前へ

次へ

FLiPの3rdアルバムツアー最終日、SHIBUYA-AXをレポート。

FLiP | 2013.11.22

 3rdアルバム『LOVE TOXiCiTY』を引っさげてのツアー『LOVE THE TOXiC CiTY』の最終日。この日のライヴタイトルは、『LOVE THE TOXiC CiTY -FiNAL and BEGINNING-』となっていた。
 BEGINNING。それは始まりを意味する言葉。
彼女たちは、この日をツアーのファイナルとするも、新たなる未来のスタート地点としたのである。

 7月7日の大阪を皮切りにスタートしたツアーは、全国9本をまわり、この日、ここでファイナルを迎えたのだが、前回観たツアー2日目だった7月19日恵比寿LIQUID ROOMよりも、より激しく、より深みを増していたように感じさせられた。それはきっと錯覚ではなく、彼女たちのモチベーションと、ツアーを経てさらに自分たちの中に、『LOVE TOXiCiTY』というアルバムがしっかりと根付いたからに違いない。
 SHIBUYA-AXの紗幕に、自らのバンド名FLiPをしっかりと映し出したそのオープニングは、誰にも邪魔させない、誰にも負けはしないという、彼女たちの強い意思表示のようにも見えた。

 1曲目は「カミングアウト」。
全体的に低めセッティングされたドラムセットを、姿勢よく、上から力強く叩き付けるようにプレイするYuumi。少し上目にベースを構え、リズムに乗りながら、懸命にプレイに打込むSayaka。肩幅よりも少し広く足を広げ、男勝りなギタープレイをぶちかますYuko。艶っぽさを宿しながらも、力強く声を張るSachiko。
 彼女たちは、間髪入れずに「It’s a lie」「Tarantula」「CHERRY BOMB」と、“これでもか!”と言わんばかりに、ド頭からどこまでもエモーショナルなFLiPの底力を見せつけてきたのだ。
 「ありがとう! この日をどれだけ待ち望んでいたことか! 本当に今日を迎えられて幸せです!」(Sachiko)
 感極まった表情で言葉を発したSachikoに続き、ドラム台からYuumiがイタヅラな笑顔でこう言った。
 「いやぁ?。飛ばしすぎた(笑)? まだ行ける?」(Yuumi)
 屈託の無いその笑顔と自由さに、会場からは一瞬クスッという笑いが起ったりもしていたが、我武者らに全てをこのライヴに懸けている彼女たちの想いと音に、オーディエンスは大きな歓声を贈った。
 「一緒に忘れられない時間を作っていきましょう――」(Sachiko)
 Sachikoの言葉の後、間髪入れずに始まったのは、「二十億光年の漂流」。『LOVE TOXiCiTY』の中からのこの1曲は、なかなか思うように曲や歌詞が書けず、逃げ出したくなったり、音楽を辞めてしまおうかと考えたこともあったという中、セルフプロデュースという形で生み出されたアルバム『LOVE TOXiCiTY』に込められた想いに繋がるモノがあった気がした。しっかりとオーディエンスにその想いを伝えた後は「ライラ」へ。ベースから始まるこの曲に、オーディエンスは力強い“OiOiOiOi”の掛け声を加え盛り上げた。タイトに刻まれるドラムとリズミックに音を弾くギターとベース。少しはすっぱに歌い放つSachikoのボーカル。それは、まさにFLiPにしか出せない個性を存分に放っていた瞬間でもあった。

 そして。彼女たちはここでオーディエンスに新曲をプレゼントしたのだ。それは、ループするヘヴィなギターリフが印象的な1曲だった。
 と、ここで、ステージ上手からもう1つのドラムセットが持ち込まれた。
 「Vドラ(ブイドラ)です! ライヴでVドラを使うのは初めてだから、すごくレアだと思います!」(Sachiko)
 YuumiがVドラへと移動すると、「Log in “Rabbit Hole”」が届けられた。“ちょっと違うことがしたかった”という彼女たちのチャレンジは、FLiPの世界観を一層広げ、毒々しさを感じさせる曲調は、オーディエンスの体を無条件に揺らした。
 中盤にはSachikoが機材を駆使して1人で唄を届けるシーンが設けられたり、オレスカバンドのテナーサックスのmoricoとトランペットのSAKIとトロンボーンのHAYAMIを呼び込み、一緒に「Bat Boy! Bat Girl!」が届けられるシーンもあった。

