前へ

次へ

レア曲満載! KEYTALKの多彩な魅力を見せつけた初のホールツアー、最終日をレポート!

KEYTALK | 2018.11.12

 KEYTALKにとって初のホールツアーの最終日。あの紅白歌合戦の会場でもあるNHKホールで、彼らはどのようなライブを繰り広げるのか? ワクワクしながら待っている内に迎えた開演時間。突然、客電が消えると、観客は大きな歓声を上げた。そしてステージを覆っている赤色の幕の向こうでスタートした演奏。幕が上がると“巨匠”こと寺中友将(Vo&Gt)、首藤義勝(Vo&Ba)、小野武正(Gt&MC&Cho)、八木優樹(Dr&Cho)の姿がライトを浴びて浮かび上がり、力強いサウンドが一気に我々に向かって押し寄せてきた。オープニングを飾ったのは「Human Feedback」。起伏に富みまくった展開が、スリリングで堪らない。続いて「トラベリング」「秘密」「ASTRO」も連発されたが、この時点で既にNHKホールは、圧倒的な熱気で満たされていた。

「みんなの心にホールインワン、狙っていきますよ!」という巨匠の力強い言葉を経て、演奏はさらに続いた。セットリストが今までのライブとひと味違うものとなっていることを、この辺りから感じ始めた観客が多かったのではないだろうか。「アーカンザス」に続いて、普段のライブならば終盤かアンコールに演奏されることが多い「MONSTER DANCE」がいきなり飛び出してびっくり! 椅子が整然と並んでいるNHKホールで、観客が一斉にお馴染みの振り付けを踊っている風景は、とても新鮮だった。メンバーたちはいつにも増してテンションが高くなっていたのだろう。激しくステージ上を動き回っていた巨匠、義勝、武正、無我夢中の様子でドラムを叩き、ホイッスルを元気いっぱいに吹き鳴らしていた八木――情熱的なサウンドを奏でる4人の姿が、とても雄々しかった。

「nayuta」と「Love me」も披露された辺りでは、観客もメンバーたちもすっかり汗だくとなっていた。「NHKホール、予想以上に暑いです。その中でも特に暑そうな巨匠、大丈夫ですか?」と義勝が問いかけると、「ジャケット着ちゃってます!」と答えた巨匠。NHKホールという場所に合わせて、あまり着ることのないジャケットを衣装に選んだのであろう。そういえば、2つのシャンデリアが彼らの頭上に吊るされていたり、床に赤い布が敷かれているなど、ステージの様子も普段とは異なるスタイリッシュなものとなっていた。

「外は秋の気配も漂ってまして、金木犀の香りも漂ってきたりもして……」と義勝が語ると、次の曲が何なのかを悟った観客の間から歓声が上がった。披露されたのは、歌詞の中に金木犀が登場する「フォーマルハウト」。インディーズ時代の1stフルアルバム『ONE SHOT WONDER』の中でも異彩を放っていたこの曲の瑞々しいメロディは、落ち着いた雰囲気のNHKホールにとても似合っていた。

「シンドローム」「color」「東京シネマ」「MURASAKI」も披露された中盤は、KEYTALKの音楽の重要な一面であるメロディの叙情性が特に際立ったひと時となった。「楽しんでますか? 初めてのホールツアーというのもあって、ゆっくり曲を聴いてもらえるタイミングが今回だと思ったんです。だから、普段、なかなかやらないレア曲をたくさんやってるんですけど、ついてきてますか? “この曲、知らなかったな”というのがある人は、僕らの曲との出会いのタイミングとして、KEYTALKの曲をたくさん聴いてもらえれば嬉しいです」と、巨匠がMCで語っていたが、名曲の宝庫であるこのバンドの深い魅力を知った観客がたくさんいたのではないだろうか。

