前へ

次へ

SIX LOUNGEワンマンライブ『LOVE』東京公演、満場の渋谷クアトロで魅せた成長と勇姿。

SIX LOUNGE | 2017.12.18

この日のSIX LOUNGEのステージからは、“バンドを続けてきて良かった…”“こんな日が来るなんて…”との感慨深いシーンが幾度となく散見された。それは同時に、かつてこの同じステージに初めて立った際の自身をフィードバックさせたり、重ね合わせたりさせては、当時より確実にしっかりと目に映る、眼前に広がる美しい光景や、それを作り出している自分たちを誇りに思い、自身の確かな、ここまでの道程や成長までをも振り返らせていたようにも映った。

現在全国で敢行中のワンマンライブ『LOVE』の東京公演が12月5日に渋谷CLUB QUATTROにて行われた。タイトルの『LOVE』は、「メンバーがライブを通し、お客さんからもらった愛を、今度は自分たちが返しにいく」べく付けたそうだ。なるほど。いま思い返すと、これまで以上にエネルギッシュで濃縮感やバラエティに富んでいながらも、どの曲も根底には、どこか人恋しさを宿している楽曲が多い気がする。

SEが流れ出すと、ヤマグチユウモリ(Vo・Gt)、イワオリク(Ba・Cho)、ナガマツシンタロウ(Dr・Cho)がひとりずつ、ゆっくりとステージに現れる。
「大分から来たSIX LOUNGEです。よろしくお願いします!!」とヤマグチ。会場ごと未来へと一緒に誘うかのようにドライヴ感溢れる「朝焼けプロムナード」を暴発させる。1曲目から無数の力強い拳がステージに向けて寄せられる。それに呼応し渾身を込め、「俺たちがSIX LOUNGEだ!!」とヤマグチが声を荒げながら返す。更に場内をこれまで連れて行ったことの無い光景へと誘わんとばかりに「STARSHIP」に。ここでは歌詞同様、ステージとフロアの合言葉が交わされる感も。そして、彼らの魅力の一つでもあるロカビリーテイストを交えた「CANDY GIRL」では、スリリングさが場内に呼び込まれ、イワオのウッドベース的ルート弾きも炸裂。ヤマグチも得意のギターソロを聴かせる。同曲ではイワオもポップにハミングを加え、それが親しみやすさを生んでいく。また、ライブが更に加速した「大人になる前に死んでやる。」では、ドラムのナガマツのしゃがれたコーラスも交わり、彼らの歌声のふくよかさやバリエーションを楽しませてくれた。

満場を見て、「こんなに人がいっぱいいるけど、みんなサクラなんじゃ?(笑)」「この光景は感動的だな」と嬉しそうにヤマグチが話し出す。序盤での手応えが、そう言わしめたのだろう。それも分かる。というのも、この日は頭からステージもフロアもいつも以上に前傾姿勢。ガシッと向き合い対峙し、互いに高め合っている、そんな手応えを僅かな曲からながら、私も感じた。
「この雰囲気に飲まれずに最後まで自分のライブをやっていくのでよろしく!!」と、会場からの圧倒に、あくまでも自身のストロングスタイルで交戦していく姿勢を明らかにしていく。

ちょっとしたメランコリックさが交じる「10号線」の持つ約束感がなおのことステージとフロアの結束を強くしていけば、彼らのダイナミズムの面目躍如とも呼べる「STRAWBERRY」、再びフロアを沸点に持ち込んだ「SHEENA」、赤いライトも映え、まさに“怒涛”との表現が似合った「LOVE SONG」。また、イワオのダウンピッキングが映えるイントロからの「東京紙風船」で再びライブが加速すれば、開放感がある「ふたりでこのまま」でのサビに訪れた眩しい光に包まれるようなグローリー感もたまらなかった。

中盤でのMCは、ヤマグチが高校3年の卒業時に卒業旅行も兼ね、初めて東京でライブを行った際に、この渋谷クアトロでTHE NINTH APOLLOのイベントに出演したことが満場に告げられる。ちなみにその当時は、「緊張してマイクの前からほとんど動けなかった」のだという。可愛い…。
「今は自分の力だけでこの渋谷のど真ん中のライブハウスをソールドさせた!」と、続けたその言葉はとても誇らしげで嬉しそうであった。

