前へ

次へ

星野源、完全復活!! 愛と祝福に満ち溢れた日本武道館公演

星野 源 | 2014.02.25

 2014年2月6日(木)、東京・九段下にある日本武道館には1万1千人のワクワクとした期待感、そして少しの緊張感がそこかしこに漂っていた。会場にいる多くの人が、ひとりのアーティストの登場を心の底から待っている。その人物の名前は、星野源。
 本人の病気療養のため、日本武道館での公演は昨年の7月から延期という選択を余儀なくされていた。そのような状況下でファンにとっては待望のライブであり、また星野自身も復帰宣言を発表して以来はじめて人前でライブパフォーマンスを披露するのが、まさにこの日であった。場内は、星野の顔写真をくりぬいたお面を付けた男性客、感慨深げにまっすぐにまだ暗いステージを見つめる女性客、さまざまな人々が、それぞれの思いを抱えてあのステージに、彼が立つのを待っていた。

 開場前BGMが止まり、いよいよ…!という視線の中、そこに表れたのはなんともセクシーなミ二丈のナース服に身を包んだ美女(しかも2人!)。そして、その真ん中にいたのが何を隠そう、ネイビーのTシャツにデニム姿の星野源だった。そこで、なんとなく会場に漂っていた緊張感は一気にゆるみ、あちこちから笑いがもれる。星野はそのまま言葉を発することなくステージの中央にしっかりと足の裏を付け、アルバム「Stranger」でも1曲目を飾っている「化物」を奏で始めた。困難な場所から這い上がってくる、そんな歌詞がはからずもシチュエーションとシンクロし、曲にさらなる躍動感と生命力を与える。曲の間奏で放った第一声は「こんばんは、星野源です!」。大きな拍手に包まれる中、非常にフィジカルな楽曲「ダンサー」、アップテンポな「ギャグ」では自然とクラップが起こる。

 初めてのMCでは、満員の観客に驚きながらもサイドシートや遠方席の観客への配慮(という名のいじり)も忘れない。「下ネタ言っていい?」という確認のあと、星野が放ったのは入院中に病院のベッドですごく考えていたという最高かつ最低な「ただいま○こー!」の挨拶。シリアスな空気を一変させるには充分すぎる一言で、会場中の空気は一気に和やかに変貌した。
 星野のガイダンスによる音頭のリズムでオーディエンスが手拍子をする中、ホーン隊の音と共に始まったのは、のほほんとした気持ちになれる「パロディ」。そして、「くだらないの中に」のイントロを星野が弾き始めると、待ってましたとばかりに拍手と歓声が起きる。その後のMCでは、武道館公演が延期になってしまったこと、それにも関わらずチケットをキャンセルする人がほぼいなかったことが星野の口から語られた。かといって、そのままシリアスに終わる訳も無く、観客から飛ぶ声援やコールに対し丁寧にコミュニケートしていく姿は、たとえ会場が武道館という大舞台になっても全く変わらない。「湯気」、「ステップ」、「季節」とシンプルなバンド編成でのアコースティックな楽曲を続けて披露し、「くせのうた」では夕焼けのようなオレンジのライトがステージを照らす中、マリンバの小気味よい音が曲の持つ情感をなおいっそう高めた。

 ステージ転換のタイミングで画面に突如映し出されたのは「一流ミュージシャンのみなさんからメッセージが届いています」の文字。まず初めに登場したのは、バービーボーイズの杏子とKONTAのお2人(その正体はレイザーラモンRGと椿鬼奴)! 星野との出会いなどを時にアンニュイに、ユーモラスに語った。ほかにもアン・ルイス(に扮した森三中・黒沢かずこ)による情熱的すぎるダンス、バナナマンLiveではおなじみの2人が演ずる人気フォークソングユニット・赤えんぴつの登場には、会場からひときわ大きなどよめきが。最後は、水谷千重子こと友近が星野へ愛情たっぷりのメッセージを送り、星野と縁のあるまさに“一流”の人々がそれぞれの形で武道館公演を祝った。

