前へ

次へ

藤井フミヤ、ツアー連載最終回! 5年ぶりに復活した日本武道館カウントダウン

藤井フミヤ | 2014.01.08

 5年ぶりにフミヤと武道館で年越しだ。
 夜の10時、続々とファンが詰めかける。物販ブースには、まだ長い列が続いている。武道館に入ると、360度、ぎっしり埋まっている。ステージは黒で統一されたシンプルな作り。センターには客席の半ばまで、花道が突き出ている。
 暗転になると、武道館はオーディエンスそれぞれが持ったサイリウムの光の海になる。自分たちが作り出した光景を見て感動したオーディエンスのため息が聞こえる。と、センターにピンスポットが当たり、尚之が開演を告げるサックスを思い切り鳴らした。大歓声が上がる。いよいよ30周年スペシャルカウントダウンライブの始まりだ。

 オープニングは尚之がリードしてインストの「FINAL LAP」。FINAL LAPとは、周回する競技の最後の一周のこと。そう、今夜はアニバーサリーイヤー前半戦の最後を飾るライブなのだ。バンドのメンバーは演奏しながら次第にテンションを上げていく。それが最高点に達したとき、ステージ中央にいきなりフミヤが浮かび上がった。どこから現われたのだろう? ライブ演出の基本ではあるが、こうまで鮮やかにキメられると、抵抗できずに非日常の世界に連れ去られる。まったく“年忘れ”という言葉にふさわしいオープニングだ。

 歌い始めたのは「I Love You,SAYONARA」。13年後半のツアー“青春”と同じ幕開けだ。イントロで先陣を切る尚之のサックスが響くと、オーディエンスは改めてこれから始まるライブへの期待を、歓声という形で表わす。フミヤはダークスーツに身を包み、胸のポケットから 真っ白なチーフをのぞかせている。そんなフォーマルなコスチュームに合わせるように、くるりと回るアクションもどこか丁寧で、気の引き締まる思いがする。
 滑り出しは、屋敷豪太のドラムがいい。豪太はいつも素晴らしいプレイを聴かせてくれるが、武道館という特別な場所ではなおのこと彼のグルーヴが映えるのだ。
 「イェー、ようこそ、カウントダウンライブへ。2013年から14年に変わる一瞬をみなさんとともに過ごせて嬉しく思います。一生思い出に残るようなライブにします。今年は30周年てことで、懐かしい歌をいっぱい歌ってます。(体をくるっと回して)360度、ありがとう。皆さんのパワーが伝われば、俺、すぐ調子に乗ります。今日はこのメンバーで(観客に手を差し伸べて)お送りします。けっこういいメンバーを揃えてみました」と、再び観客を指し示すと、場内から楽しい笑い声が起こったのだった。

 花道の先端にセットされたミニステージまで歩き進んで、バンド時代の大ヒット「WANDERER」を歌う。マイクスタンドを頭上でくるくる回すアクションが、堂に入っている。“青春”ツアーでは久しぶりにバンドっぽいステージングを味わったが、フミヤは間違いなくこの国を代表するロックボーカルだ。同じく「ONE NIGHT GIGOLO」も派手なアクション満載で、つくづく武道館が似合うロックボーカルだと再認識して嬉しくなった。
 「オリンピックが決まったね。俺、生きてるかなぁ」とフミヤが言うと、客席から嬉しいブーイングが起こる。「開会式、見たいもんね。予約しよ。こうなったら、どんなコネでも使うぞぉ!」。笑いと拍手が起こる。「突然の武道館だから、ちょっとワケがわかんね」と嬉しそうにフミヤ。やはりフミヤにとって武道館は特別な場所なので、嬉しさ半分、緊張半分は本音なのだろう。そのフレッシュさが、この夜のフミヤを輝かせている。

 ゆったりしたグルーヴの「Blue Moon Stone」と「ミセスマーメイド」が、大人のロックボーカル、フミヤの魅力をたっぷり味あわせてくれる。天井に吊られたトラスから細いケーブルに付けられたライトが降りてきて、フミヤの歌を彩る。最新式のライティングでこうした演出も見逃せない。

