前へ

次へ

teto、新しい風を呼び込んだワンマンツアー「始発」ファイナルをレポート!

teto | 2018.08.03

《光るまちに行こう 終電はもう逃そう》

 これは、今年春に行われた『teto <60分2,800円ツアー>』で、毎回アンコールで歌っていた『光るまち』のフレーズだ。規則正しく生きて、終電前にちゃんと帰ることが、世間が言う真っ当な生き方なのだとすれば、ライブハウスで鳴り響く音楽に夢中になり、終電を逃してしまう人間はアウトローなのかもしれない。でも、tetoはこれまで、そんな“終電に間に合わない同志達”に向けて、嘘偽りのない歌を届けてきた。そして、彼らが1stワンマンツアーにつけたタイトルが、『始発』。かねてより期待の新星として注目を集めていたtetoだが、7月22日・渋谷WWW X、小池貞利(Vo&Gt)曰く、“日曜日の渋谷がすごい似合わない顔立ちのみなさん”と共に迎えたツアーファイナルは、tetoの本当の意味での始まりを告げていた。

「拝啓! ただ、普通に生きているだけなのに。ただ、普通に真面目に生きているだけなのに。終電を逃してしまう、全ての大馬鹿野郎に!」

 小池貞利(Vo&Gt)がそう言い放つと、山崎陸(Gt&Cho)、佐藤健一郎(Ba&Cho)、福田裕介(Dr)も一体となって、衝動のままに『拝啓』からライブはスタートした。ギターを掻き鳴らしつつも、スタンドマイクに食らいつき、会場に集った同志達への想いを吐き出したかと思えば、早くも豪快に背面ダイブをきめる小池。それに煽られるようにクラウドサーファーが続出し、オープニングから凄まじい熱気がフロアを包んでいく。

「痛ぇことばっかだよ! 痛ぇことばっかだよ!」という嘆きに導かれ、間髪容れずに突入した『Pain Pain Pain』のAメロでは、ファストラップのごとく次々に言葉の弾丸を発射。その姿はとても勇ましく、無敵そのもの。だが、一方的に撃ち抜くのではなく、メンバーと観客が一緒に「あ~ああ~ああ~ああ~」と歌う様はじつに微笑ましい。

 その後も、各曲に繋がるメッセージを言い添えながら、1stEP『Pain Pain Pain』のカップリングとして収録された『高層ビルと人工衛星』と『新しい風』を立て続けに披露。『新しい風』の冒頭で「今日、日曜日の渋谷で、新しい風を僕達に浴びさせてください! 俺らは俺らで新しい風を吹かせます! みなさんはみなさんで新しい風を吹かせてください!」と投げかけた通り、小池の歌を超越した生々しい叫びは、tetoの快進撃がまだまだ続くこと、いずれはロックシーンを揺るがす大きな存在になっていくことを予感させた。でもきっと、どんなに有名になったとしても、彼らは驕ることなく、ブレずに自分達の音楽を追究していくのだろう。小さなライブハウスから、日常に溢れる怒り、哀しみ、愛を叫び続けるスタイル。そんなひたむきさが、≪新しい時代をそっと新しい風で煽っていく≫という歌詞からは伝わってきた。

 そして、『My I My』『散々愛燦燦』をゆったりと歌いつつ、捲し立てるような曲紹介から『トリーバーチの靴』へ。情感豊かな歌声と演奏に煽られ、再び疼き始めた衝動は、続く『暖かい都会から』で大爆発する。冒頭からフロアに充満した大合唱、全身で音を体感しようとするクラウドサーファー、滝のような汗で顔面を輝かせながら激情をぶちまけるメンバー達。一瞬でも気が抜いたら振り落とされてしまう、そんなスピード感で駆け抜けた。

 本編中盤、「なんか、田舎の景色ってなんであんなに愛おしいんだろうと思って……」と小池がおもむろに切り出すと、観客が各々の故郷を思い浮かべる中、故郷・群馬で過ごした日々を切り取った『teen age』が溢れ出した。味、匂い、音。さまざまな感覚を観客と共有し、自身の思い出を追体験させるような歌声。それは、かつて飼っていた愛犬・ミニーの歌『マーブルケイブの中へ』で、咽び泣くような絶叫に変わり、ギュッと心を締め付けた。時折、ファルセットで弱々しく語りかけながら、ミニーにしがみつき、揺さぶるかのようにパワフルに歌い上げる小池。先程まで荒々しく拳を突き上げていた観客も、この時ばかりはその姿を一心に見つめていた。

