前へ

次へ

TOC、ソロツアー“過呼吸~アンコール~”ファイナルをレポート

TOC | 2017.03.10

 昨年8月に「過呼吸」でソロメジャーデビューを果たしたTOCのツアー“TOC LIVE TOUR 2017 過呼吸~アンコール~”のファイナルが、3月3日、東京・恵比寿LIQUIDROOMで行なわれた。
 オープニングアクトとして登場したのは、TOCのインディーズアルバム『IN PHASE』にも参加していた“DRESS RECORDS第2の男”こと、弘Jr.。彼はソロで4曲を披露したが、Hilcrhymeにも通じるような、ポップなメロディを持った楽曲を、エネルギッシュなボーカルとパフォーマンスで聴かせてくれた。まさに、“HIP HOPにDressを着せ大衆に届ける”というDRESS RECORDSのコンセプトにぴったりのアーティストだ。この日、5月31日にDRESS RECORDS第2弾アーティストとしてメジャーデビューすることが発表されたが、彼のこれからの活動にも期待したい。

 そして、誰もが待ち望んだTOCが真っ赤なバラの花束を持って登場し、「過呼吸」からパワフルなライブがスタート。“余分なものは一切なし。TOCの宴にようこそ”という言葉どおり、DJ AGETETSUをバックに、TOCがひとりで、いつもどおりパワフルだがポップなラップを聴かせていく。「Bird」「JIMOTO」「BirthDay」と、『IN PHASE』と『SAFARI PARK』というこれまでの2枚のアルバムからのナンバーが歌われていったが、そのラップの切れ味はさすがだ。「BirthDay」では、ラップにオートチューンをかけるなど、サウンド面でも彼ならではのアプローチを聴かせている。そして“毎回ライブでやってて、これからも生涯通してやっていきたい、趣向というか、癖(へき)ですね”と言って、客席から女性ファンをひとりステージに上げて、イスに座って女性と正面に向かい合い、「この曲はあなたのためだけに歌います」とスイートなラブバラード「2 FACE」を歌い出した。途中、その女性を背後から抱きかかえるなど、このサービス精神満点のパフォーマンスも、TOCのライブの楽しさだ。
 DJ 松永(Creepy Nuts)とのコラボ曲「Daydream」に続いて、「ラップっていうのは、こうやるんだよ。日本で最もキャッチーなラッパーだ」と言って、こちらもDJ 松永とのコラボ曲「ミスターキャッチー」が歌われた。速射砲のように次から次へと言葉が溢れ出してくるTOCのラップが圧巻で、彼のラップスキルのすごさを、まざまざと感じさせてくれるパフォーマンスだ。「知らない曲でも、盛り上がれる?」という言葉に続いて登場したのは、偉大な女性R&Bシンガー、ダイアナ・ロスの1980年の大ヒット曲「I’m Coming Out」をベースに、TOCがラップを聴かせるという、ちょっと変わったアプローチ。これはTOCにとっても、新しいチャレンジだろう。だが彼の個性もしっかりと発揮されており、とても面白い方向性だと思うし、こういったTOCのパフォーマンスを通じて、若いファンの人たちが、ダイアナ・ロスや、この曲のプロデューサーだったナイル・ロジャースのことも知ってくれるようになったらうれしいな、とも思う。さらに『SAFARI PARK』からの「X9X」に続いて、DJ AGETETSUとの掛け合い曲「CUT’S IN THE KITCHEN」、下拓とのコラボ曲「DISOBEY」と、TOCのもうひとつの横顔を見せてくれているような楽曲が続き、彼の音楽性の幅広さがうまく表現されているようなパートになっていた。

 ミディアムテンポで情感豊かに、そして感動的に歌い上げる「Ray」に続いて、「ソロ活動を初めてこの3年半、いろいろなことがありました。でも、この3年半のことは忘れたくない」と語り、原点をもう一度見つめ直すかのように、インディーズデビューシングル「Atonement」を座ってじっくりと歌い上げ、続いてジャジーな「TSUMETAI-NICHIYOBI」、さらに「PEEKABOO」「JENGA」と、スロー~ミディアムテンポのナンバーを聴かせた。ライブの後半で、こういったゆったりとしたナンバーを続けるというのも、ちょっと面白い構成だし、TOCのチャレンジ精神のようなものも伝わってくる。

 本編ラストは『SAFARI PARK』収録、TOCの強烈なメッセージが込められた「HATE」。その歌声からは、TOCはライブの最初から最後まで攻めまくっているし、自分を応援してくれるファンの人たちをとても大切にしているな、ということが伝わってくる。この日がツアーファイナルということもあり、TOC自身がスマホでファンたちの動画を撮ったりと、会場も大きな盛り上がりを見せて、ライブは一旦終了。

 アンコールでは、再び弘Jr.が登場し、『IN PHASE』に収録されていたTOCとのコラボ曲「SIZE」を披露し、「毒を吐かせてくれ」と言い「Shepherd」をパワフルに歌唱。再び「過呼吸」を披露し終了した。

 この日のライブで感じたのは、TOCのラッパーとしての“ドラマ”の作り方のうまさだ。ラップというのは、どうしても一本調子になりやすく、歌以上に感情表現や情景描写が難しいのだが、TOCはラップでも、抑揚やメリハリをしっかりと付け、またラップのスピードなどもコントロールして、1曲の中でちゃんとドラマを表現している。聴き手に“映像”を見せてくれるラップなのだ。これはとても難しいことだと思うし、それをここまで見事に表現できるTOCは、素晴らしいと思う。さらに、鮮やかな映像やハデなセットもなく、TOCの歌とDJ AGETETSUだけのステージで、でもここまで観客を引き込み、そしてバラエティ豊かに聴かせるTOCのライブパフォーマーとしての力量の高さ、アーティストとしての音楽性の豊さも感じさせるステージだった。
 また、全体を通じて、TOCのソロアーティストとしての立ち位置というか、ひとりのアーティストとしてのTOCの方向性が見えてきたのかな、と感じさせるライブだったと思う。「メジャー進出、レーベルの設立、事務所の移籍など、新しい体制で作り出したこのツアーは、自分にとってもとても大事なツアーになりました。だから、今日が“始まりの日”として見てほしい」と最後にTOCが語っていたが、まさにTOCにとって、そしてDRESS RECORDSにとって、新しい歩みのスタートを告げる、とても意味深く、そしてチャレンジ精神に溢れたツアーだったといえるだろう。

【取材・文:熊谷美広】

tag一覧 J-POP ライブ TOC

リリース情報

過呼吸[初回盤SG+DVD]

過呼吸[初回盤SG+DVD]

2016年08月31日

ユニバーサル ミュージック

01.「過呼吸」  
02.「Shepherd」

セットリスト

TOC LIVE TOUR 2017
過呼吸~アンコール~
2017.3.3@恵比寿LIQUIDROOM

  1. 1.過呼吸
  2. 2.Bird
  3. 3.JIMOTO
  4. 4.BirthDay
  5. 5.2FACE
  6. 6.Daydream
  7. 7.ミスターキャッチー
  8. 8.I’m coming out
  9. 9.X9X
  10. 10.CUT’S IN THE KITCHEN
  11. 11.DISOBEY
  12. 12.Ray
  13. 13.Atonement
  14. 14.TSUMETAI-NICHIYOBI
  15. 15.PEEKABOO
  16. 16.JENGA
  17. 17.HATE
ENCORE
  1. SIZE feat. 弘Jr.
  2. Shepherd
  3. 過呼吸

トップに戻る