前へ

次へ

アンダーグラウンドからオーバーグラウンドへ。Xmas Eileenが刻んだ新たな変化の“兆し”

Xmas Eileen | 2017.07.12

「僕はポップをネガティヴとはとらえてないし、ポップ最高! という気持ちですからね」とVo右が、最新1stシングル「99.9」表題曲について語ってくれた。これまで以上に爽快なサビとスケール感を帯びた楽曲を携え、今年はXmas Eileenにとって大きなターニング・ポイントになるのではないか。アンダーグラウンドを出発点にオーバーグラウンドにどんどん斬り込み、幅広い客層を獲得している彼ら。今日は新たな変化の"兆し"を刻むライヴになった。

 そのシングル「99.9」レコ発ファイナルは恵比寿リキッドルームで開催された。ツアーのたびに会場のキャパは大きくなっていくが、この日も多くの観客で溢れ返り、今か今かとステージを凝視している。開演19時を少し回った頃、白い仮面に黒いトレンチコートを羽織ったメンバーが登場。「Kiss me Kill me tonight」で幕を開けると、腹に底に響くデジタル音と肉体性を高めた激しい演奏が融合し、ド頭からフロアを焚き付けていく。続いてキャッチーな歌メロが冴え渡る最新作カップリング曲「Are You Free?」を挟んで、「Still a Liar」へ。鋭いラップ調のヴォーカルに加え、スラップ・ベース~ギターソロと楽器隊の見せ場も設け、ヘヴィに攻め立てるパートにも引き込まれた。またパフォーマー、DJが両手を上げると、観客もそれに呼応し、会場に熱い一体感が生まれていく。そう、ステージとフロアに境目がなく、ぐちゃぐちゃになって溶け合う様も、Xmas Eileenのライヴではごく当たり前の風景と言っていい。誰一人置いておかない牽引力と煽動力は、ライヴを重ねるごとにパワーアップしている。
「謎のバンドだけど、頑張ろう! スタイリッシュなしで行こう!」とVo右は飾らない言葉でオーディエンスに話しかけ、心と体の距離をより一層縮めていく。確かに謎に包まれたバンドではあるが、ロック・スター気取りは皆無。どこまでも等身大で語りかける目線も彼らが愛される理由だろう。その後も「No Justice in this world」、「Calling Rainy Days」と高揚感に満ちたナンバーを容赦なく畳み掛ける。

 7曲を突っ走った後、パフォーマーがお笑い芸人・ブルゾンちえみのネタを披露。また、「あなたのポジション何なの?」と母親に聞かれたというエピソードを伝えると、場内は笑いに包まれた。それから最新作カップリング曲「Growing Crime」をここで披露。ライヴで聴くと、音源以上に超ヘヴィな出だしで圧倒されてしまった。鍛え上げてきた筋肉を振りかざすような生々しいバンド感により、凄まじいダイナミズムを生み出し、ラウドにしてキャッチーなギャップを叩き付けていた。

 そして、不気味なサイレン音が鳴り響くと、「Zombie」をプレイ。この曲はもはやライヴで欠かせない必須曲と言えるだろう。ホラー風味のパーティ・サウンドで、KORNばりにヘヴィな重厚リフもアクセントになっている。曲名を多くの人たちが合唱する光景は壮観な眺めだった。中盤過ぎには「Don’t say good-bye」で「素晴しい未来に行こう!」と呼びかけ、「Future Song」と繋ぐ。ヘヴィにアジテートするだけではなく、こうした歌ものの曲調でもしっかり聴かせる手腕はさすがの一言。後半戦に向けて、「March」では観客がタオルを一斉に回す光景が広がると、雄大なスケールを描く「Darling」においては、エモーショナルな歌を存分に響かせていた。この曲は「死ぬまで側いてね」とストレートに綴られた歌詞が印象的だ。最近、なぜ仮面を被っているの? と聞かれることが増えてきたようで、「意味ない」と簡潔に答え、「ただ照れ屋なだけ」とVo右は弁明。この曲を歌い終えた後に「素で言えない(笑)」と零し、仮面の下に潜む人間味がダダ漏れするところも彼ららしい。

 メンバー全員が黒いトレンチートを脱ぎ、思い思いのファッションセンスの出で立ちで最新シングル表題曲「99.9」を披露。この曲もいい意味で音源を裏切るストリート感漂うヘヴィさを放ち、抜けのいいサビと見事なハーモニーを奏でていた。アングラ感とポップ性がオンリーワンの魅力となり、フロアは異常に盛り上がっていた。本編は「Fly High」、「Before the Skyfall」、「Walk the Talk」、「Keep on A・B・C・ing」と鉄板の灼熱ナンバーを繰り出し、観客の余力を振り絞って大団円。

 バンドはアンコールにすぐ応えると、「Good-bye Summer day」、「Kiss me Kill me tonight」でこちらの息の根を止める怒濤の攻撃力を見せつけた。このファイナル公演にて、Vo右より『ONLY HOLY NIGHT 2017』と題し、クリスマスの夜(12月25日)にZepp DiverCity TOKYOでワンマン公演を行う情報が解禁された。ベールに包まれた謎の仮面バンドという立ち位置にも関わらず、精神の仮面をどんどん脱ぎ去るXmas Eileen。人間臭い表情が露になってきた今日のライヴを観て、これからまたどう変貌を遂げていくのか、俄然楽しみになってきた。 

【取材・文:荒金良介】
【撮影:新保勇樹】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Xmas Eileen

リリース情報

99.9

99.9

2017年04月19日

ビクターエンタテインメント

1.99.9
2.Are You Free?
3.Growing Crime
4.NANANA -NAOtheLAIZA Remix-
5.Before the Skyfall -HIDE Remix-
6.Still a Liar -HIDE Remix-

セットリスト

Xmas Eileen「99.9」TOUR 2017
2017.6.22@恵比寿LIQUID ROOM

  1. 01.Kiss me Kill me tonight
  2. 02.Are You Free?
  3. 03.Still a Liar
  4. 04.No justice in this world
  5. 05.Calling Rainy Days
  6. 06.Wonderful Life
  7. 07.And be My Friend
  8. 08.Growing Crime
  9. 09.Zombie
  10. 10.Escape to Paradise
  11. 11.Don’t say good-bye
  12. 12.Future Song
  13. 13.March
  14. 14.Darling
  15. 15.99.9
  16. 16.Fly High
  17. 17.Before the Skyfall
  18. 18.Walk the Talk
  19. 19.Keep on A・B・C・ing
 ENCORE
  1. EN 01.Good-bye Summer Day
  2. EN 02.Kiss me Kill me tonight

お知らせ

■ライブ情報

NUMBER SHOT 2017
07/22(土) 海の中道海浜公園野外劇場

PassCode“bite the bullet” Short Tour 2017
07/29(土) UMEDA TRAD(旧:梅田AKASO)

FREEDOM aozora 2017 淡路島
07/30(日) 神戸淡路島・国営明石海峡公園芝生広場

PPP[Pre Party in PIT] road to SS2017
08/02(水) 豊洲PIT

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017
08/11(金) 国営ひたち海浜公園

SUMMER SONIC 大阪
08/19(土) 舞洲SONIC PARK

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る