前へ

次へ

chelmico 超満員ソールドアウトとなった『chelmico 復活祭 vol.2 ~スカートに乾杯~』

chelmico | 2019.05.28

 『chelmico 女祭り ~岩崎愛さんに乾杯~』の翌日に行われた『chelmico 復活祭 vol.2 ~スカートに乾杯~』。チケットがソールドアウトとなったこの公演のゲストは、澤部渡のソロプロジェクトであるスカート。chelmicoの「Love is Over」でギターを弾いているのが澤部であるというのは、ファンの間でよく知られている。「あのレコーディングのためにワウ(ギターのエフェクター)を買ったんだけど」というエピソードを語りつつ、共演を心から喜んでいた彼のステージは、観客の大喝采を浴びていた。

 そして、いよいよchelmicoのライブ。DJの%Cが登場して、鳴り響いたSE「Power」。RachelとMamikoも現れると、待ちわびていた観客は一斉に歓声を上げた。1曲目「Player」の時点で2人のラップのコンビネーションは、早くも絶好調。彼女たちの音楽が生み出す開放的なパーティー空間の魅力を強く体感できたオープニングであった。

 「爽健美茶のラップ」を披露した後、「男の人が多いね!」と満員のフロアを見回した2人は、女性限定ライブだった前日とは異なる雰囲気を感じながら大はしゃぎ。新曲のタイトル「switch」のイントネーションを決めたはずなのに、よくわからなくなっていた姿が、観客の和やかな笑いを誘った。アクセントを置くのは“スイッチ”の“ス”なのか?“イ”なのか?観客の挙手で投票してもらった結果、「switch」のイントネーションは、“イ”にアクセントを置くことに決定(彼女たち曰く、ディズニー映画『スティッチ』と同じイントネーション)……このようなユルユルとしたムードのMCを経て届けられた「switch」は、観客の盛り上がり方がものすごかった。今後のライブでも存在感を発揮することになるだろう。

 chelmicoの音楽は、かなり多彩だ。陽気なパーティーチューンを十八番としつつも、様々な切り口の快感を届けてくれる。中盤は「Honey Bunny」「ママレードボーイ」「E.P.S.」「Timeless」「BANANA」……メロウな曲を連発して、会場を夢見心地の恍惚で包んでいた。そして、合間のMCでは、ふたりの和気あいあいとしたやり取りが自由奔放に炸裂。新曲「swtitch」の振付を子供の観客も踊ってくれていたことを喜んだり、%Cの顔のイラストがプリントされている新しいオリジナルグッズの出来栄えの良さに胸を張ったり。RachelとMamikoのラップのコンビネーションは、彼女たちが普段から絶妙なテンポで繰り広げている会話から生まれていることが窺われた。

 今回のライブのタイトル『復活祭』は、プロレスラーの大仁田厚に憧れてつけたのだと明かして観客を沸かせていたMCタイム。これまでもその場の思いつきで様々なタイトルを決めてきたことを振り返り、自分たちのことながら呆れていた彼女たちの姿が、なんだか妙に微笑ましかった。そして、この後、有楽町のニッポン放送へ移動して、深夜3時から『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティを務めることも告知した後、ライブは後半へ突入。スタイリッシュなサウンドをじっくりと堪能させてくれた「午後」と「ずるいね」の後、「しっとりしちゃったね?」と、落ち着いたムードとなった会場内を眺めた2人は、「声出しておこう!」と呼びかけて、観客とコール&レスポンスを交わした。「%C!chelmico!スカート!澤部!騒げー!」……先ほどの「E.P.S.」の曲中でも展開していたこのコール&レスポンスを、彼女たちはとても気に入ったらしい。再びそのフレーズを叫んで盛り上げながら、観客をリラックスさせていた。

 「Highlight」を皮切りに、終盤はアッパーなナンバーが連発された。「Countdown」と「OK, Cheers!」を聴いて、元気いっぱいに手拍子をしていた人々の表情が、とても楽しそう。そして、本編を締め括ったのは、chelmicoが最初に作ったオリジナル曲「ラビリンス’97」。chelmicoの成長を見守り続けてきたと言っても過言ではないこの曲が、満員となった渋谷WWWXで最高の風景を作り上げていることを、RachelとMamikoが心から喜んでいる様子が伝わってきた。

 アンコールを求める観客の声と手拍子に応えてステージに再登場したchelmicoは、今後の予定を発表した。「8月にニューアルバムをリリースします!1年越しです!気になるタイトルは『Fishing』!レコーディング中です。期待しててください!」(Rachel)。「ジャケットとかも、すごいかわいい感じになりそう。曲もめちゃくちゃいい!」(Mamiko)という自信に満ち溢れた2人の言葉を聞いて、観客は大喜び。札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡、東京を巡る全国ツアーも発表されると、激しい拍手と歓声が沸き起こった。

 「アンコールしてもらったから、ここにあんのよ」と、ステージのセンターに置かれているスタンドマイクを指差したRachelとMamiko。「スカート!澤部!騒げー!」というコール&レスポンスで呼び込まれて、ものすごい歓声に迎えられたスカートの澤部は、「こんなおもてなしされたことない!」と目を丸くしていた。そして、披露されたのは、先述の通り、澤部がレコーディングに参加した「Love is Over」。彼がギターを弾き、RachelとMamikoがラップしながら観客を巻き込んでいく姿が、とてもエネルギッシュだった。《愛したい 恋したい でも愛されたい Love is over》という観客の大合唱も果てしなく高まっていく。爽やかな熱気が漂うラストの1曲となった。

 こうして終演を迎えたchelmicoの自主企画ライブ『chelmico 復活祭 vol.2 ~スカートに乾杯~』。親しみやすい彼女たちのキャラクターが全編できらめいていたと同時に、音楽的な魅力も存分に発揮されていたあの空間は、集まったファンのchelmicoへの愛情を一層深めたに違いない。発表された通り、今後の彼女たちの活動は、いろいろなお楽しみが続く。快進撃がますます繰り広げられることになるだろう。

【取材・文:田中 大】
【撮影:横山マサト】

tag一覧 J-POP ライブ 女性ボーカル chelmico

リリース情報

switch

switch

2019年05月16日

unBORDE

01.switch

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

chelmico 復活祭vol.2 ~スカートに乾杯~
2019.5.18@渋谷WWWX

  1. SE:Power
  2. 01.Player
  3. 02.爽健美茶のラップ
  4. 03.switch
  5. 04.Honey Bunny
  6. 05.ママレードボーイ
  7. 06.E.P.S.
  8. 07.Timeless
  9. 08.BANANA
  10. 09.午後
  11. 10.ずるいね
  12. 11.Highlight
  13. 12.Countdown
  14. 13.OK, Cheers!
  15. 14.ラビリンス’97
【ENCORE】
  1. 01.Love is Over

お知らせ

■ライブ情報

chelmico Fishing Tour
9/7(土) [福岡]DRUM Be-1
9/14(土) [宮城]仙台MACANA
9/16(月・祝) [北海道]札幌SPiCE
9/20(金) [愛知]名古屋CLUB QUATTRO
9/22(日) [大阪]梅田CLUB QUATTRO
9/29(日) [東京]マイナビBLITZ赤坂

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る