「どうせ一番届いてほしい人には届かないんだろうけど。夏が終わる前に、この曲を歌います!」

 そんな叫びから突入したのは、夏にピッタリのキラーチューン『9月になること』。ギターリフが清涼感溢れる風を吹き込んだイントロから、サビに向かって徐々に熱を帯びていくサウンド。体中から声を絞り出すように歌い上げる小池と、それを支えるように湧き上がる観客の歌声の掛け合いは、この日のハイライトだった。その余韻に浸りながら、『9月になること』のアンサーソングとして制作された新曲『溶けた銃口』(最新アルバム『手』収録曲)も披露された。

「許されるなら、何度だって輝いていきたいんです! 楽しいことだけして生きていきたいんです! それが許されないなら、たまにでいいので最高に輝いている日をください!」

 後のMCで小池も言っていたが、この日のライブは本当にあっという間だった。予定外のWアンコールを含めても全20曲、時間にすれば2時間にも満たない短さ。でも、どの一瞬を切り抜いても、彼らは最高に輝いていた。それだけに、本編後半、『あのトワイライト』を歌う前に語ったこの言葉が、終演後もしばらく耳に残っていた。全力で生き抜くとは、音楽に人生を懸けるとは、こういうことなのだろう。バンドマンとしての貪欲な生き様を見せつけると、今度は、支えてくれる家族への想いを込めたミディアムナンバー『忘れた』を熱唱。本編ラストは、「この曲を最後にやって、ようやくtetoの始発が出るなって感じです」と、小池がアコースティックギターで『光るまち』を弾き語る。我が儘に、好きなように作っていた音楽が、ツアーを通して“ライブに来てくれるみんなの音楽”に変わっていった――そう語る彼の言葉が具現化した瞬間だった。

 アンコールでは、15曲入りフルアルバム『手』のリリースと全国ツアー『teto ツアー2018「結んで開いて」』の開催が発表され、待ちに待ったアルバム発表にフロアが湧く中、タイトルチューン『手』を披露。最後は、『36.4』で思う存分暴れ倒した。しかし、全曲演奏してもまだ20時前、終電の時間はまだまだ先だ。後ろ髪を引かれる想いで退場しようとしていた観客達が、小池の「おばあちゃんに飯食わせてるのがこの時間だよ!(笑)」という声に呼び戻されると、4人は興奮冷めやらぬ様子で『朝焼け』を熱演。ワンマンツアー『始発』の終幕と共に、tetoという名の『始発』は走り始めた。

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル teto

リリース情報

手

2018年09月26日

UK.PROJECT

1.hadaka no osama
2.高層ビルと人工衛星
3.トリーバーチの靴
4.奴隷の唄
5.市の商人たち
6.洗脳教育
7.種まく人
8.散々愛燦燦
9.マーブルケイブの中へ
10.Pain Pain Pain
11.拝啓
12.溶けた銃口
13.夢見心地で
14.忘れた
15.手

セットリスト

ワンマンツアー「始発」
2018.7.22@渋谷WWW X

  1. 1. 拝啓
  2. 2. Pain Pain Pain
  3. 3. 高層ビルと人工衛星
  4. 4. 新しい風
  5. 5. My I My
  6. 6. 散々愛燦燦
  7. 7. トリーバーチの靴
  8. 8. 暖かい都会から
  9. 9. this is
  10. 10. ルサンチマン
  11. 11. teen age
  12. 12. マーブルケイブの中へ
  13. 13. 9月になること
  14. 14. 溶けた銃口
  15. 15. あのトワイライト
  16. 16. 忘れた
  17. 17. 光るまち
  18. 【ENCORE】
  19. En-1. 手
  20. En-2. 36.4
  21. 【ENCORE2 】
  22. En-3. 朝焼け

お知らせ

■ライブ情報

teto ツアー2018「結んで開いて」
09/30(日)千葉LOOK
10/03(水)北浦和KYARA
10/04(木)横浜BAYSIS
10/10(水)岡山IMAGE
10/11(木)小倉WOW!
10/13(土)熊本Django
10/14(日)長崎Studio Do!
10/16(火)京都磔磔
10/20(土)福島out line
10/21(日)盛岡Club Change
10/25(木)松本ALECX
10/27(土)新潟CLUB RIVERST
10/28(日)金沢van van V4
11/08(木)群馬SUN BURST
11/10(土)梅田CLUB QUATTRO
11/11(日)名古屋CLUB QUATTRO
11/15(木)仙台enn 2nd
11/17(土)札幌BESSIE HALL
11/29(木)高松TOONICE
12/01(土)福岡CB
12/02(日)広島4.14
12/07(金)恵比寿LIQUIDROOM

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る