 後半戦は、この日に演奏した中で、おそらく最もレアだと言っていい曲で幕開けた。「KEYTALKが改名する前、realというバンド名でやってたんです。俺は最後に加入したんですけど、みんなと最初にスタジオに入って練習した曲を、あの時に戻った気分でやろうと思います」と巨匠が言って、「いいね!」と賛成した他のメンバーたち。当時、巨匠はヒゲが長かったことを突然明かした武正は、「この曲をやったら巨匠のヒゲが伸びちゃうかも」と言って観客を爆笑させていた。そして「最初の頃はライブハウスで店長とか対バンの人しかいないようなところでやってきて、今日はこうしてNHKホールにたくさんの人たちが来てくれる。たくさんの人たちの前で当時の曲が浮かばれる、喜ぶという雰囲気を作り出せたらいいなと思います」という巨匠の言葉を添えて披露された「blue moon light」。何処かフュージョン的なテイストも漂わせるこの曲は、ロック以外の要素も下地に持っているこの4人ならではの味わいをじっくりと醸し出していた。

 インディーズ時代の曲である「a picture book」と「ブザービーター」で盛り上げた後に披露された「スターリングスター」は、とても感動的だった。初の日本武道館公演を2015年10月28日に行った際も壮大に響き渡ったこの曲だが、あれからほぼ3年。こうして辿り着いたNHKホールでも、観客の潤んだ瞳が輝く空間を生み出していた。「みんなの心に届いてますか? 初めてのワンマンホールツアー。ここからラストスパート。ホールとか関係ない。ここを熱々のライブハウスに変えようぜ! ロック魂を受け止めてください!」と叫んだ巨匠がギターを弾きながら歌い始めた後、他の楽器パートも合流。そして突入した「夕映えの街、今」の盛り上がりは、すさまじかった。その熱気をさらにエスカレートさせた「ナンバーブレイン」「HELLO WONDERLAND」を経て「太陽系リフレイン」で本編が終了すると、興奮を露わにした観客の手拍子と歓声が湧き起った。

 アンコールを求める声に応えてステージに再登場したメンバーを代表して、「ホールツアー、あっという間の4本。楽しいツアーでした」と武正が語っている最中、八木をゴルフボールに見立ててゴルフクラブをスウィングするジェスチャーをした巨匠と義勝。「どうでした、八木さん?」と武正に訊かれて、「100ヤード以上飛んじゃったかも」と飄々としたトーンの声で答えた八木――実にKEYTALKらしいメンバー同士のやり取りが繰り広げられた後、メジャーデビュー5周年を記念したスペシャルライブ『KEYTALK Major D?but 5th Anniversary Special Live~そこらのギターかき鳴らして歌い出して5年目の真実~』が11月19日、20日に 恵比寿LIQUIDROOMに行われることが発表された。彼らがメジャーデビューする直前にワンマンライブを行ったのが、恵比寿LIQUIDROOM。メンバーたちにとっても思い入れが深いに違いないこの会場でのライブは、特別なものになりそうだ。

 お馴染みの「ペーイ!」という声を観客と交わし合うコール&レスポンスの後、演奏が始まるのかと思いきや……「この勢いのまま行きたいけど、誰も楽器を持ってない!」と呆れて、観客の明るい笑いを誘っていた武正。そんな場面を経て「ホールでもライブハウスでも、もっと大きいところでもやりたい。いろんな形でKEYTALKをお見せしたいと思います。これからもよろしくお願いします!」という武正の言葉と、「お祭り騒ぎするぞ!」という巨匠の言葉を合図に、アンコールの1曲目に届けられた「MATSURI BAYASHI」は、歓声を上げながら踊りまくる観客の勢いが桁外れであった。

