前へ

次へ

秦 基博、2年ぶりのGREEN MINDは「みんながフラッと遊びに来れるライブに」

秦 基博 | 2014.06.26

 アコースティックを基本に置いた秦 基博のライブ“GREEN MIND”は、これまでスペシャル・イベントとして展開されてきたが、今回、初めて全国規模でツアーを敢行。ツアー直前のインタビューで、「今まで“GREEN MIND”は野外でやったりしていて、大都市を回っていない。今回はいろんな場所でやります。僕を入れて4人でツアーするので、サウンドをがっちり固めるというより、音の少ないセッション的な内容になると思います。弾き語りもたっぷりやっちゃおうかな」と秦は語っていた。その終盤の東京公演を観た。

 風にはためく布をイメージさせるシンプルなセットの前に、楽器がざっくり置かれている。秦がGREEN MINDのために作ったインストのテーマ曲が流れ、ライブのスタートを告げると、会場は期待を込めた静寂に包まれる。まずは一人で秦がステージに現われた。心地よい緊張感の中、秦が手に取ったアコギから、NHKホールに澄んだ音色が響き出す。オープニングは「サークルズ」。スペースシャワーTV20周年を記念して制作された名バラードだ。ギターと歌と、オーディエンスの耳との間合いを測るように始まった「サークルズ」は、曲の途中で早くも“完成品”としての弾き語りになる。この“詰め”の速さが、秦の特長だ。彼のシンガーとしてのスペックは、驚くほど高い。早くも自分の歌と会場とのチューニングを合わせた秦は、堂々と歌い切ったのだった。

 「GREEN MINDへ、ようこそ。外は雨? オアシモトの中、ありがとうございます(笑)」。“お足元の悪い中”をわざと省略して言って、笑わせる。「GREEN MINDは2年ぶり。東京は武道館以来かな?……反論がないってことは、合ってるんですね(笑)。アコースティック・ライブということで、リラックスしながら聴いてもらえたら嬉しいです」。ツアーも終盤に差し掛かって、MCがいつも以上に滑らかだ。

 「My Sole,My Soul」をリズミックに歌って、秦は再び口を開く。
 「今日は『Signed POP』の曲をやっていこうかなという気持ちがあります。『Signed POP』は(最新アルバムなので)、GREEN MINDではやっていない。でもそればっかりだと、知ってる曲が少ないとか、あの曲はやらないの?という人もいるでしょう。そこはわかっているので、新旧バランスよくやっていきますよ(笑)。次の曲は『Signed POP』から」と、「現実は小説より奇なり」が始まった。
 この曲はコードがハンパなく複雑で、アコギ1本で演奏するのは、名手・秦といえども困難なことは間違いない。しかし、それをやってのけるのも、また秦 基博なのだ。“大人のJ-POP”の元祖・南佳孝を思わせる繊細なコードワークを見事に決めて、大きな拍手が巻き起こった。そしてこのブロックの最後は「アイ」。シーンと静まりかえったホールに、思い切りのいい秦の歌とギターが届く。

 「今回、何か新しいことをしたいなと思って、ギターを作ろうとオーストラリアに注文しに行ってきました。で、パスポートを取ったんですが、写真の顔が腫れぼったくて。これを10年使うのかと…(笑)」とボヤキながら、新しいギターを手にして、コードを鳴らす。「オーストラリアの音がしますよね?(笑)」。このところ、ステージでのしゃべりにいい味の出てきた秦だが、このツアーでさらに磨きがかかったようだ。会場はどんどんリラックスしていく。
 もちろん、それは“いい歌”があってこそのものなのだが、“いい歌”と“楽しいおしゃべり”が好循環を生んで、ステージは軽快に進んでいく。オーストラリアのギターで歌った最新シングル「ダイアローグ・モノローグ」は見事な出来だった。

 さらに「自画像」では、自分のギター・フレーズをその場でサンプリングしてループを作り、ビートのあるサウンドで歌って、“弾き語り”だと言うことを忘れさせてくれる。これも『Signed POP』からの曲なのだが、新しいアイデアを加えることで、秦らしいエンターテイメントになっていた。

 ここからは新コーナー“みどりの窓口”だ。その日のオーディエンスから質問を募って、答えつつライブを進行させる。GREEN MINDだから、みどりの窓口って……。ま、このダジャレ、許しましょう(笑)。
 質問を書いた紙を持ってくるのは、パーカッションの朝倉真司、ベースの鹿島達也、ピアノの皆川真人で、メンバー紹介を兼ねてのやりとりに爆笑が起こる。そんな賑やかなコーナーの後、ギターを置いて皆川のピアノだけをバックに歌った「パラレル」が凄かった。作詞・松本隆、作曲・冨田恵一のこの曲を、秦はシンガーとして請われて歌ったのだが、そんな経緯がはっきり実感できる素晴らしい歌いぶりだった。

