前へ

次へ

CHAI、東京カランコロン&おみそはんとキネマ倶楽部を沸かせた「春のCHAIまつり」

CHAI | 2018.04.17

 CHAIが自主企画「ロード・ツー・ダ・GRAMMYs vol.5『春のCHAIまつり』」を開催。3月25日に大阪・Shangri-La、31日に東京・東京キネマ倶楽部で行われたうち、後者の公演をレポートする。

 東京公演のゲストは東京カランコロンとDJみそしるとMCごはん。先陣を切ったのは東京カランコロンだった。彼らは「泣き虫ファイター」「ラブ・ミー・テンダー」といったライブ定番曲を演奏しながら、いちろー(Vo, G)とせんせい(Vo, Key)からなる男女ツインボーカルならではの多層的な響きをキネマ倶楽部いっぱいに轟かせる。いちろーが「CHAIは本人たち見たらホントに驚くくらいかわいいですよ。眉毛がピン!ってなってて唇も真っ赤で」と話せば、かみむー氏(Dr)と佐藤全部(B)もCHAIに合わせたかのようにピンク色のTシャツを着用していた。バンドのまとめ役・いちろーは「普段こういうライブのとき、僕らが変というか一番味が濃い扱いされるんですけど、今日はたぶん一番味薄いです。このあと濃いのしか出てこないんで」とこの日のラインナップを称え、「今、東京カランコロンのすごく大事な曲」という「トーキョーダイブ」で出番を締めくくる。

 続いて登場したDJみそしるとMCごはんは、炊飯ジャーやホットプレート、調理具、DJを卓上に置いた特設セットに囲まれて、しゃもじマイクを握ってパフォーマンス。彼女のライブではおなじみの風景だ。CHAIとは約3年前にライブ共演した際に意気投合し、「プライベートでゆりやんレトリィバァのライブをみんなで見にいったり、お茶したり」する仲だそう。この日のアクトでは、CHAIにおすすめの男の子を紹介したいという前置きから「エプロンボーイ」、くいしんぼうシスターズが豚のしょうが焼きを生調理しながら「CITY RiCE r.t.m. mabanua」などをパフォーマンス。そして代表曲「ジャスタジスイ」を歌いながら、完成したしょうが焼きを大きなうちわで扇ぎ、フロアに“飯テロ”を巻き起こす。彼女のゆるくもユーモアに富んだ話術はCHAIのファンにも大受け。幾度となく爆笑を生んでステージを去っていった。

 トリを務めたCHAIは、もともとグランドキャバレーだったキネマ倶楽部の象徴である階段上のサブステージから登場。横並びの4人にスポットが当たるなり大歓声で迎えられる。そして彼女たちが気合いたっぷりに「ハイハイあかちゃん」を演奏し出すと反射的にオーディエンスも踊り出した。序盤は「Sound & Stomach」「ボーイズ・セコ・メン」とアッパーな楽曲を重ねる。マナ(Vo, Key)の中毒性のあるアジテーションと、カナ(Vo, G)のエッジの効いたギターとコーラス。飛び道具のような双子のサウンドに一気に説得力を持たせ、強靭なグルーヴをプラスするリズム隊のユウキ(B, Cho)、ユナ(Dr, Cho)。これを一度に浴びるカタルシスこそCHAIのライブの醍醐味だ。

 マドンナ「マテリアル・ガール」に乗せて歌う恒例の宣伝コーナーのあと、階段上での「自己紹介」ではマナ・カナによる息ぴったりのアカペラが届けられる。その姿に、フロアから和やかな笑いと「かわいい!」との声が飛び交う。その後、観客とメンバーによるコール&レスポンスで一体感を高めると、そのまま「N.E.O.」に流れ、場内にドラスティックな興奮が渦巻き出す。

