前へ

次へ

Amelie、「『ステップ×ステップ』Release Tour 2017-2018」渋谷クラブクアトロからその先へ

Amelie | 2018.03.22

「みんなが目の前にいてくれる、その存在だけでうちらは何度も何度も救われた」(mick/Vo,Gt,Piano)。3月11日、渋谷CLUB QUATTROで開催された「Amelie『ステップ×ステップ』Release Tour 2017-2018」のファイナル公演は、彼女たちと詰め掛けたオーディエンスにとって、かけがえのない記念碑であると同時に、新たなスタートラインとなった。そして2011年に結成、2014年に初ワンマン、2015年に全国流通、2016年以降、渋谷で言えばeggman、TSUTAYA O-WEST、CLUB QUATTROとひとつずつ階段を登ってきたAmelieだが、どんなに悔しい経験を重ねても、その闘い方は間違いなんかじゃなかったのだと、証明されるようなライブだった。

 開演前、場内BGMとして流れていたのはパラモアの『アフター・ラフター』だ。今や世界屈指のバンドとなった彼女たちも、メンバーチェンジを繰り返すなどその歩みは決して平坦なものではない。「cry hard, dance harder」、これはヘイリー・ウィリアムス(Vo)の合言葉だ。命の炎が揺らぐほど思いつめ、どん底まで落ちてしまうこともあるけれど、苦悩を抱えながらも強いアイコン像を全うし、ロックを歌っている時だけは快楽に身を任せる。その感じはAmelieにも通じるなあ、なんて思っていると、メンバーが姿を現した。

「2018年3月11日、とうとう来たよ今日が。正直まだ答えはわかってないんだけど、それでも最後の最後まで、僕たちに朝は来るって信じて歌います!」、mickの宣誓を皮切りに「朝は来る」が始まる。持ち前のマイナー感溢れる哀愁の旋律。でもそれは闇を手探りで這いずり廻ったり、自暴自棄に無力感を叩きつけたりするための暗さではない。《何度やって ダメだって 挫けたって 泣いたって/一歩ずつだっていいさ 行こう あの光へ》。たとえ目の前が真っ暗でも、闇を越えて光へ向かう。その力強い意志がシンプルなバックビートとともに鳴り響いている。まさに今だからこそ歌える1曲だ。

 一糸乱れず右拳が突き上がる「さよならバイバイ」、ハンドクラップを支えに怪しくエモーションを解放する「Discommunication」を連続投下、興奮メーターを振り切る勢いで畳み掛けていく。「もっとみんなでヤバい夜を作りたい!」(mick)と「月夜に君とランデヴー」で合いの手を促し、「GuruGuru」ではダークな衝動をドッカーンと。楽曲の色に統一感を持たせながらも、抑揚を効かせた素晴らしい流れだ。裏打ち2ビートがさらなる狂騒を煽る「アネモネ」では、mickに続いて直人(Gt,Cho)とあっきー(Ba,Cho)が前方へ身を乗り出し、アサケン(Dr,Cho)はぐちゃぐちゃの笑顔でメロディを口ずさんでいる。やっぱライブハウスは最高だ、そう思わされる光景である。

「去年の1月に出した『ドラマチック』のツアーファイナルでも、ここで5月にワンマンをやらせてもらって。クアトロでワンマンをやるって、バンドの登竜門的なイメージがあって。埼玉県の越谷市という小さな街から始まった我々からしたら、ほんとに一歩ずつ進んできたわけじゃないですか」と語るmickに、「最初は4、5人の前でライブしてたからね」と応えるあっきー。前回のクアトロワンマンで一皮向けたけれど、まだまだ最高を更新していく。そんな決意を込めた「ドラマチック」、きらきら輝くフレーズに合わせ、手を結んだり開いたりするアクションが幸せな一体感を生む「グッバイハロー」、さらに《終わりよ来ないで》の後、mickがなんとも言えない眼差しをフロアへ向けた「やだよ。」まで、一気に駆け抜けていく。

 ぽろろん……不意に鳴るキーボードの儚い音色が空気を変える。「タイムライン」だ。続いて「君といま生きている」が届けられる。後悔だらけの過去すら抱きしめ、今を噛みしめること。なんてことない今日を生きることがどれだけ幸せなのか。当たり前の日常を計り知れない輝きに変えてくれるAmelieの曲は、この3月11日という日において、ものすごい説得力とともに観客全員の身体に染み渡っていった。

 ここで機材車がステップワゴンからハイエースに進化したことを報告(笑)。また今回のツアーでmickにラーメン禁止令が出されていたことを告白する。理由は簡単、ライブ後に食べると太るからだそう。ただもし本公演がソールドアウトすれば食べていいことになっていたのだが、惜しくも達成ならず。それでも目の前に駆けつけたお客さんに心からの感謝を伝え、「君がいる景色が続きますように」(mick)と「step!」ヘ。じゃれ合うように向かい合って弾く直人とあっきー。ミラーボールが照らし出すオーディエンスの笑顔、オーオーと響く大合唱。間髪入れずに「手紙」のストレートなロックパワーが爆発し、「honey」の中毒性抜群リフレインがかき鳴らされる。

「去年5月のクアトロワンマンさ、絶対ソールドアウトさせようねってツアー回ったの。でもダメだった。そんでリベンジって決めて2回目のクアトロワンマン。今回もやっぱりダメだった。めっちゃ悔しいよ! やっぱりダメなのかなって思っちゃったよ。だけどさ、ここで諦めるようならうちらじゃないよ。ここで辞めるようならAmelieじゃないよ! もしかしたらギリギリなのかもしんない。それでも挑戦し続けていくのがAmelieなんだ。何度だってやってやるよ!」とmickが叫んでからの「ゼロじゃない」。ソールドしなかったなんて、わざわざ言わなくてもいいこと。それでもあえて隠さず、真正面から向かい合い、すべてを曝け出して闘う。完全無欠の強者なんて実はいなくて、誰もが弱さを抱えながら、懸命に強くなろうとする。その姿こそがほんとの強さなんだと、覚悟に満ちたmickの顔が、声が、Amelie4人のサウンドが、叫んでいるようだった。