 そして、ラスト2曲では、サークルモッシュならぬ、サークルヘドバンが生まれ、オーディエンスが所狭しと土下座し、大きく振りかぶってヘドバンするという、これ以上にない熱さで4人に応えていたのだった。
 アンコールを届けた後も、オーディエンスの歓声は鳴り止まず、その声に応えた彼女たち。
 「ありがとう。本当にありがとう。今日は第一章の終わりです。この後から、ここから、第二章が始まります! 東京でやるのは初めてです――」(Sachiko)
 届けられたのは「茜」。茜色に染まったステージから、4人は柔らかな声と音を響かせた。そこには、沖縄という土地を離れ、必死にもがき、音に向き合う彼女たちの赤裸裸な想いがあった。
 「これからもFLiP、もっとヤバくなるから、付いてきてね!」(Sachiko)

 4人は横一列に並び、しっかりと手を結ぶと、集まってくれたオーディエンスに深く頭を下げた。この日、無心で音楽に向き合えていた4人を見た気がした。結成8年を迎え、今、やっと自分たちと真っ直ぐに向き合えたのかもしれない。そう思った。理不尽に思うことも、純粋に音楽性だけで評価されない納得いかない現実も、自分たちでは変えることのできないモノに対するその悔しさは、きっとこの先も無くなりはしない。けれど、彼女たちはこの先も、自分たちを見失うこと無く、FLiPにしか出来ない音楽を届けていってくれるに違いない。今、彼女たちはそんな強さを持っている。『LOVE TOXiCiTY』というアルバムを、ファンのみんなと、このツアーを通して完成させたことで、彼女たちはいままで以上の力を持つことが出来たと思う。
 FLiP第二章。ここから始まる彼女たちに栄光あれ。

【取材・文:武市尚子】
【撮影:maki kamacra、Mami Naito】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル FLiP

リリース情報

LOVE TOXiCiTY(初回限定盤) [CD+DVD]

LOVE TOXiCiTY(初回限定盤) [CD+DVD]

2013年06月26日

DefSTAR RECORDS

1. Tarantula
2. カミングアウト
3. ニル・アドミラリ
4. Raspberry Rhapsody
5. darkish teddy bear
6. a will
7. 永遠夜〜エンヤ〜
8. Dear Miss Mirror
9. 二十億光年の漂流
10. Log In “Rabbit Hole”
11. Bat Boy! Bat Girl!

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

LOVE THE TOXiC CiTY
-FiNAL and BEGINNING-
2013.11.10@SHIBUYA-AX

  1. カミングアウト
  2. It’s a lie
  3. Tarantula
  4. CHERRY BOMB
  5. 二十億光年の漂流
  6. ライラ
  7. Color Me Blood Red
  8. Log In “Rabbit Hole”
  9. Dear Miss Mirror
  10. a will
  11. 永遠夜〜エンヤ〜
  12. darkish teddy bear
  13. Bat Boy! Bat Girl!(with ORESKA BAND)
  14. ワンダーランド
  15. カザーナ
  16. Raspberry Rhapsody
  17. カートニアゴ
  18. ナガイキス
Encore1
  1. Oh Darling!
  2. Balloon Head
Encore2

お知らせ

■ライブ情報

College Summit SPECIAL
2013/12/01(日)金沢EIGHT HALL

日本工学院ミュージックカレッジ presents  Exceed The Limit
2013/12/18(水)赤坂BLITZ

矢沢洋子「Bad Cat」RELEASE TOUR「Bad Cat〜ニャンだこのやろう〜TOUR」
2013/12/20(金)下北沢CLUB Que

ポタリ"コネクトピース"ツアー EPISODE1
2013/12/26(木)名古屋アポロシアター

ROCK IT LOUD!2014 Girls Wanna Rock
2014/01/05(日)桜坂セントラル

心斎橋の如く2014
2014/01/11(土)OSAKA MUSE

Jun Gray Records Presents 「And Your Birds Can Sing In Kyoto」
2014/01/19(日)京都MUSE

Jun Gray Records Presents 「And Your Birds Can Sing In Tokyo」
2014/02/02(日)渋谷CLUB QUATTRO

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る