 中盤は、マナがフリーマイクになってハイトーンで歌い乱れる「クールクールビジョン」、Basement JaxxやChvrchesを思わせるエレクトロな音色の「フライド」でさらに踊らせる。かと思えば、全員ティアドロップサングラスをかけて「私は花粉が嫌いだー! ブー!」と花粉症に対するフラストレーションを爆発させた「ぎゃらんぶー」では笑いも振りまき、新作「わがまマニア」収録の新曲「アイム・ミー」ではおちゃめなフォーメーションダンスも披露(※ダンスはMVのみで、ライブは踊らず演奏しています。)。ほんわかとした口調のユナによるMCコーナーでは、4人を代表してゲストの東京カランコロン、おみそはんへ感謝を述べた。このように、キュートだったり、クールだったり、ギクッとするほど皮肉的だったり、気の抜けるほど柔和な一面だったり……場面ごとにコロコロと表情を変え多面的な魅力を放出するCHAIに、オーディエンスは翻弄されっぱなし。同時に、初音源発表からまだ1年半という若い彼女たちの持つ、大きな大きな伸びしろにワクワクさせられる。

「sayonara complex」で本編に“サヨナラ”したCHAI。アンコールでは、次のワンマンツアー「Because ウィーアー・CHAIトゥアー ~ワンマンだよ~」が大好評につき、7月14日に東京・渋谷CLUB QUATTROにて追加公演が決定したことを発表。場内が朗報に沸いたところで、また新作収録の新曲「フューチャー」を披露。ミドルな4つ打ちナンバーでバンドの新たな境地を見せる。充実した1日のおしまいに「今日はみんなほんとに来てくれてありがとう! またね!」と挨拶。メロウでノスタルジックなムードの「ほれちゃった」で甘酸っぱい余韻をキネマ倶楽部に残して「春のCHAIまつり」に幕を下ろした。

 5月6日発売の3rdミニアルバム「わがまマニア」は“わがまま”がテーマ。マナは「わがままってなんか、マイナスなイメージがあるんやけど、ほんとはちょー自由で、素直に生きとるってことだとおもうんだ~!きっとみんな、そのまんまが一番かわいいし、CHAIはそんなみんなをNEOかわいいっておもうよ~」とコメントを発表している。これからもわがままに、規格外のパワーで、でも誰もが感じている等身大の感情をCHAIは表現していくだろう。

【取材・文: 鳴田 麻未】
【撮影:中磯ヨシオ】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル CHAI

リリース情報

わがまマニア

わがまマニア

2018年05月09日

OTEMOYAN record

1.We Are Musician
2.アイム・ミー
3.フューチャー
4.FAT-MOTTO
5.Center of the FACE !

セットリスト

春のCHAIまつり
2018.3.31@東京キネマ倶楽部

     ■東京カランコロン
  1. 01. カラフルカラフル
  2. 02. 泣き虫ファイター
  3. 03. ビビディバビディ
  4. 04. ラブ・ミー・テンダー
  5. 05. トーキョーダイブ
  6.  ■DJみそしるとMCごはん
  7. 01. 米夢☆米舞
  8. 02. きゅうりのキューちゃん
  9. 03. エプロンボーイ
  10. 04. CITY RiCE
  11. 05. ジャスタジスイ
  12.  ■CHAI
  13. 01. ハイハイあかちゃん
  14. 02. Sound & Stomach
  15. 03. ボーイズ・セコ・メン
  16. 04. 自己紹介
  17. 05. N.E.O.
  18. 06. クールクールビジョン
  19. 07. フライド
  20. 08. ぎゃらんぶー
  21. 09. アイム・ミー
  22. 10. ウォーキング・スター
  23. 11. sayonara complex
  24.  <アンコール>
  25. 12. フューチャー
  26. 13. ほれちゃった

お知らせ

■ライブ情報

3rd EP「わがまマニア」リリース記念 Because ウィーアー・CHAIトゥアー ~ワンマンだよ~
06/22(金)大阪・Music Club JANUS
06/23(土)名古屋JAMMIN’
06/29(金)仙台LIVE HOUSE enn 2nd
07/01(日)札幌BESSIE HALL
07/07(土)福岡DRUM Be-1
07/12(木)東京LIQUIDROOM

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る