前へ

次へ

パスピエ TOUR 2017 ”DANDANANDDNA”ツアーファイナル、NHKホール公演をレポート

パスピエ | 2017.05.19

 開演を告げるSEが流れ、最初に登場したのは大胡田なつき(Vo)。彼女は置かれている台に向かい、何やら作業を始めた。すると、ステージの背景に浮かび上がったカラフルなグラフィック。どうやら大胡田が塗料を使って描いたヴィジュアルが映し出されているらしい。次々姿形を変えるグラフィックの動きに目を奪われていると、成田ハネダ(Key)、三澤勝洸(G)、露崎義邦(B)、やおたくや(Dr)も現れた。そして、やおのドラムを合図に「ヨアケマエ」がスタート。観客の手拍子も加わり、広いNHKホール全体にドラマチックなサウンドが一気に響き渡った。

 大胡田が長いマイクケーブルを波打たせながら動き回り、軽快に歌声を響かせる姿が印象的だった「ギブとテイク」。爆発的に盛り上がる観客を続発させた「とおりゃんせ」。三澤と露崎も前方に飛び出し、ダイナミックに演奏する姿が雄々しかった「永すぎた春」。レーザービームが飛び交い、近未来的な無国籍空間が生まれた「チャイナタウン」……オープニングから強力なナンバーを放ち続けたこの日のパスピエは、並々ならない気合を漲らせていた。「来てくれてありがとうございます。すごいよ。こんないい眺め、なかなかない。私たちの遺伝子を生で感じて、楽しんで帰ってください。私たちも楽しむので」。大胡田のMCの後は、アルバム『&DNA』に収録されている「やまない声」「ああ、無情」「DISTANCE」を連発。洗練されたアレンジで裏打ちしつつ、肉体的なバンドサウンドを高鳴らせるパスピエならではの魅力が目一杯に冴え渡っていた。

 大胡田がスタンドマイクに向き合い、郷愁を誘うメロディを一心に歌い上げた「くだらないことばかり」。雨上がりの空を眺めているかのような爽やかさを感じた「ON THE AIR」。どの曲が始まったのか分かるまで時間が少しかかったくらい新しいアレンジが施されていた「S.S(TOUR 2017 ver.)」は、途中でメンバーたちの動きがピタリと止まる(片腕を上げたまま静止していた成田のシルエットが妙に面白かった)という場面が飛び出し、観客の歓声が絶頂に達したのを合図に再開される……というユニークな要素も盛り込んでいた。

 料理番組のテーマソングにでもなりそうなほのぼととしたテイストが心地よかった「おいしい関係」。イントロが始まるや否や歓声が起こり、明るい一体感を生んでいた「トキノワ」……ステージ上に大道具類は一切なく、演出的なものは背景に流れる映像とライティングのみ。このライブでのパスピエは、演奏と歌で曲の世界を伝えることに集中していた印象がした。MCも殆ど挟むことなく、ひたすら曲を観客に届け続けていたが、「メーデー」を披露した後に久しぶりに迎えた小休止。「どうも今晩は。17ヶ所を回ったツアー。最後にこんなに素敵な舞台。本日ソールドアウトです。16ヶ所はライブハウスで今日はホール。みんなの顔を見ると、場所とか関係ないなと思います」と挨拶をした成田は、感慨深げに客席を見回した。

 メンバーそれぞれの紹介と各人の華麗なプレイを経て突入し、エネルギッシュなサウンドを炸裂させた「マイ・フィクション」。温かい音像を堪能させてくれた「ラストダンス」。成田のピアノソロから始まり、他の楽器パートの合流を経て印象的なイントロが放たれる展開にワクワクさせられた「ハイパーリアリスト」。《♪パパパリラ~》という明るい大合唱が3階席の奥からも降ってきたのが痛快だった「MATATABISTEP」……終盤も切れ味抜群のサウンドが発揮された。そして、「一緒にライブができて幸せでした。また必ずお会いしましょう。ありがとね」と大胡田が言い、本編ラストに披露されたのは「スーパーカー」。ステージ上に白いスモークが漂う中、黒髪を揺らしながら放たれた大胡田の歌声が観客を優しく包みこんでいた。

