前へ

次へ

MOSHIMO、ミニアルバム『支配するのは君と恋の味』を携え廻った全国4カ所冬のワンマンツアー「恋の怪物は君のすぐそばに」ファイナル

MOSHIMO | 2017.12.22

 私のMOSHIMOの楽曲に対する感受が変わったのは、今夏の全国ツアー『今宵もキミにこころあり』の東京公演以降であった。そのライブで、ボーカル&ギターの岩淵紗貴は、自身の歌の背景を、「実は、どの曲も心の奥底で抑えていた後悔やジレンマ、凄く気ドロドロ悶々としたものを経て、噴出したエネルギーと説得力から成り立っている」ことを伝えた。
そして私にとって今秋発売のミニアルバム『支配するのは君と恋の味』は、まさにその言葉通りの楽曲群であった。カラっと明るく、さりげなさと軽さ、「こんな恋もあるよね」と歌いながらも、その背景や裏側までも感じ取れる楽曲が揃ったように映ったのだ。

 MOSHIMOが全国4カ所で冬のワンマンツアー『恋の怪物は君のすぐそばに』を行った。同ツアーは上述『支配するのは君と恋の味』を携え回ったもの。この日の渋谷CLUB QUATTROは、そのファイナルであった。

 場内SEが流れ出し、ゆっくりと客電が落ちていく。場内から贈られる温かい拍手に応えるようにメンバーがステージに登場する。
まずはドラムの本多響平がスティックにてカウント。緊張感のある、それでいて高揚感を煽るデモンストレーション的なインストが場内に放たれていく。その緊張感を受け継ぎ、「今日もよろしく!!」とは岩淵のひと言目。1曲目は「触らぬキミに祟りなし」だ。上昇感とソリッドな4つ打ちビートが会場にひと勝負挑むように、“この強固な乙女心に勝てるか!!”と言わんばかりに挑んでくる。「私もカッコイイ人の前で、ちょっとぐらい猫をかぶれたらいいのにな…」と告げる岩淵。続く「猫かぶる」に入ると、先程の4つ打ちの情緒感にアップテンポさとストレートさが加わっていく。彼女のキュートな歌声は今日も健在だ。

「めっちゃ楽しみにしてきた。むちゃくちゃ楽しんで帰りましょう!!」と岩淵。ハンドマイクに持ち替え「ジレンマ」に入ると、音数が少なくなった分、その隙間を活かし一瀬貴之のギターが自由にメロウに泳ぎ回る。シンプルなぶん構成で楽しませてくれる同曲。コーラスやギターソロ、音の抜き差しが作品以上のドラマディックさを寄与していく。
「好きは無限のパワー。好きな人や物、出来事とかに突き進むのって楽しくて自分を輝かせてくれる。そんなライブにするので、みなさん最後まで楽しんでいきましょう!!」と岩淵。好きな人からの呪縛をさらっと伝える、その伝達方法がいかにも彼ららしい。会場全体を気持ち良くバウンスさせた「赤いリンゴ」では、岩淵も赤いギターに持ち替え、♪赤いギター♪のフレーズが現われる際には、ギターボディを指す臨機応変な対応も魅せる。

 序盤後半は『支配するのは君と恋の味』からの曲が連射された。恋は惚れた方が負け。「毒を食らわば皿まで」と言わんばかりに、昔つき合っていた彼氏との光景を彷彿とさせた「96メモリー」では、MCで、何故この曲のタイトルが「96」であったのかも薄ら判明(以前、岩淵がつき合っていた彼はデートの際、ほとんどスエットとクロックスという格好だった為)した(笑)。また、岩淵がアコギに持ち替え「白い自転車」に入ると、本多のシャッフル気味のビートと共に、牧歌性と乾いた南部テイストな風を会場に呼び込んでいく。

 中盤のMCでは、メンバー各人がツアーを振り返った。一瀬の想い出は大阪の会場で飲んだバナナジュースの美味しさと原価の高さ。ベースの宮原颯は、ツアーとは別に北海道でライブを行ったこと。そして、福岡で1曲目にトラブルがあり、岩淵のマイクが入らず歌が聞こえない中、そのぶんお客さんが自分たちの歌声でカバーし、それが感動的だったことが告げられた。そして本多は「今この瞬間が最大の想い出です!!」と、会場の気持ちをそっくりと奪いにかかっていった。
続く岩淵のMCは、聖人君主に祭り上げられている自身への心情吐露のようにも響いた。「実は自分は凄く怠惰で、それが嫌。なんとかしたいと思い、それがジレンマとなっている。似ている人を見ると反面教師にしてしまい、その相手が凄くムカつく。だけど、結局それは自身に向けてのヘイトでしかないこと」等が正直に告げられ、そんな自分と対峙して作られたという「悪魔のつくりかた」を、ギターのアルペジオとボーカル、そしてアコギのボディタッピングのビートで歌い出す。底辺でのうごめきとそこからの昇華もカタルシス的に気持ちいい同曲。新作で、このような楽曲をキチンと入れ、清濁併せ持つことが出来たからこそ、これまで以上に、彼らの楽曲への信憑性に身を委ねられたことが実感できた瞬間でもあった。ラストは、そのジレンマがキチンと報われるように光が広がっていき、場内が安堵感に包まれていく様も感動的であった。