 再びステージに登場した星野は、グロッケンとアコースティックギターのみで「スカート」、「キッチン」を披露。やがてギターの音のみで「電波塔」を歌ったあとは、入院中のエピソードを語り出す。「尿道カテーテル」「しびん」など、およそ晴れの舞台にはにつかわしくない単語が飛び出す中、親切にしてくれた看護師さんへの感謝の言葉に継いで披露されたNUMBER GIRLの名曲「透明少女」のカヴァーで会場は大いに盛り上がった。
「休んでいる間も病院の中で武道館のことを考えていたからさみしくなかった」と笑顔で語りながら歌ったのはホーン隊の音が躍動する「ワークソング」。「フィルム」では自然発生的にリズムに合わせてクラップの嵐が巻き起こる。ここで、キセルの辻村豪文、YOUR SONG IS GOODのサイトウ“JxJx”ジュン、片思いのオラリーがコーラス隊として呼び込まれ、ストリングスの音色に包まれながら「生まれ変わり」をパフォーマンス。曲の途中では客席の灯がともされ、観客も星野と共に歌を口ずさんだ。やがてストリングスの美しいハーモニーが鳴り響く中、あまりにもドラマチックに歌い上げられる「知らない」に、涙ぐむ観客の姿も散見された。
「もうすぐ終わっちゃうんだけどね。いやあでも幸せです。幸せですね。この曲がここでやれてうれしい」と満面の笑みを浮かべながら、特徴的なイントロが演奏されると、待ってましたとばかりに会場のテンションもぐぐっと上がる。「夢の外へ」で最高に盛り上がった模様を目にした星野から、“ウェーブを見てみたい!”のリクエストが。3階席からアリーナ席までキレイなウェーブが成功すると、ご満悦の表情で「俺のためにドミノしてくれてありがとう」と述べ、本編ラストナンバーとなる「ある車掌」を。曲の最中には、天井からたくさんの銀色のテープがひらひらと舞い、きらきらと乱反射を繰り返していた。

 アンコールを求めるコールが響く中、流れて来たのは歌謡番組の司会者風に前口上を語る、放送作家であり、星野の親友である寺坂尚毅氏の声。病気療養中に、Wii Uのカラオケでひとり自宅で繰り返し歌っていたという布施明の「君は薔薇より美しい」を長髪のカツラとミラーサングラス、白いスーツで「ニセ明」に扮した星野が圧巻の声量で歌い上げる。曲間には、盟友・ハマケンのダンスを彷彿させるような即興ダンスを披露したり、バンドメンバーを紹介したりと、歌声で、身体表現で、完全復活をアピールした。曲が終わると、再びナースに連れられていってしまう。画面には彼が出演した映画「地獄でなぜ悪い」のシーンが映し出され、タイトルバックと共に映画の中で演じた公次と同じ刀を持ち、同じグリーンのポロシャツ姿で登場。映画から抜け出してきたような姿に大きな声援が飛ぶ中で、この映画のために書き下ろされた「地獄でなぜ悪い」をハンドマイクでパフォーマンス! 繰り返しの感謝を述べたあと、最後は「また会いましょう!」という言葉と、ガッツポーズと共にステージを後にした。こうして、目で、耳で、体全体で喜びと高まりを感じる華麗なる復活のステージは幕を閉じた。まさに愛と祝福に満ち溢れた夜であった。

【取材・文:加藤 蛍】
【撮影:磯部昭子】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 星野 源

関連記事

リリース情報

地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い

2013年10月02日

ビクターエンタテインメント

1. 地獄でなぜ悪い
2. 地獄でなぜ悪い(Karaoke)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

リリース情報

Stranger

Stranger

2013年05月01日

ビクターエンタテインメント

01. 化物
02. ワークソング
03. 夢の外へ
04. フィルム
05. ツアー
06. スカート
07. 生まれ変わり
08. パロディ
09. 季節
10. レコードノイズ
11. 知らない
12. ある車掌

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

星野 源 ワンマンライブ
'STRANGER IN BUDOKAN'
2014.2.6@日本武道館

  1. 化物
  2. ダンサー
  3. ギャグ
  4. パロディ
  5. くだらないの中に
  6. 湯気
  7. ステップ
  8. 季節
  9. くせのうた
  10. スカート
  11. キッチン
  12. 電波塔
  13. 透明少女
  14. レコードノイズ
  15. ワークソング
  16. フィルム
  17. 生まれ変わり
  18. 知らない
  19. 夢の外へ
  20. ある車掌
Encore
  1. 君は薔薇より美しい
  2. 地獄でなぜ悪い

お知らせ

■ライブ情報

星野源の復活アアアアア!
2014/03/10(月)大阪 オリックス劇場
2014/03/11(火)大阪 オリックス劇場
2014/03/13(木)名古屋国際会議場センチュリーホール
2014/03/15(土)福岡市民会館
2014/03/18(火)広島 上野学園ホール
2014/03/25(火)札幌市民ホール
2014/03/27(木)仙台市民会館大ホール
2014/03/29(土)金沢 本多の森ホール
2014/04/09(水)東京 NHKホール

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る