前へ

次へ

KANA-BOON ZeppTokyo公演ライブレポート

KANA-BOON | 2017.11.06

前作『Origin』以来、約1年7カ月ぶりとなる最新アルバム『NAMiDA』を引っ提げた全国ツアー「KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017」の東京・Zepp Tokyo公演。ロックバンドとしてのダイナミズムをさらに増強したサウンド、そして、喜怒哀楽をビビッドに描き出す歌を中心にした『NAMiDA』の楽曲をストレートに体現したステージからは、現在のKANA-BOONの充実ぶりが伝わってきた。

古賀隼斗(G)、飯田祐馬(Ba)、小泉貴裕(Dr)、谷口鮪(V&G)の順番にひとりずつステージに登場。笑顔で観客を煽り、グッと熱気を上げてから放たれたオープニングナンバーは、アルバム『NAMiDA』の1曲目に収録されている「ディストラクションビートミュージック」。ハードにドライヴするギターリフ(ちなみに筆者はレッド・ツェッペリンを想起しました)と推進力のあるビートを軸にしたバンドサウンドとともに「ディストラクションビートミュージック!」という谷口のシャウトが響いた瞬間、すべてのオーディエンスが激しく揺れ始める。鋭利な4つ打ちのビートとエッジ―なギターフレーズに合わせて手拍子が巻き起こり、「誰の輪にも誰の話にも入らずともいいさ 威風堂々」というサビのラインとともに高揚感が増した「人間砂漠」、BPM182というハイスピードのリズムのなかでヘビィロック的な手触りのサウンドが広がった「Fighter」とアルバムの曲順通りにアッパーチューンを披露。冒頭から「『NAMiDA』の魅力をしっかり伝えたい」というメンバーの意志を強く反映したステージが体現されていく。
「今日はいつにも増してオシャレしてきました。レコード会社の人から“服が地味だ”と言われまして。飯田、わき汗大丈夫?」(谷口)というMCで会場をリラックスさせた後は、ニューアルバム以外の楽曲が演奏される。印象的だったのは、原曲とはかなりイメージが違っているものが多かったこと。アレンジそのものを変えているわけではなく、メンバー全員の演奏テクニックの向上、サウンドのパワー感が増したことで、以前よりも骨太なロックナンバーに変貌を遂げていたのだ。楽しく盛り上がれるビート、思わず口ずさみたくなるメロディに加え、ロックバンドとしての力強さを獲得したアルバム『NAMiDA』。その成果は過去の楽曲にも波及しているようだ。
とは言え、今回のツアーの中心を担っているのはもちろんニューアルバムの楽曲。まずは「今日はアルバムの曲をたっぷりやろうと思います。聴いてくれてますか?」(谷口)という言葉から始まった「涙」。失恋の悲しさと後悔を飾らずに描いたこの曲は、生々しい感情が表現された『NAMiDA』を象徴する楽曲のひとつであると同時に、ソングライター・谷口鮪にとっては原点回帰とも言えるナンバー。すべてのフレーズを丁寧に手渡すように歌うボーカルも印象的だった。音数を抑えたシンプルなアンサンブルとドラマティックなメロディ、「ねぇ バイバイ また会う日まで」という切ないラインがひとつになった「一番星」、軽快なギターカッティングと洗練されたリズムアレンジが共存したKANA-BOON流のシティポップ「Ride on Natsu」も。アルバム『NAMiDA』のカラフルな楽曲が彼らのライブの幅を大きく広げているのが手に取るようにわかる。

後半では必殺のライブアンセム「フルドライブ」を放ち観客のテンションを一気に頂点へ運んでいく。超高速のビートとポップに振り切ったメロディ、リフレインを効果的に使った歌詞を融合させた「フルドライブ」や「シルエット」はKANA-BOONをブレイクに導いただけではなく、2010年代前半のバンドシーンにおける最も重要な楽曲といっても過言ではない。印象的だったのは、この2曲が現在も凄まじいインパクトを放っていたことだ。流行に乗るのではなく、自分たちが信じたビートとサウンドと追求することでライブキッズたちの熱狂的な支持を得たKANA-BOON。その圧倒的なオリジナリティは微塵もブレることなく、いまも進化を続けているのだ。
もうひとつ、「バトンロード」についても触れておきたい。「「シルエット」に託してた気持ちを受け継ぐ形で、次の曲をやろうと思います」という言葉に導かれたこの曲は、「未来を君と追い抜いて 見たいのさ この目で新章を」という歌詞がダイレクトに伝わってくるナンバー。2013年にメジャーに進出した後、とんでもないスピードでバンドシーンを駆け上がってきた4人は、さまざまな壁を乗り越え、新しい未来に向かって進み始めた――この曲をライブで披露し、いまの4人がもっとも大切にしているメッセージを直接伝えることは、今回のツアーの意味に直結していると思う。
「すごくいいアルバムが出来たと思ってるし、このアルバムで救われた感じもあって。自信作なので、まだ持ってないという人は聴いてほしいなと思います」(谷口)と『NAMiDA』に対する自信を見せたKANA-BOON。12月17日(日)岡山CRAZYMAMA KINGDOMまで続く今回のツアーで4人は、アルバムの楽曲を血肉化し、さらなるビルドアップを果たすことになるだろう。

【取材・文:森朋之】
【撮影:AZUSA TAKADA】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル KANA-BOON

リリース情報

NAMiDA

NAMiDA

2017年09月27日

Ki/oon Music

1. ディストラクションビートミュージック
2. 人間砂漠
3. Fighter
4. way back no way back
5. バイバイハロー
6. 涙
7. Wake up
8. Ride on Natsu
9. ラストナンバー
10. バトンロード
11. 一番星
12. それでも僕らは願っているよ

お知らせ

■ライブ情報

KANA-BOONのバイバイハローツアー 2017
11/10(金) 米子 AZTiC laughs
11/11(土) 広島BLUE LIVE
11/18(土) 松山 SALONKITTY
11/19(日) 高松 festhalle
11/23(木・祝) Zepp Sapporo
11/25(土) 新潟LOTS
11/30(木) Zepp Nagoya
12/01(金) Zepp Nagoya
12/08(金) 福岡DRUM LOGOS
12/09(土) 福岡DRUM LOGOS
12/16(土) 周南 RISING HALL
12/17(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る