前へ

次へ

競うようにシーンの頂点を目指す“ネクスト”な8組が集った「JAPAN’S NEXT TURBO 2017」を完全レポート!

JAPAN’S NEXT TURBO | 2017.03.31

「もう一生集まらないと思うぐらい強力なメンツですよ!」。トリを飾ったKEYTALKの小野武正(Gt・MC・Cho) の発言も大袈裟ではないと思うぐらい、いまのロックシーンの最前線を走るバンドが集結したライブだった。ロッキング・オン・ジャパンが主催する新世代応援プロジェクト「JAPAN’S NEXT」の拡大版として、過去最強の8組を豊洲PITに迎えて開催された「JAPAN’S NEXT TURBO 2017」。特にイベントの終盤には、ここ数年で“初武道館”を成功させた(または、初武道館を控える)バンドが名を連ね、それぞれの闘い方で、さらに高みを目指そうとするバンドの貪欲な向上心に何度も胸を打たれる1日でもあった。

 昨年、オープニングアクトで出演しため組は、今年は正式アクトとして参戦。バンド結成したての1年前から、大きく成長を遂げて帰ってきた彼らは、早速「マイ・パルプフィクション」から、キラキラとしたポップナンバーで豊洲PITをゆるゆると踊らせていく。不思議な機械のような声色が会場に響き渡り、ステージを妖しげな色に染めた「独りな武士」では、ハッピーなだけではないバンドのダークな一面も。かと思えば、「放課後色」では“体育館”や“音楽室”といったワードでがむしゃらだったあの頃を思い起こさせる、ノスタルジーな楽曲にもぐっとくる。最後のMCでは「“昼の本気ダンス”しようぜ!」と、菅原達也(Vo・Gt)。“ちゅるりらら”の大合唱を起こした「悪魔の証明」で会場を一体にしたあと、ラストの「500マイルメートル」で、菅原が右腕をめいっぱい突き上げた“バイバイ!”には、“また会おう”と、再会を約束する意味もしっかりと込められていた。

 転換中のリハから会場を沸かせたヤバイTシャツ屋さんは、高速ツービートが炸裂する「Tank-top of the world」から、男女ツインボーカルを目まぐるしく入れ替えて、お客さんを翻弄していった。ノリ重視の人を食ったような歌詞は天然なのか?戦略家なのか? 考えるヒマすら与えずに、「メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されている感じの曲」に突入すると、「全員しゃがめ!」と、こやまたくや(Gt ・Vo)。ギューギューの最前ブロックはかなり厳しかったが、それでも無理くり盛り上げていくフロアを見れば、なぜヤバTがライブハウスで支持されるのかがよくわかる。この底抜けな面白さで楽しめないロックファンがいたら、ウソだ。「ヨタヨタするな」「もう限界!」「ライブ中に限界とか言うな(笑)」という、こやま&しばたありぼぼ(Ba・Vo)のコントみたいなやりとりでも笑いを誘うと、ラストの「あつまれ!パーティーピーポー」まで、嵐のようなライブだった。

 「ここからは俺たちとロックンロールパーティーだ!」。牧達弥(Vo・Gt)の第一声から幕を開けたgo!go!vanillas。ジェットセイヤ(Dr)が繰り出す軽やかなビートに、柳沢進太郎(Gt)の歌うようなギターを乗せた「ヒンキーディンキーパーティークルー」へと、バニラズはステージではメンバー全員が主役となってお客さんを巻き込んでいく。古きロックンロールに敬意を込めたバニラズの曲の良さはインディーズ時代から群を抜いていたが、Zepp級の会場を埋めるバンドへと成長したいま、そこに強靭さ、タフさも兼ね備えて、ますますスケールアップしていた。「今日は強いバンドがめちゃくちゃ出てるけど、負けられない。どのバンドよりもハッピーにするから!」という負けず嫌いな牧らしいMCのあと、長谷川プリティ敬祐(Ba)を中心にメンバー全員がボーカルをとった「デッドマンズチェイス」は圧巻。“4人揃ってバニラズ”というバンドの美学が詰まったステージだった。

