前へ

次へ

雨のパレード、新体制になり初ワンマンとなる『Ahead Ahead』リリースパーティー

雨のパレード | 2019.05.07

 最新シングル『Ahead Ahead』のリリースパーティーとして行われた恵比寿リキッドルーム公演。今年の1月に3人編成となった後、雨のパレードがワンマンライブをするのはこれが初めて。ファンの大きな注目を集めていたこのライブのチケットはソールドアウトとなり、フロアは満杯となっていた。

 『Ahead Ahead』に収録されている「Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS) [Remixed by 荘子it feat. Dos Monos]」を手掛けたDos Monosのメンバー・荘子itのDJプレイの後、ついに迎えた開演時間。ステージにはサイズの異なる大小のモニターが数個置かれていて、画面にはバンドロゴが映し出されていた。どこか近未来感の漂っていたこの空間にSEが流れて、福永浩平(Vo)、山崎康介(G・Syn)、大澤実音穂(Dr)が登場。下手側に山崎、上手側に大澤、中央に福永――という横並びのフォーメーションが目を引く。そして、先述のモニターの映像が砂嵐となって、「Reason of Black Color」がスタート。幻想的なシンセサイザーの音像、穏やかながらも耳を傾けていると心拍数が上がりそうになる力強いビート、透明感に満ちた歌声が響き渡り、観客は恍惚の表情を浮かべながら身体を揺らした。続いて「Tokyo」「You」「1969」も披露されたことによって、清々しい昂揚感が漂ったフロア。様々な映像がモニターに映し出される視覚効果も交えながら、観客を深く魅了したオープニングであった。

 「改めまして、今晩は。雨のパレードです。今年から新体制になって、初めてのワンマンです。集まってくれてありがとうございます。不安なこともいっぱいあって、この日のためにめちゃくちゃ準備をしてきて、眠れない日々を送って、やっとここまで辿り着きました。みんなの顔を見たら元気が出てきます。最後まで楽しんでいってください。久々の曲もやるかもよ」。福永のMCの後、「speech(interlude)」を挟んでスタートした「free」。この曲で山崎はベースをプレイして観客を沸かせていた。3人体制となったことに伴い、あらゆる曲が新アレンジで再構築されて、メンバー個々の役割も変化していたのだが、「free」はまさにそれを象徴していたと言えよう。その後、「Hwyl」や「/eo/」も披露されたが、3人でライブペインティングのように多彩なサウンドを重ね合わせていく様は、何とも言えずワクワクさせられるものがあった。

 「今の曲はカップリングの「/eo/」という曲です。読めないでしょ?(笑)。鏡花水月をテーマにしています。言葉にできないような感覚のことなんだけど……俺らがインディーの頃から曲を作ってきたのって、それがテーマだったんじゃないかなと、最近、ふと思って。言葉にできないような感覚を音に落とし込みたいと思って今までやってきたので。今の曲みたいに世界観をどんどん表現していけたらいいなと思ってます」。福永のMCを経て、「Take my hand」がスタート。笑顔を浮かべながら身体を揺らした観客の幸せそうな姿が眩しかった。その後、「Shoes」「You & I」「Noctiluca」も届けられたことによって、ますます穏やかなムードとなったフロア。雨のパレードが美メロの宝庫でもあることも再認識させられたひと時であった。

 「今やった曲、「Noctiluca」って夜光虫っていう意味で、すごく前の曲。「Tokyo」をシングルで出す時にカップリングにしたんだけど、1stアルバムにも入れたくて。思い出深い曲なんです。鹿児島出身なんですけど、バンドマンの先輩とかと一緒に海に入ったりしたのが、めちゃくちゃ楽しくて。バシャバシャってすると夜光虫が光るの。潜ったら人の形に光るんだよね。そういう思い出を曲にしたのが「Noctiluca」です。今回、リアレンジしたんだけど、今の技量、今の想像力で今までの曲をやり直すっていうのが結構好きなんです。ライブでしか今のところは味わえないので、またライブに来てください」。福永の思い出を交えたMCの後に披露された「new place」は、イントロが始まった瞬間、観客の間から歓声が上がり、一斉に掲げられたたくさんの手のひらがライトで照らされて美しく光った。続いて「Count me out」が届けられ、フロアは一層爽やかな熱気で包まれていった。

