前へ

次へ

半年間にも及ぶツアーの最終日、パシフィコ横浜でAqua Timezが魅せた大きな愛と等身大の姿。

Aqua Timez | 2017.08.28

 オープニング映像とSEが流れ、ステージを覆っている紗幕に浮かび上がったメンバーたちのシルエット。やがて紗幕が上がり、1曲目「アスナロウ」がスタート。ステージ前方の左右に大介(Gt)とOKP-STAR(Ba)、後方の高台の左右にmayuko(Key)とTASSHI(Dr)――というフォーメーションで演奏している楽器隊の4人、そしてその中央で全力で歌う太志(Vo)の姿がまぶしかった。

「最後までII」と「Fly Fish」も披露された後に迎えたインターバル。太志はライブの前日によく観るのだという動物の動画――溺れたふりをした飼い主を必死になって助ける犬。何年ぶりかの再会を喜んで、飼い主に抱きつくライオン――について語った。「動物の動画からは愛し方を教わります。人間の人の愛し方が一番下手くそ。俺自身もそうだと思う。自分の身の丈に合った愛し方をしなきゃいけない。メンバーの中で背の順でいけば、俺は先頭だよ(笑)。だからメンバーのことを引き連れて行くし、今日来てくれたみんなのことも一番高い場所に連れて行きます」。そしてスタートした「等身大のラブソング」は、とても温かく響き渡った。大合唱する観客も、ステージ上の5人も心底幸せそう。深く愛されているこの曲の力を、改めて実感させられるひと時だった。

瑞々しいメロディをじっくりと届けた「つぼみ」と「メメント・モリ」。「本当の喜びを知るために、叶いそうもない夢をぶら下げて進んでいくんだと思います」と語りつつ歌い始めた「生きて」……あらゆる曲にこめられたメッセージが、観客にとってかけがえのないものになっているのを感じた。そして、「明るい曲をやりたい」と太志が言い、TASSHIが陽気なリズムを叩いてスタートした「サンデーパーク」。観客をエネルギッシュに踊らせた「空想楽」。軽快なサウンドの連続が、会場を爽やかな熱気で包んでいった。

「世界で一番小さな海よ」「Pascal」「冬空」「12月のひまわり」……多彩なナンバーがさらに届けられた後、メンバーたちは和やかにトークを繰り広げた。「ずっとライブハウスを回っていたじゃん? ありがたいよ。また、こんなに大きな会場でやらせてもらえて。みんなのおかげです!」と、観客に感謝の気持ちを伝えたOKP-STAR。「ツアーが2月からスタートして、いろんなことがありましたけど、底力がついたと実感しています。そんなツアー中にインスタグラムを始めたんですけど、1つ残念なことがありまして。ツイッターのアカウントもこっそり作ったんですけど、誰にも見つけてもらえなくて今フォロワーが1人…(笑)。検索すれば出てくるのでフォローしてください!」と呼びかけた大介。「私事ではありますが、結婚させて頂きました。引き続き頑張っていくので、これからも応援よろしくお願いします!」と報告をしたmayukoには、観客から「おめでとう!」という祝福の声が届けられた。そして、「“自分たちにしかできない音楽の形”ということで、5人の歌で、お届けしたいと思います」とTASSHIが言い、次の曲が始まりそうになったのだが……ここで太志が申し訳なさそうに1つの告白をした。「先に言っておくけど、さっき大事なところで歌詞を忘れたんですよ。今、自分を責めてる(笑)」……実は先ほど披露された「世界で一番小さな海よ」の途中で、太志が突然歌うのをやめた部分があった。あの異変の真相が明かされて観客は大爆笑。そんな和やかな場面を経て、5人が届けてくれたのは、アカペラによる「千の夜をこえて」。メンバーの歌声が絶妙に融け合い、温かいハーモニーが広がった。

終盤は「ソリに乗って」「虹」「ナポリ」「三日月シャーベット」を披露。そして、「今、まさにこの瞬間は、同じ空気でみんなと繋がっています。1人1人の前向きさと悩みが全部ごちゃ混ぜになって、ぶつかり合っています。同じ空気を思いきり吸い込んで歌います!」と太志が語ってから歌い始めた「魔法を使い果たして」が、本編を華麗に締めくくった。スタンドマイクに向かって全力で歌い上げる太志。心を込めて音を奏でるOKP-STAR、大介、mayuko、TASSHI――5人の姿が、とても活き活きとしていた。