「バンド結成12年、30歳という年齢が見えてきて、それでも“ネクスト”と名のつくイベントに出られることを嬉しく思います」。そんな渋谷龍太(Vo)の真摯なMCが印象的だったSUPER BEAVER。1曲目の「うるさい」から、重厚なバンドサウンドに乗せて、まるで集まったお客さんと1対1で向き合うような渋谷の泥臭い言葉が、聴き手の心を揺さぶっていった。“自分自身のこと 誤魔化しちゃいけない”と諭す「秘密」、“僕は人と生きる”と気づく「美しい日」。幸せとは何か? 自分らしさとは何か?を、ひたすら問いかけるビーバーの切実なメッセージを、ステージ上で言葉として発するのは渋谷ひとりだが、それがメンバー全員の意志であることは、4人が一丸となって奏でるその音を聴けばよくわかる。最後に、完全な静寂に包まれて歌い出した「人として」。誰にも恥じない“かっこいい生き方をしたいじゃないか”と、真っ直ぐに訴えかける信念の歌はあまりにも美しかった。

 メンバーがステージに現れた瞬間ビリビリと空気を震わすような歓声に包まれたTHE ORAL CIGARETTES。「お前らの力を見せてみろー!」と叫ぶ、山中拓也(Vo・Gt)の容赦ない煽りから、「狂乱 Hey Kids!!」が投下され、フロアのお客さんがまるでひとつの大きな塊のように波打った。複雑に絡み合う疾走感のあるサウンド。「カンタンナコト」では、山中は狂気を孕んだ高笑いをあげながら、“自分の目で大切なものを選びとれ”と、熱いメッセージを伝える。山中がそうやってステージの上でお客さんと全力でぶつかることができるのは、何よりも楽器隊への大きな信頼があるからだと思う。ここ最近は、タイ、シンガポールでの海外公演を終えてきたばかりとあって、MCでは「トーキョー!」と、珍しくあきらかにあきら(Ba・Cho)が声をあげる場面も。さらに珍しかったのは、“助走”もなしに突入した「5150」。いつも以上に荒々しく会場を熱狂させたオーラルは、いよいよ約2ヵ月後、初めて武道館に立つ。

 オーラルと同じく、アジアツアー返りの04 Limited Sazabysは、今年2月に初の日本武道館を終えて、名古屋代表から“日本代表”へと、気持ちも新たにステージに現れた。サウンドチェックでは、Le Coupleの「ひだまりの詩」を歌い、それがGEN(Ba・Vo)の声にも合っていて盛り上がったが、やはり本領発揮となったのは本編。イントロなしに突入したスケール感溢れる「Horizon」を皮切りに、間髪入れずに「monolith」から「fiction」へと畳みかける。曲は激しいが、メロディはポップ。ロックバンドなのに“ピッチ ピッチ チャップ チャップ”(「drops」)なんて可愛いフレーズが似合うのも、それをかっこよく鳴らせるのもフォーリミだけだ。武道館を経て、唯一無二のバンドのアイデンティティにさらなる自信を滲ませたステージは、「また一緒に現場で会えますように」と願い込めた「Terminal」でフィニッシュ。どんなに大きなバンドになっても、あくまで“現場主義”が彼らの誇りだ。

 過去にけじめをつけた武道館から次のステージへ。新たな物語を刻み始めたMY FIRST STORYは、まずKid’z(Dr)が繰り出したパワフルなドラムソロを軸に、Nob(Ba)とTeru(Gt)が作り上げた不穏でへヴィなインスト曲でスタートした。そこに「ALONE」で勢いよく駆け込んできたHiro(Vo)は、かつてのトレードマークだった金髪から銀髪へ、見た目もフレッシュにステージに現れた。「Smash Out!!」では身体を前に乗り出して歌えば、「"BOOM"」ではシャウトしながら頭を激しく振り、「虚言NEUROSE」では、静と動を行き来しながら美しく歌い上げる。まるで、その場を支配するようなHiroのボーカリストとしての存在感は、この日も圧倒的だったが、苦しみのなかで感情を絞り出すようなこれまでとは違い、「一緒に楽しんでくれたら嬉しいです!」と、清々しく口にするムードが良かった。より純粋に音楽を鳴らす歓びに立ち返ったマイファスの進化はここからが本番だ。