 「まあ、座って下さい。5年ぶりのカウントダウン。ここんところ、ずっと家で紅白見てましたけど、ここに帰ってきちゃいました」。シートに座った観客から拍手が起こる。「ここでまたカウントダウンができるなんて、感無量です。ここの屋根のてっぺんについてる“タマネギ”にみんなのパワーを集めて、後半は武道館を浮かせます!」とひとり弾き語りで「Another Orion」。
 「あっちこっち向かなきゃいけない…武道館だなぁ。“青春”ツアーはチェッカーズの曲を歌ったんだけど、若い頃作った曲だから疲れますね(笑)。俺には青春が二つあって、 一つは東京に出てきてからの青春。もう一つは久留米。いろんなことを思い出しながら歌います」と、ギターに石成正人が加わって「時のK-City」を。これは“K-City”= 久留米への思いがベイスになっているナンバーで、しみじみ聴かせたのだった。

 「解散ライブはここ、武道館でやった。その後、どうしようかと思っていたときに、気軽に引き受けた仕事で、ファンのみんなに向けて書いた曲が代表曲になってしまいました。たぶん、俺の“出棺”のときに流れる(笑)」と「TRUE LOVE」。 すっかりフミヤのペースでライブが進むうちに、カウントダウンが近づいてくる。
 「あと8分ある。もう1曲やろうかな…いやいや、メンバー紹介しよう」と、さすがベテランの時間配分。
 「2013年は大変お世話になりました。30年間、歌えたのは、みなさんのお陰です。来年はソロ20周年をやります。いろんなこと、あったね。でも嫌なことは全部水に流そう。来年いいこと絶対あるから。だって、ここに来てるんだもん」。いい感じで100秒前からデジタル表示が点灯して、ラスト10秒 は、武道館が浮き上がるほどの大歓声だ。
 「ハッピー・ニューイヤー!!」と叫んで「君が代」を歌い出す。天井の日の丸にスポットライトが当たる。
 「ありがとう、カモーン!」。いよいよ新年ライブの始まりだ。「Count up ’00s」 から、立て続けにアッパーチューンが並ぶ。「きっと、いい年にしようぜ!」。一体どこにこのスタミナが残っているのだろうと思うほど、ステージも客席も盛り上がる。「おまえが嫌いだ」まで、一気にたたみ込んだのだった。

 アンコールで現われたフミヤは、白とブルーのコスチューム。「大きい声でのアンコール、ありがとうございます。明けちゃいましたね。今年は嫌なこともあるかもしれないけど、絶対いいことあるって。だってみんなで武道館で年越ししたんだから、いいこと起きたら、俺のことを思い出すように(笑)。解散ライブでは、チケット買えなかった人たちが周りにいっぱいいた。そしたら“武道館さん”が扉を開けてくれて、外の人にも音がよく聴こえるようにしてくれました。粋なこと、するよね。そのときのアンコールの1曲目に歌った歌をやります」。
 「Long Road」は作曲家・藤井尚之の代表曲。尚之独特の伸びのあるメロディが、武道館に広がっていく。
 ビールで新年の乾杯をした後、最後は、フミヤのカウントダウン恒例の「紙飛行機」。武道館全員がめいめい折った紙飛行機をスタンバイすると、フミヤやバンドメンバーも準備万端。僕の近くの車椅子に乗った人も、嬉しそうに飛行機を手に持っている。「ここからは飲酒演奏でお送りします」。歌の最中に武道館の空間に無数の紙飛行機が舞う。5年前と変わらぬ感動が溢れ出す。
 ♪年の始めの ためしとて?♪と「一月一日」をロックバージョンで歌って、ライブは終わった。
 しかし終わっても、オーディエンスの声が鳴り止まない。すると、もう一度、フミヤがステージに現われた。最後の最後は「7つの海の地球儀」。そしてフミヤは、いつものように「また遊ぼうぜ!」とそこにいた一 人一人に告げて去っていった。
 すべてが終わったステージの袖で、スタッフが無事にライブが終わった余韻の中でハイタッチ すると、それを見ていたオーディエンス全員が、なんと「バンザイ!」を繰り返す。その瞬間、ライブの枠を飛び出して、最高の年越しになったのだ。そして、2014年のフミヤの最高のスタートになったのだった。