「そんなステージだからこそ噛み締めてやります!」(ヤマグチ)と中盤へ。ここからは比較的ミッドテンポでどっしりとした楽曲が連射された。ちょっとした夜明け感がバイタリティを育んでくれた「NEW BORN MY BLUES」、また、「青い春」では、サイケデリック感とシューゲイズ要素も垣間見せ、彼らの趣向の幅も楽しませてもらった。

後半戦の口火を切ったのは人気曲「メリールー」であった。ミディアムで美しいラブバラードとも言える同曲。このストイックな甘さも彼らの特徴だ。♪お前を抱きしめてやる♪のフレーズが、ステージとフロアをぐっと近づけ、永遠の約束が交わされる瞬間を見た。

「ここから飛ばしていくぜ!!」(ヤマグチ)と入った「最終兵器GIRL」では、カウパンク乗りの楽曲に会場も呼応でロデオ。一緒に弾みながら一体感を育んでいく。キャッチーな部分では会場も、“待ってました!!”と声を重ねていく。また、<大人になっても夢を追いかける宣言>にも響いた「プラマイゼロ」では、彼らが初めてこのクアトロのステージに立った時から、誇らしげで自信たっぷりの現在の3人の勇姿へのフェードインを見せてくれた。

「聞きたいことがある。ロックンロールは好きですか!!」(ヤマグチ)とのシャウトに近い煽りの中、怒涛の前のめりツッコミナンバー「トラッシュ」では、よりフロア前方の密度も上がる。そして、「いつも生きてるって感じる場所、呼吸してると感じる場所。それがライブハウス。そんなライブハウスに捧げます」との言葉のあとに入った「俺のロックンロール」では、場内のシンガロングの強度もみるみる上がっていき、アンセム化していく様を見た。

ラストスパートの怒涛さには目を見張るものがあった。「凄い光景を見せてもらってます。自分やあなたも含め、色々なものに向けて歌っていきます。前に前に向かっていきます。これからも留まるつもりはありません!!」と、「大人になってしまうなよ」を歌い始めるヤマグチ。ミディアムな同曲が会場いっぱいに広がっていき、「大人にならずとも、自分のまま歳を取っていく」、そんな夢のような方法と出会えた気がした。そして、「君へのプレゼントは、綺麗な僕の血と君の涙。」では、葛藤を超えたが故のサビでの解放さがこの日最高の景色を見せてくれた。そして、半ばトランス状態で入った「Under the Cloud」では、これからも続く明るい道を照らしてくれるかのように会場をこの上なく気持ちいい場所へと誘えば、本編ラストでは、「僕を撃て」が誇らしく雄々しく轟き、それはまるで、「また会おう!!」との約束のように力強く響いた。

アンコールは1曲のみだったが、その分、それは尊かった。まずは「4月に新作を発売する」ことが告げられ、現在絶賛レコーディング中とのこと。まことに楽しみだ。その中から、この日は特別に一曲だけ一足先に先行披露。まだタイトルも未定の曲が場内に贈られる。ミディアムでダイナミズムのある、ヤマグチの歌声が存分に映え、活かされた、どっしりした同曲。正直、初聴きながら全身が震えた。♪革命は今♪のフレーズも印象深く、狼煙や改めてとの所信表明にも響いた歌だ。ポスト「メリールー」のように、フロアをぎゅっと抱きしめる求心力と包容力を持っている曲との印象を持った。
この1曲を贈り終えると、また彼らは違った地にLOVEを返しに移るべく、この日のステージを降りた。

