前へ

次へ

Amelie、これぞビューティフルライフだと本気で思ったツアー最終日、恵比寿リキッドルーム!

Amelie | 2018.10.03

 最後は、ここがどこかであるかさえ関係なく、大切な仲間たちと一緒に、こうして自分たちの音楽を放ち、集まってくれた多くの援軍と共に素晴らしい光景や場面を作り上げている自分を実感し、まさしく心から、“ビューティフルライフ”を満喫したのだろう。終演後、感謝の意を告げに再びステージに現れた彼らはそんな、「尊い」表情をしていた。

 Amelieが全国ツアー「ビューティフルライフ」を完遂した。ニューアルバム『ビューティフルライフ』と共に全国20箇所を回った同ツアー。そのファイナルは彼ら単独では最大規模の会場の恵比寿リキッドルームであった。結果は成功――。その成功は、決して動員のことではなく、このツアーを経て体感したものが、この日のステージにて見事に全て音や歌、パフォーマンスやMCとして昇華させることができ、集まったファンもそれらに大満足し、充実した面持ちで会場を出でていく光景を生んだ、それらを指す。

 この日のライブは「キセキ」から走り出した。疾走感のある同曲が並走しながらもガシッとフロアを力強く抱きしめていく。歌われる《当たり前になってた君のコト 当たり前じゃないって気付けたなら 日々は輝くだろう》のmick (Vo/G/Pf)の歌が、実際この日の終演後には実感できるとは…この際は知る由もなくライブを体感していた。さらに惹き込むように「ライアーゲームじゃ始まらない」に入ると、サビのアサケン(Dr&Cho)の打ち出す4つ打ちが、直人(G&Cho)のエモさも伴ったギターと、あっきー(B&Cho)の躍動感のあるベースラインによるダンサブルさに乗り、目を見入るように楽曲が会場全体に問いてくる。また、集まったお客さんの顔を見て実感したのだろう。「今日なら言える。可能性はゼロじゃない」(mick)の言葉から入った「ゼロじゃない」では、まさにこの長いツアーを経て得たことをたぐり寄せ、ぐっと固まった信憑性を体現してくれた。同曲では直人、あっきーもステージフロントにてプレイする場面も。直人も短いがエモいギターソロを決める。

「今日は心の距離をどれだけ短く感じさせられるかが勝負。こちらも心全開で挑むので、飛び込んできて!」(mick)。サビの切なさの混じったストレートになる部分も気持ちよく、間のmickのアジテーションも冴えた「Discommunication」、真偽を見極める力は経験値と体験であろうことをプレイを通し伝えた「フェイク」では、同曲の擁したスウィング感とバーレスクなやさぐれさが会場全体に広がっていった。

「ツアーやライブ通じ幸せを実感し、これは最高なのでは? と感じた時に、これぞ『ビューティフルライフ』だと本気で思った。と同時に、気持ちを同化させてくれる人たちが居ることの尊さに改めて気づいた。当たり前に感じていたけど、それってよくよく考えたら奇跡なことだなと思い当たり、この気持ちを何かに残さなければ、と、いてもたってもいられずに生まれた曲です」と紹介し、「ビューティフルライフ」へ。同曲では会場の各人も自分にとってのビューティフルライフな瞬間を想い返したことだろう。また、「ドラマチック」では、サビのラテンポップにて会場も合わせてジャンプ。同曲に込めた想いと共に、泣き笑いがあっての人生を改めて思い起こさせてくれた。

 mickが鍵盤に座り「タイムライン」が始まるとエモさの中、そこはかとないエレガントさが寄与されていく。と同時に同曲の訴える、もしも時間を取り戻せても今の方が大切なのでは…のメッセージにハッとさせられる。

 中盤には1曲のみであったが、フロントの3人が座ってプレイされる曲があった。この「愛と呼ぶ」では直人もアコギを用い、ライブでは初めての試みの形態で挑まれた。mickによるメンバーのキャラクター性も交えた他己紹介と各人の短いソロプレイを挟み、かつてmickが弾き語り時代に歌っていた曲で、この曲を機に結成に至ったという思入れ深く、いざという時まで大切にとって置き、ようやく今回のニューアルバムで、このバンドとして入れられた同曲。会場中がこのウォームでダイレクトに伝えられる歌物語に聴き浸る。

 ここからはキュンとさせる曲が連続で歌われた。君が好きだの気持ちを広げていった「クルテク」、せっかくの出会い、いつまでもこの繋いだ手を放さないでと、それが会場に向けての誓いのように響いた「サイクル」が集まってくれた者への感謝の気持ちも込め贈られた。

 後半に向けて、よりステージへの力強いコブシも上がる呼応曲が連射されていく。結果、曲を追う毎に、会場内の一体感の強度が上がっていくのを目の当たりにした。

「始まりの合図は自分で鳴らせばいい」と、自身にも会場にも言い聞かせるように放たれた「君が為に鐘は鳴る」が口火を切り、高速且つ上昇性溢れる「さよならバイバイ」、直人もボーカルをとる場面も交えた「エラー」、会場の大合唱から入った「手紙」の際は、まるで心の手紙が、この日この会場に集まれなかったファンも含め、歌やサウンドを通し、楽曲として読み上げられているかのように響いた。また、背中を押すどころか、バンバン叩いて励ましてくれるタイプの「朝は来る」、そして、バンドと各地のお客さんを想い、その人たちに向けての君の街へ行く約束ソング「step!」が次々にフロアに飛び込んでくる。