 すでに開演から8時間にわたり(!)、とんでもない熱量のまま走り続けたイベントのトリを飾ったのはKEYTALKだった。金髪から黒髪になった八木優樹(Dr・Cho)に、「サポートの方ですか?」と、武正がイジって笑いをとったサウンドチェックから、まずは準備運動とばかりに「HELLO WONDERLAND」で、ひと盛り上がり。さらに本編では、いきなり最大のダンスチューン「MONSTER DANCE」を投下して、問答無用でフロアはもみくちゃにした。キャッチーな歌メロとテクニカルなプレイという、ロックバンドの“かっこいい”を全部持ってるKEYTALK。だが、彼らが何よりスゴいのは、その演奏もソングライティングの鋭さも、いまなお加速度的に進化し続けていることだ。バンドの新境地となるハッピーなダンスロック「Love me」から、ラストを飾った直球のエールソング「Oh!En!Ka!」まで、最新モードがバンドの一番かっこいい瞬間であることを証明するステージは、競うようにシーンの頂点を目指す“ネクスト”が集うイベントのトリに相応しかった。

 さらに、アンコールに応えたKEYTALKが「トラベリング」を披露して、9時間におよぶライブを締め括った「JAPAN’S NEXT TURBO 2017」。出演バンドのなかには、間もなく“ネクスト”と呼ばれる時代に終わりを告げるバンドも出てくると思う。それでも、彼らはこの先も“ネクストな場所”を目指して走り続けるのだろう。バンドにとって進化しないことは退化と同じであり、いつまでも進化をやめないバンドだけが、かっこいい。  

【取材・文:秦 理絵】

tag一覧 J-POP ライブ

リリース情報

め組「恵」

め組「恵」

2016年07月07日

Ren’dez-vous Records

1.500マイルメートル
2.マイ・パルプフィクション
3.悪魔の証明
4.ホワイトタイガー
5.ジュゴンの背中に乗って
6.2人のキャッシュカード
7.余所見
8.独りな武士
9.キキ
10.脳内コンクール
11.Self Liner Notes DS
12.HEARTFUL

リリース情報

ヤバイTシャツ屋さん「どうぶつえんツアー」

ヤバイTシャツ屋さん「どうぶつえんツアー」

2017年04月05日

ユニバーサルシグマ

1.ヤバみ
2.寝んでもいける
3.肩 have a good day
4.ヤバみ(岡崎体育 remix)

リリース情報

go!go!vanillas「おはようカルチャー」

go!go!vanillas「おはようカルチャー」

2017年01月18日

ビクターエンタテインメント

01.おはようカルチャー
02.12:25
03.あの素晴しい愛をもう一度

このアルバムを購入

リリース情報

SUPER BEAVER「美しい日 / 全部」

SUPER BEAVER「美しい日 / 全部」

2017年01月25日

[NOiD] / murffin discs

01.美しい日
02.全部
03.27(LIVE ver.)

リリース情報

THE ORAL CIGARETTES『UNOFFICIAL』

THE ORAL CIGARETTES『UNOFFICIAL』

2017年02月01日

A-Sketch

1.リコリス
2.CATCH ME
3.悪戯ショータイム
4.5150
5.WARWARWAR
6.エンドロール
7.DIP-BAP
8.Shala La
9.不透明な雪化粧
10.LOVE

リリース情報

04 Limited Sazabys『eureka[初回盤(CD+DVD)』

04 Limited Sazabys『eureka[初回盤(CD+DVD)』

2016年09月14日

日本コロムビア

01.Horizon
02.Feel
03.drops
04.Warp
05.paradise
06.climb
07.Night on
08.mahoroba
09.discord
10.Telepathy
11.Letter
12.eureka
[初回盤DVD収録内容]
・AIM tour 2016 final @TOYOSU PIT
・AIM tour Diary
・NEWS 04
・AIMツアー 慰安旅行?

