前へ

次へ

「極東ロックンロール・ハイスクール第弍章」グループ魂と3度目の直接対決

氣志團 | 2014.06.18

永遠の好敵手・グループ魂と3度目の直接対決
サプライズ満載の超激突にお台場大パニック!

 氣志團のタイマン対バンGIGシリーズ『極東ロックンロールハイスクール 第弐章』。「グループ魂 vs 氣志團 ~超絶魂2 お台場大パニック!超激突\(‘jjj’)/~」と銘打たれた第33戦は、今回で3度目の直接対決となる、グループ魂との超激突! 初顔合わせとなったのは11年前の2003年、大阪・ベイサイドジェニーで行われた、氣志團×グループ魂×クレイジーケンバンドという奇跡の3マンライヴ。「完膚なきまでにボコボコにされた」と團長が語る初めての対決を経て、2011年9月「極東ロックンロールハイスクール」第11戦では2度目の直接対決が実現。“永遠のライバル”とも言えるグループ魂との第3戦は、どんな名勝負が繰り広げられたのか!?

 昨年末より公演されていた、グループ魂の暴動こと、工藤官九郎作・演出の舞台「バカロックオペラバカ『高校中パニック!小激突!!』」に出演し、港カヲル(皆川猿時)や、石鹸(三宅弘城)と舞台で共演していた團長。開演時間を迎え、前説で登場した微熱DANJIは、團長の出演した舞台にちなんだキャラに扮してコントを演じる。普段の「極東ロックンロールハイスクール」ならば、この後、すぐに先攻・グループ魂のライヴがスタートするわけだが、この日ばかりは様子が違った。「綾小路はグループ魂のライブを見て、この前説コントを始めたんだから!」と、沢尻ピリカ(星屑輝矢)が暴露し、「本家見せてやるよ!」の声に登場したのは、実際に舞台に出演した皆川ナマズに扮した、女子高生姿の港カヲルと、男子高生に扮したバイトくん! 「私の勝地はどこ!?」と、港カヲルが観客として訪れていた俳優・勝地亮を客席から探し出し、勝地本人まで巻き込む贅沢な前説コントに爆笑が起きる。さらに、バイトくんの「前説はやらなくていいの?」の言葉に、「あ~っ!」と焦った表情を見せる港カヲル。ステージに目を向けると、SEで登場したのは仲本工事風の体操衣装を着た石鹸! 「夜の体操のお兄さん、石鹸です」と、湊カヲルに代わり前口上を務める石鹸。「おっぱい元気ですかー?」と港カヲルを真似たり、「ベリーナイス!」の決め台詞&ポーズを決める前口上で観客を大いに沸かせ、ようやく先攻・グループ魂のライブが始まる(笑)。

 体操服姿の石鹸以外は革ジャン&スリムパンツの硬派なロックンロールスタイルで揃えた、この日のグループ魂。1曲目「お・ま・えローテンションガール」から勢いよくスタートしたステージは、前説から戻った港カヲル&バイトくんも加わると、「はいどぉも、こんばんは! ロックンロールハイスクールへようこそ!!」と破壊のシャウトで本格始動。「High School」、「ラブラブ・マンハッタン」と、攻撃的なロック・チューンで序盤戦を攻めまくる。「こんばんは、グループ魂です!」と破壊が仕切り直すと、最終回を迎えたばかりの「笑っていいともネタ」や、不謹慎な時事ネタを多分に盛り込んだMCからファストナンバーを繰り返すネタコーナーで爆笑をさらい、ステージ衣装に着替えた港カヲルが再登場。「女はラブホテルの入り口のような物である!」と始まる前口上を改めて披露し、「石鹸よりも上手いでしょ?」と自身の存在をアピールし、中盤戦へ突入。石鹸のカウントで改めて始まった高速パンクナンバー「I was PUNK!!」では、<だけどアッちゃんはピエロ!>の歌詞に、自称・グループ魂8人目のメンバー、イノウエアツシ(ニューロティカ)が登場! 氣志團とも親交の深いあっちゃんの登場にフロアが沸き、「俺達いつでも?」「ロックバカ!」の決め台詞を会場中が合わせる。ラストはシンバルキックを見事にハズし、失笑の中で退場するあっちゃんに、「なぜ出来ないのに、やろうとするんだろう?」と暴動も苦笑い。小園(Ba)のファンキーなベースラインに合わせて、フロントの3人がマイケル風のダンスを合わせた「職務質問」、彼らの代表曲である「君にジュースを買って上げる」でフロアを沸かせた後は、僕も大好物の「中村梅雀~中村屋」で大人の全力の悪ふざけを見せ、会場を爆笑で包みこむ。中村屋のくだりから、上手な愛撫のような美しいてまんへの流れで、「てまん好きの人、お待たせしました!」と始まったのは、「押忍! てまん部」。しかし、歌ってることはバカなのに、シンプルでタイトな演奏がもの凄くカッコ良かったり、細身のスタイルに革ジャンがよく似合う暴動のギターを弾く姿が凄く画になっていたりするから、グループ魂はズルい! ♪BE MY チンコ、BE MY チンコと、本家を愚弄した港カヲルの煽りで始まったのは、日本のペニス問題に一石を投じるパンクナンバー「ペニスJAPAN」。会場中の“ペニスJAPAN”コールがライブのクライマックスを生むが、会場中が臆することなくペニスを叫ぶこの光景は明らかにどうかしてる! ラスト、バイトくんのブルースハープで始まった「グループ魂のテーマ」は、衣装を脱ぎ捨てて肉の塊となったパンイチの港カヲルがステージ狭しと暴れ、破壊が投げるスリッパが飛び交う混沌状態。まさにお台場大パニック! の中、グループ魂がステージの幕を閉じる。

