープしながら、目をつぶって叫ぶようにコーラスをとる。
 エンディングでサチコが「ウェルカーム! リスペクトーッ!」と叫び、次の曲へ。真っ赤な照明の中「GHOST BUSTER」。間奏ではサチコの「飛べーっ!」という言葉と一緒に、観客、そしてサチコ、ユウコ、サヤカがジャンプした。FLiPが、そのサウンドで、容赦なくあっという間にライヴをトップギアに入れていく。「エビバディー! クラップ! クラップ!」とサチコが叫び、ユウコとサヤカがパフォーマンスで煽る。その様子を後ろからユウミが視線で追う。4人がお互いをしっかり意識し、FLiPのライヴを作り上げていこうとしているのがわかるワンシーン。観客から「Oi! Oi!」の掛け声が起こった。呪文のように早口になるメロディーが特徴の「雨の女」。その途中、サチコは、クラップを続ける客席に、目を見開き、挑むような表情を見せた。
 あぁ、4人とも、相当気合入っている感じ。
 ゲスト達のライヴの素晴らしさが、彼女たちの負けん気に火をつけたようだ。
 育ちがよくて、素直で真面目なのに、負けん気が異様に強い。当サイトでの連載を通してわかった4人の性格は、確実に、ライヴスタイルや曲調も含め、今のFLiPを形成するひとつのファクターになっていると思う。
 ユウコの早弾きフレーズから「最後の晩餐」へ。ラウド色も濃厚の1曲だが、サビでは少しウェットなメロが、力強く一気に燃え上がる。フロントの3人を含み、会場でもヘッドバンキングする姿が見えた。挨拶がわりのMC。サチコがマイクをとった。
「ありがとうございます。お待たせしました、FLiPです! 最高の瞬間をここにいる人達と作っていきたいと思います。最後までよろしくお願いします。もっともっと気持ちよくなりましょう!」
 ブルーのライトが、ステージを彩る。「Everything is alright」へ。メロやサウンド全体の音色に、風を感じるブライト・チューン。独特の音程&淡々とした印象のあるAメロなど、彼女たちの楽曲の中では変わり種と言ってもいい1曲か。2番のAメロでは、サチコがマイクスタンドを抱えるように両手で持ち、さらに丁寧にメロディーを響かせる。他の3人に目を凝らせば、それぞれしっかりと演奏しながら、一緒に歌を歌っていた。後半 ♪ La La La?♪ と繰り返すパートでは「みんな一緒に歌って!」というサチコの言葉に促され、最後は大合唱となった。
 MCコーナーへ。イベントの趣旨について簡単に説明した後、この日、ゲストで出演してくれたBARBARSとTRICERATOPSのライヴに触れた。BARBARSには「ステージから見てても、超気持ちよかった」と、観客と一緒に拍手を送る。そして「自主企画でまさか対バンできるとは思わなかった。トライセラを見てる観客の皆さんのキラキラした顔を見ていて“あぁ、このバンドに本当に惚れているんだな”と思いながら、ここに立ててすごく幸せです」と、TRICERATOPSへも大きな拍手を送った。話は「重大な発表がございます」と展開。サチコの口から、ニューアルバム発売決定、6月26日にリリースされる旨がアナウンスされると、観客から大歓声とさらに大きな拍手が。
「全曲、セルフプロデュースです!」
という言葉には「おぉおおおー!」というどよめきが起こった。
「多くの人に届いて欲しいと思ってます。よろしくお願いします」というサチコの言葉に合わせて、メンバー全員が、真剣な顔でお辞儀をした。続いて全国ツアー決定のアナウンス。東京公演は、7月19日、恵比寿リキッドルームとなることも発表された。
 盛り上がる会場。ヒューッ!という口笛も飛ぶ中、さらにサチコが繰り返しニューアルバムの告知をするも、発売日の“6・26”を、“2・62と”言ってしまい、観客からつっこまれ、メンバーがフォローする微笑ましい一幕も。サチコ本人も、ごめん、ごめんと笑いながら訂正。このフレンドリーでちょっとゆるい空気を変えたのは、サチコ本人のこの言葉。
「さあ、しゃべる事はもう全部しゃべったので、思いっきり音を鳴らしていこうと思います。渋谷、ついてきてくれますか?」
 トリッキーでちょっとキテレツなイントロが、ムードを一変させる。イントロだけで空気を持っていくこの様子に、ライヴバンドFLiPの底力を垣間見る。曲は「Oh! Darling」。ギターのワンフレーズが鳴っただけで、観客がバウンドしながら咆哮し「CHERRY BOMB」。後半へ向け、加速していくバンドサウンド。ステージ上の4人のテンションが、目の前ではじけ飛ぶ。ユウコがユウミの前に陣取る。サヤカに歩み寄り、向き合うサチコ。「カートニアゴ」。曲に合わせて、会場から「Oi! Oi!」という歓声があがる。狭いフロアに、サークルができる。モッシュ。スクリーム。髪を振り乱し、宙を睨むようにシャウトするサチコ。ユウコとサヤカも、それぞれのアクションで観客をどんどん煽っていく。「お待たせしました?、新曲、いきます」と、6月26日発売のニューアルバムから「カミングアウト」という曲を披露。複雑なアンサンブルと激しいエモーションが交差する、FLiPらしい骨太なラウドナンバーだった。サチコが叫び続けるというスタイルのサビは、新境地、かも。本編最後は軽快なアップチューン「ナガイキス」。サビの ♪Darling! Darling! ♪ の繰り返しでは、フロントの3人がステージ前に出て来て、テンションマックス状態の観客をぐいぐい煽った。最後までフルスピードで、メーターを振り切ったまま、4人はステージを後にした。