 今年は1993年「TRUE LOVE」でのソロデビュー以降の20年に焦点を当てたアニバーサリーイヤー後半戦へと突入していく。藤井フミヤを取り巻く状況は30周年&20周年のダブルアニバーサリーイヤーを祝う熱気にまだまだ包まれている。

【取材・文:平山雄一】
【撮影:鎌田ひでこ】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 藤井フミヤ

関連記事

リリース情報

青春

青春

2013年07月10日

SMAR

1.青春
2.GO BACK HOME
3.孤独のDreamer
4.夜明けの街

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

藤井フミヤ 30周年
スペシャルカウントダウンライブ
2013.12.31@日本武道館

  1. FINAL LAP
  2. I Love you, SAYONARA
  3. Jim & Janeの伝説
  4. Cherie
  5. WANDERER
  6. Room
  7. ONE NIGHT GIGOLO
  8. 素直にI’m Sorry
  9. Blue Moon Stone
  10. ミセスマーメイド
  11. NANA
  12. Another Orion
  13. 時のK-City
  14. TRUE LOVE
  15. Friends and Dream
  16. NEXT GENERATION
  17. 夜明けのブレス
  18. Count up ’00s
  19. Standing on the Rainbow
  20. TOY BOX
  21. REVOLUTION 2007
  22. HEART IS GUN ~ピストルを手に入れた夜~
  23. おまえが嫌いだ
Encore
  1. Long Road
  2. 紙飛行機
Encore 2
  1. 七つの海の地球儀

お知らせ

■ライブ情報

藤井フミヤ 30TH ANNIVERSARY TOUR
vol.1 青春

2013/09/21(土)神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
2013/09/22(日)神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール
2013/09/26(木)大阪 岸和田市立浪切ホール
2013/09/28(土)香川 サンポートホール高松
2013/09/29(日)広島 広島アステールプラザ
2013/10/04(金)福岡 石橋文化ホール
2013/10/06(日)埼玉 狭山市市民会館
2013/10/11(金)秋田 大仙市大曲市民会館
2013/10/12(土)宮城 東京エレクトロンホール宮城
2013/10/14(月・祝)栃木 佐野市文化会館
2013/10/19(土)滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
2013/10/20(日)兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
2013/10/23(水)埼玉 三郷市文化会館
2013/10/26(土)長野 塩尻市レザンホール
2013/10/27(日)静岡 静岡市清水文化会館 マリナート・大ホール
2013/10/31(木)東京 渋谷公会堂
2013/11/01(金)三重 三県総合文化センター
2013/11/03(日・祝)新潟 柏崎市文化会館アルフォーレ
2013/11/04(月・休)石川 本多の森ホール
2013/11/09(土)神奈川 伊勢原市民文化会館
2013/11/10(日)東京 中野サンプラザ
2013/11/16(土)兵庫 姫路市文化センター
2013/11/17(日)熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
2013/11/23(土・祝)大阪 オリックス劇場
2013/11/24(日)大阪 オリックス劇場
2013/11/30(土)奈良 なら100年会館
2013/12/01(日)愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
2013/12/05(木)山梨 コラニー文化ホール
2013/12/07(土)千葉 市川市文化会館
2013/12/08(日)千葉 市川市文化会館
2013/12/14(土)大阪 フェスティバルホール
2013/12/15(日)大阪 フェスティバルホール
2013/12/19(木)大阪 堺市民会館
2013/12/21(土)鹿児島 宝山ホール(県文化センター)
2013/12/22(日)福岡 福岡サンパレス

藤井フミヤ 30周年
スペシャルカウントダウンライブ

2013/12/31(火)日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る