前へ

次へ

OL引退後初となる全国ツアーでCharisma.comが見せた“新しくも本質的な”姿

Charisma.com | 2017.05.19

 昨年11月にOL引退を表明し、代名詞となっていた「現役OLユニット」というコンセプトを取り払ったCharisma.com。アーティストスタンス、サウンド、ビジュアルを刷新したメジャー1stアルバム「not not me」を携えて臨んだツアーファイナルの地は、東京・赤坂BLITZ。満員のファンの前で見せた“新しくも本質的な”Charisma.comの姿をレポートする。

「not not me」は作曲およびサウンドプロデュースに、PABLO a.k.a. WTF!?、KO-ney、チボ・マット、ALI-KICK(Romancrew)、西寺郷太(NONA REEVES)、ハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、小袋成彬率いるTokyo Recordings、社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)、岩渕マサル、荒木真樹彦、蔦谷好位置といった豪華な面々を迎えて、各楽曲で異なるクリエイターとの共作を試みた意欲作。ライブも、これまではいつか(MC)とゴンチ(DJ)の2人のみで行われることが多かったが、今回は最終公演に、スペシャルゲストとしてTEMPURA KIDZとカルメラを招き、ライブは、ブレイクビーツを取り入れたヒップホップチューン「Like it」からスタート。カラフルでサイケデリックな衣装をまとったいつかとゴンチは、ステージ両袖から中央に歩いてくるとすぐさま定位置につき、パフォーマンスを始める。TEMPURA KIDZの5人によるキレキレのダンスにつられてフロアが飛び跳ねる中、いつかは「You Ready!? What’s up Tokyo!!」と口火を切った。「やってきましたツアーファイナル! ゴールデンウィークの最中に。とんだアホどもだ」と、彼女らしい毒舌はOLを辞めても何ら変わらない。

 序盤は、『not not me』収録の新曲たちと「ジェンガジェンガ」「NOW」「スーパーガール」といった往年のエレクトロナンバーを織り交ぜた展開に。メロディアスなダンスチューン「メキメキmore」では「これ、みんなの持ち歌でいいから!」と“yeah yeah yeah yeah more”のシンガロングを煽り、早くも場内に一体感が生まれる。この曲は、理想と違う現実の自分に焦りながらも<譲れない 止まれない>というアラサー女子のリアルな心情が描かれており、いつかは「『東京タラレバ娘』の主題歌になればいいなと思って書いたの。でも全然採用されなくて。だから今日みんなが歌ってくれて報われた!」と曲にまつわる逸話もぶっちゃけた。

 ハーフタイムには恒例のMPCパフォーマンスタイムがありゴンチが活躍。Earth,Wind & Fire「Let’s Groove」からEAST END×YURI「DA.YO.NE」、小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」まで、幅広い名曲をかけながらサンプリングパッドを叩いてオーディエンスを踊らせる。そんなバリエーションの豊かさを自分たちでも体現するように、後半に入ると『not not me』で展開したCharisma.comにとって新鮮なサウンドが実演されていく。

 ハマ・・オカモトによるベース1本という至極シンプルなトラックの「classic glasses」、TEMPURA KIDZ各メンバーのソロダンスを盛り込んだ「ミイラキラー」を経て、いよいよカルメラとの共演パートへ。西寺郷太プロデュースの「Lunch time funk」、Tokyo Recordingsプロデュースの「だったらshow me」、PABLO a.k.a. WTF!? プロデュースの「#hashdark」といった新曲に、ホーン隊バンドならではの華やかさと迫力が加わる。バンド形態でパフォーマンスできることに、いつかとゴンチは大喜び。SOIL社長がプロデュースした「婿においで」では、いつかがウェディングドレス風衣装でマイクを握るという演出もあった。

 本編ラストにかけてはCharisma.comの楽曲の中でも特に踊れるキラーチューンの連続。「100%ブービー」「HATE」「イイナヅケブルー」を立て続けに投下し、挑発的ビートに煽られてメンバーも観客も飛び跳ねる。彼女たちの鉄板スタイルと新たな試みをミックスさせたライブは、大盛り上がりのうちに一旦幕を閉じた。

 現役OL時代は「残業! 残業!」というコールが沸き起こっていたアンコール前。今回は先ほど“みんなの持ち歌”と言われた「メキメキmore」を観客が歌い、メンバーの再登場を促す光景が広がる。これにうれしそうな様子でステージに戻った2人は、ピンスポットを浴びて静謐なムードで「not not me」を届けた。「「not not me」は“not 私じゃない”。つまり、私です。という意味です」といつかは説明している。より自分の本質と向き合って出てきた言葉を、時に噛み締めるように、時に吐き出すようにラップする彼女。イロモノ的に見られてきた部分を取っ払い“生身のCharisma.com”を表現した、彼女たちの歴史の新たな1ページを見た気がした。

 最後は再びカルメラを従えて「アラサードリーミン」で大団円。OLでなくなってもCharisma.comは等身大のメッセージを放ち続けると確信した夜だった。

【文:鳴田 麻未】
【撮影:鈴木 恵】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル Charisma.com

リリース情報

not not me

not not me

2017年03月22日

ワーナーミュージック・ジャパン

01. #hashdark
02. Like it
03. YAJIUMA DANCE
04. 意地easy
05. Lunch time funk
06. classic glasses
07. だったらshow me
08. 婿においで
09. メキメキmore
10. Chicken boom
11. not not me

セットリスト

Charisma.comワンマンツアー2017
2017.05.03@赤坂BLITZ

  1. 01.Like it
  2. 02.ジェンガジェンガ
  3. 03.Chicken boom
  4. 04.NOW
  5. 05.スーパーガール
  6. 06.YAJIUMA DANCE
  7. 07.メキメキmore
  8. 08.classic glasses
  9. 09.意地easy
  10. 10.ミイラキラー
  11. 11.カルメラ楽曲
  12. 12.婿においで
  13. 13.Lunch time funk
  14. 14.だったらshow me
  15. 15.#hashdark
  16. 16.もや燃やして
  17. 17.100%ブービー
  18. 18.HATE
  19. 19.イイナヅケブルー
 ENCORE
  1. EN 1:not not me
  2. EN 2:アラサードリーミン

お知らせ

■ライブ情報

エレキ大浴場36
06/09(金) 京都MOJO

打首獄門同好会 「戦獄絵巻 岡山の陣」
06/10(土) 岡山 YEBISU YA PRO

THE BLOCK PARTY Vol.2
06/11(日) 渋谷SOUND MUSEUM VISION

YATSUI FESTIVAL! 2017
06/17(土) - 06/18(日) 渋谷12会場

MIYAVI NTT Docomo presents MIYAVI 15th Anniversary Live ”NEO TOKYO 15”
06/24(土) 渋谷WWW

あっこゴリラ誕生日イベント『びっくり誕生日ドンキー3』
06/30(金) 渋谷GLAD

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る