リリース情報

MY FIRST STORY『ANTITHESE』

MY FIRST STORY『ANTITHESE』

2016年06月29日

INTACT RECORDS

1. Weapons
2. Nothing In The Story
3. ALONE
4. 悪戯フィクション
5. One Light
6. Smash Out!!
7. "BOOM"
8. Last Call
9. 君の唄
10.Missing You
11.The Puzzle
12.Tomorrowland
13.Home
14.不可逆リプレイス

リリース情報

KEYTALK『PARADISE(初回限定盤A:CD+DVD)』

KEYTALK『PARADISE(初回限定盤A:CD+DVD)』

2017年03月15日

ビクターエンタテインメント

01. Summer Venus
02. ASTRO
03. ダウンロードディスコ
04. MATSURI BAYASHI
05. パラサイト
06. HELLO WONDERLAND
07. 秘密
08. 森羅万象
09. HOROBIRO
10. Love me
11. STAY
12. Combat Song
13. boys & girls
14. story
15. ミルクティーは恋の味
16. スターリングスター
17. Oh!En!Ka!

初回限定盤A付属Live DVD:「KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生~『先生!義勝君の給食費がありません!』~ 2016.7.14 at STUDIO COAST」(57分収録)
・二ヶ月連続シングルをリリースして開催された「KEYTALKワンマンツアー3年K組お祭り先生~『先生!義勝君の給食費がありません!』」より、7月14日の新木場STUDIO COASTでのライブ映像を収録。

セットリスト

JAPAN’S NEXT TURBO 2017
2017.3.19@豊洲PIT

め組
  1. 01.マイ・パルプフィクション
  2. 02.ジュゴンの背中に乗って
  3. 03.余所見
  4. 04.独りな武士
  5. 05.放課後色
  6. 06.悪魔の証明
  7. 07.500マイルメートル

ヤバイTシャツ屋さん
  1. 01.Tank-top of the world
  2. 02.無線LANばり便利
  3. 03.メロコアバンドのアルバムの3曲目ぐらいによく収録されてる感じの曲
  4. 04.ヤバみ
  5. 05.ウェイウェイ大学生
  6. 06.スプラッピ スプラッパ
  7. 07.喜志駅周辺なんもない
  8. 08.ネコ飼いたい
  9. 09.あつまれ!パーティーピーポー

go!go!vanillas
  1. 01.マジック
  2. 02.ヒンキーディンキーパーティークルー
  3. 03.スーパーワーカー
  4. 04.エマ
  5. 05.デッドマンズチェイス
  6. 06.カウンターアクション
  7. 07.おはようカルチャー

SUPER BEAVER
  1. 01.うるさい
  2. 02.秘密
  3. 03.美しい日
  4. 04.青い春
  5. 05.人として

THE ORAL CIGARETTES
  1. 01.狂乱 Hey Kids!!
  2. 02.CATCH ME
  3. 03.カンタンナコト
  4. 04.DIP-BAP
  5. 05.Mr.ファントム
  6. 06.リコリス
  7. 07.5150

04 Limited Sazabys
  1. 01.Horizon
  2. 02.monolith
  3. 03.fiction
  4. 04.escape
  5. 05.Warp
  6. 06.drops
  7. 07.Night on
  8. 08.Terminal
  9. 09.swim

MY FIRST STORY
  1. 01.ALONE
  2. 02.Smash Out!!
  3. 03."BOOM"
  4. 04.虚言NEUROSE
  5. 05.モノクロエフェクター
  6. 06.Second Limit
  7. 07.不可逆リプレイス

KEYTALK
  1. 01.MONSTER DANCE
  2. 02.ASTRO
  3. 03.Summer Venus
  4. 04.S.H.S.S.
  5. 05.Love me
  6. 06.MATSURI BAYASHI
  7. 07.Oh!En!Ka!
  8. 08.トラベリング

トップに戻る