前へ

次へ

石崎ひゅーいの全国ツアー「独立前夜」。最終日の様子をレポート!

石崎ひゅーい | 2013.10.07

 貧乳の女の子には「おっぱい」を。睡眠薬なんかよりも「ナイトミルク」を。だけど慰めて励ましてる僕自身が「ダメ人間」。心優しさと、自虐と、無力感。深夜ドラマ『みんな! エスパーだよ!』のエンディング曲として注目された「夜間飛行」がそうだったように、しがない日々を克明に描く石崎ひゅーいは圧倒的な共感を得ている。しかし1stフル・アルバム『独立前夜』を受けてのツアー・ファイナル、完売の下北沢GARDENで思い知る。石崎ひゅーいの真髄はライヴであることを。

 やけに男子の姿が目につく。女子はフロア最前のフェンスにかぶりつき。「反抗期」を合図に始まったライヴは、まずその前方集団が片手を挙げ、飛び跳ねて、会場を引っ張っていく。2曲目「ファンタジックレディオ」では「♪baby baby baby?」と大合唱。すでにコアなファンがついているのだ。
 対するひゅーいは「ファンタジックレディオ」の曲中で「スズナリもある。王将もある。今成も珉亭も…あぁーー!! 下北が好きぃぃぃ!!」と事あるごとに下北沢への愛を炸裂。クネクネと踊りながら、予想外の場所で絶叫したり、「友達」では片手に聖書を持ちながら歌ったり。読めない。次の行動が完全に予測不能である。
 それでもバンド・メンバーは動じない。ギター大宮啓之(通称ヌメさん)、ベース安達貴史(ダッチさん)、ドラム原治武(ジブさん)、ヴァイオリン沖増菜摘(オキマッスー)、そして相棒であるキーボードTomi Yo。ひゅーいが何をしようと、ひたすら熱い演奏に徹して、フロアを温め続けている。そんな彼らがあんな行動に出るとは……。

 それは8曲目「ダメ人間」の演奏中だった。絵に描いたようなダメ人間と歌うひゅーいがバタッと床に倒れた。するとオキマッスーが「ひゅーい君。大丈夫?」と声をかける。「頑張れ」とひと言。さらに両手を広げて客席を向いて「頑張れ!」。苦笑と共に「頑張れ! 頑張れ!」コールが沸き起こる。そこへダッチさんがヒューマン・ビート・ボックスとして乱入! ムクッと立ちあがったひゅーいはオキマッスーの手を取り、二人は軽やかに踊って、ピタッとポーズを決めた。なんだ、これぇ!?
 ライヴ中、ひゅーいは「遊ぼうぜ」と何度も叫んでいた。まさかメンバーが率先して遊ぶなんて思わなかった。でもそのおかげだろうか。続く「おっぱい」の「1,2,3!」という掛け声も、「夜間飛行」や「シーベルト」のジャンプも、気づけばフロア全体に広がっている。そこには強制も、空気を読む息苦しさも、解放をためらう恥ずかしさもない。ただ自由に、自然に、誰もがこの場所を楽しんでいた。

 僕になにができる。石崎ひゅーいは常にそう自問してきたのだろう。母親の死を歌う「第三惑星交響曲」や、膨大な自殺者を歌う「3329人」。その消えた命に対して、目の前の生きている命に対して、自分はなにができるのか。自問の果てに彼が選んだ道は、歌だけで歌を伝えることではなかった。
 「3329人」の途中、彼はステージから消えた。次の瞬間、フロア最後尾のP.A.席にサルのように出現。「♪僕になにができる!!!!」と何度も絶叫して、P.A.席を飛び降り、つむじ風のようにステージへ舞い戻っていった。「大好き!!」。客席から誰かが叫ぶ。

 この歌を誰かに届けられるなら、この歌で誰かが救われるなら、僕はなんでもやる。愚かだと笑われても、歌の力を信じて、ひたすら前へ進んでいく。「花瓶の花」のように何万年だって越えてやる。
 全編に渡る尋常ではないパフォーマンスには、そんな想いが込められていた気がする。「1983バックパッカーズ」が歌う21世紀のドン・キホーテ。そう思ったら、なんだか泣けてきた。

【取材・文:柳村睦子】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 石崎ひゅーい

関連記事

リリース情報

独立前夜

独立前夜

2013年07月17日

DefSTAR RECORDS

1. 夜間飛行
2. バターチキンムーンカーニバル
3. シーベルト
4. 第三惑星交響曲
5. 友達
6. ナイトミルク
7. ファンタジックレディオ
8. おっぱい
9. 反抗期
10. せんたくき
11. ガールフレンド

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

石崎ひゅーいTOUR2013「独立前夜」
2013.9.22@下北沢GARDEN

  1. 反抗期
  2. ファンタジックレディオ
  3. ガールフレンド
  4. 友達
  5. 人間図鑑
  6. バターチキンムーンカーニバル
  7. 1983バックパッカーズ
  8. ダメ人間
  9. おっぱい
  10. 僕はサル
  11. 夜間飛行
  12. シーベルト
  13. ナイトミルク
  14. 第三惑星交響曲
  15. 3329人
  16. 花瓶の花

お知らせ

■ライブ情報

MINAMI WHEEL 2013
2013/10/14(月)BIG CAT

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る