前へ

次へ

ハルカミライ 超満杯状態の初Zepp Tokyoワンマン

ハルカミライ | 2019.01.24

 初のZepp Tokyoワンマンライブのチケットはソールドアウト。観客がいるフロアは、“立錐の余地もない”という表現がまさしくふさわしい満杯状態となっていた。そして迎えた開演。SEが流れてライトが点滅する中、ステージに勢いよく飛び込んできた関大地(Gt/Cho)、須藤俊(Ba/Cho)、小松謙太(Dr/Cho)。彼らが演奏の準備を終えた頃に登場して大歓声を浴びた橋本学(Vo)が、「Zepp Tokyo、受け止めてくれ!」と叫んだのを合図にスタートした「君にしか」によって、会場内は瞬く間にライブの佳境に差し掛かったかのような熱気に包まれた。居ても立ってもいられない様子でダイブした橋本が、観客の頭上を漂いながら全力で歌い続ける様は、まるで聖者の奇跡のような神々しさを放っている! 続いて「カントリーロード」も披露された時点で、メンバーたちも観客もすっかり汗だく。「1年前に事務所の社長が打ってくれた博打。Zeppでワンマン。ソールドアウトしました。ライブでその博打の勝ち負けが決まると思ってます。博打に勝ちに来ました!」――曲の途中で橋本が宣言していたが、この博打がハルカミライの圧勝となることを早くも確信させられた。

 関と須藤もダイブをして興奮を露わにした場面もあった「俺達が呼んでいる」の後に迎えたインターバル。「すげえ、やべえ!」と、満員の会場内を見回した橋本は、観客の頭上をゆっくりと這いながらフロアの中心エリアへと向かった。「人数が多いとか少ないとか関係ないと思ってもちろんやってます。どんなライブも一生懸命やってます。だけど……こんな大人数で歌っちまったら、どうなるのか超気になる」と彼が言ってからスタートした「春のテーマ」で起こった大合唱は桁外れのものであった。そして、その後も全力の演奏、全力の歌、無我夢中で声を張り上げる観客の大合唱が完全に一体となる空間が生まれ続けた。渦巻いていたあの熱気は、何と表現したら良いのだろう? ハルカミライの楽曲がメンバーたちにとってはもちろん、観客にとってもかけがえのないものであることが、とにかくとことんまで証明される場面の連続であった。「ハルカミライのワンマンです。だけど、俺たち全員のワンマンです。お互いに“ようこそ!”という気持ちで歌ってくれ!」と言った後、アカペラで橋本が歌い始めた「世界を終わらせて」は、前半戦の印象的だった1曲として思い出される。観客の温かい歌声に包まれて感極まった様子の彼が漏らした「なんか勇気出る。俺の歌った歌で君の世界が変わるんだったら、俺も君らの歌った歌で少し楽しくなるなって思うわ。ありがとう」という言葉は、とてもグッとくるものがあった。

 ライブの中盤で、橋本はメジャーデビューに対する想いを語った。「ライブハウスにはもちろんいるし、俺たちの環境がガラっと変わるわけじゃないから、調子に乗ったりはないと思います。変わんないと思うっていうか、変わっていくけど、変わんない部分はずっと貫き通していきます。これからもよろしくお願いします!」――そして届けられたのは、「星世界航行曲」。メジャーでの第1作として1月16日にリリースされるアルバム『永遠の花』に収録されるこの曲は、彼らがこれまでの活動で描いてきた美しい軌跡が、未来に向かってさらに延びていくことを自ずと示しているように感じられた。

「いろんなことをたくさんこの先もできたらいいなって思うんです。たくさんいい歌を作って一緒に歌っていけたらいいなって思うんです。変わっていくことは怖いけど。変な方に行っちゃったり、迷ったりすることもあるから。でも、そういうことだけじゃないからさ。いいこともきっといっぱいある。さんざん“自由だぜ! 自由だぜ!”って言ってんのに頭が凝り固まっちゃうと……そういう音楽はやりたくないから、いろんなことができたらいいなって思う。飽きるまで聴いてほしいって思うし、飽きちゃったら時々聴いてくれたらいいなって思う。どうか末永く俺たちの音楽が君たちの音楽でありますように。これからもよろしくね」――MCを経て橋本が歌い始めた「アストロビスタ」は、ハルカミライの音楽の根本にあるものを噛み締めさせてくれた。「中指を立てる音楽もある。それはそれでめちゃくちゃOK。でも、俺は中指を立てるより“よろしくな”って握手をしたいし、くさい言い方だけど抱き締め合うっていうか、そういうことができたらなと。そっちの方が中指を立てるより変わっていくんじゃないかと思う」という言葉も途中で添えつつ歌い続けてくれたこの曲は、とても力強い観客の大合唱を誘っていた。

