前へ

次へ

ズダッパ(ex.音×AiR)定期公演“ズダッパダッパ”月イチレポート特集 第1回

ズダッパ | 2017.06.12

これはライブか?それとも演劇か?
演劇だとすれば、ミュージカルか?シットコム(=シチュエーションコメディ)か?それとも単なるパロディコントなのか?

ズダッパと改名したばかりの三人組の定期公演は、異様な雰囲気に包まれていた。関交協ハーモニックホールという場所は、普通のライブハウスではない。演劇や講演会などに相応しいホールだ。その客席のほとんどを若い女性客が埋め尽くし、ひたすら笑い、手を叩いていた。

「ポッポコポッポseason1 ~笑いのフォルテッシモ~ vol.01」と銘打たれた今回の公演は、彼らが上京して最初のライブである。もともと「音×AiR」という4人バンドで活動していた彼らは、ギタリストの脱退を受け、三人での活動を余儀なくされた。自ずと曲作りの手法も変化し、ロック色は影を潜めた。そして迎えた新たな出発点が、この「ポッポコポッポseason1~笑いのフォルテッシモ~」だ。(尚、次回から「ズダッパダッパseason1 ~虚構のフォルテッシモ~」と名前が変更される。)

オープニングから、彼らが演奏しないことに度肝を抜かれた。もはやバンドという形態にとらわれないステージは、変幻自在だ。
リーダーの竜之介は、何曲かでドラムセットを演奏するが、あとはスタンディングでパッドを叩いている。ステージではマザコン男を演じているが、どこまでが本当なのか計りかねる。存在感としてはトリックスターだ。
イケメンベーシストのマサヤは、バンド改名に伴い「DJ mAsAyA」に名前を変えた。その名の通り、ステージではサンプラーやノートパソコンを操り、舞台で起こる全ての音演出を担っている。
そして何と言ってもボーカリストの楓。このキレの良い声質と声量の豊かさは、昨今の音楽シーンで稀に見る逸材だ。明るく親しみやすいキャラを演じながらも、スタイルの良さがステージに華を添える。

「とにかくお客さんに楽しんでもらいたいんです」と竜之介が語るように、物語の展開に合わせて楽しい楽曲が続く。が、シリアスなシーンで演奏される新曲「東の空」の完成度の高さは、これまで続けてきたバンドとしての面目躍如と言ったところだ。
既存曲も、ドラマの内容にぴったり合うような歌詞変更を施しているところも、心憎い。

それぞれの要素を見ていくと、日本の芸能として脈々と続くコミックバンド的な発想も感じられる。彼らが彼ら自身を演じるという点では、リアリティショーのようにも錯覚する。また大阪弁なので、新しいスタイルの吉本新喜劇とも見えるかもしれない。
とにかく、このままテレビで中継しても、バラエティ番組として充分成り立つだろう。カメラワークと編集次第では、アメリカの人気テレビ番組「glee」のようにも再構築できる素材である。

が、ユーチューバーをゲストに迎えたり、プロジェクターやサンプラーを自在に使うところは、今までにない斬新な切り口だ。
特に今回のゲストであるTAKASHI’s TV!!!は、さすがの存在感で客先を沸かせた。ズダッパが意識しているのは、ロックバンドよりも、こういう形の新しいエンターテイナーなのだろう。客席に身を置くと、その重要性がよく分かる。とにかく、客先は日常を忘れ没頭できる楽しいことを、常に待ち受けているのだから。
そしてその精神は、最後の楽曲にも現れている。「どんな時も笑えればなんとかなる(楓)」というメッセージが込められたこの曲は、シンプルながら、さりげなく奥深い。
今後を心配するとすれば、この密度の濃さを月一回の公演毎にキープ出来るかという点だか、これは本人たちにとってもやってみなければ分からないだろう。

最初の問いに戻ろう。

これはライブなのか?演劇なのか?
それは愚問かもしれない。

映画は総合芸術だと言われる。
であれば、今回の公演は総合エンターテインメントを目指しているものだと言えるだろう。

いや、ここは彼らの言葉を真に受けよう。
これは「ねつ造エンターテインメント」そのものなのだ。

遠くない将来、ズダッパのフォロワーバンドが現れるに違いない。その原点をこの目で見られたことを、筆者は誇りに思う。次の公演が、今から待ち遠しくて堪らない。

【写真・文:服部旭】

tag一覧 J-POP ズダッパ 音×AiR ライブ 男性ボーカル

お知らせ

■ライブ情報

「ズダッパダッパseason1
~虚構のフォルテッシモ~vol.02」

日時:2017年7月21日(金)
OPEN18:30 / START19:00 / CLOSE20:00

会場:関交協ハーモニックホール(新宿)

会場住所:
新宿区西新宿7-21-20
関東交通共済共同組合ビル 地下2階
(03-6904-7052)

料金:前売・当日  ¥500
  (先着順の入場となります)

出演:音×AiR(ズダッパ)

ゲスト:近日発表

問い合わせ先:
ネクストロード 03-5114-7444
(平日14:00~18:00)

チケット購入方法:
(1)渋谷のストリートライブで直接ご購入可能
(2)チケット取り置きをご希望の場合は「vol.02」「お名前」「人数」を明記の上「 zudappa@gmail.com 」まで
(3)6月17日(土)10:00より、プレイガイドで発売スタート

イープラス http://eplus.jp
チケットぴあ 0570-02-9999
       【Pコード 336-768】

※その他のライブスケジュール

トップに戻る