 ここからはあっという間にクライマックスへ。メロコアの攻撃性が激しく焦燥を焼く「エラー」、コール&レスポンスが沸きに沸いた「メグリメグル」を経て「君が為に鐘は鳴る」。そして最後にmickが語る。「みんなで1コになってAmelieという空間を作れたなあと思いました、ほんとにどうもありがとうございました。Amelieの旅はまだまだまだまだ続きます。みんなと一緒だったら大丈夫だって信じてます。マジでどこまでも一緒に行こうね、みんな!」。そこからの「サイクル」は、ハンドマイクで熱唱する冒頭、mickの声を包み込むようにフロアのシンガロングが響き渡った。思わぬ景色に、彼女はグッと涙を堪え、伴奏を抑えるよう直人へ合図を送る。さらに自身の歌も抑え、合唱だけが続く場面も。ファンとの絆なんて言葉では足りないほど、特別で万感の大団円となった。

 アンコールでは5月30日に2ndフルアルバム『ビューティフルライフ』をリリースし、大阪と名古屋での初ワンマン、ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMを含む全国ツアーを開催するとアナウンス。いち早く披露された「ビューティフルライフ」は、「みんなが幸せをくれて、なんて素晴らしい人生だって思った」(mick)という気持ちを、シングルコイルギターの鋭利なサウンドに乗せる人生賛歌。そして「ヒーロー」の切なく力強い歌が感謝のメッセージを再び運び、メモリアルな一夜の幕を下ろしたのだった。

【取材・文:秋摩竜太郎】
【撮影:日吉”JP”純平】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル Amelie

リリース情報

Amelie「ステップ×ステップ」

Amelie「ステップ×ステップ」

2017年11月01日

[NOiD] / murffin discs

1.朝は来る
2.エラー
3.step!
4.サイクル

セットリスト

Amelie『ステップ×ステップ』Release Tour 2017-2018
2018.3.11@渋谷クラブクアトロ

  1. 01. 朝は来る
  2. 02. さよならバイバイ
  3. 03. Discommunication
  4. 04. 月夜に君とランデヴー
  5. 05. GuruGuru
  6. 06. アネモネ
  7. 07. ドラマチック
  8. 08. グッバイハロー
  9. 09. やだよ。
  10. 10. タイムライン
  11. 11. 君といま生きている
  12. 12. step!
  13. 13. 手紙
  14. 14. honey
  15. 15. ゼロじゃない
  16. 16. エラー
  17. 17. メグリメグル
  18. 18. 君が為に鐘は鳴る
  19. 19. サイクル
  20. 【Encore】
  21. 20. ビューティフルライフ
  22. 21. ヒーロー

お知らせ

■ライブ情報

Shout it Out ライブツアー 2018・春「GOODBYE MY TEENS-延長戦-」
04/01(日)[栃木]HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2

Hump Back "hanamuke" リリースツアー
04/13(金)[香川]高松DIME
04/14(土)[高知]X-pt.

FEELFLIP presents Fiesta Carnival I
04/20(金)[東京]下北沢SHELTER

FM NORTH WAVE & WESS PRESENTS IMPACT! XIII supported by アルキタ
04/22(日)[北海道]札幌5会場サーキット

ircle presents『HUMANisM 大乱闘編 2018』
04/28(土)[東京]TSUTAYA O-Crest

VIVA LA ROCK 2018
05/04(金)[埼玉]さいたまスーパーアリーナ

Don’t Stop Music Fes.TOCHIGI 2018
05/19(土)・20(日)[栃木]栃木市文化会館(大ホール)

百万石音楽祭2018~ミリオンロックフェスティバル~
06/03(土)・04(日)[石川]石川県産業展示館(1-4号館)

Amelie 鐘フェス 2018〜君が為に越谷で鳴らす〜
06/16(土)[埼玉]越谷EASYGOINGS / 越谷ABBEY ROAD

Amelie「ビューティフルライフ」Release Tour 2018 -START SERIES-
06/22(金)[大阪]アメリカ村 BEYOND
06/24(日)[愛知]名古屋ell.SIZE
07/10(火)[神奈川]F.A.D YOKOHAMA
07/14(土)[茨城]水戸LIGHT HOUSE
07/26(木)[愛知]豊橋club KNOT
07/27(金)[兵庫]神戸太陽と虎
07/28(土)[京都]MOJO
07/29(日)[岡山]CRAZY MAMA 2nd room
08/03(金)[長野]LIVE HOUSE J
08/04(土)[石川]金沢vanvan V4
08/05(日)[新潟]GOLDEN PIGS BLACK STAGE
08/11(土)[広島]Cave-Be
08/12(日)[福岡]Queblick
08/14(火)[山口]周南rise
08/16(木)[高知]X-Pt.
08/17(金)[香川]高松DIME
09/07(金)[宮城]仙台MACANA

Amelie「ビューティフルライフ」Release Tour 2018 -FINAL SERIES-
09/14(金)[大阪]OSAKA MUSE
09/16(日)[愛知]名古屋APOLLO BASE

Amelie「ビューティフルライフ」Release Tour 2018 -FINAL SERIES-
09/22(土)[東京]恵比寿 LIQUID ROOM

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る