前へ

次へ

会場が温かな幸福感で満たされたOfficial髭男dismのツアーファイナルをレポート

Official髭男dism | 2018.07.19

 フジテレビ系“月9”ドラマ『コンフィデンスマンJP』で「五十嵐」を演じた俳優・小手伸也の「Official髭男dismの世界にようこそ!」というナレーションが鳴り響き、ラスベガスのショーのようなカラフルな照明が飛び交う中、ステージの後方に設置されていた高台に藤原聡(Vo&Pf)、小笹大輔(Gt)、楢崎誠(Ba&Sax)、松浦匡希(Dr)が登場。階段を下りてそれぞれのポジションについた彼らは、早速、演奏を始めた。1曲目に届けられたのは、『コンフィデンスマンJP』の主題歌「ノーダウト」。軽やかさとミステリアスさが入り混じった印象的なイントロがスタートするや否や、背景に飾られているバンドロゴに仕込まれている電飾が華やかに点滅を始めた。観客の歓声、打ち鳴らされた熱い手拍子の勢いがものすごい。ヒゲダンが深く愛されていることをまざまざと感じるオープニングだった。

「Second LINE」と「Tell Me Baby」も届けられた後に迎えた最初のインターバル。藤原は着ていたグレーのジャケットを脱いで観客に語りかけた。「この日をめちゃくちゃ心待ちにしていました。心をこめてグッドミュージックをお届けしたいと思います!」――その言葉通りの空間が、その後もまさしく生まれ続けていた。「恋の前ならえ」「Driver」「ブラザーズ」が明るい手拍子を巻き起こした後、「LADY」の切ないメロディによって会場内のムードはドラマチックに一転。ピアノを弾きながら歌う藤原を中心として、小笹、楢崎、松浦の表現力豊かな演奏も加わりながら構築されたサウンドが、息を呑むほど美しかった。続いて届けられた「相思相愛」も、静かに耳を傾けながら受け止めていた観客。演奏が幕切れた瞬間、湧き起った拍手には、感極まった人々の想いが漲っていた。

「たかがアイラブユー」を披露した後、2階席まである大きな会場内を感慨深そうに見回して、このステージに立てる喜びを分かち合っていたメンバーたち。そして、「みなさんのこれからの人生に寄り添えるような歌を歌っていきたいという想いが、今日、ここでライブをしながらどんどん強くなってきました。来てくれてありがとうという感謝の気持ちと、これからもよろしくという想いをこめて、次の歌を歌いたいと思います」と藤原が語ってからスタートした「115万キロのフィルム」は、とても感動的だった。先述のMCにも表れている通り、リスナーの人生に寄り添える音楽を、ヒゲダンは追求し続けている。悲喜こもごもに満ちた人生模様を115万kmのフィルムで撮影する映画に喩えて描いているこの曲は、そんな彼らの姿がありのままに反映されているのを感じた。

「みんなの笑顔が照明できらめいて、夢のような景色でした。2階席の奥までばっちり見えます。次はみんなの歌声も僕たちに貸して欲しいんですけど、どうでしょう?」――藤原が観客に呼びかけてスタートした「犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!」は、爽やかなひと時だった。観客の間から起こった《ずっとこのままでいようよ》という大合唱、穏やかな手拍子、きらめいたたくさんの笑顔……中野サンプラザの隅々にまで幸福感が膨れ上がっていた。そして、「ESCAPADE」「コーヒーとシロップ」「SWEET TWEET」によって、ますます温かい昂揚感で溢れ返った会場内。本編ラストの曲「発明家」へと突入した瞬間、金色と銀色のテープが発射されて、観客は思いっきり歓声を上げた。「あなたも明日の発明家! 研究成果は独りで悩んでいた冴えない夜の向こうだ! 絶対そうなんだ!」など、メンバーからのメッセージがプリントされているテープを握り締めながら身体を揺らしていた人々の姿が眩しかった。あの場にいた誰もが、ヒゲダンから届けられた大きなエネルギーを目一杯に受け止めていたに違いない。

