前へ

次へ

「極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章」乃木坂46と学生服対バン

氣志團 | 2014.06.18

乃木坂46、初の対バン&バンド披露に大興奮!
振りまくシャンプーの香りに気付いたら片想い

 氣志團のタイマン対バンGIGシリーズ『極東ロックンロールハイスクール 第弐章』第34戦となる「乃木坂46 vs 氣志團 ~学生服反逆同盟~」は、『氣志團万博2013 ~房総爆音梁山泊~』以来となる乃木坂46との共演! 2011年、すでに国民的人気者となっていたAKB48の公式ライバルとして結成された、乃木坂46。2012年2月に「ぐるぐるカーテン」でデビューするや、異常なほどのメンバーのレベルの高さや楽曲の良さで一気に火が着き、この“CD不況”と言われるご時世に、2ndシングル「おいでシャンプー」から最新シングル「気づいたら片想い」まで、オリコン・シングルチャート7作連続1位獲得という偉業を達成! 昨年12月には、初の日本武道館単独公演を成功。さらに今年2月には横浜アリーナでのデビュー2周年記念ライブを成功させるなど、破竹の勢いを見せる彼女ら。多くの実力派がしのぎを削り、生き残りにも過酷を極めるばかりのアイドルシーンのど真ん中に立ち、スター街道を爆進し続ける乃木坂46。氣志團はシャンプーの香りに翻弄されることなく、勢いに乗りまくる彼女らに太刀打ちすることが出来るのか!?

 客電が落ちて乃木坂46ファンの歓声が上がる中、会場に響くバイクのエンジン音。ステージに登場したのは、学ラン風のセーラー服に赤いハチマキとたすき掛け、サングラス姿の乃木坂メンバー。「ウチらは氣志團に憧れてる“乃木團”だ!」と啖呵を切り、メンバー紹介。齋藤飛鳥(Dr)、永島聖羅(Key)、中田花奈(Ba)、川村真洋(Gt)、深川麻衣(Gt)、能條愛未(Vo)、中元日芽香(Vo)というメンバーで構成された乃木團。各パートがスタンバイし、「今日は最後までブチアゲていくぜ、夜露死苦!」と煽り、ドラムの軽快な四つ打ちで始まった曲は、なんと「One Night Carnival」! 楽器を持つのも初めてというメンバーがこの日のために集まり、わずか2週間という短い練習期間で本番に臨んだ乃木團。初ステージとは思えぬ度胸で、安定した演奏と息の合ったツインボーカル、そしてキュートでキレの良い振り付けで会場中を魅了する。ラスト、ヒムロックポーズでキメると、大きな拍手と歓声に包まれながら、抱き合って喜びを分かち合う7人。「乃木坂初のバンド演奏でした。氣志團さんにリスペクトを込めて、一生懸命演奏しました!」と挨拶すると、「乃木坂46ショーの始まりです! 楽しむ準備は出来てますか?」と会場を煽る。氣志團との対バンに賭ける、乃木團の男気と初めてのバンド演奏での大健闘に、乃木坂ファンやKISSESから惜しみない拍手が贈られる中、本編が幕を開ける。

 再び照明の落ちた客席をペンライトの光が埋めつくし、オイ! オイ! と怒声に近い声が響く中、タータンチェックの制服姿で揃えた乃木坂46メンバーが登場。16名の選抜メンバーがスタンバイすると、最新シングル曲「気づいたら片想い」でライブがスタート。ミディアムで切ない曲調を、抜群の歌唱力で歌い上げる彼女ら。息の合った振り付けとフォーメーションで魅せるステージは、直視出来ないほどに清楚で可憐で美しい。えっ、これ本当に「極東ロックンロールハイスクール」ですか!?(笑) さらに選抜メンバーで明るく軽快な「ロマンスのスタート」で会場を沸かすと、アンダーメンバーに入れ替わり「生まれたままで」を披露。フレッシュでエネルギッシュなステージにフロアの熱気がどんどん増していく中、選抜チームも加わってのアップテンポなナンバー「ガールズルール」がさらにフロアをブチアゲる。ステージを埋め尽くす美少女たちによる、賑やかで華やかなパフォーマンスはただただ圧巻! 「みんな~、盛り上がってるかぁ~~!?」と、桜井玲香がロックボーカルばりのシャウトを効かせ、「これ、やりたかったんだよね」と笑顔を見せて始まったMCでは、楽屋にポップコーンやわたあめ、ソフトクリームなどの機械やファミコンが用意されていたことを嬉しそうに語り、初めての対バンを実現してくれたこと、たくさんのおもてなしを受けたことに対して、氣志團への感謝を述べる。続いて、「みなさんへの感謝の気持ちを込めた、後半戦も聴いてください」と始まった曲は「制服のマネキン」。恋をするのはいけないことか? と、感情を隠すことなく表現するパフォーマンスが胸に迫るこの曲は、この日付けられた“学生服反逆同盟”のサブタイトルにもぴったりマッチ。そして、乃木坂46ショーのラストを飾ったのは「今日イチの盛り上がりを見せて下さい!」と始まった、彼女らの代表曲と言える「おいでシャンプー」。髪を振り乱し、シャンプーの良い匂いを振りまいて見せる圧倒的ステージングにフロアが湧き、会場は今日イチの盛り上がりを見せる。Zepp DiverCityの狭いステージに、全員が一列に繋がって魅せるラインダンス、乃木坂トレインの可愛らしさは天下無敵! 見る者全てが、気付いたら片思いすると言われる究極の奥義・乃木坂トレインに僕を含む全ての観客が恋に落ちたところで、乃木坂46ショーはフィニッシュ。「乃木坂46を夜露死苦! 本日はありがとうございました!」と一列に並び深々とお辞儀をすると、メンバーは爽やかな香りを残してステージを去っていった。

