前へ

次へ

超満員のホーム横浜で迎えた、wacci『あっち、こっち、そっち、わっちツアー2017~感情百景~』ツアー・ファイナル

wacci | 2017.12.22

「ただいま横浜」「元気だったか横浜」「まだまだついて来れるよな横浜」。橋口洋平(Vo・Gt)は1曲ごとにこう呼びかけた。パシフィコ横浜メインホール(会議センター)は満員。全40公演、5月から半年に及んだ、wacciの『あっち、こっち、そっち、わっちツアー2017~感情百景~』が、ホームの横浜でファイナルを迎えたのだ。会場は1曲目「僕らの日々」から「♪オ~オ、オ~オ!」と拳を振り上げ、3曲目「リスタート」で「♪やってやるんだって思いが奇跡を呼ぶ!」と大合唱。橋口によるFM横浜のラジオ番組のリスナーも支える、これぞホームの景色だ。

 緊張感が走ったのが6曲目「ピアノ線」。歌詞のテロップが巨大スクリーンにニコ生の放送のように流れたり、「何回も」という文字だけが画面を覆ったり、LINE画面のような吹き出しが出たり。迫りくる音と文字が、ネット社会の息苦しさを訴えてきたのだ。「すごい…」と、誰かが思わず呟く。絶品の大サビが一回だけしか登場しない「あいの唄」。キャッチーとスタイリッシュが見事に同居した「スマイル」。“こんばんわっち!”という挨拶などの親しみやすさだけじゃない。どこか骨太な美学が見え隠れする。

 ライヴ中盤、その美学が壮大なストーリーを生んだ。電車がホームに滑り込み、発車するまでの束の間、駅でのかつての別れを回想する「駅」。春に出会い、春にそれぞれが旅立つ「春風」。まるでアンサー・ソングのような2曲。そこから「東京」へとつながる流れが素晴らしい。やがてステージ全体に、メンバーの体にまで、都会の夜景の映像が写し出される。旅立った僕らは、東京で寂しい現実を知った。この街では人が人として見えていない。冷たくて痛い東京の雨。「♪うずくまってる君はそう僕みたいだ」。橋口が叫ぶ。血のように真っ赤なライトが会場を覆う。

 その瞬間、村中慧慈(Gt)のギターが空を引き裂いた。橋口が「♪心を迷いなく開けるように」と片手で左胸を叩く。スクリーンの東京に陽が昇り、朝日のようなライトが客席を照らす。そして未来への希望は、ストーリーの最後を飾る「ケラケラ」に託された。自分を責めてしまうのは、君だけじゃない。だから一緒に笑おう。「駅」「春風」で旅立ち、たどり着いた「東京」でうずくまり、「ケラケラ」で笑顔を取り戻す。まるで人生の一部を体験したようなカタルシス。こんなに徹底的に緻密で大胆な演出が、ライヴでも効果的だったのだ。

 カップルはまだ許せる。しかし、クリスマス前のこの季節、男女のグループがキャッキャッと騒いでいるのを見ると「嗚咽が……(場内爆笑)」。橋口のこんな非リア充MCが、見事に空気を変えた。ここからは後半戦だ。ディスコ調の「シンデレラ」ではミラー・ボールが会場中を照らし、ソウル・チューン「Weakly Weekday」は会場中が二の腕を絞るエクササイズを繰り広げ、お祭りモードの「君に不採用」はタオルがくるくると回った。最高に盛り上がったのは「Ah! Oh!」。複雑で高度なダンスを、会場のほぼ全員が踊っている。「今年の嫌なこと全部、このパシフィコ横浜に置いてけ!」という声と共に、銀テープが発射され、“Ah!Oh!”の掛け声とダンスはひと際大きくなった。

 wacciの骨太な攻めの美学は、楽しい楽曲でも、いや、むしろ楽しい楽曲だからこそ、徹底して貫かれていた。橋口、村中、因幡始(Key)、小野裕基(Ba)、横山祐介(Dr)の演奏力はファンキーなダンス・ナンバーも可能にし、また、彼らは言葉を生かし続けた。そんな美学と、「ピアノ線」「東京」の演出で見せたようなアイデアが、「感情」という傑作を生んだ。「今、一番大事にしてる曲を真っ直ぐに届けます」という前振りから始まった「感情」は、「♪初めて出会った時の感情。恋だと気づいた時の動揺」と韻を踏み倒し、糸を織るように言葉をひとつひとつ紡いでいく。愛するという感情とはどういうものなのか。日常のひとつひとつのシーンを“感情”をベースに綴ることで、その答えにたどり着く。本編最後、その答えが届けられた瞬間、パシフィコ横浜は深い感動に包まれたのだ。