 熱い歓声に応えて行われたアンコール。まずは、普段あまり喋ることのない三澤、やお、露崎がマイクを手にした。「すごい眺め。素晴らしいですね。上の方まで見えますよ。感無量です」(三澤)。「NHKといえば『おかあさんといっしょ』。おかあさん、ありがとう! 以上です」(やお)。「2人が僕の言いたいこと全部言っちゃった(笑)。ありがとうという言葉で締めくくります」(露崎)。彼らのMCの後に披露された曲は「シネマ」。掲げられた観客の腕が一斉に揺らぐ様が壮観であった。そして、「みんなの顔を見ると、楽しんでくれたなと。音楽やってて良かった、やめられないよなと思いました。またライブをやりたい。たくさん曲を作って、また会いに来るので。今日はどうもありがとう」、大胡田が挨拶をして「最終電車」も演奏すると、メンバーたちはステージを後にした。

 観客が打ち鳴らす激しい手拍子が続き、5人が再登場。やおはタオルを回転させながら「愛してるよ~!」と全力で叫んでいた。「しっとりと終わったはずなのに、まだ盛り上がれそうな感じですか? せっかくだし、やりますか」と成田が言い、「ラスト、全力でいくよー!」と大胡田が観客に呼びかけたのを合図に始まったダブルアンコールの曲は「フィーバー」。会場全体から熱いコールと手拍子が湧き起るエンディングとなった。

 手を振りながらステージから去ったメンバーたち。やおが両腕を広げ、ステージに最後まで残っていたと記憶しているのだが……今になって思えば、パスピエとしてライブをするのが、この時点であと1回のみであることを噛みしめていたのだろう。みなさんも既にご存知の通り、このNHKホール公演の数日後、5月13日の『森、道、市場2017』を以ってやおがバンドを脱退することが発表された。極上のビートを生み出し、ウィットに富んだ言動でもファンに愛されていた彼がいなくなるのは、とても寂しい。しかし、新しい形で音楽人生を歩むこと選んだ彼を心から応援したい。そして、進み続けるパスピエが次に届けてくれる音楽をじっくり待っていようと思う。

【取材・文:田中 大】
【撮影:Yosuke Torii / Miku Nakajima】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル パスピエ

リリース情報

&DNA[初回限定盤]

&DNA[初回限定盤]

2017年01月25日

ワーナーミュージック・ジャパン

disc.1 [CD]
1. 永すぎた春
2. やまない声
3. DISTANCE
4. ハイパーリアリスト
5. ああ、無情
6. メーデー
7. マイ・フィクション
8. スーパーカー
9. 夜の子供
10. おいしい関係
11. ラストダンス
12. ヨアケマエ

disc.2 [DVD] MUSIC CLIPS *初回限定盤のみ
1. 電波ジャック
2. トロイメライ
3. プラスティックガール
4. デモクラシークレット
5. 脳内戦争
6. フィーバー
7. 最終電車 featuring 泉まくら(FragmentのREMIX)
8. S.S
9. とおりゃんせ
10. MATATABISTEP
11. トーキョーシティ・アンダーグラウンド
12. 七色の少年
13. 贅沢ないいわけ (lyric video)
14. トキノワ
15. 裏の裏
16. つくり囃子
17. ヨアケマエ
18. 永すぎた春
19. ハイパーリアリスト
20. メーデー

セットリスト

パスピエ TOUR 2017 "DANDANANDDNA"
2017.5.7@NHKホール

  1. 01.ヨアケマエ
  2. 02.ギブとテイク
  3. 03.とおりゃんせ
  4. 04.永すぎた春
  5. 05.チャイナタウン
  6. 06.やまない声
  7. 07.ああ、無情
  8. 08.DISTANCE
  9. 09.くだらないことばかり
  10. 10.ON THE AIR
  11. 11.S.S(TOUR 2017 ver.)
  12. 12.おいしい関係
  13. 13.トキノワ
  14. 14.メーデー
  15. 15.マイ・フィクション
  16. 16.ラストダンス
  17. 17.ハイパーリアリスト
  18. 18.MATATABISTEP
  19. 19.スーパーカー
 ENCORE
  1. EN 1.シネマ
  2. EN 2.最終電車
  3. EN 3.フィーバー

お知らせ

■ライブ情報

UNISON SQUARE GARDEN
「fun time HOLIDAY 6」

06/01(木) 高松festhalle

POLYSICS
「POLYMPIC 2017」

06/24(土) 仙台CLUB JUNK BOX

Topped!2017
08/26(土) パルコールつま恋リゾート駐車場 特設ステージ

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る