 オープニングに続いて、中説で登場した微熱DANJIだったが、コントの最中には「團長に抱かれたい!」と、舞台で演じた女子高生・沢尻ピリカ役に扮した石鹸も登場。ピリカの妹である、沢尻ナニカという設定で演じていた星屑輝矢と息の合った芝居を見せ、共演者ならではの團長の暴露話で爆笑を生む。転換時も観客を楽しませ続ける、両バンドのサービス精神旺盛さに感動していると、後攻・氣志團のGIGがスタート。マイクスタンドには黒のスリッパが用意され、“笑え!!”ならぬ、“笑瓶!!”と書かれた赤のカラーコーンがセッティングされた、対グループ魂仕様のステージにメンバーが登場。1曲目、トミーの聴きなれないギターで始まったのは、なんと『高校中パニック! 小激突!!』で使用された「高校中パニック!のテーマ」。舞台では宮益坂わたるとして、この曲を歌っていた團長。メンバー紹介に歌詞を替え、サビは「お台場大パニック!」と決めるこの曲にフロアから驚きと喜びが混じった声が上がり、KISSESのみならず、グループ魂ファンの心もガッツリ掴む。決して負けるわけにいかないこの対決に、いつも以上の気合いと気概を感じた前半戦。MCでは、「グループ魂との対決も3戦目ですが、第1戦は忘れもしない2003年。後にも先にも、GIG中にあんな心が病んだことはございませんでした!」と、グループ魂との因縁の歴史を語る團長。さらにこの日、多分にネタに盛り込んでいる舞台『高校中パニック! 小激突!!』の思い出を語り、「他の共演者が前へ前へと進んでいる中、俺だけ(舞台を引きずって)バカロスですが。今日で卒業しようと思います!」と宣言して始まった曲は、舞台の挿入歌である、宮藤官九郎作詞・横山剣作曲による「ゴキブリTONIGHT」! 横山剣ならではの節回しと團長の歌声が絶妙な相性の良さを見せ、團長の普段とは違った魅力が見えたこの曲。團長が熱唱する横を、自作と思われるゴキブリの着ぐるみを着た光がごそごそと這い回る(笑)。vsゴールデンボンバーなど、これまでも何度か見せている光の自作着ぐるみシリーズ。どんどんクオリティが上がっている、着ぐるみの完成度の高さは、今後も注目(笑)。微熱DANJIを加えての賑やかな中盤戦を経て、後半戦では世間の氣志團のイメージと多少異なる「SUPER STAR」で巧みな演奏と音楽的ふり幅の広さを見せると、「One Night Carnival」で大きく盛り上げる。……が、まだまだ物足りない様子の團長。「グループ魂のライブの際、みなさんが♪ペニスJAPAN!と笑顔で歌ってる姿を高性能カメラで録画させていただきました。会社や親兄弟、恋人に送られたくない場合は……」と、グループ魂ファンを脅して合唱を強制。半ば強引にGIGのクライマックスを生み、ラストはシークレットゲストで登場した、あっちゃんへのリスペクトも込め、「俺たちいつでも?」「ロックバカーー!」のコール&レスポンスで本編の幕を閉じる。

