前へ

次へ

Charisma. com×ザ・チャレンジの”ツーマンミュージカル”をレポート

Charisma.com | 2016.01.20

 対バンでもコラボでもなく、”ツーマンミュージカル”。アーティストの共演にはいろんな呼び方があるけれど、ツーマンでミュージカルってどういうこと!? しかもCharisma.comとザ・チャレンジって、ミュージカル関係ないよね?? さまざまな疑問は抱きつつも、絶対面白いことになってるはずだからと余計なことは詮索せずに渋谷WWWへーー。蓋を開けてみれば完全にツーマンミュージカル!イブの夜に、とんでもない奇跡が起こっていた(笑)。

 客電が消えてスクリーンに映し出されたのは、メンバー紹介ならぬ”配役”紹介。昭和のトレンディードラマのオープニングのような映像で、山下達郎の「クリスマスイブ」がムードを盛り上げる。

 そこに、今夜の進行役でもあるサンタクロースが登場。

「今宵、私からのささやかなクリスマスプレゼント。それは、きっとどこにでもある、こんなキスの物語…!」

 スクリーンにはきらめくイルミネーションの街並み。スーツ姿の沢田チャレンジがステージに登場し、誰かを待っている。やって来たのは恋人役であるDJゴンチ。バカップルのデートのようなやり取りをしているところに、ゴンチの後輩役のいつかが通りかかる。慌てる沢田チャレンジ。2人は元恋人同士だった...!そんなクリスマスシーズンに起こる恋愛模様のアレコレを描いていく寸劇、それが「ツーマンミュージカル Christmas Kiss 2015」なのだ。歌って踊るわけじゃなさそうだから厳密にはミュージカルじゃないけど、そんなことはお構いなし!この三角関係、どうなっていくの!?早くもストーリーに引き込まれるオーディエンス。…と、そこでいつかのケータイが鳴る。相手はチャレンジオノマック。「いつかちゃん、今何してるのー?西麻布で今から会えない?会いたいんだ。会いたくて会いたくて仕方ないんだ!」おぉーっ!という歓声。そう、絶妙なタイミングでメンバーがスタンバイし、ザ・チャレンジの「会いたい会いたいちょー会いたい」へと突入した。「恋のサービス残業」、「恋をしようよ」と曲は続くが、関係のないMCは一切なし。あくまでも、このドラマのストーリーを繋いで盛り上げていくような演奏だ。次のセクションでも、ゴンチといつか、それにドラミ(ドラゴンチャレンジ)の上司であるタラコ部長(タラコチャレンジ)の「働きなさい。君たちの代わりなんて星の数ほどいるんだよ!」という嫌味を受け、いつかが「なんもしない 突っ立って見てるだけ 威張るマジでクズ!威張るマジでクーズ!」と噛み付き「イイナヅケブルー」へ。まるでいつかの怒りに火が着いて、この曲が生まれた瞬間に立ち会っているかのような錯覚に陥る。「GEORGE」もきっと、いつもよりリアルに響いた人が多かったはず。フロアからステージに向けられる熱気も、本気で鬱憤を晴らしているような気迫に満ちていた。

 次の寸劇セクションは、いつかと沢田が出会った2年前のクリスマスイブ。いつかとドラミ、沢田とオノマックという、恋人のいない男女によるクリスマス合コンだ。いつかのことをもっと知りたいという沢田のセリフ「ありのままのいつかちゃんをもっと知りたいっていうか、全てを脱ぎ捨てたいつかちゃんが見たいっていうか、いつかちゃんを丸裸にしたいっていうか、いつかちゃんをすっぽんぽんにしたいんだ!」いつか「変態!」からの「すっぽんぽん」(笑)。ここからは沢田チャレンジの人間ミラーボールも登場した「大きなミラーボールの下で」、コール&レスポンスもばっちりきまった「マイガール」、オーディエンスを巻き込んでの盛り上がりとなった「オレオマエフェスティバル」、そして「花金ダンス」と続き、「ザ・チャレンジと言えば!」な選曲とパフォーマンスで圧倒した。