「ワンマンが来年からきっとちょっとずつ増えていくんです。ワンマンにびっくりすることはなくなって、慣れていくと思うんだよ。慣れてしまう前に言っておきたいことがある。俺たちには味方がいます。ワンマンができたのは味方のおかげです。まじで全員ありがとうございます! 思いっきり歌って帰ります。八王子から来ました。THE NINTH APOLLO、ハルカミライでした」――拠点としている大切な街と、これからも変わらず所属していく事務所の名前にも触れつつ、ハルカミライを支えているあらゆる人々に感謝してから届けられた「ヨーロービル、朝」は、本編を美しく締め括っていた。徐々に爽やかな光にあふれていくかのように響き渡ったこの曲は、観客の1人1人にとって忘れられないものとなったのではないだろうか。

「小さいライブハウスから少しずつやってきて、日本一でっかいライブハウスに俺たちが君たちを連れてきました。そして、君たちも俺たちを連れてきました。アンコール、再会の歌を歌います」と橋本が言ってから、アンコールで届けられたのは「春はあけぼの」。この曲の演奏が終わると、メンバーたちはすぐにステージから去ったのだが……何分間にも亘って続いた観客の手拍手と歓声に応えて戻ってきた。担当楽器の性質上、なかなか持ち場を離れることができないもどかしさを解消したかったのだろうか。ドラムの小松が勢いよくダイブしたのが、ダブルアンコールが行われることの威勢の良い宣言となっていた。「人が減ってない。半分くらい帰ってから戻ってくるのを想像してたけど(笑)」。とても嬉しそうに笑顔を浮かべたメンバーたちは、本編でも披露した「ファイト!!」「俺たちが呼んでいる」「エース」を再び全力で演奏してくれた。「Zepp Tokyo、また来るぜ!」という言葉と共にエンディングを迎えた瞬間、会場全体に響き渡った爆発的な歓声。その圧倒的な熱量は、ハルカミライが今後も進むための最高のエネルギーとなったに違いない。

【取材・文:田中 大】
【撮影:Masanori Fujikawa】




<ミュージックビデオ>

ハルカミライ-星世界航行曲(Official Music Video)

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル ハルカミライ

リリース情報

永遠の花

永遠の花

2019年01月16日

ユニバーサル ミュージック

1.星世界航行曲
2.幸せになろうよ
3.心
4.俺よ勇敢に行け
5.Tough to be a Hugh
6.世界を終わらせて
7.ゆめにみえきし
8.エース
9.冬のマーチ
10.QUATTRO YOUTH
11.それいけステアーズ
12.僕らは街を光らせた

セットリスト

「世界を終わらせて」 リリースイベント "A GOLDEN"
2018.12.21@Zepp Tokyo

  1. 1.君にしか
  2. 2.カントリーロード
  3. 3.ファイト!!
  4. 4.俺達が呼んでいる
  5. 5.春のテーマ
  6. 6.ウルトラマリン
  7. 7.predawn
  8. 8.ラブソング
  9. 9.いつかきっと出会う
  10. 10.世界を終わらせて
  11. 11.それいけステアーズ
  12. 12.パレード
  13. 13.星世界航行曲
  14. 14.デイドリーム
  15. 15.QUATTRO YOUTH
  16. 16.エース
  17. 17.21世紀
  18. 18.君は何処へも行けない
  19. 19.Mayday
  20. 20.アストロビスタ
  21. 21.ヨーロービル、朝
  22. 【ENCORE】
  23. EN-1.宇宙飛行士
  24. EN-2.春はあけぼの
  25. 【DOUBLE ENCORE】
  26. WEN-1.ファイト!!
  27. WEN-2.俺達が呼んでいる
  28. WEN-3.エース

お知らせ

■ライブ情報

ハルカミライ1st full album「永遠の花」release 「天国と地獄ツアー」
2/7(木) 渋谷 club QUATTRO
2/14(木) 名古屋 club QUATTRO
2/16(土) 梅田 club QUATTRO
2/21(木) 広島 SECOND CRUTCH
2/23(土) 福岡 CB ※
2/24(日) 周南 RISING HALL
2/26(火) 静岡 UMBER
3/1(金) 盛岡 the five morioka
3/2(土) 郡山 HIPSHOT JAPN
3/4(月) 秩父 ladderladder
3/7(木) 高田馬場 club PHASE
3/10(日) 甲府 KAZOO HALL
3/13(水) 水戸 LIGHT HOUSE
3/16(土) 札幌 BESSIE HALL ※
3/25(月) 岡山 CRAZY MAMA 2ndRoom
3/27(水) 神戸 太陽と虎 ※
3/30(土) 小倉 FUSE
3/31(日) 大分 club SPOT ※
4/2(火) 高松 DIME ※
4/3(水) 高知 X-pt.
4/5(金) 京都 MUSE
4/13(土) 横浜 F.A.D
4/14(日) 伊那 GRAMHOUSE
4/17(水) 千葉 LOOK
5/3(金) 仙台 CLUB JUNK BOX ※
5/7(火) 心斎橋 BRONZE ※
5/9(木) 名古屋 Party’z ※
5/18(土) 八王子 MATCH VOX ※
※ONEMAN LIVE

トップに戻る