 バンド3人が加わって、ライブは加速する。ポップな秦に焦点を当てた「Girl」でオーディエンスは解放され、「キミ、メグル、ボク」では4人がポーズをフリーズさせてみせ、大歓声が上がる。かっちりとしたアレンジではないので、歌も楽器もいい意味でラフ。そのラフさから、いつもの秦とは違う熱が伝わってくる。
 盛り上がったところで、秦が今回のGREEN MINDのために書き下ろした「五月の天の河」。「遠距離恋愛の歌なんですけど、遠くから逢いに来て2時間一緒にいて帰って行くっていうのが、どこかで“GREEN MIND”に通じてる。今年、2年ぶりにGREEN MINDツアーをやるので、アコースティックなライブで響くことを念頭に作りました」と秦はインタビューで語っていたが、ステージの背後には天の河をイメージした照明が浮かび上り、秦のオーディエンスに対する思いを確実に伝えていた。

 「GREEN MINDは昨年、お休みしたこともあって、ここから原点回帰して、みんながフラッと遊びに来てくれるようなライブにしていきます。繊細な音をクリアに届けられるNHKホールで、みんなに会えたのは嬉しい」と締めくくって、最後は「言ノ葉」を歌った。

 アンコールでは、8月に公開されるドラえもんシリーズ初の3Dアニメ映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌「ひまわりの約束」を披露。「ドラえもんとのび太のことを思いながら作りました。突然やってきたドラえもんは、いつも当たり前にいるようでいて、いついなくなるのかわからない。僕らの日常でも、そういう存在ってあると思う」というコメントが、秦らしくてグッときた。

 「ひまわりの約束」を一人で歌った後、メンバーを招き入れて、秦は「グッバイ・アイザック」の力強いイントロを掻き鳴らす。GREEN MINDが、秦の音楽の表現スタイルとして完全に確立したことを告げる、ツアー最終盤のライブだった。

【取材・文:平山雄一】
【撮影:笹原清明】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 秦 基博

関連記事

リリース情報

ひまわりの約束(通常盤)

ひまわりの約束(通常盤)

2014年08月06日

アリオラジャパン / Augusta Records

1. ひまわりの約束(『TAND BY ME ドラえもん』主題歌
2. 海辺のスケッチ
3. グッバイ・アイザック(Acoustic Session with 島田昌典)
4. ひまわりの約束 (Backing Track)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

HATA MOTOHIRO presents an acoustic live in 2014“GREEN MIND”


  • 0. ~Theme of GREEN MIND~
  1. サークルズ
  2. My Sole, My Soul
  3. 現実は小説より奇なり
  4. アイ
  5. ダイアローグ・モノローグ
  6. 自画像
  7. プール
  8. 君のいた部屋
  9. パラレル
  10. SEA
  11. Honey Trap
  12. Girl
  13. スプリングハズカム
  14. キミ、メグル、ボク
  15. 五月の天の河
  16. 鱗(うろこ)
  17. 言ノ葉
Encore
  1. ひまわりの約束
  2. グッバイ・アイザック
  3. 1/365
  • ~Theme of GREEN MIND~

お知らせ

■ライブ情報

Pre Augusta Camp
2014/06/24(火)Zepp Diver City Tokyo

フジファブリック2マンツアー フジフレンドパーク 2014
2014/06/28(土)Zepp DiverCity Tokyo

Augusta Camp 2014
2014/07/26/(土)山中湖交流プラザ きらら ・シアターひびき

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014
2014/08/03(日)国営ひたち海浜公園

MEET THE WORLD BEAT 2014
2014/08/09(土)万博記念公園自然文化園「もみじ川芝生広場」

レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう~大きなハニワの下で~
2014/08/20(水)日本武道館
※ゲスト出演

J-WAVE LIVE 2000+14
2014/08/30(土)国立代々木競技場第一体育館

ロックのほそ道
2014/08/31(日)やまぎんホール(山形県県民会館)

MUSIC RESORT うたたね 2014 HIROSHIMA
2014/09/06(土)旧広島西飛行場 滑走路 特設ステージ

YANO MUSIC FESTIVAL 2014
2014/09/13(土)~14(日)恵比寿ザ・ガーデンホール

uP!!! presents MBS音祭2014
2014/10/10(金)大阪城ホール

「Great Studio Live at BUDOKAN」~バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!~
2014/11/04(火)日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る