前へ

次へ

氷室京介ソロデビュー25周年ツアー。最終日の横浜スタジアム公演をレポート

氷室京介 | 2014.07.29

 7月13日の山口・周南市文化会館公演で、ライブ活動の休止を発表した氷室京介。19日の横浜スタジアム公演に於いて、その理由は聴覚の不調によるものだと明かされた。そして迎えたツアーファイナル公演、横浜スタジアム2日目。曇り空の狭間から時折初夏の日差しが降り注ぐ会場内は、様々な想いを抱えた観客で埋め尽くされていた。

 開演予定時刻の17時となり、会場全体から起こった激しい手拍子。待ちわびた人々の熱気が早くも渦巻く中、まず始まったのは氷室京介の25年間の軌跡を辿るスライドショー。ライブ写真などの間に時折、あどけない表情の幼年時代、やんちゃそうな少年時代の姿も織り交ぜられていて、観客は大いに盛り上がる。そして、18時過ぎにいよいよライブ本編がスタートした。バンドメンバーたちと共に氷室がステージに登場し、1曲目に放たれたのは「WARRIORS」。手拍子をしながらシンガロングする観客のエネルギーがものすごい。そんな人々に向って鋭いビート感覚に裏打ちされた歌声を届けていく氷室。圧倒的な表現力とパワーをまざまざと体感させられるオープニングであった。

 「PARACHUTE」「WILD AT NIGHT」「眠りこむ前に」などを一気に披露した後、最初のインターバル。「上手く周りと融合できない自分をテーマにした曲。あの時期にしか書けなかった凄く気に入ってる曲をやります」と氷室が言い、1stアルバム『FLOWERS for ALGERNON』に収録されていた「DEAR ALGERNON」がスタートした。冒頭でこの曲であることをいち早く悟った観客は歓声を上げ、メロディに一心に耳を傾ける。続いて「たどりついたらいつも雨ふり」(吉田拓郎のカバー。「DEAR ALGERNON」を1stアルバムからシングルカットした際、カップリングに収録)。スタンドマイクに向き合い、片足でリズムを刻みながら歌声を響かせる氷室。聴き入る人々の心を激しく震わせているのが、周囲の空気から伝わってくる。演奏が終わった瞬間、ステージに向って割れんばかりの拍手が届けられた。

 最新シングル「ONE LIFE」を皮切りに、「BANG THE BEAT」「Doppelganger」「NATIVE STRANGER」など、パワフルなナンバーを連発した後、再びインターバル。所属事務所から独立し、アメリカに移り住んだ頃に制作した「魂を抱いてくれ」についてのエピソードが紹介された。3人目の子供を宿した妻がレコーディング現場に立ち会う中、歌入れを行ったのだというこの曲。3日間をかけて録音したどのテイクも気に入らず、「全部消してくれ」とエンジニアに言って大喧嘩になったことなどを氷室は語った。「そんなことを25年間ずっとやってきて、結果を出せているのか分からないけど、でも、25年間やってきて良かったと思うことは、たくさんの連中がこうして熱い声援を送ってくれるということ。みんなの気持ちに支えられたから、命懸けでやってこられた。男は自分を信じてくれたもののためだった命を張れる。落ち込んだ時期もあったけど、みんなの前に戻ってこられると、俺の人生はパーフェクトだと思える。本当に感謝しています」という言葉を添えて披露された「魂を抱いてくれ」は、情感豊かな歌声が真っ直ぐに迫ってきた。続いて、「IF YOU WANT」。すっかり日も暮れた中、温かい音像が会場全体に広がっていく。丁度この頃、横浜港で行われていた花火大会。曲がエンディングを迎えた時、偶然打ち上げられた特大級の花火がステージ上手側、一塁スタンド席後方の夜空を美しく彩ったのが印象的であった。

 「ROCK’N’ROLL SUICIDE」「IN THE NUDE~Even not in the mood~」「LOVE & GAME」など、アッパーなナンバーが炸裂し続けた終盤戦。イントロが奏でられるや否や、観客は声を上げて興奮を露わにする。それぞれの曲がいかに観客に愛され、心と身体に深く刻み込まれているかがよく分かる。そんな中、本編ラストを飾った「WILD ROMANCE」の盛り上がりは、特に圧倒的なものであった。氷室がマイクを客席の方へ向けると、一際熱を増したシンガロング。清々しい一体感で会場全体が震えるのを感じた。

 観客の間から湧き起ったアンコールを求める手拍子と「氷室!」という声。しかし、いつしか雨が降り始めていた。先程から遠くの空で瞬いていた稲光も徐々に近づいて来る気配……。不穏な天候となりつつあったが、ステージに氷室とバンドメンバーたちが戻ってきた。まず披露されたのは「NORTH OF EDEN」。歌声とバンドの演奏がドラマチックに迫ってくる。だが、その熱量と呼応するかのように大粒の雨が降り注ぎだした。続いて「THE SUN ALSO RISES」。演奏中にさらに激しさを増した雨。稲光が夜空を鋭く切り裂き、雷鳴が周囲一体に轟いた……この曲が終了した後、会場近辺に落雷があったことがアナウンスされ、ライブは一時中断。観客は席を離れてコンコースへと避難した。

 約1時間後。雨はまだ降り続けているものの雷が収まったため、ライブの再開が発表された。観客が席に戻った後、ステージに現れた氷室。「25周年のツアー。最後にここでコンプリートしたいと思ってたけど、昨日のリハの時に雨で濡れたステージで滑って。医者に行ったら“肋骨が折れてます”と言われて」と語った。そんなことは思いもよらない全力のステージングを目の当たりにしてきただけに、観客の間にどよめきが広がる。そして、「何百回も歌ってきたけど最高の、命懸けの「ANGEL」を歌いたいと思います」と言い、曲がスタートした。ソロとしてのキャリアの第一歩となった「ANGEL」を、身も砕けんばかりの勢いで歌う氷室の気迫がすごい。腕を振り上げて観客を煽ると、熱い歓声が雨模様の夜空に融けていった。やがてエンディングを迎え、横浜スタジアム全体に漂った爽やかな余韻。「今日は本当に申し訳ない。プロとしてこのリベンジを必ずどこかでやれたらと思います。この情けない人間を支えてくれる連中が集まってくれたら嬉しい」と氷室が呼びかけると、賞賛の念に満ちた最大級の拍手と歓声がステージへと届けられた。

【取材・文:田中 大】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 氷室京介

リリース情報

ONE LIFE

ONE LIFE

2014年07月16日

ワーナーミュージック・ジャパン

1. ONE LIFE
2. 眠りこむ前に

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

KYOSUKE HIMURO 25th Anniversary TOUR GREATEST ANTHOLOGY -NAKED- FINAL DESTINATION
2014.7.20@横浜スタジアム

  1. WARRIORS
  2. PARACHUTE
  3. WILD AT NIGHT
  4. GIRLS BE GLAMOROUS
  5. CALLING
  6. 眠りこむ前に
  7. DEAR ALGERNON
  8. たどりついたらいつも雨ふり
  9. ONE LIFE
  10. BANG THE BEAT
  11. Doppelganger
  12. NATIVE STRANGER
  13. 魂を抱いてくれ
  14. IF YOU WANT
  15. ROCK’N’ROLL SUICIDE
  16. WEEKEND SHUFFLE
  17. IN THE NUDE
  18. LOVE&GAME
  19. DRIVE
  20. WILD ROMANCE
ENCORE-1
  1. NORTH OF EDEN
  2. THE SUN ALSO RISES
ENCORE-2
  1. ANGEL

トップに戻る