 「楽しんでますか?」と観客に呼び掛けたところ、大きな拍手と歓声が返ってきて、「いい! すごくいい!」と無邪気に喜んでいた福永。「俺らにとっては今日が平成最後のライブです。区切りをつけて、このまま第2章へ入ります。第2章が始まる幕開けの曲で終わろうと思います」という言葉を添えて、本編のラストは最新シングルの表題曲「Ahead Ahead」が飾った。アフリカンビートを採り入れたサウンドに誘われて、踊る人々の輪が一気に広がった様が壮観だった。飛び跳ねながら歓声を上げた人々の間から手拍子も起こったのは、雨のパレードのライブの風景としては、かなり異例のことだったと言えよう。まさしく「第2章の幕開け」を感じる曲となっていた。

 「3人体制になってから私たちも不安で。みなさんも不安にさせちゃって、ごめんなさい。こんなに集まってくれて、ほんとに嬉しいです。ほんとにありがとうございます!」(大澤)。「今までずっと“ギター&シンセサイザー”って言ってたんですけど、やることが多過ぎになっちゃったね(笑)。みなさんの期待に応えられるライブができたでしょうか? ありがとうございます!」(山崎)。2人のMCの後、福永も想いを語った。「新曲をどんどん出していきたいと思ってまして。ライブでずっとやってた新曲も進化しました。今日は、その曲を聴いてもらってお別れにしようかなと。これからもライブをたくさんやっていくんで、よかったらまた来てください」。そして、アンコールで披露されたのは新曲「Trust」。力強いビートが躍動する中、ハンドマイクで歌声を響かせた福永も、演奏していた山崎と大澤も、心から楽しそうにしていた。この曲も雨のパレードが第2章へと突入したことを観客に強く印象づけたに違いない。

 メンバーたちが明るい表情でステージを後にした後、スクリーンでは告知映像が流れた。新曲「Trust」は、東京医療専門職大学(仮称)、大阪医療専門職大学(仮称)、名古屋医療専門職大学(仮称)のテレビCMソングに決定。夏にニューシングルがリリースされることも発表された。新体制となった雨のパレードは、既に着々と様々な準備を進めている。今後、さらに力強い進化を遂げていくに違いない。

<雨のパレード リリースパーティー“ Ahead Ahead”プレイリスト19.4.24>
https://jvcmusic.lnk.to/ame_no_parade_20190424

【取材・文:田中 大】
【撮影:Ray Otabe】


tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル 雨のパレード

リリース情報

Ahead Ahead

Ahead Ahead

2019年04月24日

ビクターエンタテインメント

01.Ahead Ahead
02./eo/
03.Hwyl [Remixed by Neetz]
04.Reason of Black Color [Remixed by Utena Kobayashi]
05.Hometown feat. TABU ZOMBIE (from SOIL&”PIMP”SESSIONS) [Remixed by 荘子it feat. Dos Monos]

セットリスト

ame_no_parade RELEASE PARTY “Ahead Ahead”
2019.4.24@恵比寿LIQUIDROOM

  1. 01.Reason of Black Color
  2. 02.Tokyo
  3. 03.You
  4. 04.1969
  5. 05.free
  6. 06.Hwyl
  7. 07./eɔː/
  8. 08.Take my hand
  9. 09.Shoes
  10. 10.You & I
  11. 11.Noctiluca
  12. 12.new place
  13. 13.Count me out
  14. 14.Ahead Ahead
【ENCORE】
  1. 01.Trust

お知らせ

■ライブ情報

LUCKY TAPES 自主企画 “ HALL #1 ”
6/18(火) 恵比寿LIQUIDROOM
w / LUCKY TAPES

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る