 中盤はMOSHIMOの前身となったバンド、CHEESE CAKE時代の曲が続けて鳴らさせた。ウェットでセンチメンタル性を擁した雰囲気を引き継ぐように歌われた「三角形関係」では、あえてシンプルな伝達方法で伝えられ、代表曲「寝グセ」も、これまでとは違った響き方をし、よりいい思い出感がアップ。愛しさとこの楽曲が根底に持つかけがえのないものであった安堵感を一層引き上げていた。また、雰囲気を一変させるように本多の怒涛のドラムソロを経て飛び込んだ「オオカミ少年」では、変拍子を交えたポストロック的なインタープレイによる各人のプレイヤビリティも堪能できた。

 ラストスパートでは、会場が再び一つにまとめあげられ、更なる一体感が生み出されていった。「以前、気なる人から勧められた甘いコーヒー(実は苦手)を想い返しながら作った」とMCで語り入った、「支配するのは君と恋の味」では、歌詞に出てきた炭酸水が、実は「甘いコーヒー」であった事実と、結局、愛しい相手が飲んでいるものは特別美味しく感じてしまう、独特の恋愛マジックへのロジックへの作詞レトリックにも感心させられた。また、タオル大旋回ナンバー「ミラーボール」では、フロア両サイドに設置されたミラーボールも幻想的に回り、本編ラストは、乙女の恋愛への力強い応援歌「命短し恋せよ乙女」が、恒例のコール&レスポンスを交え、会場中&MOSHIMOの今後を全力で応援するかのように一緒に歌われた。

 アンコールは2曲。かなり対照的な曲たちのように映った。と、その前にMCタイムが。 「一緒にもっと上のステージに行くから、これからもよろしく!!」と岩淵が伝え、最近、Twitterで見かけた自分たちの印象に対して、「ふざけんな!!心はクソロックしとるんじゃ、このボケ(笑)!!」と、自身の伝達方法や形態の不理解からのイメージでの揶揄に、熱い交戦スタイルを魅せる一場面も。
そして、ライブに入る前に、12月22日に配信両Aサイドシングル「ミルクティー / 白」をリリースすることがまず報告される。
アンコール1曲目は「てんてこまい」だった。アコギ、コンガ、タンバリン、トライアングルといった、より温かさが伝わってくるアコースティックスタイルで伝えられた同曲。また、ラストは再びバンドスタイルで逆説ソング「大嫌いなラブソング」に。あまり強がらずともキチンと本音を出しているように響いていたのも特徴的であり、後半はリフレイン部分を会場に任せ、気持ちを同化させた歌がステージ、フロア交えて完成された様を見た。最後は武装せずとも、きちんとネイキッドに会場を引き込んでいく流れに、改めてこの日の大きな物語を感じた。

 どの曲もそのバイタリティの源とも言える説得力溢れるものが根底には流れており、それがよりバンドを強靭にし、世間の風評やイメージに惑わされず、自分の存在証明や真意を貫いていく、そんな力強い意思表明や所信表明を示してくれたかのように映った、この日のライブ。それは同時に、そこについてきてくれる者たちと、この先も共に進んでいく。そんな力強いアライアンスを生じさせた一夜でもあった。
MOSHIMOは今後も己を更に強く信じ、ますます大きく、そして強くなっていく! そう、彼らを信じる者たちと共に!!

【取材・文:池田スカオ和宏】
【撮影:木場ヨシヒト】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル MOSHIMO

リリース情報

支配するのは君と恋の味[初回限定盤]

支配するのは君と恋の味[初回限定盤]

2017年10月04日

ラストラム

01.支配するのは君と恋の味
02.悪魔のつくりかた
03.96メモリー
04.白い自転車

セットリスト

ワンマンツアー2017冬「恋の怪物は君のすぐそばに」 2017.12.9@渋谷CLUB QUATTRO

  1. 01.触らぬキミに祟りなし
  2. 02.猫かぶる
  3. 03.ジレンマ
  4. 04.赤いリンゴ
  5. 05.96メモリー
  6. 06.白い自転車
  7. 07.悪魔のつくりかた
  8. 08.三角形関係
  9. 09.寝グセ
  10. 10.オオカミ少年
  11. 11.支配するのは君と恋の味
  12. 12.ミラーボール
  13. 13.命短し恋せよ乙女
  14.  【ENCORE】
  15. En-1.てんてこまい
  16. En-2.大嫌いなラブソング

お知らせ

■ライブ情報

[2017]
FM開局記念イベント『Happy 48th!@FM Christmas Special from Centrair
12.24(日) 中部国際空港セントレア4Fイベントプラザ 第一会場

cross fm 25th Pre-Anniversary RockDaze! 2017 Xmas Special
12/26(火) 福岡国際センター

COUNTDOWN JAPAN 17/18
12/29(金) 幕張メッセ


[2018]
T/ssue Blue Release Tour

01/13(土) 新栄APOLLO BASE

LOCAL CONNECT 3rd mini Album「未完成」リリースツアー
02/27(火) 大分club SPOT
02/28(水) 佐賀GEILS

見放題東京2018
03/03(土) 新宿ライブハウス

HIROSHIMA MUSIC STADIUM -ハルバン’18-
03/10(土)・11(日) 広島市内の各ライブハウス

SANUKI ROCK COLOSSEUM ~BUSTA CUP 9th round ~
03/17(土)・18(日) 高松市内の各ライブハウス

HAPPY JACK 2018
03/17(土)・18(日) 熊本市内の各ライブハウス

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る