前へ

次へ

藤井フミヤ、ダブルアニバーサリーの集大成ライブ

藤井フミヤ | 2015.01.15

 軽快なロックンロールのBGMに合わせて、立ちあがったオーディエンスのハンドクラップが起こる。待ち切れない大晦日だ。ステージのぐるり360度の観客席から、フミヤのカウントダウンライブが始まる。悠然とバンドメンバーが現われ、所定の位置に着いた。すぐにコンピュータの4つ打ちビートが、オーディエンスのハンドクラップに取って替わる。ギターの石成正人が前に出て弾き始めると、もう1人のギター友森昭一が追いかけるように前に出てフレーズを合わせる。ステージ中央からフミヤがいきなり出現して、ハンドマイクで歌いながら、ためらいなく舞台中央から前方に伸びる花道へと進んで行く。それを後押しする屋敷豪太のドラムが素晴らしい。「UPSIDE DOWN」から「“Doo-Bee Doo-Bee”Freedom」まで、一気に4曲、ダンスチューンが続く。軽くオーディエンスの身体をシェイクするオープニングだ。しかし、オーディエンスたちはそれ以上にヒートアップ。だから次の「MY STAR」のバラードタイプのイントロが心地よかった。

「ようこそ、大晦日の武道館へ。そして2015年がここから始まります。最初からちょっと飛ばし過ぎましたか?(笑) 一緒に盛り上げていきましょう。みなさんがパワーを送ってくれて、ものすごく盛り上がると、武道館が少し浮かび上がる。さらに盛り上がると、ゆるやかに回転して飛び上ります。頑張って、浮かせようぜ!!」とフミヤ。もちろん会場は、賛成の意志をアピールしたのだった。

 ここからはバラードが続く。まずは松本圭司がオルガンで荘厳なイントロを奏でる「Long Road」。藤井尚之が作曲したチェッカーズの名曲だ。こうした曲になると、有賀啓雄のベースが良さを発揮して、メロディのスケールをアップさせる。「Friends and Dream」まで、じっくり聴かせたのだった。

「チェッカーズの曲を聴いてもらいました。20年も前に解散したんですが、懐かしいような、新鮮なような。つくづく音楽って、タイムマシーンみたいですね。次はソロの曲を」。

 5曲ごとにテーマが変わる、とてもわかりやすいセットリストだ。そうしたシンプルな曲順だから、よけいにバンドの一体感が伝わってくる。堂々たるバンド感が、“フミヤの武道館”によく似合う。「トワイライト」でドラマティックな歌を聴かせると、ボーカルが一段と冴えて、「夜明けの街」では尚之とのハーモニーが美しく中盤を彩った。

「さてさて・・・やべっ、ちょっと急ごう。曲の途中で年が明けちゃうわけにはいかない(笑)」と、フミヤは23:29:00の時計の表示に目をやる。「30年やってきて、初めてフル・オーケストラでコンサートをやりました。オペラ歌手でもないのに、図々しくね。で、評判がよかったから、2月からまたやります。よろしくね」と2015年の宣伝をして、カウントダウンまでのラスト5曲に突入。

 「女神(エロス)」で、この日初めて、両脚を開いて床につける得意のアクションが飛び出した。「NANA」では、僕の後ろの男性ファンが「かっこよすぎるよ」とため息。インスト「FINAL LAP」で着替えたフミヤは、いよいよ“その時”を待つ。

「あれ? 今度は早すぎた?」、時計は23:53:20だ。「着替えて涼しくなると思ったら、全身レザー」と苦笑する。フミヤも風船を持って、それを飛ばしたら、ついに2015年がやってくる。

「去年、一昨年とデビュー30年とソロ20周年のアニバーサリーを2年間やらしてもらいました。ありがとう!! また生まれ変わったような気持ちになって、ひとつよろしくね。さよなら、2014年!!!」。