重複するが、この日の会場は奇しくも彼らが初めて都内でライブを行った場所でもあった。言わずもがなだが、彼らの歌は少年から大人へと変化していく、その過渡期や不安、ジレンマ、そしてそれをぶち壊し、笑い飛ばし、屍の上に立ってでも進んでいく…そんな、いい意味での「蒼さ」も特徴の一つだったりする。なんかそんな、17歳の頃の彼らの姿を想起させては、今ではしっかりと立派にその殻を突き破り、更に力強く進んでいる。そんな頼もしい勇姿を何度も目の当たりに出来た一夜でもあった。
彼らは「大人にならずとも、自分のまま歳を取っていく」、そんな成長を目指し、ここまでそれを実践してきた。今後はそれらもこれまで以上に強固になっていくことだろう。彼らが、これからも数々の歌を通し、伝えてくれるだろう、「大人にならずとも、自分のまま歳を重ねていく方法」。それが、今後もどのような形で放たれるのか?それが今後も楽しみで仕方がない。

【取材・文:池田スカオ和宏】
【撮影:夏目圭一郎】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル SIX LOUNGE

関連記事

リリース情報

[ircle × SIX LOUNGE]地獄盤

[ircle × SIX LOUNGE]地獄盤

2017年09月06日

THE NINTH APOLLO

STARSHIP (SIX LOUNGE)
STRAWBERRY (SIX LOUNGE)
瞬 (ircle)
HUMANisM (ircle)

(ircle × SIX LOUNGE スプリット作品 )

セットリスト

SIX LOUNGE ONEMAN "LOVE"
2017.12.5(火)@渋谷CLUB QUATTRO

  1. 1.朝焼けプロムナード
  2. 2.STARSHIP
  3. 3.CANDY GIRL
  4. 4.大人になる前に死んでやる。
  5. 5.10号線
  6. 6.STRAWBERRY
  7. 7.SHEENA
  8. 8.LOVE SONG
  9. 9.東京紙風船
  10. 10.ふたりでこのまま
  11. 11.NEW BORN MY BLUES
  12. 12.青い春
  13. 13.メリールー
  14. 14.最終兵器GIRL
  15. 15.プラマイゼロ
  16. 16.トラッシュ
  17. 17.俺のロックンロール
  18. 18.大人になってしまうなよ
  19. 19.君へのプレゼントは、綺麗な僕の血と君の涙。
  20. 20.Under the Cloud
  21. 21.僕を撃て
  22.  【ENCORE】
  23. 新曲(タイトル未定)

お知らせ

■ライブ情報

[2017]
ircle 2man tour 『HUMANisM 決闘編 2017』FINAL
12/23(土) 大分T.O.P.S BittsHALL

ポルノ超特急2017
12/24(日) 京都パルスプラザ

[NOiD] -2017 FINAL-
12/27(水) 渋谷eggman

O-Crest YEAR END PARTY 2017 Special 4DAYS!
12/29(金) 渋谷TSUTAYA O-Crest

Livemasters Inc. 5th Anniversary Countdown ”GT2017” supported by スマチケ
12/31(日) Zepp DiverCity (Tokyo)

[2018]
わん!だふるソング 2018
01/06(土) 大分十三夜,clubSPOT

STANCE PUNKS 20th ANNIVERSARY~スペシャルマッチ 第2R~
01/09(火) 福岡Queblick

SIX LOUNGE ONEMAN ”LOVE”
01/13(土) 松山Double-u studio
01/14(日) 山口LIVE rise SHUNAN

” Seeding Your Country” Tour 2017-2018
01/21(日) 広島CAVE-BE

SIX LOUNGE pre. ”123 for 56”
01/23(火) 心斎橋BRONZE

レル企画 pre ”1996”
01/25(木) 渋谷TSUTAYA O-WEST

グッドモーニングアメリカ 502号室のシリウスツアー
01/27(土) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
01/28(日) 仙台MACANA

Hump Back ”hanamuke” リリースツアー
01/30(火) 千葉LOOK

A FLOOD OF CIRCUS 大巡業 2018
02/03(土) 名古屋CLUB UPSET
02/04(日) 名古屋CLUB UPSET

スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2018
02/22(木) 福岡BEAT STATION
02/23(金) 広島CLUB QUATTRO
02/25(日) 高松MONSTER
02/28(水) 札幌cube garden
03/03(土) 仙台MACANA
03/04(日) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
03/07(水) 名古屋CLUB QUATTRO
03/08(木) 大阪BIGCAT
03/11(日) 東京赤坂BLITZ

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る