 鳴り止まぬアンコールに再登場した氣志團。「今日は本当に楽しみにしていました。きっと今日、ここが世界で一番面白いと思うよ。でもさ、そしたら最後まで面白くしなきゃダメでしょ?」と、綾小路がグループ魂を呼び込んで始まったアンコールは、氣志團に暴動、小園、石鹸が加わった、豪華混合バンドによるグループ魂「ラブラブエッサイム’82」。破壊&綾小路のツインボーカルに黄色い歓声が上がる中、トミーのギターソロにカヲルがエアギターを合わせたりと、揃いのイベントTシャツを着た総勢12名のメンバーがところ狭しと歌い踊り、暴れまくるステージはまさにお台場大パニック! 氣志團が用意した黒のスリッパがフロアを飛び交う中、ハグや握手で互いの健闘を讃え合い、友情を確認し合う両メンバー。サプライズ満載、異常といえるほど濃密濃厚な内容となった3度目の直接対決は、対バンや勝ち負けといった部分を超越した、この場に居合わせた全ての人の記録と記憶に残る伝説の一夜となった。


tag一覧 ライブ 男性ボーカル 氣志團

リリース情報

喧嘩上等 (CD+DVD)

喧嘩上等 (CD+DVD)

2014年05月21日

影別苦須 虎津苦須

<CD>
1.喧嘩上等
2.友よ
3.喧嘩上等 (カラオケ)
4.友よ (カラオケ)

<DVD>
1.喧嘩上等 (ミュージックビデオ)
2.喧嘩上等 メイキング映像

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章

LiSA vs 氣志團
~デラべっぴんがやって来るっ。みゃあ!みゃあ!みゃあ!~
2014/03/17(月)東京・SHIBUYA-AX

SPYAIR vs 氣志團
~桶狭間爆音合戦!!尾張名古屋の終わらない夜~
2014/03/20(木)愛知・Zepp Nagoya

グループ魂 vs 氣志團
~超絶魂2 お台場大パニック!超激突\(‘jjj’)/~
2014/04/09(水)東京・Zepp Tokyo

乃木坂46 vs 氣志團
~学生服反逆同盟~
2014/04/15(火)東京・Zepp Diver City Tokyo

GRANRODEO vs 氣志團
~熱血硬派ろでおくん、ヤンキー集団に絡まれる、の巻。~
2014/04/24(木)東京・Zepp Tokyo

黒夢 vs 氣志團
~ロックンローラーは電氣羊の黒い夢を見るか?~
2014/05/10(木)東京・Zepp DiverCity Tokyo

サンボマスター vs 氣志團
極悪さんぼ~美しくない人間たちの日々~
2014/05/28(水)東京・赤坂BLITZ

D’ERLANGER vs 氣志團
~13日の金曜日の陶酔~
2014/06/13(金)東京・TSUTAYA O-EAST

NoGoD vs 氣志團
~The タイマン!! 団長vs團長!! 埼玉vs千葉!! ブサイクvsブサイク!!~
2014/06/19(木)東京・LIQUIDROOM

私立恵比寿中学 vs 氣志團
~私立恵比寿中学・私立戸塚水産高校 合同コンサートGIG 略して合コンin Zepp Tokyo 2014~
2014/06/26(木)東京・Zepp Tokyo

NIGHTMARE vs 氣志團
~ジャイアン vs ブタゴリラ BEYOND~
2014/07/04(金)東京・EX THEATER ROPPONGI

ニューロティカ vs PUFFY vs 氣志團
~ワンナイト・ネホリーナ・ハホリーナ・ナボリーナ・カーニバル~
2014/07/16(水)東京・赤坂BLITZ

MONGOL800 vs 氣志團
~モンパチとドンパチ!! ナハッ!ナハッ!ナハッ!~
2014/07/19(土)沖縄・ミュージックタウン音市場

SCANDAL vs 氣志團
~THE GREAT ROCK’N’ROLL SCANDAL in OSAKA~
2014/07/24(木)大阪・Zepp Namba

10-FEET vs 氣志團
~続・大きなフィートの木の下で in京都~
2014/07/26(土)京都・KBSホール

※詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る