前へ

次へ

ハルカトミユキのワンマンライブ『シアノタイプ』をレポート!

ハルカトミユキ | 2013.12.17

 11月にリリースしたメジャー1stアルバム『シアノタイプ』を携えたワンマンライブ。新代田FEVERは熱烈な男性ファンはもちろん、女性のふたり連れも散見され、年齢層もいわゆるロックバンドと比較すると広い。すでに幅広いリスナーにジャンルを超えたところで彼女たちの音楽が支持されていることを目に当たりにした思いだ。

 グランジやエレクトロナンバーが流れ、ピンと張った緊張感の中、ハルカ(Vo、G)とミユキ(Key)が登場。1曲目はアルバム同様、「消しゴム」。ハルカのアコースティックギターの弾き語りから始まり、後半でミユキのエレピが入るシンプルな構成は、認知度が上がる今、自分の軸をブラさないままメジャーシーンで戦っていこうとする決然とした心情が描かれているが、ナマで満杯のファンを前にすることで、よりその決意の色を濃くして聴こえた。宣誓めいたオープニングに鳥肌が立つ思いの中、中畑大樹(Dr)、佐藤亮(G)、梨本恒平(B)も加わり、激しくも儚いシューゲーザー的なサウンドの「マネキン」と続く。ミユキの自由奔放なアクションやダンスは彼女が差し込むシンセ同様、シリアスで息詰まるハルカの歌詞世界を意味ではなくカオティックに彩り、時に刺す。それは「ドライアイス」での不安定な空間系のシンセや、「MONDAY」でのモールス信号のような音で効果を上げていった印象だ。そして作った当初はポップすぎて自分たちらしくないと感じていたというシャッフルするビートの「Hate you」は、曲調の愛らしさと歌詞の突き離すような冷たい本音が絶妙のアンビバレンツを生み出し、ライブでの新たなフックとなるナンバーに思えた。
 MCでは丁寧に今日ここに来てくれたことへ感謝を述べるハルカ。ミユキは「私の踊りを覚えて、みなさんも踊ると楽しいと思います」とどこかとぼけた味わいで無意識に緊張感をほぐしてくれる。

 再びふたりだけでの曲の骨格が感触としてわかるようなブロックでは未発表曲「マゼンタ」のどこか幼い日の夕焼けや戻れない過去の喪失感、インディーズ時代の2nd EPから、恐らく恋愛という視点から幸せというものの定義を疑問視している歌詞がリアルな「グッドモーニング、グッドナイト」が披露された。轟音バンドサウンドもいいが、優れたシンガーソングライターであるハルカの側面がクローズアップされた重要な場面だった。

 ライブはその後、「シアノタイプ」に始まりアルバム収録曲を立て続けにすべてプレイ。張り詰めた空気がついに決壊し、ハンドクラップが起こった「伝言ゲーム」は、盛り上がりつつもNew Orderを思わせるクールなニューウェーヴ感とヘヴィネスを湛えていて、演奏がフィニッシュすると驚くほど大きな歓声と拍手が起こった。

 終盤は彼女たちの登場時から支持しているファンからは人気の高いハードチューン「ニュートンの林檎」で、ハルカのせつな苦しいボーカルの魅力がさらに増していき、続く「プラスチック・メトロ」では辣腕メンバーのポストロック的な緩急に富む演奏を含め、このメンバーで1年以上ライブを続けてきた凄みを否応なしに突き付けてくるグルーヴに、フォークロックユニットとしてのハルカトミユキがいかにライブアクトとしても伸びしろのあるアーティストであるかを痛感。ポストパンクに殺気を帯びつつ女性にしか表現できない歌。SavegesやWarpaint好きの洋楽ファンが彼女たちのファンと重なるかどうかはわからないが、アレンジセンスやリスナーへの対峙の仕方や覚悟という意味でそれらのバンドを思い出した演奏と楽曲だった。ラストは再びアルバム収録曲の「Vanilla」が、ミユキの幽玄なシンセ、エレクトロのベースミュージック的なアプローチの低音を背景に、ハルカの地声からファルセットを行き来する声が、ただひとつ手に入れたい真実を希求するように放たれる。狂えるなら、もしくはわかりやすくおかしな女になれるのならそのほうがいくらかラクかもしれない。わかりにくく不器用で、でも言葉じゃない部分でなんとか伝えたい。

 実は生きている以上、ほとんどの人が抱えている難儀さであり、なくしたくない部分を切り開くのではなく、光をあてるようなこの曲をラストに本編のみ17曲のライブは終了。果たして自分は何を変えたくて、何は変えたくないのか。そんな思いをホワイトアウトするようなフィードバックノイズの余韻を身体に残しつつ帰路に着く。誰しもの鏡のような彼女たちのライブは稀有な体験と言えるだろう。来年2月に決定している「青写真を描く」ツアーが早くも楽しみだ。

【取材・文:石角友香】
【撮影:Junichi Ohmuro】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル ハルカトミユキ

関連記事

リリース情報

シアノタイプ

シアノタイプ

2013年11月06日

SMAR

1. 消しゴム
2. マネキン
3. ドライアイス
4. mosaic
5. Hate you
6. シアノタイプ
7. 7nonsense
8. 振り出しに戻る
9. 伝言ゲーム
10. 長い待ち合わせ
11. ナイフ
12. Vanilla

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

ワンマンライブ『シアノタイプ』
2013.12.10@LIVE HOUSE FEVER

  1. 消しゴム
  2. マネキン
  3. mosaic
  4. ドライアイス
  5. MONDAY
  6. Hate you
  7. マゼンタ
  8. グッドモーニング、グッドナイト
  9. シアノタイプ
  10. 7nonsense
  11. 振り出しに戻る
  12. 伝言ゲーム
  13. 長い待ち合わせ
  14. ナイフ
  15. ニュートンの林檎
  16. プラスチック・メトロ
  17. Vanilla

お知らせ

■ライブ情報

ワンマンツアー『青写真を描く』
2014/02/01(土) 大阪 Music Club JANUS
2014/02/02(日) 名古屋 ell. FITS ALL
2014/02/08(土) 渋谷 CLUB QUATTRO

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る