 続いては後攻、乃木坂46の非公式ライバル・氣志團の登場。1曲目、ランマのギターで始まった曲は、なんと乃木坂46「音が出ないギター」のカバー! 気付いた乃木坂ファンから、「オォォ~!」と男臭い歓声が沸き起こる。最初、氣志團の新曲かと思ったほどにハマっていたこの曲。ロックへの憧れやプライド、そして仲間をバンドマンの視点で歌った歌詞は「Rock’n’Roll Graffiti」や「Baby Baby Baby」といった氣志團楽曲にも通ずる部分を感じる。続いて、「恋人」で乃木坂46への恋心を届ける氣志團。前説&中説コントを担当した、弾くん、キコちゃん、しーちゃんもダンサーとして加わり、楽しく賑やかに披露されたこの曲に、乃木坂ファンも笑顔で振り付けを合わせる。「ついにこの日がやって来ました。乃木坂ちゃんとのデートです!」と始まったMCでは、「絶対、みんなと俺は話が合うと思うぜ」と團長。「緊張しちゃうんで、自分たちから「楽屋は別のフロアにしてくれ」とお願いしました」「(氣志團万博に招いた)去年の夏まで、乃木坂46が実在すると思ってなかったから。「CGだろ?」って。だって、(ルックスの)アベレージ高すぎるだろ?」と、乃木坂46への偏愛ぶりを告白し、「なんだよ、ワンナイ生演奏って! 対バンやろうって言ったら、本当にバンドやっちゃうんだもん。ビックリしたぜ! いま一番男気のあるアイドル、乃木坂46を夜露死苦!!」と大絶賛すると、乃木坂ファンから歓声が上がる。乃木坂ファンとの結束を強めた後は、「SUPER BOY FRIEND」で、團長が「乃木坂ちゃんがいる時代に生まれて、良かったーーっ!」と絶叫。その想いに応えるべく、乃木坂ファンから上がる様々な色のペンライトがフロアを埋め尽くす光景は感動的でさえあった。会場に強い同士感が生まれる中、「好きなものがあるってすごい幸せ。乃木坂46を愛する気持ち、氣志團を愛する気持ち、ロックンロールを愛する気持ち……周りから理解されなくても関係ナシ! 好きな物のためにがんばって生きようぜ」と、團長が双方のファンに向けたMCで始まった「愛 羅 武 勇」では乃木坂ファンからも熱い拳が上がり、会場中の大合唱に「こんなバリトン多めのワンナイ、初めて聴いたぜ」と團長が嬉しそうな笑顔を見せた「One Night Carnival」では、<俺達は乃木坂46に恋しているのさ>と團長がキメて、会場中がひとつになったところで本編は終了。

