前へ

次へ

Hilcrhyme 約9か月ぶりのステージに、たったひとりで挑んだ始動ライブ

Hilcrhyme | 2018.09.11

 ステージの中央に立ったTOCが右手を高々と差し上げ、“Hilcrhyme, comeback!!”と叫び、コンサートが始まった。

 Hilcrhymeとしては約9ヶ月ぶり、TOCひとりの新体制となってからは初めてとなるコンサートが、9月2日に日比谷野外大音楽堂で開かれた。朝から降り続いていた雨も、開演前には上がった。ステージ後方には、Hilcrhymeのロゴがデザインされた黒い横断幕が張ってあったが、コンサートが始まった瞬間にその横断幕が外されると、世界で活躍する墨絵画家の西元佑貴の手による、TOCと守護龍神とを描いた巨大な水墨画が現われた。Hilcrhymeにパワーを送っているかのような、カッコいいアートだ。コンサート・タイトルどおり、ステージにはTOCひとりだけ。バンドもいないし、DJブースもないし、ステージ・セットもない。ステージを囲むようにセッティングされた照明と、後方にポツンとドリンク用のテーブルが置いてあるだけだ。他には何もない。そして会場に流されるトラックをバックに、「トラヴェルマシン」と「RIDERS HIGH」というアップ・テンポのナンバーのメドレーからこの日のコンサートは始まり、Hilcrhymeの復活を長い間待ちわびていてファンたちも、それに呼応するように盛り上がっていく。

 2曲が終わり「もう、何から喋っていいかわからない。……まず自己紹介します。MC TOC。Hilcrhymeです。今日は、絶対に特別なライブになるから」とTOCが語る。その声からは、やや緊張も感じられたが、続く「パーソナル COLOR」「ジグソーパズル」といった人気曲をみんなと一緒に歌い、さらに「Summer Up」で会場全体でタオルを回したりするうちに、次第にその緊張感も消え、いつものHilcrhymeのライブの感覚が戻ってきた。さらに“レゲエもいいね”と「FIESTA FIRE WORK~恋の炎」、“今日が新しい日の幕開けだ”と「New Era」、“自分に誇りを持っているやつはどれくらいいる? オレは持ってるぜ”と「パラレル・ワールド」、“みんなと一緒に歌いたいな”と「My Place」、“Hilcrhymeから、みんなにエールを”と「エール」と、一言一言、丁寧にメッセージを伝えながら、ファンに歌を届けていく。「DJもいないライブは初めてだけど、全然余裕だね。やっとここに帰ってきたって感じるよ。ただいまー!!」とTOCの歌声もさらに熱をおびていく。

 これまでHilcrhymeのライブでは、映像も効果的に使って、それが演出効果をより高めてきたが、今回はそれも無い。まさにパフォーマーとしてのTOCひとりに、ライブのすべてが委ねられるという、ある意味とても過酷なシチュエーションだ。だがそれをあえて選んだ彼の強い思いが伝わってくるし、まったく物足りなさを感じさせない歌声とパフォーマンスもさすがという他ない。

 ここでTOCが「もっとみんなに近付こうか」と言って、ステージから客席に降り、歩いて客席中央にあるステージへ。そして360度ファンに囲まれながら「ルーズリーフ」「春夏秋冬」の2曲を、みんなと大合唱した。Hilcrhymeは決してTOCひとりだけなのではなく、ファンのみんなもひとつになったのがHilcrhymeなのだ、ということが実感できた瞬間だった。

 そしてTOCが再びメイン・ステージに戻り、「ここで、やっぱり皆さんにお詫びをしなきゃいけないと思う」と言って、昨年末の活動休止から、ファンに心配をかけ、不安にさせたことを詫び、深々と頭を下げた。そして「今日から、Hilcrhymeを始動させていただきます。これからは、自分の人生のすべてをかけてHilcrhymeを全うしたい、みんなにグッド・ニュースを届け続けたいと思っています。約束します」と熱く語り、再始動のニュー・EP『One Man』からの新曲「アタリマエ」が、じっくりと、その歌詞を噛みしめるかのように歌われた。その後も、“みんなの笑顔が見たい”と「Your Smile」、“愛を歌うぞ!”と「想送歌」、“大事なことは2回言う。今メッチャ気に入ってる曲”と新曲「愛更新」、“1と0と9”という大合唱が会場全体を包み込んだ「No.109」と、TOCとファンがひとつになって、Hilcrhymeのライブを作り上げていく。

