前へ

次へ

スペースシャワーが送る「SWEET LOVE SHOWER 2013」2日目の模様をレポート

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER | 2013.09.17

 SWEET LOVE SHOWERの2日目。この日も終日天気は良好。とりわけこの2日目は、現行のラウドロックバンドがメインストリームへ台頭してきた勢い、多様化や広がりに加え、現在のキッズから強く支持されている様子がことさら目を惹いた。

 昨日同様、本編の開始を告げる10時30分。LAKESIDE STAGEのスクリーンに開始60秒前を告げるカウントダウンの映像が流れる。0を示すと同時に一緒に歓喜を上げる会場。2日目のスタートだ。

 1発目はアルカラ。一昨年はFOREST STAGE、昨年はMt.FUJI STAGE、そして今年は最も大きいLAKESIDE STAGEの一発目を彼らが務める。歴代の出演者の中でも、この3ステージを制したアーティストはいないとのこと。そのグランドスラム第一号の称号にかけて、ヴァイオリンソロ、富士山に見立てた脚立、1曲目から客席に降りて熱唱、ゆるキャラ「くだけネコ」との共演等々、あらゆる手を使い、集まった多くのお客さんの心を掴みにかかる。楽曲面もライヴを加速させた「チクショー」、哀愁歌謡ロックmeets情熱が会場に炸裂した「わ、ダメだよ」、新曲のラテンポップ哀愁ナンバー「名探偵ミスタ相棒はジョニー」等を披露。一発目から会場を盛り立ていく。

 昨年はFOREST STAGEを沸かせたSiMだったが、今年はステージ/キャパが数倍に広くなったMt.FUJI STAGEに堂々の登場だ。とはいえ同ステージでも彼らは終始超満員を記録。その人気ぶりに少々驚く。「What’s up the people? 富士山を背にSiM、この命を削ってやります」というボーカルのMAHのシャウト通り、ステージと会場との数々の熱闘を見せてくれたこの日。ラテンポップに会場がバウンスした「Blah Blah Blah」を始め、立錐の余地も無いなか各所に多くのモッシュピットやサークル、2ステップやウォールオブデス等が生まれていく。みんな思い思いのスタイルで楽しそうに暴れ回っている様は、何度も、“ああ、俺もあの輪の中で暴れたいな…”と思わせるものであった。

 昨年に引き続き [Champagne]がLAKESIDE STAGEに登場するとステージ前方の密度もグンと上がる。昨年以上に大きくダイナミックに映った彼ら。それは楽曲も然り。スイングやジャイヴも織り交じえた、作品には無かったアレンジに余裕すら感じた「Cat 2」では、アルカラの稲村(G・Vo)も飛び入り。2番では稲村が歌い、ラストは川上、稲村の熱いキスも交わされる(笑)。また後半では、このフィールドやステージでこそ映えるナンバーが次々と飛び出す。「Forever Young」ではフェスアンセムよろしく会場中がシンガロングし、昨年のこの光景を思い浮かべ、悔しさのなか作ったであろう「Starrrrrrr」では、そこで歌われた夢や憧れへとまた一歩近づいたような力強さをその歌声から感じた。

 ONE OK ROCKもLAKESIDE STAGEに2年連続の出演。歌や演奏は去年よりもさらにスケールアップし、説得力のあるMCでオーディエンスを扇動して、この上ない景色を共有させていた。ライヴは一切の妥協を許さずガチンコの大勝負。各所で起こるサークルモッシュやモッシュ、クラウドサーフを尻目に、自身の今年のロックフェス出演の最後を飾るべく、全てをこのステージに置いていく覚悟で歌い、プレイしていく。中でも「完全感覚Dreamer」ではステージの左右から水柱が高く上がる演出も施され、その水しぶきの見た目の爽快さと共に盛り上がりに火をつけ、その盛隆はラスト「The Beginning」まで継続。この夏を最後に思いっ切り謳歌しようと楽しそうに暴れ回るキッズたちの光景も眩しかった。

 沢山の人を湛えたFOREST STAGEに登場したねごと。キャッチ―で分かりやすい歌ながらも、キチンと各人のプレイヤビリティも堪能できた。「メイドミー...」では、沙田瑞紀(G)のギターが楽曲にワイルドさを寄与すれば、「ワンダーワールド」では、グルーヴィーな藤咲佑(B)のベースや澤村小夜子(Dr)のタイトなドラミングが楽曲を根底から支え、より歌を浮き彫りにさせていく。また、ボーカルの蒼山幸子(Vo, Key)は、そのスイートで存在感のある歌声を基調に、時にキュートではかなげに、時にしっかりと歌い分けていく。くるりの「ばらの花」のカバーを挟み、後半は疾走感溢れる「カロン」も飛び出し、ラストの「sharp ♯」では、同曲の持つ解放感と上昇感がこの日の雄大なシチュエーションにベストマッチしていた。

