前へ

次へ

オーラル、フレデリック、テレン、パノパナが集結!3回目の開催となる「MASHROOM 2017」を完全レポート!

MASH A&R | 2017.02.03

 独自のスタイルを貫いて、音楽シーンに一石を投じるような豊かな才能が集結した新進プロダクションMASH A&Rによる3回目となるイベント「MASHROOM 2017」が恵比寿LIQUIDROOMで行なわれた。MASH A&Rは音楽雑誌「MUSICA」、ONE OK ROCKらが所属するレーベルA-Sketch、音楽チャンネルSPACE SHOWER TV、サカナクションらが所属するHIP LAND MUSICという4社合同のプロジェクト。2012年の発足から5年を数えた今年は、その第1回目のグランプリだったTHE ORAL CIGARETTESが初の日本武道館での単独ライブも決定したという素晴らしい実績も加わり、記念すべき一夜になった。

 まず口火を切ったのは、昨年12月に行なわれた主催オーディション「MASH FIGHT!vol.5」でグランプリを獲得したYAJICO GIRLとSaucy Dog。これぞという才能がいなければ、該当者なしもあり得る厳しいオーディションにあって、今年は異例の2組選出という豊作の年だった。どちらも関西出身。海外インディーロックからの影響を感じる5人組YAJICO GIRLはボーカル四方(Vo)の存在感に華があり、様々な個性を持つMASH A&Rのなかでも新しいカラーを持つバンドとして大きな可能性を持っている。女性ドラマーのコーラスも瑞々しい3人組ギターロックバンドSaucy Dogは、たとえライブで初めて聴いた曲でも歌詞をしっかり聴き取れる石原慎也(Vo&Gt)の歌が良かった。「弱かった自分にさよならを告げるために作った曲です」と紹介した「Wake」など、等身大で飾り気のないMCも含めて、わずか4曲のステージで聴き手の心に深入りできるパワーが大きな魅力になるだろう。

 新たにMASH A&Rに仲間入りしたフレッシュな面々に続けて、本編のトップバッターとして登場したのはパノラマパナマタウン。「ヒップホップのライブっていうのはこんなふうに拍をとることが多いんです」と、岩渕想太(Vo&Gt)が言うと、1曲目の「世界最後になる歌は」では、フロアのお客さんは大きく前後に腕を振るヒップホップのマナーで盛り上がる。浪越康平(Gt)のギター、田野明彦(B)のベース、田村夢希(Dr)のドラムという、あくまでロックの最小編成で繰り出す泥臭いグルーヴにのせた攻撃的なフロウ。少しずつフロアを温めながら、「もっと自由に楽しむぞー!」と、岩渕が叫んだ。素晴しかったのは躍動感のあるビートで踊らせた新曲「リバティーリバティー」。この曲こそシーンの異端児として登場したパノパナが、いよいよ逆襲に打って出るために強力なアンセムになり得る曲になるんじゃないか。そんな予感を抱かずにはいられないナンバーだった。

 個性豊かなMASH A&Rのメンツのなかで、メロディの訴求力とシンプルな歌の力でいかに想いを伝えるかというところに最も向き合っているバンドが、次に登場したLAMP IN TERRENだ。1曲目「innocence」から激しく光る照明を浴びてライブはスタート。彼らの紡ぐメロディは本来とても優しい色合いを感じさせるが、ボーカルの松本大(Vo&Gt)が歌うとき、そのメロディは渇きを満たす何かを求めるようなヒリヒリとした焦燥感を帯びていく。演奏中はボーカルだけでなく、メンバー全員が全力で歌う姿も良い。新曲として披露された「涙星群の夜」は、松本が「流れ星よりも、人が願いを叶えたいと思って流す涙のほうが、願いを叶える力になるんじゃないか」という想いで書いたのだという。この先、この曲で大きなシンガロングが巻き起こる景色が見てみたい、そんな曲だ。ラストは「キャラバン」。音楽という魔法に夢を託すテレンは、いつもメンバー全員が同じ方角を向いている。

 長丁場のイベントだが、転換中のBGMでは出演バンドの楽曲が次々と流れていて、たとえばフレデリックの「オドループ」が流れたら、自然にハンドクラップが湧くという、とても良い雰囲気が会場に出来上がっていた。そんな大きな期待感のなかで登場したフレデリック。「オワラセナイト」から「KITAKU BEATS」へと、いきなりノンストップのダンスナンバーで会場を根こそぎ踊らせていく。三原兄弟がスイッチしながら紡ぐ独特のメロディラインと中毒性のあるフレーズ。特に「リリリピート」「オドループ」という畳みかけから突入したクライマックスは圧巻だった。「そんなんで良いんですか?最後に登場するのは“大魔王”ですよ!」と、オーラルのキラーチューン「大魔王参上」を引き合いに出して、三原健司(Vo&Gt)が煽ると、「あなたたちのオンリーワンを全部かっさらいます!」宣言からの「オンリーワンダー」。これが絶頂だと思っていたポイントを、曲を重ねていくごとに軽々と更新して高みへと導いていく、いまのフレデリックの勢いは恐ろしいほどだ。

