前へ

次へ

黒木渚が人見記念講堂で一夜限りのワンマン公演『~幻想童話~砂の城』開催

黒木渚 | 2018.03.09

 完全復活への道を力強く歩み続ける黒木渚、2018年最初のライブ『~幻想童話~砂の城』が、2月24日に東京・昭和女子大学人見記念講堂で行われた。幻想童話というテーマにふさわしく、渚自身の声で語られる『マッチ売りの少女』の物語からライブはスタート。スクリーンに浮かび上がるマッチの炎の赤と、ダークブラウンのティアードドレスに身を包む渚が手に取る林檎の赤が暗闇に映える。まさに幻想的なムードの中、井手上誠のアコースティック・ギターと声のみで「エジソン」を歌い、田畠幸良のピアノが加わった「あしかせ」へ。かつてない荘厳なオープニングに、観客は息を止めてステージに見入るしかない。

「最後まで、どうか心残りのないように。砂の城が崩れる瞬間まで、楽しんで帰ってください」

「窓」では宮川トモユキのベースが入り、エンディングではさらに柏倉隆史のドラムも加わって、いよいよフルメンバーが勢揃い。強力なビートとカオティックなアンサンブルで疾走する「マトリョーシカ」は、まるで前衛ジャズロックのようだ。渚もステージを泳ぐように、ひらひらと舞い踊りながら歌う。喉の調子は良さそうだ。

 鏡よ鏡。世界で一番美しいのは誰? お馴染み『白雪姫』の物語に続いては、バンド時代のレパートリー「カルデラ」が久々に聴けた。毒と針と闇が聴き手の心を深く突き刺すダーク歌謡を、エレクトリック・ギターをかき鳴らし激しく歌う渚。さらに目の眩むようなサウンドの爆発から、鮮血のような赤いライトに染まった「あたしの心臓あげる」へとつなげる展開は、まさに鳥肌もの。一転して青く爽やかな「枕詞」へと、ぐるぐると揺さぶられる感情が忙しい。

 次の物語は「アダムとイブ」だ。再び空中から林檎が現れ、しずしずと登場した渚は白いドレスに銀のティアラ。聖歌隊のような清楚な姿で披露したのは新曲「砂の城」で、ハーモナイザーというのか、エフェクトをかけた歌声もまた幻想的に響く。後半はバンドサウンドで一気に盛り上がり、柏倉のクレイジーなドラムに輪をかけて、ほとんどイッちゃってる井手上のギターがすごすぎる。「はさみ」でのエモーショナルなロックバラードぶりも、異常な程にテンションが高い。

「このライブのためにもう1曲作りました。マザーグースの物語の、その後を描いた曲です」

「月曜日に生まれた子供は」は、マザーグースにある同名の詩をもとにした、渚流の新作童謡というべきか。シャンソンのようなミュージカルソングのような、三拍子のリズムと、どこか郷愁を誘うメロディが懐かしい。続く「ピカソ」では、渚がリコーダーで吹く童謡『桃太郎』のメロディをきっかけに、観客全員による大合唱、客席に配った“青林檎と赤林檎のカード”によって振り分けた掛け合いコーラスなど、まさかの「桃太郎」歌いっぱなしという童心コーナーへ。我々がすっかり和んだ頃を見計らって、「解放区への旅」で突如ギアをトップに上げて爆走する、見事なコントロールで一気に後半へと突入してゆく。「立っていいよって言うの忘れてた(笑)」と、客席を見渡す渚は満面の笑顔だ。

 総立ちと総手拍子に迎えられた「解放区への旅」から「君が私をダメにする」へ、スーパードラマー・柏倉を筆頭に、音も光も追い越す抜群のスピードでバンドは走る。「抑圧されたあとの解放感はどう?」と、Sっ気たっぷりに渚が煽る。イントロのアカペラを観客に任せ、「虎視眈々と淡々と」では再び青林檎と赤林檎カードを使ったコーラス合戦。「そっちのほうが楽しそうだなー」と渚が笑う。

「砂の城を崩す時が来ました。今日何がしたかったか?というと、小さな命の模型が作りたかったんです。骨になる瞬間まで、最大風速で生きていきましょう。約束してね」

 ラストはやはりこの曲、「骨」だった。全力で歌い続けた渚の声は少し涸れ気味だが、そんなことまったく気にはならないほど、伝わるエナジーが半端ない。これが今の黒木渚、それを受け止めるのが今の自分。“今を生きる”というメッセージを一対一で受け取れた、今日ここに来たファンは本当に幸せだ。

 アンコール。「骨のあとは幽霊で」というユーモラスな曲紹介で「ウェット」を歌ったあと、この日一番長いMCを渚がした。子供の頃に一番インパクトがあった童話が『赤い靴』だったこと。死ぬまで踊り続ける呪いをかけられた少女のように、今の自分も何かを作り続ける呪いを背負っていくしかないこと。今日作った一つの作品、すぐになくなってしまう砂の城を一緒に見た、私とあなたのちょっとした接点は、とても素敵なものだと思うこと。

「あなたが私を応援してくれるのと同じように、私もあなたを応援していきます。それだけはどうか忘れないで」

 この日最後に歌われたのは、活動休止期のつらい気持ちを赤裸々に吐き出したスローバラード「ブルー」だった。あまりに切なくリアルな歌詞だが、この日ここで聴く「ブルー」には、トンネルの向こうに確かに見えている、小さくもまばゆい光があった。黒木渚は確実に前進している。誰もがそう感じたはずだ。

 音楽と、文学と、舞台劇と。ほかの誰でもない、黒木渚だけのアーティスティックなステージの素晴らしさを、もっと多くの人へ。この日の『~幻想童話~砂の城』は、未だ真っ白なキャンパスのような黒木渚の未来に向けて、確かな足掛かりになるだろう。

【取材・文:宮本英夫】
【撮影:椋尾詩】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル 黒木渚

リリース情報

解放区への旅

解放区への旅

2017年09月20日

ラストラム・ミュージックエンタテインメント

1.解放区への旅
2.灯台
3.火の鳥
4.ブルー

セットリスト

黒木渚 ワンマン公演『~幻想童話~砂の城』 2018.2.24@東京・昭和女子大学人見記念講堂

  1. 01. エジソン
  2. 02. あしかせ
  3. 03. 窓
  4. 04. マトリョーシカ
  5. 05. カルデラ
  6. 06. あたしの心臓あげる
  7. 07. 枕詞
  8. 08. 砂の城
  9. 09. はさみ
  10. 10. 月曜日にうまれた子供は
  11. 11. ピカソ
  12. 12. 解放区への旅
  13. 13. 君が私をダメにする
  14. 14. 虎視眈々と淡々と
  15. 15. 骨
  16.  【ENCORE】
  17. 16. ウェット
  18. 17. ブルー

トップに戻る