 仲井戸麗市率いるthe dayは、Mt.FUJI STAGEに登場した。仲井戸をギターに、ドラムに中村達也、キーボードの蔦谷好位置、ベースにKenKen、そしてサックスに武田真治を迎えた彼ら。“渋いブルースでもやるのかな?”と何の予備知識もなく、座ってのんびり眺めているつもりで挑んだのだが、全く座ってなんかいられない。終始体を自然と踊らせるブギーが連発される。自己紹介ナンバー「opening tune」から始まったこの日。仲井戸がてっきり全ボーカルを取るのかと思っていたのだが、「ken ken’s tune」ではKenKenがボーカルを担当する曲があったり、またローリング・ストーンズのカバーも飛び出し、集まった老若男女がその次々に繰り出されるブギーナンバーに楽しく踊った。

 “天下の雨バンド”でも今年の天候は覆せず、ピーカンのLAKESIDE STAGEで、マキシマム ザ ホルモンのライヴは行われた。実に6年ぶりに発売された最新アルバム『予襲復讐』のライヴでの体感を期待して集まった人が会場中を埋め尽くす。その期待に応えるようにニューアルバムからの曲を中心に展開されたこの日。「砂埃にまみれて踊り狂ってやろうぜ」というダイスケはん(キャーキャーうるさい方)の一言からライヴはスタート。重厚ながら躍動感あふれるサウンドとポップな楽曲の数々にて、曲を追う毎に阿鼻叫喚のモッシュピットを増やしていく。途中機材トラブルに見舞われ、回復の間の長いトークには終始笑わせっぱなし。ラストの「恋のスペルマ」まで、ライヴでもトークでも満腹にしてくれた。

 やや陽が傾いてきた時間帯になる。Mt.FUJI STAGEには、TK from 凛として時雨が現れた。ボーカル&ギターのTKを中心に、ベースはいつもの日向秀和ではなく山口寛雄だ。日向ほどスラップバリバリのイメージの無かった山口だったが、なかなかどうして。スラップ面でもかなりの技巧を堪能させてくれた。緻密で箱庭的な独特の繊細さを持ったサウンドや歌が大自然に吸い込まれていくような心地よさを生んだ「flower」から、悲しみを伴いながらも更にライヴを走り出させた「Abnormal trick」、各人の高いプレイヤビリティが炸裂した「phase to phrase」、ラストの美しくもはかなげであった「film A moment」まで全6曲。絵画のような世界観に吸い込まれていくような瞬間を何度も味わったライヴであった。

 バキバキに躍らせるテクノチューンを想像し臨んだLAKESIDE STAGEでの電気グルーヴのステージ。それが良い意味で裏切られるかのように、歌ものが中心のエンタテインメント性たっぷりのライヴがこの日は展開された。点滴に車いす姿の石野卓球と、それを押すピエール瀧が現れる。ブラックだ…。ラップや歌を中心に、2人がステージを動き回るスタイルを交えて展開されたこの日。時にはハーモニーも効かせ、最新作での新展開をライヴでも体現してくれる。とは言え、代表曲「Shangri-La」が飛び出すと、会場も合わせてハネながらの大合唱。ラストの初期曲「電気ビリビリ」では、相変わらずの彼らの毒気を身体いっぱいで受け止めさせてもらった。

 今年最後のMt.FUJI STAGE。一切何も置かれていないステージ上に、きゃりーぱみゅぱみゅが現れると、たちどころにそこがワンダーランドに変貌する。今年は世界各国で5つのフェスに出演し、この日がそれらのラストだと言う。しかも、夜の野外は初。キャリーギッズ(キッズダンサー)とのキビキビとしたダンス、きゃりーが歌うポップでキッチュ、カラフルでキャッチ―な歌の数々を、光と色を使った演出が更に映えさせていく。ダンス&シングした「インベーダーインベーダー」や「み」、また「にんじゃりばんばん」「きゃりーANAN」「PONPONPON」「つけまつける」の代表曲のオンパレードは、既に彼女が国民的なスターであることを表すかのように、会場中の老若男女を、その独特のふりつけで一緒に楽しそうに踊らせていた。

 完全に陽が落ち、“今年のSLSも終わりだなぁ…”と感慨深くなっている中、このフェスの大トリを飾るthe HIATUSがLAKESIDE STAGEにその勇姿を表した。昨年は同ステージの夕刻頃にプレイした彼ら。この時間に観る5人は昨年以上に雄大で怏々しく、ことさら壮麗に映った。いきなり「The Flare」にて、自身の持つダイナミズムを最大限まで引き出して見せてくれたthe HIATUS。「Monkeys」「Storm Racers」といった、もう一方の彼らの真骨頂とも言える勢いのある曲2連発では、そこに疾走感が呼び込まれ、ライヴが更に走り出していく。また発売されたばかりのニューEPから「Horse Riding」「Waiting For The Sun」もプレイ。中でも、「Waiting For The Sun」は、ボーカル&ギターの細美武士も客席の中でキッズたちと歌う感動的な場面を生んだ。

 この土地で行われるのも今年で7回目。ここ何年も参加していると、このフェスに於ける出演アーティストたちの成長や進化、趣向や試みの変化も楽しみの一つとなってくる。かく言う今年も多くのアーティストが例年以上のパフォーマンスをこの地で魅せ、沸かせてくれた。“来年はこの地でどんなハイライトシーンが生まれるのだろう…?”。帰路浮かんできた今年の数々の名場面を思い返しながら、早くも来年のSLSに思いを馳せている自分がいた。