「桜花爛漫」を披露した後、客席をバックにした記念撮影をして、ステージを後にした4人。そして終演を迎えたように思われたのだが、予想外の展開が待っていた。聴き覚えのあるリズムが突然鳴り響き始めて、まるで火が点いたかのように一斉に叫んだ観客。いきなり始まったダブルアンコールで演奏されたのは「Summer Venus」だった。EDMテイストの華々しいサウンドに包まれながら1階席から3階席までが開放的なダンスで揺らいでいる様を見ながら、明るい笑顔を輝かせたメンバーたち。「アミーゴ! ブラボー!」という歌声も起こったこの曲は、エンディングを飾るのにとてもふさわしかった。

 広いホール会場も完全に自分たちの色に染め上げられることを、今回のツアーを通して証明したKEYTALK。先述の通り、間もなくメジャーデビュー5周年を迎えるわけだが、安定感抜群の実力派ぶりを発揮しつつも、親しみやすい自由奔放なキャラクターも相変わらずだ。今後の彼らも、様々な活動によって我々を楽しませてくれるに違いない。

【取材・文:田中 大】
【撮影:後藤壮太郎(sotaro goto)】

tag一覧 J-POP ライブ KEYTALK 男性ボーカル

リリース情報

Cheers!

Cheers!

2018年07月18日

Getting Better

1. Cheers!
2. 東京シネマ

セットリスト

KEYTALK ホールツアー2018 ~あなたの心へ100ヤード 目指せホールインワン~
2018.10.29@NHKホール

  1. 01. Human Feedback
  2. 02. トラベリング
  3. 03. 秘密
  4. 04. ASTRO
  5. 05. アーカンザス
  6. 06. MONSTER DANCE
  7. 07. nayuta
  8. 08. Love me
  9. 09. フォーマルハウト
  10. 10. シンドローム
  11. 11. 東京シネマ
  12. 12. color
  13. 13. MURASAKI
  14. 14. blue moon light
  15. 15. a picture book
  16. 16. ブザービーター
  17. 17. スターリングスター
  18. 18. 夕映えの街、今
  19. 19. ナンバーブレイン
  20. 20. HELLO WONDERLAND
  21. 21. 太陽系リフレイン
  22. 【ENCORE】
  23. EN 01. MATSURI BAYASHI
  24. EN 02. 桜花爛漫
  25. EN 03. Summer Venus

お知らせ

■ライブ情報

KEYTALK Major D?but 5th Anniversary Special Live 〜そこらのギターかき鳴らして歌い出して5年目の真実〜
11/19(月)恵比寿LIQUIDROOM
11/20(火)恵比寿LIQUIDROOM

FC限定ツアー「うんぴくんと干ししいたけさんとザビエルくんと西郷さんだヨ!全員集合 〜ゆく年くる年、師走でごわす〜」
12/03(月)渋谷CLUB QUATTRO
12/05(水)新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
12/07(金)仙台CLUB JUNK BOX
12/12(水)名古屋CLUB QUATTRO
12/13(木)梅田CLUB QUATTRO
12/16(日)札幌cube garden
12/20(木)広島CLUB QUATTRO



フラワーカンパニーズ presents「DRAGON DELUXE 2018」
11/17(土)名古屋 DIAMOND HALL


「クラブ夜男」※てんぷらDJアゲまさ出演
11/23(金)沖縄Output

沖縄 夜のLOUNGE TALK
11/24(土)沖縄ナムラホール

EX THEATER ROPPONGI 5TH ANNIVERSARY スペシャルワンマン
11/29(木)東京EX THEATER ROPPONGI


12/09(日)山形県寒河江市市民文化会館

ZEPP FUKUOKA リニューアル記念スペシャルワンマン
12/21(金)ZEPP FUKUOKA

横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール - エアトリ presents 毎日がクリスマス 2018 〜KEYTALK × ビッケブランカ〜 12/23(日)横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

MERRY ROCK PARADE 2018 12/24(月)ポートメッセなごや1〜3号館

FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 12/27(木)インテックス大阪

COUNTDOWN JAPAN 18/19 12/31(月)幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

Livemasters Inc. countdown【GT2019】supported by スマチケ 12/31(月)Zepp DiverCity (TOKYO)

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。