 クレーン台に乗って、2階席に挨拶。尚之と花道の先端の円形ステージに乗ると、そこも上昇して客席をあおる。フミヤは全力で2015年を祝福したのだった。

「今日は本当にありがとう。1999年に武道館で初めてカウントダウンライブをやらせてもらってから14年。世の中は変わったけど、変わらないものもある。それを大事にして、初心に戻って行こうぜ! カモーン、しょうちゃん」と友森を促すと、恒例の ♪年の始めの♪ の大合唱が起こったのだった。

 アニバーサリーの連続で、ある意味、緊張が続いた2年間だったが、それを見事にやり抜いて、気持ちを開いたフミヤにオーディエンスも息を吹き返したような気がした夜だった。こうなったら、ぜひ一度、“50代のCLUB F”にチャレンジしてほしいと思うのは、僕だけかな。
 あけおめことよろ、フミヤ!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 藤井フミヤ

関連記事

リリース情報

[Blu-ray]FUMIYA FUJII 20th ANNIVERSARY CHRONICLE ~Collected Music Video Works 1993-2013~

[Blu-ray]FUMIYA FUJII 20th ANNIVERSARY CHRONICLE ~Collected Music Video Works 1993-2013~

2014年12月24日

SMAR

<収録曲>
TRUE LOVE
エンジェル
DAYS
タイムマシーン
ハートブレイク
GET UP BOY
GIRL FRIEND
Another Orion
Snow Crystal
DO NOT
わらの犬
風の時代

Moonlight magic
INSIDE
UPSIDE DOWN
SEVEN WONDERS
TRUE LOVE [ReTake]
彼女は彼のもの
BOY’S HEART
Thrill up
rADICAL☆sTAR
木漏れ日の風に吹かれ
さまよう果実
君が僕を想う夜
下北以上 原宿未満
君になる
大切な人へ
着メロ
嵐の海
今、君に言っておこう
Life is Beautiful
なんかいいこと
僕らの人生
彼女のタンバリン
青春
GO BACK HOME
孤独のDreamer
夜明けの街

※Blu-ray・DVDともに初回仕様限定盤には三方背BOX付

このアルバムを購入

セットリスト

藤井フミヤ 30th BEST SPECIAL COUNTDOWN
2014.12.31@日本武道館

  1. UPSIDE DOWN
  2. HOW COOL
  3. See you yesterday
  4. “Doo-bee Doo-bee”Freedom
  5. MY STAR
  6. Long Road
  7. Blue Moon Stone
  8. Jim & Janeの伝説
  9. I Love you,SAYONARA
  10. Friends and Dream
  11. TRUE LOVE
  12. わらの犬
  13. Another Orion
  14. トワイライト
  15. 夜明けの街
  16. 女神(エロス)
  17. ミセスマーメイド
  18. NANA
  19. FINAL LAP
  20. TOKYO CONNECTION

    -COUNTDOWN-
    君が代
  21. REVOLUTION 2007
  22. I・N・G
  23. 恋の気圧
  24. HEART IS GUN~ピストルを手に入れた夜~
  25. How’er you doing,Guys?
  26. P.S.マリア
ENCORE
  1. 夜明けのブレス
  2. ALIVE
  3. 紙飛行機
  4. なんかいいこと
     ~Come on!! しょうちゃん!!(一月一日)

お知らせ

■ライブ情報

billboard classics 「FUMIYA FUJII Premium Symphonic Concert 2015」~Celebrating Fumiya’s first live album ~
2015/02/10(火)大阪・フェスティバルホール
2015/02/11(祝・水)大阪・フェスティバルホール
2015/04/14(火)東京芸術劇場コンサートホール
2015/04/16(木)福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
2015/04/23(木)札幌・ニトリ文化ホール
2015/04/26(日)横須賀芸術劇場
2015/04/28(火)愛知県芸術劇場コンサートホール
2015/04/30(木)大宮ソニックシティ

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る