前へ

次へ

2017年12月25日、聖なるクリスマスの夜にXmas EileenがZepp DiverCity TOKYOに降臨!

Xmas Eileen | 2018.01.16

 聖なるクリスマスの夜(12月25日)にXmas Eileenが降臨! 今日の会場内を見渡すと、サンタクロースの帽子を被った観客もちらほらと見かけ、ここでパーティー気分を味わおうとする人たちが多く押し寄せていた。この季節に入ると、街にはキレイな電飾が付いて視覚的にも楽しませてくれるが、このZepp DiverCity TOKYOもそれに負けないくらいゴージャスなステージングとなり、視覚聴覚の両面においてド派手なショウでぶち上げてくれた。

 Xmas Eileenが今年10月にリリースした2ndアルバム『DIS IS LOVE』を引っ提げた全国ツアーを行い、この日はワンマンライブでのファイナル公演を迎えた。登場SEにクリスマス・ソングが流れる中、メンバーが順にステージに姿を現す。「メリー・クリスマス!」とギターが挨拶すると、「Keep on A・B・C・ing」で本編開始。間髪入れずに「Tell me all your lies」に突入すると、生々しいバンド・サウンドと華やかなデジタル音が融合し、キャッチなーメロディは豪快に突き抜けていく。そのアッパーな高揚感に観客も頭上でタオルを回して応戦する。また、セクシーかつヘヴィなギター・ソロも聴き応え十分である。それからラップやスラップ・ベースが炸裂する「Still a Liar」を披露。カオティックな勢いも相まって、演奏の攻撃力はグッとギアが入ったことを肌で感じた。観客の声もより一層大きくなり、楽曲に積極的に参加している。

 「一緒に行こうぜ!」とVo.右がさらに焚き付けると、「Long Highway」をプレイ。テンポ感のあるリズムに親密な歌メロが乗り、宴気分は会場全体に蔓延する。しかも、今日はステージ背面にビッシリとカラフルな照明がセッティングされ、曲に合わせて目まぐるしく切り替わり、さながらディスコ状態の煌びやかな演出が施されていた。非日常空間と化した場内は、Xmas Eileenの躍動感溢れるサウンドと見事にマッチ! 大バコで浴びる彼らの楽曲に気分はアガりっぱなし。

「ド平日の月曜日にこれだけ集まってくれて、ありがとう!」とVo.右が感謝の意を表し、続けて「見た目通りにマジメなバンドです、世の中にファ×クがあるんで、この曲を聴いてください!」と言うと、「Candy Smile」を放つ。この曲は2ndアルバムの軸になった曲と、Vo.右がインタビュー時に語ってくれたことがある。シリアスなテーマを扱った鋭いメッセージを帯びた歌詞に比例し、極悪ヘヴィ・リフにスクラッチ音が鳴り響くミクスチャー音は強烈無比。観客の身も心も激しく揺らす重厚なダイナミズムを叩き付けた。それから緑のレーザー光線が飛び交う中、ホラー風味の激越パーティー曲「Zombie」と畳み掛けていく。観客はゾンビのように両手を上げ、曲名をコール&レスポンスする熱いやり取りが繰り広げられた。続く「Calling Rainy Days」では青く光るミラーボールが印象的で、会場も右肩上がりに盛り上がる。

 だが、またまだこんなものじゃない。Xmas Eileenは底なしのスタミナで、エンターテイナーぶりを存分に発揮する。Vo.右とVo.左のエモーショナルな歌声で迫る「Timer」、キャッチー&ヘヴィな両極を持ち合せた「99.9」と矢継ぎ早に続け、特に後者はジェットコースター級の曲展開で会場をすっぽりと覆い尽くす壮大なスケール感で迫ってきた。

 ショウも折り返し地点に差し掛かると、「ワーイ! 楽しい。お前らもアホっぽいな?」とVo.右が人懐こく語りかけ、白い仮面の裏に潜む人間臭い側面を露にする。この緊張と緩和のギャップも彼らの魅力と言っていい。シリアスにもユーモラスにも自在に針を振りながら、濃密な空間をどんどん作り上げている。その流れから「March」に入ると、ハートウォーミングな歌メロに惹き付けられ、ショウの流れにいいフックをもたらしていた。 「FATE」、「世界のすべて」と続くと、次は「パーセンテージ」へ。アミューズメント・パークに迷い込んだような至福のメロディが降り注ぎ、壮大なスケールを描く歌メロも絶品。白い照明も曲調の神聖さをより一層引き立てていた。

「4年前の今日、生き甲斐を失くした。音楽をやめようと思ったけど、もう一度やろうと思った。半年後の最初のライヴは5人で悔しくて……」とVo右が赤裸々に告白した後、「No justice in this world」、「Escape to Paradise」、「Everybody goes」、「Before the Skyfall」と怒濤の攻撃力でZepp DiverCity TOKYOを蹂躙するエナジーを見せつけ、ロック・バンドの矜持をこれでもかと猛アピール! 「Kiss me Kill me tonight」、ラストの「Walk the Talk」においてはモンキーダンスで会場を一つに束ね、パーティーの向こう側に誘うとんでもない活気を生み出していた。

終演のアナウンスが流れても、立ち去る観客はおらず、ずっとXmas Eileenを待ち続けている。その気持ちに応えるべく、アンコールでメンバーが再び登場。今日のセット・リストから予定外に2曲を追加し、またここからライヴが始まりそうな凄まじい勢いを振り撒き、観客を至福の笑顔で踊らせていた。喜怒哀楽を分かち合い、観客を1人残らず牽引する豪快なライヴを観終え、2018年もXmas Eileenは大暴れしてくれるに違いない。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:ハタサトシ】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Xmas Eileen

リリース情報

DIS IS LOVE

DIS IS LOVE

2017年10月18日

ビクターエンタテインメント

01. Timer
02. Everybody goes
03.パーセンテージ
04. Candy Smile
05. Tell me all your lies
06.世界のすべて
07. Long Highway
08. Radio
09. A world where birds can’t survive
10. 99.9

セットリスト

“DIS IS LOVE” TOUR FINAL【ONLY HOLY NIGHT 2017】
2017.12.25@ Zepp DiverCity TOKYO

  1. 01.Keep on A・B・C・ing
  2. 02.Tell me all your lies
  3. 03.Still a Liar
  4. 04.Long Highway
  5. 05.Candy Smile
  6. 06.Zombie
  7. 07.Calling Rainy Days
  8. 08.Timer
  9. 09.99.9
  10. 10.March
  11. 11.FATE
  12. 12.世界のすべて
  13. 13.パーセンテージ
  14. 14.No justice in this world
  15. 15.Escape to Paradise
  16. 16.Everybody goes
  17. 17.Before the Skyfall
  18. 18.Kiss me Kill me tonight
  19. 19.Walk the Talk

お知らせ

■ライブ情報

FLOW 15th Anniversary Live「FLOW THE PARTY 2018」
02/17(土) 大阪BIGCAT

【Before Christmas 2018】
02/20(火) 渋谷eggman

s60 & Xmas Eileen DJ Presents【ZASSO.】
02/24(土) 大阪・味園ユニバース

【Before Christmas 2018】
03/02(金) 心斎橋CLUB DROP

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る