前へ

次へ

ファンキー加藤、ソロ初の日本武道館公演2DAYSの1日目をレポート!

ファンキー加藤 | 2014.09.30

 超満員の日本武道館。
 暗転すると客席一面に1万個の光の花が咲いた。観客が腕に巻いているサイリウムのベルト。グリーンの光が揺れる光景に「うわあ、綺麗」という言葉が行き交う。ステージから流れてくるのはピアノの調べ。盟友・田中隼人氏が奏でる旋律がデビュー曲「My VOICE」を刻む。旋律が消えると、ダイナミックなハウストラックが大音量で響いた。ステージ前面を覆っていたツアーロゴ&マークがデザインされたLEDが、カラフルに発光する。シンボルマークの1本マイクもビカビカとエレクトしている。ゆっくり上がっていくツアーロゴ&マーク。トランシーなSEとの相乗効果で、こんなことをイメージさせた――ファンキー加藤、フライト!

 「I LIVE YOU 2014」と刻まれたステージの床。ステージ中央から、彼がゆっくりとせり上がってくる。「I LIVE YOU 2014」の“YOU”の中から、ファンキー加藤が姿を現した。1本のマイクを右手に握りしめ、その手を天に突き出しながら。歓声とともに、サイリウムの花が激しく揺れる。1万人の興奮がステージに急降下していく。このエネルギーを受け止め、日本武道館を見上げるファンキー加藤。視線が少し険しい。大きく息を吸った次の瞬間こう絶叫した。

「いくぞー! 日本武道館!」

 ファンキー加藤、初ワンマン。日本武道館2DAYS公演の1日目。9月19日、「 I LIVE YOU 2014」in 日本武道館は「リスタート」で幕を上げた。1曲目から大合唱になる1万人。巨大なスクリーンに映った加藤の口元がほころぶ。続いたのは「Good Show」。9月3日に発売されたファーストアルバム『ONE』の中でも、ライブでの期待度が抜群に高いパーティーチューンである。スクリーンには“ぐっしょぐしょ”という文字とともに、コミカルな映像が躍った。客席を見ながら歌う加藤の表情が、みるみる変わっていく。歌いながらちょっと笑い出しそうになる瞬間も。エンディング前のブレイクで、タイミングに合わせ大きくジャンプ。その跳躍は2階席から見ていても“すんげー”とびっくりするくらい高かった。3曲目が終わったところで、最初のMC。

「ライブハウス、武道館へようこそ!」と挨拶した後、「2014年最幸のライブをします」と宣言。最後はこう締めくくった。

「一生懸命歌いますんで、心のど真ん中で受け止めてください。いけるか、武道館! 一緒に歌ってくれよ!」と、セカンドシングル「輝け」へ。ブライトなスカビートが楽しい「まわせ!」では、観客と一緒にタオルを回す。1万人のヘリコプター(=観客がぐるぐるタオルを回す様子を指した言葉)が、日本武道館に風をおこした。

 7曲目。ロマンチックなバラード「愛の言葉」を切なく歌い、最後に深々とお辞儀したファンキー加藤。その歌声と真摯な姿に一旦静まりかけた拍手が、ゆっくりと大きくなる。観客のぬくもりが感じられた。再びMC。サポートメンバー紹介をした後、ファンキー加藤は、今の自分の気持ちを正直に言葉にした。9月19日を待ち望んでいたこと、プレッシャーや不安もあったこと、いろいろな感情を持ちながらステージに上がったこと。そして笑顔でこう続けた。

「ライブが始まったら(その気持ちも)ふっとんだ。みんなの声が曲と曲のつなぎのようなものです。この1万人の1人が欠けても成立しないライブをやろう! アルバム『ONE』の中から、特に僕が大事にしている曲を歌わせていただきます」