 だがHilcrhymeの魅力はこれだけではない。TOCのラップが畳みかけていく、メッセージ性の強いハードな楽曲も、Hilcrhymeのもうひとつの表情だ。そこで「押韻見聞録」「続・押韻見聞録 -未踏-」でTOCのラップが炸裂する。こういった激しい一面もしっかりと表現するというところも、やっぱりHilcrhymeらしい。

 そして「オレはHilcrhymeと、みんなの日常を、必ず元に戻します」とTOCが宣言して「Side By Side」が歌われ、その後TOCがステージに座り、「この9ヶ月間、たくさん泣きました。でも涙の数だけ、花を咲かそうと思います。Hilcrhymeがみんなの居場所になれるように。いちばん思い入れのある歌です」と「涙の種、幸せの花」を高らかに歌い、本編は終了した。

 そしてアンコール。「ここだけ、ステージを私物化させてください。今、このステージにいないバカ野郎のために歌いたいと思います」と、袂を分かった友に捧げた新曲「Good Luck」を切々と歌い上げた。この時だけ、会場がシーンと静まりかえり、観客もじっくりと聴き入っていた。そして“花は2度咲くんだよ”と「FLOWER BLOOM」、“来年、メジャー・デビュー10周年を迎えます。だから原点に戻ったつもりで。これからもHilcrhymeは、愛を歌うから”とメジャー・デビュー曲「純也と真菜実」が歌われた。さらにTOCが「今日わかった。全然1人じゃなかったわ。ありがとう、みんな。この一言が伝えたかった。Hilcrhyme, comeback!!」と叫び、ラスト・ナンバーとして選ばれたのは「大丈夫」。そう、Hilcrhymeも、ファンのみんなも、きっと大丈夫なんだと確認するかのように、みんなで歌い、この日のコンサートは幕を閉じた。なんと最後の曲が終わった瞬間に雨が降り出すという、ちょっとしたミラクルも起こった。

 TOCの、Hilcrhymeをこれからも続けていくんだ、という強い意志と覚悟のようなものが感じられた、魂が込められたコンサートだった。これが、彼の“責任”の取り方なのだろう。またこの日、来年2月から全国ツアーが始まることもアナウンスされた。そう、Hilcrhymeは再び走り出した。ここからHilcrhymeの新たなる歴史が始まるのだ。

【取材・文:熊谷美広】
【撮影:高宮紀徹(67531graphics)】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル Hilcrhyme

リリース情報

One Man

One Man

2018年07月04日

ユニバーサルミュージック

1.アタリマエ
2.Good Luck
3.愛更新
4.ルーズリーフ <Remake>
5.涙の種、幸せの花 <Remake>

セットリスト

Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」
2018.9.2@日比谷野外大音楽堂

  1. 01.トラヴェルマシン
  2. 02.RIDERS HIGH
  3. 03.パーソナルCOLOR
  4. 04.ジグソーパズル
  5. 05.Summer Up
  6. 06.恋の炎
  7. 07.New Era
  8. 08.パラレル・ワールド
  9. 09.My Place
  10. 10.エール
  11. 11.ルーズリーフ
  12. 12.春夏秋冬
  13. 13.アタリマエ
  14. 14.Your Smile
  15. 15.想送歌
  16. 16.愛更新
  17. 17.No.109
  18. 18.臆病な狼
  19. 19.押韻見聞録
  20. 20.続・押韻見聞録-未踏-
  21. 21.Side By Side
  22. 22.涙の種、幸せの花
  23. 【ENCORE】
  24. EN 01.Good Luck
  25. EN 02.FLOWER BLOOM
  26. EN 03.純也と真菜実
  27. EN 04.大丈夫

お知らせ

■ライブ情報

TOC生誕祭 2018
10/04(木)恵比寿LIQUIDROOM

Hilcrhyme Official FC 4Seasons “桃源郷”Tour 2018<TALK&LIVE>
11/04(日)umeda TRAD
11/17(土)名古屋SPADE BOX
11/24(土)新宿ReNY
11/25(日)スカラエスパシオ
12/02(日)新潟LOTS

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る