「ヒゲダン! ヒゲダン!」という熱いコールと手拍子に応えてステージ上に再登場したメンバーたちがアンコールの1曲目に披露したのは、アコースティック編成による「夕暮れ沿い」。小笹はコーラス、楢崎はアルトサックス、松浦はカホンを担当、藤原がピアノを奏でながら届けたこの曲は、メンバーそれぞれの歌のソロパートも盛り込まれていて、大喝采を巻き起こしていた。そして、「演奏していないけど聴きたい曲」のリクエストを募り、「愛なんだが・・・」と「恋の去り際」のサビを藤原がピアノの弾き語りで歌ったコーナーも大盛り上がり。今回のセットリストには盛り込まれなかったものも含めて、ヒゲダンは名曲の宝庫であるということを改めて実感させられた。

「またライブでみんなと楽しめたらいいなと思ってます。力を届けられるような、応援できるような曲をアンコールで歌いたいなと思って2曲持ってきました。今日は、ほんとにどうもありがとう!」という感謝の言葉を添えて演奏をスタートさせた「What’s Going On?」は、観客の歌声が響き渡る様をメンバーたちが心から喜んでいるのが伝わって来た。そして、このライブを美しく締め括ったのは「異端なスター」。歌いながらステップを踏む藤原に合わせて、観客も左右に身体を軽快に揺らしながら手拍子。鳴り響いている音が、会場の隅々までを完全に1つにしていた。

「楽しい時間をどうもありがとう。その拍手と歓声をダブルアンコールだと思って、曲じゃないんだけど、1個話したいことがあります。10月に新しいシングルを出すことが決まりました。これからも応援してください。どうもありがとう!」――藤原がメンバーを代表して挨拶。すると、オープニングの影アナを務めた「五十嵐」こと小手伸也も登場して、メンバーたちと抱き合いながらライブの成功を祝福。ますます激しさを増した観客の拍手と歓声は、素晴らしい演奏を聴かせてくれたヒゲダンを心から讃えていた。こうしてエンディングを迎えた中野サンプラザ公演。絶大な幸福感を生み出すことができるOfficial髭男dismの実力が、堂々と示されたライブであった。

【取材・文:田中 大】
【撮影:TAKAHIRO TAKINAMI / 椋尾詩】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Official髭男dism

リリース情報

ノーダウト

ノーダウト

2018年04月11日

ポニーキャニオン

01. ノーダウト
02. ノーダウト~Instrumental~

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

Official髭男dism one-man tour 2018
2018.07.05@中野サンプラザホール

  1. 01. ノーダウト
  2. 02. Second LINE
  3. 03. Tell Me Baby
  4. 04. 恋の前ならえ
  5. 05. Driver
  6. 06. ブラザーズ
  7. 07. LADY
  8. 08. 相思相愛
  9. 09. たかがアイラブユー
  10. 10. 115万キロのフィルム
  11. 11. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
  12. 12. ESCAPADE
  13. 13. コーヒーとシロップ
  14. 14. SWEET TWEET
  15. 15. 発明家
  16. 【ENCORE】
  17. EN 01. 夕暮れ沿い
  18. EN 02. What’s Going On?
  19. EN 03. 異端なスター

お知らせ

■ライブ情報

ウルフィ MUSICフェス powered by デルサタ
07/20(金)[愛知]ZEPP NAGOYA

震災復興支援イベント TBC夏まつり2018 ~絆みやぎ~
07/21(土)[宮城]勾当台公園・市民広場

カローラ福岡 Presents NUMBER SHOT 2018
07/22(日)[福岡]国営 海の中道海浜公園 野外劇場・子供の広場

WILD BUNCH FEST. 2018
07/28(土)[山口]きらら博記念公園

未確認フェスティバル3次審査(ライブステージ)
07/29(日)[東京]TSUTAYA O-WEST

ROCK KIDS 802 -OCHIKEN Goes ON!!- SPECIAL LIVE「HIGH! HIGH! HIGH!」
08/03(金)[大阪]なんばHatch

rockin’on presents ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018
08/11(土)[茨城]国営ひたち海浜公園

SUMMERSONIC2018 OSAKA
08/19(日)[大阪]舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)

宗像フェス~FUKUTSU KOINOURA~
09/09(日)[福岡]恋の浦 夕日の丘 野外ステージ

AMBITIOUS TOHOKU FES 2018
09/15(土)[宮城]ゼビオアリーナ仙台

HIGEDAN acoustic one-man live 2018 -Autumn-
10/13(土)[東京]ヒューリックホール東京

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る