 「終わらない未来」。♪ さあ 頑張ろうぜ ♪ というワンフレーズに合わせて、ゴールドのメタルテープが放たれる。照明に反射し、輝きながらゆっくり落ちてくるテープに、観客が手を伸ばす。輝きを掴んだ観客が、今度はその輝きを振りながら、加藤と一緒に大合唱する。曲後半の“頑張ろうぜ”のリピート。ファンキー加藤は、歌の合間を使い、ぶんぶんと右手を振り回しガッツポーズを繰り返す。腕が風を切る音が、マイクを通して聞こえてくるほどのアクションだった。

 FUNKY MONKEY BABYSの楽曲も、何曲か披露したこの日のライブ。「希望の唄」では、歌いながら加藤がステージに座り込んだ瞬間、観客の歌のボリュームがぐぃっとあがった。

 ソロ初のバラードシングル「太陽」。ステージ中央の定位置で、しっかりと言葉を確かめるように歌うファンキー加藤。その足元には、ツアータイトルの一部、 “YOU”の文字があった。

 加藤は、ファンモン時代から“応援してくれるみんなに支えられている、背中を押してもらっている”と公言してきた。ソロになってからも同様だ。否、その発言からはよりその想いが強くなったように感じられる。“YOU”の上に立って歌っている加藤は、前述した言葉をステージで体現しているようだった。YOU=あなたに支えられて、加藤は歌う。ステージ上に記された“YOU”という一文字に、加藤と彼を応援している人の関係性が見えた気がした。アップチューンでは、ステージ上を全力で走り回った加藤。どこに走り出しても、スタートラインは“YOU”で、戻ってきて乱れた息を整える場所も“YOU”だった。この日、YOUが彼のステージの真ん中にあったのは偶然だったのかもしれない。しかし、たくさんの偶然の出会いからファンとの関係を築き、人生の中の必然に育ててきた加藤のステージだからこそ、私はその様子に、意味を見出すことができたのだと思う。彼の歴史と今が、ひとつの単語に意味を与えた。それは、ファンキー加藤だからこそ、成立する意味だったと思った。

 ライブは終盤へ。ストレートなアップチューン「CHANGE」「ちっぽけな勇気」と、力を振り絞りながら、観客と一緒にフライトしていくファンキー加藤。しゃがみこみ、すわり、身を投げだし、満員の観客を見上げ、また立ち上がる。

 本編最後はソロデビューシングル「My VOICE」。ステージ前方に設置されたモニターに半分腰を掛け、前に倒れるような姿勢で歌声を放つ。自分の体を支える左手が、小刻みに震えている。声を出すたび、腹筋が震え、厚い胸板が大きく上下する。声が裏返る。シャウトが掠れる。額の汗が目に入る。それでも加藤は決して視線を落とさなかった。ずっと前を向き、観客を見据えながら歌っていた。全身全霊を使って、歌を届けようとしている。この姿に1万人の観客は、大合唱でレスポンスした。

 時計は21時になろうとしていた。アンコール。金色のハッピを着て、お祭りチューン「太陽おどり ?新八王子音頭?」をぶち上げた後は、ソロシングルのカップリング曲「紫陽花」。ムード歌謡調のこの曲は、遊び心満点の異色ソングだが、この日、彼は、この遊び心を突き詰めてバージョンアップしてきた。「日本武道館の準備で時間が本当にない中、どうしても撮りたくて撮った」という、本人出演のオリジナルMVを歌に合わせて上映。80年代バブル期を思わせるスーツを着た加藤(しかもシャドーのメイクあり!)が映った瞬間、1万人の客席は大爆笑となった。

「悔いを残すなよ! 悲しみを全部、ここに置いていけ!」と、最後は「悲しみなんて笑い飛ばせ」。エンディングで、ステージ上に仰向けになった加藤が、ゆっくり起き上がる。思わず本音がもれた。

「初日、無事終わった~。1人のワンマン、怖かったから。いや、1人じゃねぇな! みんながいてくれた!」
 客席のあちこちから「ありがとう!」の声が飛ぶ。
 ファンキー加藤が答える。