「今日は来てくれてどうもありが……(パチパチパチ!)」。アンコールで代表曲「大丈夫」、レアな季節もの「サンタクロースを僕に」と嬉しい2曲が披露された後、橋口の言葉を、鳴り止まない拍手がさえぎる。それを彼が「パン、パパパン」とタモさん風に締めてから、「バカなの?」とひと言。この日、何度も交わされた爆笑のやり取りが、wacciをさらに乗せたのは間違いない。そんなファンを、橋口は「自慢のみんなです」と言った。

「自慢のみんなに、僕らのことをもっともっと自慢してもらえるように、大きいバンドにきっとなるから。応援よろしくお願いします」
 そして最後は「サヨナラ」。「♪僕は君が好きだった」という歌詞を、橋口は「♪僕はみんなが好きだった――ッ!!」と歌い、会場は彼がびっくりするほどの大きな声で「♪グッバイサヨナラ――ッ!!」と返した。会場全体で撮った記念写真。名残惜しそうにメンバーが去り、ツアーの風景や全スタッフの名前がスクリーンに映し出される。エンドロール最後の”Special Thanks”は「あなた」。何とそこには数分前に撮ったばかりの記念写真が写っていたのだ! まったく最後の最後まで……。その時、それぞれの胸にある感情が生まれたのではないか。それはきっとwacciを愛するという感情。

【取材・文:柳村睦子】
【撮影:江隈麗志】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル wacci

リリース情報

感情百景[通常版]

感情百景[通常版]

2017年08月16日

Epic Records Japan

1. 僕らの日々
2. Ah!Oh!
3. 感情
4. あいかわらず
5. ピアノ線
6. 駅
7. ケラケラ
8. あいの唄
9. シンデレラ
10. 恋の宛先
11. 宝物
12. 男友達
13. スマイル
14. サヨナラ
15. 春風

セットリスト

あっち、こっち、そっち、わっちツアー2017~感情百景~
2017.12.10@パシフィコ横浜メインホール(会議センター)

  1. 01.僕らの日々
  2. 02.恋の宛先
  3. 03.リスタート
  4. 04.あいの唄
  5. 05.あいかわらず
  6. 06.ピアノ線
  7. 07.スマイル
  8. 08.会いにゆきましょう
  9. 09.駅
  10. 10.春風
  11. 11.東京
  12. 12.ケラケラ
  13. 13.シンデレラ
  14. 14.Weakly Weekday
  15. 15.君に不採用
  16. 16.Ah! Oh!
  17. 17.宝物
  18. 18.感情
  19.  【ENCORE】
  20. EN 01.大丈夫
  21. EN 02.サンタクロースを僕に
  22. EN 03.サヨナラ

お知らせ

■ライブ情報

[2018]
ワンマンツアー
「あっち、こっち、そっち、わっちツアー 2018」

04/14(土) EX THEATER ROPPONGI
04/28(土) CRAZYMAMA KINGDOM
04/29(日) 高知X-pt.
05/03(木祝) 北海道KRAPS HALL
05/04(金祝) MARUSEN函館
05/12(土) 長崎DRUM be-7
05/13(日) 福岡イムズホール
05/19(土) 金沢vanvanV4
05/20(日) 新潟GOLDENPIGS RED STAGE
05/26(土) LIVE HOUSE浜松窓枠
05/27(日) 京都紫明会館
06/02(土) 広島BLUE LIVE
06/03(日) 徳島club GRINDHOUSE
06/10(日) 大阪BIG CAT
06/16(土) 横浜ベイホール
06/17(日) 横浜ベイホール
06/24(日) 名古屋ダイアモンドホール
07/07(土) 仙台darwin
07/08(日) 仙台ルフラン
07/16(月祝) 昭和女子大 人見記念講堂



[2018]
『ワンダフル THE ニッポン!迎春キャナル祭』(無料イベント)
01/08(月祝) 福岡県・キャナルシティ博多 B1F サンプラザステージ

wacci 360°ワンマンライブ ~パノラマ百景~wacci荘会
01/13(土) umeda TRAD
01/27(土) 福岡ROOMS
02/12(月祝) 名古屋E.L.L.

wacci アコースティックライブ
01/14(日) 京都 SOLE CAFE
01/28(日) P.Paradise
02/02(金) 城下公会堂【岡山】

徳島市シビックセンター 文化の駅づくり事業 FM徳島25周年 Gatar-ist LIVE 寒い冬にはあったかい弾き語りがちょうどいい
02/10(土) 徳島市シビックセンターホール4F

wacciと吉田山田のワンマンライブ』
02/11(日) マイナビBLITZ赤坂

SANUKI ROCK COLOSSEUM
03/17(土)・03/18(日)
高松festhalle、高松オリーブホール、高松DIME、高松MONSTER、高松SUMUS
※17日/18日のいずれかに出演。出演日は後日発表。

HAPPY JACK 2018
03/17(土)・03/18(日)
熊本B.9、Django、ぺいあのPLUS’、NAVARO
※17日/18日のいずれかに出演。出演日は後日発表。

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る