 野太いアンコールの声が会場を包む中、この日限定のコラボTシャツで登場した氣志團。「ここでみんなに恩返ししなきゃ、男がすたるでしょ?」と乃木坂46を呼びこむ。揃いのTシャツ姿でステージに立つ、氣志團&乃木坂46の大所帯。乃木坂46に在籍する、房総魂を受け継ぐ地元の後輩・高山一実を紹介するなど、すっかり打ち解けた乃木坂46との仲の良さをアピールした後は、「さっそくだけど、コラボっていいですか?」と、乃木坂46「会いたかったかも知れない」を生演奏で披露。本当に楽しそうに歌い踊る乃木坂メンバーの笑顔で、多幸感に包まれる会場。それぞれの楽器隊に寄り添いながら歌い踊る乃木坂ちゃんたちのアドリブに赤面し、今まで見たことのない緩い表情を浮かべながら演奏する氣志團メンバー(笑)。歌い終えた乃木坂メンバーは、「すご~い!」「気持ちいいね!」と、口々に感想を述べながら大興奮。さらに團長の「もう1曲いっちゃう?」の言葉で始まったアンコール2曲目は、本日3度目となる「One Night Carnival」。みんなしっかり氣志團を研究してきたようで、キレの良い動きで完璧な振り付けを合わせる乃木坂46。セリフパートでは、一人ひとりがステージ中央のお立ち台に上がり、決め台詞を披露。高山は持ちネタである「アメージング!」で会場を沸かす。ラストは團長が「みんなで行こうぜ、乃木坂の向こうへ!」と煽り、全員でヒムロックポーズを決めてフィニッシュ! “学生服”くらいしか両組の共通点が見つからず、どんな対バンになるのか想像も付かないどころか、「ただ團長が可愛い子たちに囲まれたいだけじゃないか?」と怪しんでいたほどだったが、終わってみれば極東史上屈指の名勝負! 「極東ロックンロールハイスクール」の面白さと、どんな対バンも愛と敬意をもって全力で挑み、結果、名勝負へと昇華させてしまう氣志團の凄さを改めて知らしめられた。


tag一覧 ライブ 氣志團 男性ボーカル 乃木坂46 女性ボーカル

リリース情報

喧嘩上等 (CD+DVD)

喧嘩上等 (CD+DVD)

2014年05月21日

影別苦須 虎津苦須

<CD>
1.喧嘩上等
2.友よ
3.喧嘩上等 (カラオケ)
4.友よ (カラオケ)

<DVD>
1.喧嘩上等 (ミュージックビデオ)
2.喧嘩上等 メイキング映像

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章

LiSA vs 氣志團
~デラべっぴんがやって来るっ。みゃあ!みゃあ!みゃあ!~
2014/03/17(月)東京・SHIBUYA-AX

SPYAIR vs 氣志團
~桶狭間爆音合戦!!尾張名古屋の終わらない夜~
2014/03/20(木)愛知・Zepp Nagoya

グループ魂 vs 氣志團
~超絶魂2 お台場大パニック!超激突\(‘jjj’)/~
2014/04/09(水)東京・Zepp Tokyo

乃木坂46 vs 氣志團
~学生服反逆同盟~
2014/04/15(火)東京・Zepp Diver City Tokyo

GRANRODEO vs 氣志團
~熱血硬派ろでおくん、ヤンキー集団に絡まれる、の巻。~
2014/04/24(木)東京・Zepp Tokyo

黒夢 vs 氣志團
~ロックンローラーは電氣羊の黒い夢を見るか?~
2014/05/10(木)東京・Zepp DiverCity Tokyo

サンボマスター vs 氣志團
極悪さんぼ~美しくない人間たちの日々~
2014/05/28(水)東京・赤坂BLITZ

D’ERLANGER vs 氣志團
~13日の金曜日の陶酔~
2014/06/13(金)東京・TSUTAYA O-EAST

NoGoD vs 氣志團
~The タイマン!! 団長vs團長!! 埼玉vs千葉!! ブサイクvsブサイク!!~
2014/06/19(木)東京・LIQUIDROOM

私立恵比寿中学 vs 氣志團
~私立恵比寿中学・私立戸塚水産高校 合同コンサートGIG 略して合コンin Zepp Tokyo 2014~
2014/06/26(木)東京・Zepp Tokyo

NIGHTMARE vs 氣志團
~ジャイアン vs ブタゴリラ BEYOND~
2014/07/04(金)東京・EX THEATER ROPPONGI

ニューロティカ vs PUFFY vs 氣志團
~ワンナイト・ネホリーナ・ハホリーナ・ナボリーナ・カーニバル~
2014/07/16(水)東京・赤坂BLITZ

MONGOL800 vs 氣志團
~モンパチとドンパチ!! ナハッ!ナハッ!ナハッ!~
2014/07/19(土)沖縄・ミュージックタウン音市場

SCANDAL vs 氣志團
~THE GREAT ROCK’N’ROLL SCANDAL in OSAKA~
2014/07/24(木)大阪・Zepp Namba

10-FEET vs 氣志團
~続・大きなフィートの木の下で in京都~
2014/07/26(土)京都・KBSホール

※詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る