【取材・文:池田スカオ和宏】
【撮影:上山陽介/釘野孝宏/古溪一道/SUSIE/渡邉一生(50音順)
/浜野カズシ(マキシマム ザ ホルモン)】


tag一覧 ライブ 黒沼英之 WHITE ASH ねごと パスピエ きゃりーぱみゅぱみゅ SiM the HIATUS 電気グルーヴ ONE OK ROCK [Champagne] アルカラ SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER イベント やついいちろう

セットリスト

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2013
2013.9.1@山中湖交流プラザ きらら


[LAKE STAGE]
アルカラ
  1. 交差点
  2. 癇癪玉のお宮ちゃん
  3. チクショー
  4. わ、ダメだよ
  5. 名探偵ミスタ相棒はジョニー
  6. 半径30cmの中を知らない
  7. キャッチーを科学する

[Champagne]
  1. Waitress, Waitress!
  2. city
  3. Cat 2
  4. Forever Young
  5. Kick&Spin
  6. Starrrrrrr

ONE OK ROCK
  1. Deeper Deeper
  2. Nothing Helps
  3. アンサイズニア
  4. Clock Strikes
  5. Re:make
  6. 完全感覚Dreamer
  7. The Beginning

マキシマム ザ ホルモン
  1. 握れっっ!!
  2. 「F」
  3. 便所サンダルダンス
  4. maximum the hormone
  5. ビキニ・スポーツ・ポンチン
  6. 恋のスペルマ

電気グルーヴ
  1. The Big Shirts
  2. Missing Beatz
  3. Shame
  4. Shameful
  5. Zoo Desire
  6. Shangri-La
  7. Upside Down
  8. 電気ビリビリ

the HIATUS
アーティストの意向により掲載を控えさせて頂きます

[Mt.FUJI STAGE]
<OPENIG ACT>
ハルカトミユキ
  1. POOL
  2. ニュートンの林檎
  3. マネキン
  4. ドライアイス
  5. Vanilla

SiM
  1. KiLLiNG ME
  2. Blah Blah Blah
  3. I Hate U
  4. Amy
  5. FUCK iT ALL
  6. Same Sky
  7. JACK. B
  8. f.a.i.t.h

スチャダラパー
  1. Under the Sun
  2. FUN-KEY4-1
  3. LET IT FLOW AGAIN
  4. ライツカメラアクション
  5. 今夜はブギー・バック
  6. ザ・ベスト
  7. サマージャム2013

the day
<仲井戸麗市(G)中村達也(D)蔦谷好位置(Key)KenKen(B)>+武田真治(Sax)
  1. opening tune
  2. ken ken’s tune
  3. Rain-fall-down
  4. マテリアル
  5. theday(Closing-tune)
  6. 元気にブギ

TK from 凛として時雨
  1. flower
  2. Abnormal trick
  3. phase to phrase
  4. Fantastic Magic
  5. haze
  6. film A moment

きゃりーぱみゅぱみゅ
  1. なんだこれくしょん
  2. インベーダーインベーダー
  3. にんじゃりばんばん
  4. きゃりーANAN
  5. のりことのりお
  6. PONPONPON
  7. つけまつける
  8. ファッションモンスター

[FOREST STAGE]
ゲスの極み乙女。
  1. モニエは悲しむ
  2. ぶらっくパレード
  3. (新曲)
  4. song3
  5. ドレスを脱げ

パスピエ
  1. S.S
  2. デモクラシークレット
  3. フィーバー
  4. トロイメライ
  5. チャイナタウン
  6. 最終電車

ねごと
  1. ループ
  2. メイドミー...
  3. ワンダーワールド
  4. Re:myend!
  5. ばらの花
  6. メルシールー
  7. カロン
  8. sharp ♯

WHITE ASH
  1. Jails
  2. Kiddie
  3. Crowds
  4. Stranger
  5. Paranoia
  6. Pretty Killer Tune

coldrain
  1. To Be Alive
  2. No Escape
  3. Six Feet Under
  4. The War Is On
  5. Die Tomorrow
  6. The Revelation

[WATERFRONT STAGE]
<MORNING ACOUSTIC>
黒沼英之
  1. Pray
  2. ふたり
  3. やさしい痛み
  4. パラダイス

(((さらうんど)))
  1. Welcome to Brand New Age
  2. Signal Signal
  3. きみは New Age
  4. 空中分解するアイラビュー
  5. R.E.C.O.R.D.
  6. サマータイマー

<CLOSING DJ>
やついいちろう(エレキコミック)

お知らせ

「SWEET LOVE SHOWER 2013」の模様は
10月に計6時間の大型特番としてオンエア!


「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2013 Day1/Day2」
【Day1】(8/31収録)10月19日(土)21:00〜24:00 他
【Day2】(9/1収録)10月20日(日)21:00〜24:00 他

「Twilight Shower」
10/18(金)24:00〜25:30他

トップに戻る