 物語はいよいよ後半戦。その後付き合うようになった沢田といつかだが、1年半余りで沢田はいつかにフラれてしまう。自分のどこが悪かったのか、何がいけなかったのか、フラれた理由を確かめるために沢田はいつかを海に呼び出した。冬の海という設定なのに、汗だくの沢田(笑)。いつかが「大きな夢を追うことはいいことだと思うよ。夢を語ってる時のサワ君は単純にカッコよかった。だけど、語るだけで何もしないサワ君がイヤだったの!」と言い放ち、攻めるいつかとすがる沢田のラップバトルへと突入。「チャレンジさせてくれはしないか!」「そうはいかない金髪豚野郎!」などなど、痛快なフレーズの連打から曲はCharisma.comの「豚」へ。いつかとゴンチのダンスも見どころの新曲だ。「お局ロック」ではCharisma.comのライブで欠かせない真っ赤な脚立も登場。「メンヘラブス」、「とんがりヤング」、「アラサードリーミン」とオーディエンスも全員参加型のアツいナンバーが続き、1年間のストレスを全て発散させてくれるようなステージを繰り広げた。

 最後のセクションは、物語のクライマックスとなるクリスマスイブ。あれだけ罵り合ったのに(笑)、クリスマスの魔法にかかったいつかと沢田がキス!ドラミとオノマックもキス!それを見ていたゴンチも腹いせに通りすがりのヤンキーチャレンジとキス!予想外の展開に興奮冷めやらぬ歓声の中、若干寂しげなタラコ部長の「メリークリスマース!」で一件落着となった(笑)。

「どうせツーマンやるんだったら、普通じゃ面白くない」ということで、Charisma.comから沢田チャレンジに企画を考えてと頼んだことが発端だというが、そこでミュージカルを出す方も選ぶ方もさすがのひと言。聞けば練習は3日間、それなのに2時間半まったく飽きさせない役者っぷりと、寸劇から演奏へとなだれ込むスリリングな見せ方など、本当に奇跡のようなツーマンミュージカルに仕上がっていた。前日が誕生日だったいつかへのサプライズなどを経て、ラストはそれぞれの持ち曲を2組のコラボで。Charisma.comが参加したザ・チャレンジの「お願いミュージック」は以前ライブで共演した時にも披露されていたが、ザ・チャレンジを迎えたバンドバージョンでの「HATE」がとにかく圧巻!ショットガンからバズーカへと変貌を遂げたようなCharisma.comの威力を感じる、最高のコラボレーションが実現していた。

「笑わせる」のではなく、ちゃんと「魅(見)せる」ことで笑いも取り、それぞれの楽曲の世界観にどっぷりと浸らせてくれた今回の試み。フロアからは「またやってー!」の声もたくさん聞こえていたが、この日の手応えはきっとまた両者の新しいチャレンジへと繋がっていくはずだ。

【取材・文:山田邦子】
【撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル Charisma.com

リリース情報

愛泥C

愛泥C

2016年03月02日

ワーナーミュージック・ジャパン

1. サプリミナル・ダイエット
2. 骨抜きに恋して
3. 腰掛けラップ
4. PH4
5. GODcustomer
6. 等身大グレー
7. ベルサッサ
8. 自撮-る

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

Christmas Kiss 2015
2015.12.25@渋谷WWW


-寸劇-
  1. 会いたい会いたいちょー会いたい
  2. 恋のサービス残業
  3. 恋をしようよ
  4. -寸劇-
  5. イイナヅケブルー
  6. GEORGE
  7. こんがらガール
  8. -寸劇-
  9. すっぽんぽん
  10. 大きなミラーボールの下で
  11. マイガール
  12. オレオマエフェスティバル(新曲)
  13. 花金ダンス
  14. -寸劇-
  15. お局ロック
  16. メンヘラブス
  17. とんがりヤング
  18. アラサードリーミン
-寸劇-

Encore.
  1. お願いミュージック
  2. HATE

お知らせ

■ライブ情報

Charisma.com × LILI LIMIT presents .communication
2016/01/24(日)福岡DRUM SON

BAYCAMP 201602
2016/02/06(土)川崎CLUB CITTA’+A’TTIC

Coming next 2016
2016/02/11(木)東京都 NHKホール

KOBE太陽と虎 presents 新春2マンウィーク2016 ~番外編 FINAL~
2016/02/28(日)music zoo KOBE太陽と虎

HAPPY JACK2016
2016/03/19(土) 、20(日)熊本B.9 V1、V2、V3、Django、ぺいあのPLUS’

MUSIC CUBE 16
2016/03/19(土)広島・アリスガーデン/広島クラブクアトロ/セカンドクラッチ/Cave-Be/Hiroshima Back Beat

J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 FESTIVAL
2016/03/22(火)新木場Studio Coast

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る