 アンコール。再びステージ上に現れた4人。全員、本ツアーから一新されたという “RESPECTS ”シリーズのTシャツを着ている。ユウミのMC。本ツアーのグッズや、5月1日からスタートするというFCについて、キャラクターをうまく使い、笑わせながら紹介した。
 笑顔のサチコがマイクをとる。この日のライヴを振り返り、言葉を紡ぐ。
「ライヴって気持ちいいなって改めて思ったし、音楽って楽しいな、いいな、本当に自分の人生にはなくてはならないものだなって思った」と述べ、改めて出演者、そして観客へ拍手を送った。
 アンコールに応えて演奏されたのは、プリミティブな雄叫びが楽曲のエネルギーになっている「平成ジュラシック」。彼女達のライヴではお馴染のキラーチューンは、観客とともに歌う1曲だ。
♪ oh?oh、oh? ♪ とサチコ。
♪ oh?oh、oh? ♪ とレスポンスする観客。
何度か繰り返した後、サチコがマイクを通さず、生声で歌い、観客の大声を誘う。
さらに大きくなる観客のレスポンス。最後は演奏をストップし、観客にアカペラで歌わせた。
 その様子に、サチコはありったけの力を振り絞り「ありがとーっ!」と叫んだ。

 最後は、TRICERATOPSのメンバーと、BARBARSのメンバーを呼び込み、客席をバックにして記念撮影。
明るくなった客席に、何度も丁寧にお辞儀をし、こんな言葉を残して、FLiPはステージを後にした。

「皆さん、また次のライヴで逢いましょう。FLiPでした」

 さあ、もう既に、次のFLiPが待っている。
 セルフプロデュースしたニューアルバムとともに。

【取材・文:伊藤亜希】
【撮影:MICHIKO YAMAMOTO(TRICERATOPSのみ)】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル FLiP

関連記事

リリース情報

XX emotion(初回盤)

XX emotion(初回盤)

2012年05月16日

DefSTAR RECORDS

ディスク:1
1.CHERRY BOMB
2.ワルサー
3.エミモア
4.ワンダーランド
5.Everything is alright
6.YUKEMURI DJ
7.最後の晩餐
8.Shut Up, Men!
9.ホシイモノハ
10.でも maybe
11.今夜月で会いましょう
12.ふつつか少女
13.GHOST BUSTER

ディスク:2
ライラ MV
カザーナ MV
カートニアゴ MV
ナガイキス MV
ホシイモノハ MV
ワンダーランド MV
CHERRY BOMB MV

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

FLiP presents「RESPECT vol.5 TOUR」
2013.4.4@Shibuya WWW

BARBARS
  1. 脳みそグルメ
  2. ながれ星
  3. Ambulance Song
  4. サブリナ
  5. 残響サブストーリー
TRICERATOPS
  1. あのね Baby
  2. Two Chairs
  3. 1000Love
  4. シラフの月
  5. Gothic Ring
  6. Milk&Sugar
  7. Jewel
  8. Rock Music
FLiP
  1. ワンダーランド
  2. GHOST BUSTER
  3. 雨の女
  4. 最後の晩餐
  5. Everything is alright
  6. Oh Darling!
  7. CHERRY B0MB
  8. カートニアゴ
  9. カミンゲアウト(新曲)
  10. ナガイキス
ENCORE
  1. 平成ジュラシック

お知らせ

■ライブ情報

COMIN’KOBE13前夜祭
2013/04/28(日)神戸太陽と虎

COMIN’KOBE13(カミングコウベ イチサン)
2013/04/29(月)神戸ワールド記念ホール
神戸夙川学院大学の2会場で同時開催

Shibuya O-WEST &la la larks presents
2013/05/10(金)Shibuya O-WEST

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2013
2013/05/26(日)新木場・若洲公園(東京都)

FLiP アルバムリリースツアー
2013/07/07(日)梅田QUATTRO 
2013/07/19(金)恵比寿LIQUIDROOM
2013/07/27(土)名古屋QUATTRO

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る