「ありがとう。僕の人生のたった1回切りのファンキー加藤、初ワンマンライブ、一生忘れません!」

 本人だけでなく、そこにいた1万人にとって、忘れられないライブになったのではなかろうか。観客の満たされた顔が、上気した頬が、汗が残る首筋が、少し湿った掌が……あの瞬間の1人1人のすべてが、その証拠だ。

 2015年1月からは「ONE FOR HALL TOUR 2015」がスタートする。全国38カ所で全42公演を行う本ツアーは、本人も念願だった全国ツアーだ。

 全国の“YOU”に、あなたの気持ちに、ファンキー加藤が、真っ直ぐ逢いに行く。

【取材・文:伊藤 亜希】
【撮影:笹原清明】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル ファンキー加藤

関連記事

リリース情報

ONE

ONE

2014年09月03日

ドリーミュージック

1. リスタート
2. 輝け
3. 終わらない未来
4. 太陽
5. My VOICE
6. まわせ!
7. 愛の言葉
8. 僕らの詩
9. CHANGE 
10. Good Show
11. もっと勉強しておけばよかった 
12. 桜 ふわり ふわり
13. FLY

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

ONE FOR HALL TOUR 2015
2015/01/24(土)【千葉】市川市文化会館 大ホール
2015/01/31(土)【山梨】コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
2015/02/06(金)【神奈川】神奈川県民ホール
2015/02/08(日)【栃木】宇都宮市文化会館
2015/02/13(金)【福岡】福岡サンパレスホール
2015/02/14(土)【鹿児島】宝山ホール(鹿児島県文化センター)
2015/02/21(土)【和歌山】和歌山県民文化会館
2015/02/22(日)【滋賀】滋賀県立芸術劇場(びわ湖ホール)
2015/02/28(土)【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
2015/03/01(日)【愛知】名古屋国際会議場センチュリーホール
2015/03/07(土)【広島】広島市文化交流会館(広島文化学園HBGホール)
2015/03/08(日)【山口】周南市文化会館
2015/03/14(土)【埼玉】大宮ソニックシティ
2015/03/15(日)【埼玉】大宮ソニックシティ
2015/03/27(金)【香川】香川県県民ホール(アルファあなぶきホール)
2015/03/29(日)【高知】高知県立県民文化ホール・オレンジホール
2015/04/04(土)【大阪】大阪国際会議場(グランキューブ大阪)
2015/04/05(日)【大阪】大阪国際会議場 (グランキューブ大阪)
2015/04/11(土)【岩手】盛岡市民文化ホール 大ホール
2015/04/12(日)【秋田】秋田県民会館
2015/04/18(土)【奈良】なら100年会館
2015/04/20(月)【兵庫】神戸国際会館 こくさいホール
2015/04/25(土)【大分】iichikoグランシアタ
2015/04/26(日)【長崎】長崎ブリックホール
2015/04/29(水・祝)【熊本】市民会館崇城大学ホール
2015/05/04(月・祝)【北海道】ニトリ文化ホール
2015/05/06(水・祝)【北海道】函館市民会館
2015/05/09(土)【宮城】仙台サンプラザホール
2015/05/10(日)【福島】郡山市民文化センター 大ホール
2015/05/16(土)【新潟】新潟県民会館
2015/05/17(日)【長野】ホクト文化ホール
2015/05/23(土)【富山】富山オーバード・ホール
2015/05/24(日)【福井】福井フェニックスプラザ
2015/05/30(土)【徳島】鳴門市文化会館
2015/05/31(日)【愛媛】松山市民会館・大ホール
2015/06/06(土)【岐阜】長良川国際会議場
2015/06/07(日)【静岡】静岡市民文化会館大ホール
2015/06/13(土)【鳥取】米子コンベンションセンター(BIG SHIP)
2015/06/14(日)【岡山】岡山市民会館
2015/06/21(日)【沖縄】沖縄市民会館
2015/07/03(金)【東京】NHKホール
2015/07/04(土)【東京】NHKホール

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る