アンコールを求める声に応えてステージに戻ってきたメンバーたち。太志は「さっき間違えた曲をもう1回、歌いたいと思います。追試みたいな感じ(笑)。ホールツアーでは1回も間違えなかったんだよ。人生って、そういうことがあるよなぁ」と照れくさそうな表情を浮かべて、「世界で一番小さな海よ」を歌い直すことを観客に告げた。「どういう体でやる? “10曲目”っていう顔を作らないといけないからさぁ」と言ったOKP-STARに対して、「あなた、顔変わらない。ずっと同じ顔!」とツッコミを入れていた太志。そんな仲の良いやり取りを経て届けられたこの曲、今度は歌詞を間違えることなく完璧に届けられた。

「自分の身の丈で歌うのが俺なのかなと、今日改めて思いました。かっこいいこと言っても、俺は俺。でも、大したことない自分のことも愛し抜こうと思います。自分ことを責めるのはやめようと思っています。責めるのは他の人がやってくれるし。自分のことを認めて生きていきたいです」、太志が想いを語ってから披露された「決意の朝に」は、観客の1人1人を優しく包み込んでいた。そして、「“俺は完璧になるために生まれたんじゃない”って、今日、教わりました。“幸せになるために生きていくし、自分を責めることはやめようっていうことを歌わなきゃいけない”って学ぶことができました。また次の時も、俺は等身大の俺でみんなと向き合おうと思います」という言葉を添え、「別れの詩 -still connected-」がラストを飾った。

全曲を披露し終えた太志、OKP-STAR、大介、mayuko、TASSHIは、手を繋ぎ合って深々とお辞儀。彼らを讃える特大の拍手と歓声が、会場全体から湧き起った。そして、客席を背景にして行った記念撮影の後に届けられたのは、「明日どんなやつになるか分かりました。俺、やっぱり、太志になるよ。みんなも自分でいてほしい。俺は失敗する自分も全部さらけ出していくから。背伸びなんかしないで、しゃがみこんで思いっきりジャンプする!」という宣言。飾らない言葉が大きな感動を生んだエンディングであった。

【取材・文:田中 大】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Aqua Timez

リリース情報

アスナロウ

アスナロウ

2016年12月14日

ERJ

1. アスナロウ
2. 最後までII
3. 空想楽
4. We must
5. 冬空
6. 12月のひまわり
7. ソリに乗って
8. サンデーパーク
9. ナポリ
10. Dub Duddy〜ライブ前日に見た夢〜
11. 三日月シャーベット
12. 閃光
13. Pascal
14. 生きて
15. 魔法を使い果たして

セットリスト

アスナロウTOUR 2017 FINAL“narrow narrow”
2017.8.5@パシフィコ横浜 国立大ホール

  1. 1.アスナロウ
  2. 2.最後までII
  3. 3.Fly Fish
  4. 4.等身大のラブソング
  5. 5.つぼみ
  6. 6.メメント・モリ
  7. 7.生きて
  8. 8.サンデーパーク
  9. 9.空想楽
  10. 10.世界で一番小さな海よ
  11. 11.Pascal
  12. 12.冬空
  13. 13.12月のひまわり
  14. 14.千の夜をこえて
  15. 15.ソリに乗って
  16. 16.虹
  17. 17.ナポリ
  18. 18.三日月シャーベット
  19. 19.魔法を使い果たして
 ENCORE
  1. 1.決意の朝に
  2. 2.別れの詩 -still connected-

お知らせ

■ライブ情報

旅祭2017
09/03(日) 幕張海浜公園 Gブロック/野外特設会場

Shout it Out presents 2MAN LIVE TOUR『虎の威を借り、狩られる狐~東京編~』
09/08(金) 新宿LOFT

茨城総合物産音楽フェスティバル2017~Ibaraki Sogobussan Ongaku Festival 2017~
09/16(土) 千波公園 野外特設ステージ

北翔大学 大学祭(北海道)
09/30(土) 北翔大学体育館

第38回 香川大学医学部 医学部祭 Aqua Timez LIVE ~NOW or NEVER~
10/08(日) 香川大学医学部 三木町医学部キャンパス体育館

藤田保健衛生大学 FUJITA FESTIVAL2017
10/28(土) 藤田保健衛生大学 学内 FUJITA HALL2000

岡山理科大学「第53回 半田山祭2017」
11/25(土) 岡山理科大学内 第2体育館

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る