前へ

次へ

Survive Said The Prophet 47都道府県ツアー 東京公演をレポート

Survive Said The Prophet | 2019.06.28

 サバプロことSurvive Said The Prophetの勢いが止まらない。今年2月3日に行われた4thアルバム『s p a c e [ s ]』ツアー・ファイナルにあたるマイナビBLITZ赤坂公演は早々とソールド・アウト。その内容も文句なしの素晴しさで、満杯のフロアを牽引する逞しいパフォーマンスに魅せられた。そして、現状に甘んじることなく、間髪入れずに3月から6月に掛けて、全国47都道府県ツアー『Now more than ever Tour』を決行。ツアー折り返し地点を過ぎた渋谷クアトロ公演は、過酷なスケジュールで鍛え上げられた腕力を存分に見せつけてくれた。

 トップバッターは全公演のサポート・アクトを務めるNewspeakが登場。彼らはリバプール帰りのRei(Vo/Key)を中心に結成された4人組バンド。UKロックをルーツに持ちながら、パワフルかつスケール感のある曲調が特徴的だ。「全力で楽しませるから!」と呼びかけるReiの言葉に観客も応え、至福のパーティー空間を作り上げ、サバプロにバトンを渡す。  20時8分、SEが流れると、Ivan(G)、Tatsuya(G)、Yudai(B/Vo)、Show(Dr)、最後にYosh(Vo)が姿を見せると、1曲目からいきなりトップギアで突っ走る猛攻撃に観客も大騒ぎ。とはいえ、ラウド一本槍ではなく、随所にメロディアスなパートを織り込み、起伏激しいダイナミズムで観る者を心地良く振り回す。「渋谷、飛べ!」とすかさず煽ると、Yoshは拳を天に突き上げ、フロントマンとしての強烈なオーラを誇示。疾走感溢れる曲調も相まって、ダイバー続出のカオスな熱気が瞬時に広がっていった。前回のマイナビBLITZ赤坂公演を比べると、会場の規模こそ小さいけれど、ここに飛び交うエネルギーの総量は前回以上と言っていい。

「お前らの声をもっと聞きたい。1秒もお前たちの時間を無駄にしない!」と言うと、次は「Bridges」へ。「石橋叩き続けてきたんだ」という日本語詞がインパクト絶大で、観客を巻き込んでのコール&レスポンスと大合唱が繰り広げられる。サバプロは英語詞を貫いたスタイリッシュな楽曲が多いけれど、こうしたナンバーでも観客との距離をグッと縮めていた。それも、コツコツと地道に階段を上がってきた彼らの人間性がストレートに楽曲に反映されているからだろう。こちらもスッと感情移入できた。

「47都道府県、東京はファイナル感が出るから、真ん中にした」とYoshは律儀に説明した後、Honda「シャトル」CMソングに起用された「Right and Left」を披露。イントロからハンドクラップが起こり、OWL CITYを彷彿させる抜群のポップ性を発揮。高揚感溢れるキャッチーな曲調に多くの人が笑顔を浮かべていた。中盤に差し掛かると、YoshとIvanの2人で「3 a.m.」をアコースティックで聴かせる。穏やかに、しかし熱さを帯びたメロディに心を激しく揺さぶられた。それからバラード調の「Follow」ではNewspeakのReiが鍵盤で参加し、演奏に新たな彩りを添える。また「Never;Saying never」に入ると、YoshとReiによるヴォーカルの掛け合い。今ツアーならではのスペシャルなコラボに会場も沸き上がった。「とうとうカオスの時間が来たぞ!」とYoshが叫ぶと、後半はキラー・チューン「Network System」でフロアをグッチャグチャに掻き回していく。そんな怒濤のラスト・スパートに観客も余力を振り絞って暴れていた。

 一度メンバーはステージ袖に消え、アンコールに応えると、「重大な報告がある」と前置きして、NHKのTVアニメ「ヴィンランド・サガ」オープニングテーマ曲に新曲「MUKANJYO」を書き下ろしたことを発表。それだけではない。さらに重大な報告として、ツアー・エキストラ・ショウをなんと八丈島で開催するそうだ。これには会場もざわついていた。それもこれも自分たちがワクワクするような面白いことをやりたい、というサバプロらしい意思表示の一つかもしれない。「(八丈島POT HALLは)僕が見つけた。俺らはゆくゆくフェスをやる、その候補の一つにしたい」とYudaiがコメント。

 最後は「渋谷の皆さん、踊れますか?」とYoshが呼びかけ、「HI | LO」をプレイ。本編に勝るとも劣らない活気ですべての人を歓喜の渦に叩き落とす。その景色を見て、バンドのスキルやパフォーマンスは格段にレベルアップした印象を受けた。5人のカタマリ感は増し、きめ細かなアプローチも冴え、観客と一体化したステージングは今ツアーで磨き抜かれている。

 2019年は、ますますサバプロが飛躍する年になるに違いない。今ツアーのタイトル通り、今まで以上(=Now more than ever tour)の大活躍を心の底から期待している。

【取材・文:荒金良介】
【撮影:toya】

tag一覧 Survive Said The Prophet J-POP ライブ 男性ボーカル

リリース情報

s p a c e [ s ]

s p a c e [ s ]

2018年09月26日

ZESTONE RECORDS

01. s p a c e [ s ]
02. T R A N S l a t e d
03. S P I N E
04. Right and Left
05. found & lost
06. p a c e s [ s ]
07. NE:ONE
08. The Happy Song
09. UPLIFTED
10. s t i l l b e l i e v e

セットリスト

Now more than ever Tour
2019.5.17@渋谷クラブクアトロ

  1. 01.TRANSlated
  2. 02.Fool’s gold
  3. 03.Bridges
  4. 04.Right and Left
  5. 05.found & lost
  6. 06.SPINE
  7. 07.3 a.m.
  8. 08.Follow
  9. 09.Never; Saying never
  10. s p a c e [ s ]
  11. 10.NE:ONE
  12. 11.Ashes, Ashes
  13. 12.Network System
  14. 13.When I
  15. 14.Conscious
【ENCORE】
  1. 01. HI | LO

お知らせ

■ライブ情報

Now more than ever Tour Extra Show
07/07(日) 八丈島POT HALL

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る