前へ

次へ

UVERworld、横浜アリーナで“男祭り”を開催!

UVERworld | 2015.01.23

 会場を埋め尽くす、男、男、男。その多くがTシャツと短パンのフェス・ファッションで「徹底的に盛り上がってやる!」という気合いたっぷり。後ろの席からは「ヤバいな、これ。終わったらどんなニオイになってるんやろ?」という嬉しそうな声が聞こえてくる。

 アルバム『Ø CHOIR』を引っ提げた全国ツアー「Ø CHOIR TOUR 2014-2015」のファイナル、横浜アリーナ公演。この日のライブは男性限定の「KING’S PARADE」で、約12000人の野郎どもが集結した。過去最大規模の“男祭り”でUVERworldは、「俺達が持ってるもの、ここで全部見せてやるよ!」(TAKUYA∞)という宣言通り、行動、言葉、音楽が1ミリのズレもなく合致した、このバンドの本質をダイレクトに体現してみせた。

 18時ジャストに会場の照明が落された瞬間、怒号のような歓声が響き渡り、全員が拳を突き上げる。凄まじい熱気のなかで放たれたオープニングナンバーは「7th Trigger」。いきなり大合唱が生まれ、「全員でかかってこい!」「おまら、声帯ビロビロになるまで声出せよ!」と叫ぶ。一瞬でアリーナ全体を掌握し、強い一体感を生み出すパフォーマンスは、やはり圧巻だ。

 ライブの軸になっていたのはもちろん、アルバム『Ø CHOIR』の収録曲。アフリカン・ビートを取り入れたエキゾチックなバンドサウンドと「本気に触れたくて 俺達のことを聴くんだろ?」というフレーズがひとつになった「ENOUGH-1」、ヘビィロックとヒップホップを高い次元で融合させたサウンド(信人のウッドベースがカッコいい!)とともに“自分の言葉に責任を持て”というメッセージが突き刺さってくる「誰が言った」、そして、「俺達がいま、いちばん大事にしてる曲」(TAKUYA∞)という言葉とともに披露され、“すべては自分次第。自分の生をしっかり掴み取りたい”という強い思いが伝わってきた「7日目の決意」。これらの楽曲に共通しているのは、“リスナーに対するメッセージ”“それを伝えるためのサウンドメイク”“メンバーの生き様”が強く結びついていることだろう。アルバム『Ø CHOIR』を作り上げたことでUVERworldは、自らの意思を正確に表現するための音楽をついに手に入れた――このツアーを通して彼らは、そのことをしっかりと証明してみせたのだと思う。

 誠果(サックス、マニピュレーション)が正式加入、6人体制で展開されるステージングもさらに進化していた。モダンヘビィロック、ヒップホップ、エレクトロなどを自在に取り入れたバンドサウンド、一瞬たりとも緊張感と集中力を失うことがないパフォーマンス、そして、“1万2000人の男といっしょに最高の瞬間を作るんだ”という気合い。こんなにも強烈なモチベーションに貫かれたライブは、ちょっと見たことがない。

 「いまからしばらくはここが世界の中心だ!」というTAKUYA∞のMCにリードされた「零HERE~SE~」から、ライブは一気にクライマックスへと向かっていく。メンバー全員の個性的なプレイがぶつかり合い、ライブバンドとしてのパワーが最大限に発揮された「IMPACT」、”抱いた幻想を現実にするんだ”という強烈な意思を備えたダンスチューン「ナノ・セカンド」、この世界と自分の命を正面から肯定する「Ø choir」。全身全霊で楽曲を繰り出すメンバーと汗だくで叫び、踊りまくるオーディエンスの絆にも強く心を揺さぶられた。

 「バンドを結成した頃、“男祭りをやりたい”と言ったら、“出来るわけない”って笑われた。でもいま見てみろよ!男なら、鼻で笑われるようなでっかい夢を持って、俺たちのように叶えてみせろ!」。そんなTAKUYA∞のMCとともに披露されたラストの「MONDO PIECE」では、観客全員が肩を組んで合唱。記念すべき横浜アリーナでの男祭りを熱く締めくくった。

 ライブ中、TAKUYA∞は何度も「カッコいい生き方をしようぜ」と呼びかけた。自らの理想をストイックに追求し、それを楽曲へと直結させることで、求心力を増してきたUVERworld。その“カッコいい生き方”が生々しく体感できる、素晴らしいライブだったと思う。

【取材・文:森 朋之】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル UVERworld

関連記事

リリース情報

Φ CHOIR(初回生産限定盤) [CD+DVD]

Φ CHOIR(初回生産限定盤) [CD+DVD]

2014年07月02日

SMR

ディスク1
1.零 HERE ~SE~
2.IMPACT
3.誰が言った
4.ナノ・セカンド(album ver.)
5.Fight For Liberty(album ver.)
6.ENOUGH-1
7.KICK が自由
8.a LOVELY TONE(album ver.)
9.7日目の決意
10.別世界
11.Born Slippy
12.Wizard CLUB
13.在るべき形
14.Φ choir

ディスク2
core ability 3
John & Bob spot 18 Pattern

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

Ø CHOIR TOUR 2014-2015
KING’S PARADE at YOKOHAMA ARENA
2015.1.10@横浜アリーナ

  1. 7th Trigger
  2. ace of ace
  3. Fight For Liberty
  4. ENOUGH-1
  5. NO.1
  6. KINJITO
  7. REVERSI
  8. 誰が言った
  9. バーベル~皇帝の新しい服 ver.~
  10. 6つの風
  11. 23ワード
  12. LIMITLESS
  13. 7日目の決意
  14. Massive
  15. Wizard CLUB
  16. Don’t Think.Feel
  17. 零 HERE~SE~
  18. IMPACT
  19. CORE PRIDE
  20. ナノ・セカンド
  21. Ø choir
  22. MONDO PIECE

トップに戻る