 THE ORAL CIGARETTESは恒例の「一本打って!」の前口上で、この日のステージを「MASH5周年を祝う会」と題して幕を開けた。山中拓也(Vo&Gt)が静かに「感謝の歌を……」と伝えると、1曲目はバラードナンバー「Everything」。2017年のライブ初めをリスナーへの感謝を込めたこの曲からスタートすると、「STARGET」や「カンタンナコト」など暴力的なまでの狂騒がフロアを埋め尽くしていく。MASH A&Rオーディションの初代グランプリであるオーラルは、そのキャリアをプロダクションと共に成長させてきたバンドだ。MCでは「オーラルはMASH A&Rだから売れたと言われるけど、違う。死ぬほど苦しんで進んできた。そうやって悩みながら進むバンドが集まってるから、MASH A&Rはかっこいいんだと思う」と語る山中の姿も印象的だった。そしてラストの「狂乱 Hey Kids!!」では、中西雅哉(Dr)が繰り出すパワフルなビートにのせて、鈴木重伸(Gt)とあきらかにあきら(B)が鮮やかなダブルタッピングで魅せると、山中は上着をはだけさせて最前列の柵に身を乗り出す。4人が全力でお客さんとぶつかり合う圧倒的なライブだった。

 本編を終えただけで大きな満足感に満たされたイベントだったが、アンコールに想像を越えるサプライズが用意されていた。それぞれのバンドがお互いの曲をカバーするという。まずはオーラルの「狂乱 Hey Kids!!」をカバーしたフレデリック。三原康司(B)と赤頭隆児(Gt)の立ち位置も逆にして、最後は「よくできました!」で締めくくる完コピぶりが最高だった。テレンはフレデリックの「オドル―プ」。健司が軽やかにスタッカートするメロディも、松本が歌うとメロディアスになるのが面白い。そう言えば、テレンは転換中にフレデリックのギターリフを弾いてて、「あれ?」と思ったのだけど、ここで納得。パノパナはテレンの「キャラバン」をカバー。岩渕は「めっちゃ緊張する!」と言いながら、途中にラップを挟む。爽やかなパノパナを聴けるというのは新鮮な体験だった。ちなみにドラムセットはオーラルのまま使用してるので、それぞれのドラマーが中西仕様の高いシンバルを叩くというレアなプレイもちょっとした見どころ。ラストのオーラルはパノパマの「シェルター」を歌詞を大胆に変えたアレンジで披露。まだパノパナが作れていない壮大な景色をパノパナの曲で作り上げる。プロダクションの長男坊として、後輩バンドへのリスペクトを込めながら、その曲が持つ秘めた可能性を引き出す、さすがの演奏だった。

 他のバンドの楽曲をカバーすることで、各バンドの個性がいっそう浮き彫りになるという好企画を締め括ったのは、出演者全員がステージに登場して繰り広げた「大魔王参上」。新メンバーも加わり、総勢23名が並ぶステージを見ながら、わずか5年でMASH A&Rは本当に良いプロダクションになったと思った。それぞれが強い意志と決意を持って、刺激し合いながら切磋琢磨していく、そんなバンドとプロダクションの今後がますます楽しみだ。

【取材・文:秦 理絵】
【Viola Kam (V’z Twinkle Photography)】

tag一覧 ライブ THE ORAL CIGARETTES フレデリック LAMP IN TERREN パノラマパナマタウン Saucy Dog YAJICO GIRL

リリース情報

THE ORAL CIGARETTES『UNOFFICIAL』

THE ORAL CIGARETTES『UNOFFICIAL』

2017年02月01日

A-Sketch

1.リコリス
2.CATCH ME
3.悪戯ショータイム
4.5150
5.WARWARWAR
6.エンドロール
7.DIP-BAP
8.Shala La
9.不透明な雪化粧
10.LOVE

リリース情報

フレデリック「フレデリズム(初回限定盤)」

フレデリック「フレデリズム(初回限定盤)」

2016年10月19日

A-Sketch

M1. オンリーワンダー
M2. リリリピート
M3. レプリカパプリカ
M4. KITAKU BEATS
M5. サービスナーバス
M6. スピカの住み処
M7. バジルの宴
M8. ナイトステップ
M9. POOLSIDE DOG
M10. オドループ
M11. CYNICALTURE
M12. ふしだらフラミンゴ
M13. 音楽という名前の服
M14. オワラセナイト
M15. ハローグッバイ

■初回限定盤DVD収録曲
1. DNAです
2. ひっくりかえす
3. FUTURE ICE CREAM
4. トライアングルサマー
5. WARP
6. FOR YOU UFO
7. ディスコプール
8. オドループ
9. オンリーワンダー

リリース情報

LAMP IN TERREN「fantasia」

LAMP IN TERREN「fantasia」

2017年01月25日

A-Sketch

劇場第2部「亜人-衝突-」主題歌「innocence」、映画「何者」劇中歌「pellucid」、新曲「涙星群の夜」を含む全10曲予定

リリース情報

パノラマパナマタウン「PROPOSE」

パノラマパナマタウン「PROPOSE」

2016年09月21日

MASH A&R

01 Gaffe
02 シェルター
03 Elephant(in the room)
04 ホワイトアウト
05 MOMO

トップに戻る