「これで心置きなくツアーが終われそう。このツアーを経て、みんなと作る空間は唯一無二だと気づき、ずっと幸せの中にいれたのも、みんなから幸せをもらってきたからが故と改めて実感したツアーだった」と語り、本編ラストの「STAND BY YOU」へ。リリックに込められた♪最後は決まってる あなたのところへ あなたの隣へ♪に込められた想いと共に、感謝と尊さのこもった、このラブソングが6/8のロッカバラードのリズムに乗り、会場いっぱいに染み込んでいく。と同時に、同曲で歌われていた「あなた」が、いつの間にかファンの呼称になっていたことにも気づくことが出来た。

 アンコールは2曲。どちらも聴く者の先を照らし、活力になる代表曲であった。と、その前に、1月に東名阪ツアーが行われることを告知。合わせて、やはり秘めていた、今回チケット完売に至らなかった悔しさも、mickから正直に伝えられた。だがしかし、「完売こそ叶わなかったが、それよりも集まってくれた方々の顔を見れたことや、何よりもその一人ひとりが自分の意志を持ち、ここに集まってくれたことが嬉しいし、絆を感じること」また、「みんなとは友でもあるけど、どっちが輝ける人生を送れるか?に関してはライバルでもある。いつか、またここでリベンジをさせて欲しい!!」との旨を告げ、その際おこった会場からの歓喜や拍手は、今後も味方であり続ける者たちからの力強い声援や支援であり、<俺がついている!!>との頼もしさ、そして、今後も一緒に大きくなって行こう!とのアライアンスのようにも響いた。
ライブは、「ひとりぼっちの私のことを見つけてくれて、みんなありがとう!」の気持ちを歌に乗せて伝えた「ヒーロー」、ラストは、これからもこの道を選んで間違ってなかったと証明できる活動をしていくからとの気概も込め、力強い2ビートに乗せ「honey」が、みんなにとっても、この選択肢が間違ったものではなかったと立証するかのように雄々しく会場中に鳴り響いた。

 2回に渡る渋谷クアトロのソールドアウトの未達成を経てのこのステップアップした会場でのライブ。当初、そこにはメンバーの動員への意気込みやリベンジもかなり含まれていた。残念ながら、それは今回も未達成に終わってしまったが、そこにそれ以上の大切なもの、大事なものをメンバー自身が発見できたことは、観ていてありありと感じられた。

 彼らはこれからも、このツアーを経て、ますます強固になり、実感できた「素晴らしいと実感できる人生」を、更に手堅いものにしていく為にライブを続け、歌を放っていく。それを受け取った、あなたにとっての「ビューティフルライフ」と出会える日を楽しみにしながら。

【取材・文:池田スカオ和宏】
【撮影:日吉"JP"純平】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル Amelie

リリース情報

ビューティフルライフ

ビューティフルライフ

2018年05月30日

[NOiD] / murffin discs

1.Entrance
2.キセキ
3.ライアーゲームじゃ始まらない
4.ビューティフルライフ
5.朝は来る
6.愛と呼ぶ
7.step!
8.Discommunication
9.フェイク
10.クルテク
11.STAND BY YOU

セットリスト

「ビューティフルライフ」Release Tour 2018
2018.9.22@恵比寿LIQUIDROOM

  1. 1.キセキ
  2. 2.ライアーゲームじゃ始まらない
  3. 3.ゼロじゃない
  4. 4.Discommunication
  5. 5.フェイク
  6. 6.ビューティフルライフ
  7. 7.ドラマチック
  8. 8.タイムライン
  9. 9.愛と呼ぶ
  10. 10.クルテク
  11. 11.サイクル
  12. 12.君が為に鐘は鳴る
  13. 13.さよならバイバイ
  14. 14.エラー
  15. 15.手紙
  16. 16.メグリメグル
  17. 17.朝は来る
  18. 18.step!
  19. 19.STAND BY YOU
  20. Encore
  21. En-1.ヒーロー
  22. En-2.honey

お知らせ

■ライブ情報

RISE UP CIRCUIT 2018
10/6(土)[愛知]名古屋3会場サーキット

Eggs presents FM802 MINAMI WHEEL 2018 〜20th Anniversary〜
10/7(日)[大阪]大阪20会場サーキット

TANCOBUCHIN TOUR 2018 “RPG”
10/13(土)[東京]shibuya eggman

灯火祭-2018-
10/27(土)[群馬]高崎5会場サーキット

SABBAT NIGHT 2018
10/27(土)[東京]shibuya eggman

MURO FES × [NOiD] 〜東京編〜
11/1(木)[東京]渋谷TSUTAYA O-Crest

Sunrise In My Attache Case Light the Fire Tour
11/4(日)[大阪]心斎橋VARON
11/8(金)[愛知]名古屋ell.FITS ALL

Lenny code fiction LIVE TOUR 2018-2019
11/10(土)[石川]金沢GOLD CREEK
11/11(日)[長野]松本ALECX

sing a lot vol.11
11/12(月)[神奈川]F.A.D YOKOHAMA

リアクション ザ ブッタ TOUR 2018〜Mini Album 『Single Focus』 Release Tour
11/16(金)[新潟]CLUB RIVERST

SHIMOKITAZAWA SNAZZY TUNES
11/17(土)[東京]下北沢4会場サーキット

MURO FES × [NOiD] 沖縄編
11/20(火)[沖縄]Output

BUTAFES 2018
11/23(金・祝)[兵庫]神戸5会場サーキット

JAPAN’S NEXT 渋谷JACK 2018 WINTER
12/9(日)[東京]渋谷7会場サーキット

[NOiD] FESTIVAL 2018
12/19(水)[東京]新木場STUDIO COAST

Amelie presents「ノスタルジックシアター ~平成最後の二人三脚~」
01/12(土)[大阪]福島LIVE SQUARE 2nd LINE
01/14(月・祝)[愛知]名古屋ell.FITS ALL
01/26(土)[東京]渋谷CLUB QUATTRO

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る